日本テレビ盃2018-レース結果

日本テレビ盃

2018年10月3日(水)

日本テレビ盃 Jpn2

船橋競馬場/1800m

レース結果

●日本テレビ盃 ダートグレード競走攻略ツール

  • 出馬表
  • 予想登録
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX

山崎エリカのダートグレード攻略 ~日本テレビ盃2018~

2018年10月2日(火)

 日本テレビ盃は、JBCクラシックの前哨戦。実績馬にとっては、この先のJBCクラシック→チャンピオンズC→東京大賞典へと続く始動戦になります。つまり、実績馬にとって、このレースの位置付けは叩き台。基本的には夏場に順調にレースを使われている上り馬が活躍しています。

 しかし、上がり馬が出走してくることがそれほど多くないのも事実。特に、ブリーダーズゴールドCが牝馬限定戦へと様変わりした近年はその傾向がより強く、夏の上がり馬は同週に行われるシリウスSや翌週の白山大賞典へと駒を進めることが多くなりました。つまり、近年の日本テレビ盃は、休養明けの実績馬同士の対戦図式になることがとても多くなったのです。

 ただし、同年のマーキュリーCの勝ち馬がここに出走してくれば優勢。過去10年では、2009年のマコトスパルビエロが1着、2013年のソリタリーキングが2着、遡れば2005年のこのレースの優勝馬サカラ―トもマーキュリーCの勝ち馬でした。

 さらに同年7月以降の中央のオープン勝ち馬も有力で、該当馬は2015年のサウンドトゥルーのみですが、同馬ははこのレースで同年の帝王賞馬帝王賞馬クリソライトに3馬身、フェブラリーSの優勝馬コパノリッキーに10馬身差をつけて圧勝しました。前走で中央のオープンで勝利した馬も、この舞台では信頼できることになります。

 また、休養明けの実績馬同士の対戦図式の場合は、より直近の6月末に行われる帝王賞の上位馬が優勢となります。帝王賞は上半期のダートの総決算で、日本テレビ盃よりも格上のレースですから、その傾向はより顕著。前走の帝王賞で3着以内だった馬の、過去10年の成績は【4・2・3・0】で3 連複の軸馬としては信頼できます。

 1着馬の該当馬は2008年のボンネビルレコード、2010-2011年のフリオーソ、2011年のスマートファルコン、2013年のワンダーアキュート。2着馬の該当馬は、2008年のフリオーソ、2015年のクリソライト。3着馬の該当馬は、2009年のボンネビルレコード、2016年のサウンドトゥルー、2017年のケイティブレイブです。

 しかし、帝王賞で3コーナー先頭だった馬に限れば、もっともっと信頼できます。その成績は過去10年で【2・2・0・0】で、2008年のフリオーソ、2011年のスマートファルコン、2013年のワンダーアキュート、2015年のクリソライトがそのパターンで連対。これは単に逃げて上位入線するような馬は強いというのもありますが、帝王賞と比べると日本テレビ盃のほうが、前哨戦らしく前有利の流れになりやすいというのもあるでしょう。

 さらに、滅多に出走してきませんが、前走で中央のグレードレースでのグレードレースで連対していた馬の活躍も目立ちます。2012年の勝ち馬ソリタリーキング、2010年の2着馬トランセンドは、5月に行われていた東海Sの連対馬。現在は、東海S平安Sとの施行時期が入れ替わり、平安Sが5月。それらが出走してくれば、信頼してもいいでしょう。

 まとめると、優先すべきは、同年の夏のマーキュリーCや中央のオープンを勝利した馬。それらが出走していない場合は、帝王賞3着以内の馬、特に逃げて3着以内の馬が有力で、その次が平安Sの連対馬ということになります。

 また、日本テレビ盃は、昨年こそ4番人気のアポロケンタッキーが優勝したものの、それまでは1~3番人気馬が連対。4番人気馬が優勝した昨年も配当が低く、過去10年とも馬複配当3桁台で決着しています。データからは穴馬が推せないレースですが、強いてあげるなら、帝王賞で3番人気以内に支持されながらも人気を裏切った馬の巻き返しでしょう。

 2010年のスマートファルコン、2017年のアポロケンタッキーサウンドトゥルーは帝王賞で3番人気以内に支持されながらも4着以下に敗れて、このレースで連対を果たした馬たちでした。このタイプは人気以上の走りが見せられるので、警戒したほうがいでしょう。

 他では、2012年のマグニフィカ、2014年のグラッツィアのように、こでまで逃げてグレードレースを優勝したことがある馬も4番人気で3着と善戦しています。マグニフィカハジャパンダートダービーを逃げ切り勝ちした馬、グラッツィア武蔵野Sを逃げ切り勝ちした馬です。とにかく逃げ馬が好走しやすいレースなので、今回も逃げられる可能性が高いならば、ヒモ穴として馬券に加えることをオススメします!


 まとめるとこうなります!
 
 ●本命候補
 ・同年のマーキュリーC優勝か、中央の7月以降のオープン特別の勝ち馬。
 ・前走の帝王賞で3着以内だった馬。
  (特に、3コーナー先頭で3着以内だった馬は有力)
 ・前走の平安Sで連対していた馬。
 
 ●穴馬候補
 ・同年の帝王賞で3番人気以内に支持されながらも4着以下だった馬。
 ・逃げてダートグレード勝ちの実績がある馬で、今回逃げられる可能性が高い馬。

山崎エリカさんのダートグレード競走最新予想はこちらからご覧いただけます!!

ツイてる奴の予想に乗れ! ~日本テレビ盃2018~

今まさに絶好調な勝ち組の予想を参考にしよう!

10/3 21:06更新
順位 予想家名 本日の成績 日本テレビ盃の
予想
的中率 回収率 収支
1位 チンプンカンプン チンプンカンプン 50% 269% 15,100円
2位 kenくん kenくん 100% 465% 18,250円
3位 ももパワー充電所 ももパワー充電所 100% 465% 18,250円
4位 べかお べかお 50% 208% 7,250円
5位 ウィーク ウィーク 100% 260% 8,000円

⇒日本テレビ盃の予想を見る

新着ニュース

3日、船橋競馬場の第11Rに行われた第65回 日本テレビ盃(Jpn2)(指定交流)3上オープン(ダート 左1800m サラブレッド系3才以上 別定)は福永祐一騎手騎乗の1番人気・6番ケイティブレイブ(牡5)が優勝した。
勝ちタイムは1分52秒5(稍重)。さらに2馬身差の2着に2番人気・4番アポロケンタッキー(牡6)、そこから11/2馬身差の3着に3番人気・9番サウンドトゥルーセ8)が入った。
ケイティブレイブは、父アドマイヤマックス、母ケイティローレル、母の父サクラローレルという血統で杉山晴紀厩舎の所属馬。生産は日高郡新ひだか町・岡野牧場。馬主は瀧本和義。通算成績は30戦10勝。
「日本テレビ盃(Jpn2)(指定交流)3上オープン」の着順&払戻金はこちら

【日本テレビ盃】ケイティブレイブが貫禄の重賞8勝目 10月3日(水) 20:46

 10月3日(水)の船橋競馬11Rで行われた第65回日本テレビ盃(交流GII、3歳以上オープン、選定馬、グレード別定、ダート・左1800メートル、12頭立て、1着賞金=3200万円)は、福永祐一騎手騎乗の1番人気ケイティブレイブ(牡5歳、栗東・杉山晴紀厩舎)が2番手追走から直線半ばで逃げたテイエムジンソクをかわし、ゴール前は独走態勢。危なげないレース運びで重賞8勝目を挙げた。タイムは1分52秒5(稍重)。

 2馬身差の2着には3番手追走から脚を伸ばしたJ.モレイラ騎乗のアポロケンタッキー(2番人気)、さらに1馬身半差の3着に中団追走から外めを差してきたサウンドトゥルー(3番人気)。逃げたテイエムジンソク(4番人気)は3着馬からさらに1馬身半差遅れた4着。4頭出走したJRA所属馬が上位を独占した。

 日本テレビ盃を勝ったケイティブレイブは、父アドマイヤマックス、母ケイティローレル、母の父サクラローレルという血統。北海道新ひだか町・岡野牧場の生産馬で、瀧本和義氏の所有馬。通算成績は30戦10勝。重賞は2016年兵庫チャンピオンシップ・交流GIII=園田、白山大賞典・交流GIII=金沢、浦和記念・交流GII=浦和、2017年名古屋大賞典・交流GIII=名古屋、帝王賞・交流GI=大井、2018年川崎記念・交流GI=川崎、ダイオライト記念・交流GIIに次いで8勝目。日本テレビ盃は杉山晴紀調教師、福永祐一騎手ともに初優勝。

 ◆福永祐一騎手(1着 ケイティブレイブ)「テイエムジンソクが行くだろうと思っていたので、その動き次第で2番手、相手がスタートを失敗すれば逃げてもいいかなと思っていました。3コーナーでは後続が苦しい形になればと思ってテイエムにあえてついていきました。2、3番手から抜け出して勝つ王道の競馬を覚えてほしかったので、今日はそういう形で結果を出せてよかった。次はGIが控えているし、今日は正直負けられない気持ちで臨みました。(落馬負傷からの)復帰の自分に騎乗依頼をいただけたオーナーや関係者のみなさんには感謝の気持ちしかないです。GIを勝っている馬ですが、JRAでGIタイトルを一緒に取りたいと思っていますので、また応援よろしくお願いします」



★【日本テレビ盃】払い戻し確定!! 全着順も掲載

【日本テレビ盃】レース展望 10月2日(火) 10:51

ケイティブレイブに復帰の福永祐一騎手が騎乗



 3日(水)に船橋競馬場で、第65回日本テレビ盃(交流GII、3歳以上オープン、別定、ダート・左1800メートル)が行われる。JBCクラシックに向けても注目を集める豪華メンバーが揃った伝統の重賞を展望していきたい。



 最注目は17年帝王賞、18年川崎記念とGI2勝を含む交流重賞7勝の実績を誇り、GI戦線を見据えて秋の始動戦を迎えるケイティブレイブ(栗東・杉山晴紀厩舎、牡5歳)だろう。



 主戦の福永祐一騎手が9月16日に阪神競馬で落馬。頭蓋骨骨折、気脳症と診断され、症状の程度は軽かったものの、大事を取って騎乗を見送っていただけに復帰のタイミングが注目されていたが「CT検査を受けて経過が順調だったので、来週からの騎乗許可の診断をもらえました。来週の船橋競馬から復帰します」と発表された。



 信頼の鞍上が間に合い、舞台となる船橋コースも春にダイオライト記念を制しているように好相性。帝王賞以来3カ月ぶりの復帰となるが、8月中旬から1カ月以上栗東で乗り込まれており入念に調整されているだけに、死角らしい死角は見当たらない。



★昨年Vのアポロケンタッキーにモレイラ騎手が騎乗



 半世紀以上の歴史がある日本テレビ盃だが、交流重賞になった1998年以降で連覇を果たした馬はいない。南関重賞時代にさかのぼっても1965、66年のコトブキノニ1頭しかおらず、2年連続で勝利を挙げるのが非常に難しい重賞となっている。



 そんな歴史に挑むのが、サウンドトゥルーケイティブレイブモーニンとのGIホース4頭による壮絶な競り合いになった昨年のレースを制覇しているアポロケンタッキー(栗東・山内研二厩舎、牡6歳)だ。



 ダート戦では自身初の2ケタ着順となる11着に敗れた帝王賞のレース後、騎乗した内田博幸騎手が「状態は悪くなかったけど、進んでいかなかった」と語っているように、敗因が掴めないのは気掛かりだが、ひと息入れて立て直され巻き返してくる可能性がある。



 3カ月ぶりの復帰戦でも、栗東の坂路で2週続けて一杯に追われ4ハロン52秒台をマークしているように仕上がりは上々。今回が初騎乗となるJ.モレイラ騎手の手腕にも注目したい。

★3年前の覇者サウンドトゥルーが4年連続で出走



 2015年の日本テレビ盃で重賞初制覇を果たし、その後に交流GIタイトルを3つ獲得するなどダート重賞戦線の常連となったサウンドトゥルー(美浦・高木登厩舎、セン8歳)は、4年連続での出走となる。



 昨年のJBCクラシックを最後に勝利から遠ざかっているが、全国から強豪が揃った前走の帝王賞でも僅差の3着しているように、年齢的な衰えはないとみる。



 日本テレビ盃は勝利こそ1度だけだが、過去3年1、3、2着としっかり結果を出しているだけに“8歳馬だから”と甘く見ると痛い目に遭いそうだ。なお今回は、新たに南関東の名手・御神本訓史騎手を鞍上に迎え、復活の勝利を目指す。



★近走不振のテイエムジンソクがどう立て直すか



 昨年はオープン特別を連勝、みやこS(GIII)制覇、チャンピオンズC(GI)2着など安定した活躍を見せていたテイエムジンソク(栗東・木原一良厩舎、牡6歳)だが、今年は初戦の東海S(GII)こそ勝利しているものの、その後12、6、6着と好調時の勢いが失われている。



 初の地方遠征となった前走の帝王賞(大井)でも復調のきっかけを掴むことができず、勝ち馬から1秒4離された6着に敗れているが、ひと息入れた今回は毎週のように主戦の古川吉洋騎手が追い切りに跨って入念に調整が進められてきた。



 帝王賞に続いて2度目の地方遠征、そして2度目のナイター競馬。さらには、最も結果を残している1800mの距離とプラス要素もあるだけに、ここでどのような走りを見せるか注目したい。



★1年ぶりに復活の勝利を挙げたヒガシウィルウィン



 実績を見比べると、JRA勢4頭が上位を独占する可能性は高そうだが、地方勢で一角崩しを果たすなら昨年のジャパンダートダービーを制している地元船橋のヒガシウィルウィン(船橋・佐藤賢二厩舎、牡4歳)だろう。



 JRA勢を一蹴して交流GI制覇を果たしたあとは1年以上勝利から遠ざかっていたが、59キロの斤量を背負って挑んだ前走のサンタアニタトロフィーを2馬身差で快勝。南関東馬同士なら力が違うところを見せつけている。



 今回は再び強力なJRA勢が相手となるが、久々の勝利で勢いを取り戻した今なら、見せ場以上の走りを見せてくれる可能性がありそうだ。

福永祐一騎手が来週から復帰~3日日本テレビ盃で 9月29日() 11:10

 落馬負傷で戦線離脱中の福永祐一騎手(41歳)=栗東・フリー=は、来週復帰することが決まった。

 9月16日に阪神競馬で落馬して頭蓋骨骨折、気脳症と診断され、症状の程度は軽かったものの、大事を取って17日以降は騎乗を見送っていた。ケイティブレイブ(栗東・杉山晴紀厩舎、牡5歳)とコンビを組む10月3日の日本テレビ盃(船橋競馬場、交流GII、ダート1800メートル)で復帰し、毎日王冠(10月7日、東京競馬場、GII、芝1800メートル)ではステファノス(栗東・藤原英昭厩舎、牡7歳)、京都大賞典(10月8日、京都競馬場、GII、芝2400メートル)ではシュヴァルグラン(栗東・友道康夫厩舎、牡6歳)に騎乗する。

【日本テレビ盃】JRA出走予定馬が決定 9月27日(木) 19:19

 10月3日(水)に船橋競馬場で行われる日本テレビ盃のJRA所属の出走予定馬および騎乗予定騎手が決定した。

 「第65回日本テレビ盃」(船橋競馬場、交流GII、3歳以上オープン、グレード別定、ダート・左1800メートル)

【JRA所属の出走予定馬】4頭アポロケンタッキー(牡6歳、栗東・山内研二厩舎、ジョアン・モレイラ騎手)ケイティブレイブ(牡5歳、栗東・杉山晴紀厩舎、福永祐一騎手)サウンドトゥルー(セン8歳、美浦・高木登厩舎、御神本訓史騎手=大井所属)テイエムジンソク(牡6歳、栗東・木原一良厩舎、古川吉洋騎手)

日本テレビ盃のサウンドトゥルーは御神本騎手が騎乗 9月20日(木) 17:20

 交流GI・3勝を挙げ、6月の帝王賞で3着だったサウンドトゥルー(美浦・高木登厩舎、セン8歳)は、次走の日本テレビ盃(10月3日、船橋、交流GII、ダート1800メートル)で御神本訓史騎手(37)=大井・三坂盛厩舎=とコンビを組むことになった。



サウンドトゥルーの競走成績はこちら

【日本テレビ盃】JRA出走予定馬が発表 9月17日(月) 17:15

 10月3日(水)に船橋競馬場で行われる日本テレビ盃のJRA所属の出走予定馬および補欠馬が9月17日、発表された。



 「第65回日本テレビ盃」(船橋競馬場、交流GII、3歳以上オープン、グレード別定、ダート・左1800メートル)



【JRA所属の出走予定馬】4頭アポロケンタッキー(牡6歳、栗東・山内研二厩舎、騎手未定)ケイティブレイブ(牡5歳、栗東・杉山晴紀厩舎、騎手未定)サウンドトゥルー(セン8歳、美浦・高木登厩舎、騎手未定)テイエムジンソク(牡6歳、栗東・木原一良厩舎、古川吉洋騎手)



【JRA所属の補欠馬】5頭(補欠順位順)1.オールブラッシュ2.アンジュデジール3.メイショウウタゲ4.テーオーエナジー5.クリソライト

【古馬次走報】ウインガニオン、日本テレビ盃へ 9月12日(水) 12:00

 ★産経賞セントウルS2着ラブカンプー(栗・森田、牝3)は、「1週間ほど様子を見て」(森田調教師)問題がなければスプリンターズSへ。

 ★京成杯AHを制したミッキーグローリー(美・国枝、牡5)は、マイルCS(11月18日、京都、GI、芝1600メートル)を目指すが、富士S(10月20日、東京、GIII、芝1600メートル)を挟むか直行かは今後の様子を見て決まる。6着トウショウドラフタ(美・萱野、牡5)は富士Sが視野に。

 ★西園厩舎の管理馬で京成杯AH10着ウインガニオン(牡6)は、日本テレビ盃(10月3日、船橋、交流GII、ダ1800メートル)、エニフS7着スマートアヴァロン(牡6)は、東京盃(10月10日、大井、交流GII、ダ1200メートル)へ向かう。

 

ウインガニオンの競走成績はこちら

⇒もっと見る

過去10年の結果 ~日本テレビ盃 2018~

2017年 日本テレビ盃 2017年9月27日(水) 船橋11R 1800m 稍重 11頭

日本テレビ盃(Jpn2)(指定交流)

1着 11 アポロケンタッキー 4.4倍(4人気) 内田博幸 1.52.9
2着 2 サウンドトゥルー 4.0倍(3人気) 大野拓弥 1.52.9
3着 10 ケイティブレイブ 2.3倍(1人気) 福永祐一 1.53.0
単勝 11 440円(4人気) 3連複 2-10-11 330円(2人気)
馬連 2-11 780円(6人気) 3連単 11→2→10 2,680円(16人気)
開催日 場名 頭数 馬場 勝ち馬 オッズ 人気 騎手 所属 勝ちタイム
2016/9/28
日本テレビ盃
船橋 13 アウォーディー 1.8倍 1 武豊 JRA 1.52.0
2015/10/7
日本テレビ盃
船橋 12 サウンドトゥルー 9.5倍 3 大野拓弥 JRA 1.50.2
2014/9/23
日本テレビ盃
船橋 10 クリソライト 1.4倍 1 戸崎圭太 JRA 1.50.1
2013/9/23
日本テレビ盃
船橋 12 ワンダーアキュート 1.3倍 1 武豊 JRA 1.50.3
2012/9/26
日本テレビ盃
船橋 12 ソリタリーキング 1.9倍 1 内田博幸 JRA 1.51.4
2011/9/23
日本テレビ盃
船橋 12 スマートファルコン -- 1 武豊 JRA 1.50.6
2010/9/23
日本テレビ盃
船橋 14 稍重 フリオーソ -- 1 戸崎圭太 船橋 1.48.8
2009/9/23
日本テレビ盃
船橋 14 マコトスパルビエロ -- 2 安藤勝己 JRA 1.50.9
2008/9/23
日本テレビ盃
船橋 14 不良 ボンネビルレコード -- 2 的場文男 JRA 1.47.8

歴史・レース概要 ~日本テレビ盃2018~


日本テレビ盃は船橋競馬場・ダート1800mで施行される重賞競走(JpnII)である。日本テレビ放送網(NTV)が1953年に日本の民間放送局として最初の競馬中継を船橋競馬場から行ったことを記念して、翌1954年からアルファベットの略称であるNTV盃として創設された。東京大賞典などを目指す有力馬が始動する競走として定着している。出走資格はサラブレッド系3歳以上の競走馬でフルゲート14頭。出走枠は南関東公営競馬所属馬7頭、南関東以外の地方競馬所属馬3頭、JRA所属馬4頭と定められている。

執筆者:ウマニティ競馬研究所(略してウマケン)

まだウマニティ会員ではない方へ

会員登録するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを無料で利用できます。

収支100万円超えの猛者がズラリ

全国トップ予想家たちの予想閲覧

予想に必携の高精度スピード指数

「U指数」を重賞で全頭公開

勝率40%超えを誇る堅軸候補

「凄馬」をメールでお知らせ

TVでも紹介!設定は10万通り以上

あなただけの予想ロボが作れる

この他にも20以上のサービスを無料で提供!

会員登録(無料)する

ようこそゲストさん

今すぐ会員登録

※パスワードを忘れた場合

いつものアカウントが使えます!

本日の開催

浦和競馬
第9回第3日
11R 終了
笠松競馬
第14回第3日
10R 終了
園田競馬
第17回第5日
11R 終了

次回のダートグレード競走

11月23日()浦和
浦和記念 Jpn2

日本テレビ盃特集
バックナンバー

日本テレビ盃 2018
日本テレビ盃 2017
日本テレビ盃 2016
日本テレビ盃 2015