地方競馬ニュース

【血統予想】エーデルワイス賞2021 昨年は新種牡馬アジアエクスプレスの産駒が勝利、種牡馬傾向の変化にも注目


ウマニティ


 823  2  0

【血統予想】エーデルワイス賞2021 昨年は新種牡馬アジアエクスプレスの産駒が勝利、種牡馬傾向の変化にも注目

ウマニティ重賞攻略チームがダートグレード競走をあらゆる切り口で考察!今回はエーデルワイス賞2021・血統予想をお届けします!

2016年以降、3着以内に好走した種牡馬の大まかな系統は、Mr. Prospector系が9頭、Northern Dancer系が2頭、A.P. Indy系が2頭、サンデーサイレンス系が2頭。なお、Mr. Prospector系として好走した9頭のうち8頭がエンドスウィープの直系となり、6頭がサウスヴィグラスの直仔だった。ただし、サウスヴィグラスも現3歳世代がラストクロップとなるため、本競走の種牡馬傾向も変わりつつある。

直近2年はパイロやシニスターミニスターといったA.P. Indy系種牡馬の産駒が連対しており、昨年は新種牡馬アジアエクスプレス産駒のソロユニットが勝利。また、近年は姉妹での好走例も多く、16年2着アップトゥユーと17年1着ストロングハートの全姉妹ほか、昨年の勝ち馬ソロユニットも19年2着アザワクの半妹にあたる血統馬だった。

スカーレットピースは、父アジアエクスプレス×母レッドソンブレロ(母の父キングカメハメハ)。サカラートやヴァーミリアン、キングスエンブレム、ソリタリーキングの姪にあたる血統馬。昨年、初年度産駒がエーデルワイス賞を勝ち、早々に種牡馬としての箔をつけたアジアエクスプレスの産駒となるが、本馬においては近親にダートグレード競走で名を馳せた名馬たちがズラリと並ぶ血統背景にも申し分のない魅力がある。前走リリーカップは1番人気を裏切るかたちになってしまったものの、キャリア2戦目の馬にとっては展開が厳しかったことも否めず、あのハイペースを2番手で追走した経験は今回に活きてくるはず。

スティールルージュは、父マジェスティックウォリアー×母ディアユリアザミ(母の父ボストンハーバー)。直近2年で連対が続いているA.P. Indyの直系であることを強調しやすいだけでなく、本馬においては近親にサウスヴィグラスがいるファミリーであることも見逃せない。上記スカーレットピースと同様に、前走はリリーカップのハイペースを前で受けたことに敗因を求められるが、それでも4コーナーを回ってくるときの手応えには目を見張るものがあった。母の父が時計勝負に強いボストンハーバーということもあり、馬場も少し渋ったほうが最大限のパフォーマンスを発揮できるだろう。

■注目馬
⑦スカーレットピース ⑧スティールルージュ

関連キーワード

 ナイス!(2
 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

競馬関連ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース