さきたま杯2020-レース結果

さきたま杯

2020年5月27日(水) 16:35

さきたま杯 JpnⅡ

浦和競馬場/ダート/1400m

レース結果

●さきたま杯 ダートグレード競走攻略ツール

  • 出馬表
  • 予想登録
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX

山崎エリカのダートグレード攻略 ~さきたま杯2020~

【山崎エリカのダートグレード攻略~さきたま杯2020~

2020年5月26日(火) 16:30

山崎エリカ

閲覧 1,395ビュー コメント 1 ナイス 6

 浦和競馬の春シーズンを締めくくる、さきたま杯。このレースは2011年度にG2に昇格して以来、秋に行われる浦和記念と並ぶ、浦和二大レースのひとつとして定着しました。主なメンバー構成は、東京スプリントかきつばた記念の上位馬、さらにG2昇格後は、G1・かしわ記念の上位馬の出走が目立ちます。

 その中でも最有力は、前走1200m~1400mの東京スプリントかきつばた記念よりも、1600mのかしわ記念の上位馬。かしわ記念帝王賞のステップレースですから、同年の優勝馬がここへ出走してきたことはありません。しかし、かしわ記念の2着、3着馬がここへ出走してくることは少なくなく、2011年度以降の成績は【1・2・1・1】と優秀。1着の該当馬は、2016年のソルテ。2着の該当馬は、2016年のベストウォーリア、2017年のモーニン。3着の該当馬は、2014年のセイクエイムズン。

 唯一の4着以下馬は、2011年のラヴェリータで、このレースでは1番人気を裏切る形での4着でした。しかし、ここへ出走してきたかしわ記念3着以内の馬で、唯一、1400m以下のダートグレードで連対実績がなかったのも事実。序盤で置かれたレースぶりからも、明確に距離不足でした。つまり、1400m以下のダートグレードで連対実績のあるかしわ記念の3着以内の馬ならば、信頼できることになります。

 その他に前年のJBCスプリントの連対馬も活躍しており、過去10年の成績は【1・1・5・1】。1着の該当馬は2012年のセイクリムズン、2着の該当馬は2010年のスーニ。3着の該当馬は、2011年のスーニ、2014年のセイクリムズン、2016年のベストウォーリア、2017年のドリームバレンチノ、2019年のキタサンミカヅキです。

 唯一の4着以下は、2016年のコーリンベリーで8着。コーリンベリーは逃げ馬。逃げ馬は連続好走が難しく、前走の東京スプリントで逃げ切り勝ちをしたことで、このレースで反動が出たのでしょう。実際に前走の東京スプリントで逃げて3着以内だった馬の凡走が目立ちます。前記したコーリンベリーの他、2012年のスターボードは9着、2018年のグレイスフルリープは4着です。前走の東京スプリントで上位の馬は狙い下げたほうがいいでしょう。

 また、2017年にホワイトフーガがこのレースで優勝しているように、前年のJBCレディスクラシックが1600m以下で行われた年は、このレースに繋がっているので、そこも合わせて注意したいところです。昨年のJBCレディスクラシックは、JBCスプリントと同距離の浦和1400mで行われました。連対馬は、要注意です。

 さらに穴馬を探るために、5番人気以下で連対した馬たちを見ていくと、2011年のジーエスライカー(6番人気)、2012年のナイキマドリード(5番人気)、2014年のトキノエクセレント(7番人気)と全て地方馬ということ以外に、このレースでの位置取りが4コーナー先頭という共通項がありました。

 確かに2014年のトキノエクセレントは、先行争いが激化し、前が4コーナー手前で失速したことによって取れたポジションですが、4コーナーでどの馬が先頭に立つのか、2番手、3番手はどの馬を推測するのがこのレースの最重要ポイントとなりそうです。ちなみにこのレースで4コーナー先頭だった馬は、過去10年で8頭も連対しています。


 まとめるとこうなります!
 
 ●本命候補
 ・前走のかしわ記念で3着以内だった馬。
  (1400m戦以下のダートグレードで連対実績があることが条件)
 ・前年のJBCスプリントの連対馬。
 ・前年のJBCレディスクラシックが1600m以下で行われた年の連対馬。


 ●穴馬候補
 ・逃げ馬という概念にとらわれず、4コーナー先頭が狙える馬。
  地方馬だと、より穴になる傾向あり!


山崎エリカさんのダートグレード競走最新予想はこちらからご覧いただけます!!

新着ニュース ~さきたま杯2020~

過去10年の結果 ~さきたま杯 2020~

2019年 さきたま杯 2019年5月29日(水) 浦和11R ダート1400m 良 12頭

さきたま杯(Jpn2)

1着 9 ウインムート 6.9倍(4人気) 和田竜二 1.25.3
2着 3 サクセスエナジー 2.4倍(1人気) 池添謙一 1.25.8
3着 1 キタサンミカヅキ 3.6倍(2人気) 森泰斗 1.26.2
単勝 9 690円(4人気) 3連複 1-3-9 650円(2人気)
馬連 3-9 710円(3人気) 3連単 9→3→1 5,390円(19人気)
開催日 場名 頭数 馬場 勝ち馬 オッズ 人気 騎手 所属 勝ちタイム
2018/5/30
さきたま杯
浦和 12 良  サクセスエナジー 2.8倍 1 松山弘平 JRA 1.26.2
2017/5/31
さきたま杯
浦和 12 ホワイトフーガ 5.8倍 3 蛯名正義 JRA 1.25.7
2016/6/1
さきたま杯
浦和 12 ソルテ 2.6倍 2 吉原寛人 大井 1.25.9
2015/5/27
さきたま杯
浦和 11 ノーザンリバー 2.6倍 1 蛯名正義 JRA 1.26.7
2014/5/28
さきたま杯
浦和 12 ノーザンリバー 1.8倍 1 蛯名正義 JRA 1.26.7
2013/5/29
さきたま杯
浦和 12 テスタマッタ 3.0倍 2 戸崎圭太 JRA 1.27.4
2012/5/30
さきたま杯
浦和 12 セイクリムズン 1.5倍 1 岩田康誠 JRA 1.25.8
2011/6/1
さきたま杯
浦和 12 ナイキマドリード -- 2 戸崎圭太 船橋 1.26.0
2010/5/26
さきたま杯
浦和 12 稍重 スマートファルコン -- 1 岩田康誠 JRA 1.26.2

歴史・レース概要 ~さきたま杯2020~

さきたま杯は、浦和競馬場・ダート1400mで施行される地方重賞(JpnⅡ)である。1997年に、4歳(現3歳)から10歳(現9歳)までの馬による中央・地方全国交流重賞として創設された。2003年に競走条件が3歳以上に、2005年に施行時期が9月から5月にそれぞれ変更された。2011年に格付けがJpnⅡに格上げされた。

過去の優勝馬には、ホワイトフーガ、テスタマッタ、スマートファルコンなどが名を連ねる。

執筆者:ウマニティ競馬研究所(略してウマケン)

口コミ情報 ~さきたま杯2020~

まだウマニティ会員ではない方へ

会員登録するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを無料で利用できます。

収支100万円超えの猛者がズラリ

全国トップ予想家たちの予想閲覧

予想に必携の高精度スピード指数

「U指数」を重賞で全頭公開

勝率40%超えを誇る堅軸候補

「凄馬」をメールでお知らせ

TVでも紹介!設定は10万通り以上

あなただけの予想ロボが作れる

この他にも20以上のサービスを無料で提供!

会員登録(無料)する

ようこそゲストさん

今すぐ会員登録

※パスワードを忘れた場合

いつものアカウントが使えます!

本日の開催

水沢競馬
第5回第6日
12R 終了
大井競馬
第6回第2日
12R 終了
金沢競馬
第7回第4日
12R 終了
名古屋競馬
第8回第1日
12R 終了
門別競馬
第7回第1日
11R 終了

次回のダートグレード競走

7月8日()大井
ジャパンダートダービー JpnⅠ

さきたま杯特集
バックナンバー

さきたま杯 2020
さきたま杯 2019
さきたま杯 2018
さきたま杯 2017
さきたま杯 2016
さきたま杯 2015