サマーチャンピオン2019-レース結果

サマーチャンピオン

2019年8月14日(水) 16:30

サマーチャンピオン JpnⅢ

佐賀競馬場/1400m

レース結果

●サマーチャンピオン ダートグレード競走攻略ツール

  • 出馬表
  • 予想登録
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX

山崎エリカのダートグレード攻略 ~サマーチャンピオン2019~

2019年8月13日(火)

 お盆に行われる交流重賞の第2弾は、佐賀のダ1400mのハンデ戦で行われるサマーチャンピオン。この時期は交流重賞のクラスターカップサマーチャンピオン、さらに翌週には中央でNST賞(新潟ダ1200m)と、オープン馬が出走できるレースが多数。しかし、秋のJBCスプリントを目指す実績馬は、ハンデを背負わされることを嫌って、クラスターカップに出走することが多く、こちらはメンバーが手薄になりがちです。

 しかし、ハンデ戦ながら、過去10年の連対馬20頭中18頭が斤量55kg以上の馬という成績。ハンデ54㎏以下で連対したのは、2014年のピッチシフター(斤量52㎏)と2017年のラインシュナイダー(斤量54Kg)のみ。基本的には斤量55kg以上の実績馬が優勢と言えます。

 その中でも本命馬として信頼できるのは、近2走以内に中央のダ1400mのオープン勝ちの実績がある馬。中央のオープンは、地方で行われるG3と同等か、もしくはそれ以上にレベルの高い場合もあるので、能力面で見劣りません。実際に過去10年のこのレースでの成績は、【3・1・1・0】と優秀。1着の該当馬は、2010年セレスハント、2014年のエーシンビートロン、2016年のグレイスフルリープ。2着の該当馬は、2011年トーホウドルチェ、3着の該当馬は、2015年のレーザーバレットです。

 次いで信頼できるのは、前走プロキオンSを逃げ、先行した馬です。前走プロキオンSで3コーナー5番手以内だった馬のこのレースでの成績は、過去10年で【2・3・1・3】。1着の該当馬は、2012年のテイクアベット、2015年のタガノトネール。2着の該当馬は、2009年のランザローテ、2013年のガンジス、2016年のワンダーコロアール。3着の該当馬は、2016年のタガノトネールです。

 プロキオンSが阪神で行われていた頃は、プロキオンSの連対馬が、ここでも活躍する図式でしたが、中京で行われるようになってからは、下位着順からの巻き返しが目立ちます。2016年のタガノトネールプロキオンS11着大敗から、巻き返しての3着でした。これは中京ダ1400mは、芝スタートで直線が長く、超オーバーペースが発生しやすいからでしょう。

 一方、プロキオンSで3コーナー5番手以内でレースを運びながらも4着以下に敗れた2012年のトシキャンディ、2014年のガンジス、昨年のエイシンヴァラーは、プロキオンSが休養明けという共通項がありました。エイシンヴァラーはプロキオンSで2.3秒差の12着といくら何でも負け過ぎていた感はありますが、基本的に休養明けのプロキオンSで好走した馬は狙わないほうがいいでしょう。

 また、穴パターンは、やっぱり地方馬の一発。このレースの過去10年で5番人気で連対したのは、全て地方馬。また、連対した4頭中3頭は、過去1年以内の交流重賞で4着以内の実績がありました。また、3着の地方馬も4頭中3頭がそれに該当。唯一、該当しなかった連対馬は昨年のエイシンバランサーですが、同馬は兵庫へ移籍して2戦目の馬でした。


 まとめるとこうなります!

 ●本命候補
 ・近2走以内に中央のダ1400mのオープンを勝利している馬。
 ・前走のプロキオンSで3コーナー5番手以内の馬。
  (プロキオンSが休養明けで3着以内だった馬を除く)

 ●穴馬候補
 ・過去1年以内の交流重賞で4着以内の実績がある地方馬。

山崎エリカさんのダートグレード競走最新予想はこちらからご覧いただけます!!

新着ニュース

14日、佐賀競馬場の第9Rに行われた第19回 サマーチャンピオン(Jpn3)オープン(ダート 右1400m サラブレッド系3才以上 ハンデ)は和田竜二騎手騎乗の3番人気・10番グランドボヌール(牡5)が優勝した。
勝ちタイムは1分26秒6(稍重)。さらにハナ差の2着に2番人気・2番ヒザクリゲ牝4)、そこから4馬身差の3着に4番人気・9番シャインヴィットゥ(牡5)が入った。
グランドボヌールは、父エンパイアメーカー、母クインネージュ、母の父フジキセキという血統で鈴木孝志厩舎の所属馬。生産は日高郡新ひだか町・片岡博。馬主は田畑利彦。通算成績は24戦6勝。
サマーチャンピオン(Jpn3)オープン」の着順&払戻金はこちら

【サマーチャンピオン】グランドボヌールがハナ差で重賞初制覇 8月14日(水) 17:10

 8月14日の佐賀9Rで行われた第19回サマーチャンピオン(3歳以上、交流GIII、ダート1400メートル、ハンデ、11頭立て、1着賞金=2100万円)は、和田竜二騎手騎乗の3番人気グランドボヌール(牡5歳、栗東・鈴木孝志厩舎)が5番手追走から早めに進出、3コーナー過ぎに先頭に立ち、後続の追撃をハナ差振り切って交流重賞初制覇。タイムは1分26秒6(稍重)。

 2着に好位追走から差してきたヒザクリゲ(2番人気、JRA所属)、さらに4馬身差遅れた3着に先行粘ったシャインヴィットゥ(4番人気、JRA所属)。1番人気のスマートレイチェル(JRA所属)は逃げて早めにかわされ、4着に敗れた。

 サマーチャンピオンを勝ったグランドボヌールは、父エンパイアメーカー、母クインネージュ、母の父フジキセキという血統。北海道新ひだか町・片岡博氏の生産馬で、馬主は田畑利彦氏。通算成績は24戦6勝。重賞初制覇。サマーチャンピオンは、鈴木孝志調教師、和田竜二騎手ともに初優勝。

 ◆和田竜二騎手(1着 グランドボヌール)「いつもスタートがいい馬で、今日も落ち着いて出てくれました。内を見ながら行きましたが、馬体を並べていないとフラフラするところがあって、ついていかないと、と思ってレースを進めました。ちょっと早すぎたので、最後アップアップしてしまいましたが、頑張ってくれました。ダートの1400メートルが合っていたんだと思います。奥のある血統で、頑張ってくれているのはうれしいし、これからも活躍してほしいと思います」

【サマーチャンピオン】レース展望 8月12日(月) 11:44

ヒザクリゲが3連勝の勢いで重賞初挑戦



 お盆シーズン真っ最中の14日(水)に佐賀競馬場で、恒例の交流重賞・第19回サマーチャンピオン(交流GIII、3歳以上オープン、ハンデ、ダート・右1400メートル)が行われる。昨今の交流重賞戦では珍しくJRA勢に交流重賞タイトルを保持する馬がおらず、例年以上に混戦模様のメンバーとなった一戦を展望していきたい。



 傑出馬不在のJRA勢5頭の中でも一番手に取り上げておきたいのは、500万下(現1勝クラス)から一気の3連勝でオープン入りを果たしたヒザクリゲ(栗東・牧浦充徳厩舎、牝4歳)。



 4歳とはいえキャリアはわずか10戦で、馬体重を増やしつつ連勝を伸ばしてきたように、ここにきての充実度は目を見張るものがある。初オープン挑戦で53キロのハンデはやや見込まれた印象を受けるが、相手には恵まれた印象で、いきなり通用する可能性がありそうだ。



武豊騎手とのコンビで挑むスマートレイチェル



 2017年にラインシュナイダーに騎乗してこのレースを制している名手・武豊騎手が、昨秋以来のコンビ再結成となるスマートレイチェル(栗東・西園正都厩舎、牝5歳)とのコンビで登場する。



 2歳暮れのデビューから一貫してダートの短距離戦を使い続けると、前走のシドニーTを制して待望のオープン入り。3歳春以来のオープン挑戦となるが、52キロのハンデなら通用してもいいのではないか。



 過去の成績を見ると、3カ月ぶりの実戦復帰になるのはややマイナス要素と言えるかもしれないが、惜しまれつつもこの世を去った父キングカメハメハの思いも乗せて奮闘してもらいたい。



グランドボヌールが久々のダートで一変なるか



 2走前のCBC賞(GIII)は6着、前走の中京記念(GIII)で5着と、芝の重賞でもまずまずの走りを見せていたグランドボヌール(栗東・鈴木孝志厩舎、牡5歳)が、さらなるステップアップを狙って3歳春以来となるダート戦に挑む。



 ダートは1800m戦を2度使って13、6着と結果は出ていないが、当時は未勝利の身で適性を探っている段階だったといえる。短距離戦で成績が安定してきた今なら、違った結果が出てもいいのではないか。



 JRAからは他に2頭が参戦する。田中勝春騎手とのコンビで挑むシャインヴィットゥ(美浦・小野次郎厩舎、牡5歳)は、オープン昇級後の2戦が13、15着だけに過度な期待はかけづらい。



 もう一頭は、中央でオープン特別2勝がありこのメンバーでは実績上位の存在と言えるナンチンノン(栗東・中竹和也厩舎、牡8歳)だが、トップハンデの56キロを背負う上に目下6戦連続2ケタ着順と往年の勢いを失っている。8歳の高齢馬でもあり、全盛期の走りをどこまで見せることができるか気になるところだ。



★兵庫勢の回避で地元・佐賀勢に出番があるか



 例年なら主役級の能力を持つ馬がズラリと並ぶJRA勢だが、今年に関しては全馬が重賞未勝利。交流重賞Vの実績があるエイシンバランサー、エイシンヴァラーなどが名を連ねていた兵庫勢も揃って回避となると、地元・佐賀勢に出番が回ってきても不思議ではなさそうだ。



 とはいえ今年は、上位2頭に優先出走権が与えられる地元・佐賀のトライアルレース・吉野ヶ里記念が大雨の影響で中止になっている。例年ならここで結果を出した好調馬が出走表に名を連ねるが、今年に限れば実績、勢いに勝る面々が揃ったとは言い切れない。



 一応、仕切り直しとなった池田湖賞で2、3着しているハクユウスターダム(佐賀、東眞市厩舎、牡6歳)、マサヤ(佐賀、東眞市厩舎、牡8歳)を推したいが、果たしてどのような走りを見せてくれるだろうか。

【サマーチャンピオン】JRAの出走予定馬発表 7月28日() 17:47

 8月14日に佐賀競馬場で行われるサマーチャンピオンのJRA出走予定馬および補欠馬が28日、次の通り発表された。

 「第19回サマーチャンピオンカップ」(佐賀競馬場、交流GIII、3歳上オープン、ダート・右1400メートル)

 【JRA出走予定馬】5頭グランドボヌール(牡5歳、栗東・鈴木孝志厩舎、騎手未定)シャインヴィットウ(牡5歳、美浦・小野次郎厩舎、騎手未定)スマートレイチェル(牝5歳、栗東・西園正都厩舎、騎手未定)ナンチンノン(牡8歳、栗東・中竹和也厩舎、騎手未定)ヒザクリゲ(牝4歳、栗東・牧浦充徳厩舎、騎手未定)

 【JRA所属の補欠馬】4頭(補欠順位順)1.ブルミラコロ2.プレスティージオ3.トラキチシャチョウ4.クリノリーソクツモ

⇒もっと見る

口コミ情報

1着:⑩グランドボヌール
2着:②ヒザクリゲ
3着:⑨シャインヴィットゥ



1着の⑩グランドボヌールは▲
2着の②ヒザクリゲは〇
3着の⑨シャインヴィットゥは無印

でした。

私の注目馬の①スマートレイチェルは4着でした。


予想買い目は、

ワイド
⑥→①
⑥→②
⑥→⑩

でしたので、予想はハズレました。_| ̄|○


私が注目馬の①スマートレイチェルは4着でした。
今日も内枠を生かして好スタートからハナへ。
⑥ナンチンノンに競られたため、息の付かない展開となりました。
その分、差し有利の展開になりました。
直線手前で飲み込まれる形になりましたが、4着と踏ん張りました。
競り合った⑥ナンチンノンが7着と大敗したことを思えば、踏ん張りましたね。
今回は、展開が向かなかったですね。
現状はダート千二がベストかなって感じですね。


1着の⑩グランドボヌールについて、スタートを五分に出て、中団の外から、
①スマートレイチェルを見る形でレースを進めました。
直線手前で前を捕らえると抜け出し、追い込んできた②ヒザクリゲを振り切りました。
着差以上に強かったと思います。
これまでは、芝のレースを使っていましたが、ダート適性を示したので
今後は、出走するレースの幅が広がりましたね。


2着の②ヒザクリゲは、力をつけていましたね。
このレースでは近走のように前ではなく、中団やや前からの競馬でした。
初めての千四でしたが、最後の伸びを見ると、千四もこなせそうですね。
横山典騎手もその辺りを考慮してに騎乗だったと思います。
この馬も距離にメドがたったので、今後はレース選択の幅が広がったと思います。


的中された方、おめでとうございます。

サマーチャンピオン8月14日(水) 16:09 デンジャラス

俺ならば
武豊で行く
エルムSなぜコケたのか?

サマーチャンピオン、台風10号は?8月14日(水) 11:21 スペースマン

新潟は、今現在、33℃くらいかな?

最高が、37℃くらいになるらしい!

この暑い時に、うちの母親は、枝豆を煮るらしい?

さすがに、(馬鹿じゃねぇーか!)と怒鳴ったわ!

このくそ暑い時に煮るか?

くそばばあ!

さて、台風10号が、気になるけど、佐賀は、どうかな?

サマーチャンピオンの本命は、ヒザクリゲから狙ってみる!

まぁ~横山典弘が、なんとかしてくれるだろう!

連勝しているからな!

相手は、地方馬の越すも枚ギフト?とロードリベラルだ!

特にロードリベラルは、昔の写真だけど、良いと思うよ!

武豊のスマートレイチェルは、休み明けなんで、どうかな?

ちなみに、明日の高校野球は、全試合中止ですわ!

地方競馬は、どうかな?

サマーチャンピオンの予想8月14日(水) 02:27 山崎エリカ

昨年同様に重賞ウイナー不在
今年も波乱の可能性は十分
_____________

お盆に行われる交流重賞の第2弾は、佐賀のダ1400mのハンデ戦で行われるサマーチャンピオン。この時期は交流重賞のクラスターカップにサマーチャンピオン、さらに翌週には中央でNST賞(新潟ダ1200m)と、オープン馬が出走できるレースが多数。しかし、秋のJBCスプリントを目指す実績馬は、ハンデを背負わされることを嫌って、クラスターカップに出走することが多く、こちらはメンバーが手薄になりがちです。

しかし、ハンデ戦ながら、過去10年の連対馬20頭中18頭が斤量55kg以上の馬という成績。ハンデ54㎏以下で連対したのは、2014年のピッチシフター(斤量52㎏)と2017年のラインシュナイダー(斤量54Kg)のみ。基本的には斤量55kg以上の実績馬が優勢と言えます。


続きはこちら!
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=11830

予想はこちら!
https://nar.umanity.jp/coliseum/coliseum_view.php?user_id=3100000007&race_id=2019081432100309


★この後の大井11R黒潮盃と12Rのドリームナイト賞も提供予定です♪

武豊はクラスタ━で2着8月14日(水) 01:02 デンジャラス

本日のサマーチャンピオンで勝つのかも知れません👍
エルムSでなぜ
負けたのか?
答えは本日サマーチャンピオンで答えが出ます
しかしよ☝
交流戦で来ないでエルムSで来てほしいのに
頭にくる
ジョッキ━のコメントなんて建前上のコメントです
腹黒

サマーチャンピオンの。。。8月14日(水) 00:46 tntn

**********************************
今日は『佐賀に迫る夏!』
佐賀での「サマーチャンピオン!」
現状では。。。【佐賀に迫る台風!】ヾ(ーー )でた

出走表を見ると会長の名前が。。。。
先週から。。。
福岡⇒札幌⇒盛岡⇒佐賀。。。騎手会会長の佐賀。ヾ(ーー )性

イベントぉー。。。哲三!ヾ(ーー )さん!
「元JRA騎手の佐藤 哲三氏によるスペシャルトークショー・予想会を実施!」
予想はそんなに甘いのか?ヾ(ーー )砂糖?

---------------------
[JRA]

スマートレイチェル。。。会長
ヒザクリゲ。。。。。。。典さん
ナンチンノン。。。。。。松若さん
シャインヴィットゥ。。。カッチー
グランドボヌール。。。。和田さん

[地方]
ハクユウスターダム。。。山下
ロードリベラル。。。。。竹吉

---------------------

過去5年は、5番人気決着!
ほぼJRA参戦馬が対象となりますが!
人気の兵庫馬に注意!って今年参戦ゼーロー。ヾ(ーー )

---------------------

内枠から◎スマートレイチェル!
前走勝利しここに!
会長への乗り替わりも。。。デビュー戦から手綱を握った僚馬!
何より父は、キングカメハメハ!ヾ(ーー )ソコ?

それを脅かす存在、膝栗毛!ヾ(ーー )
〇ヒザクリゲ!
3連勝してここに!典さんコンビは前走の1戦1勝!

▲カッチーお手馬シャインヴィットゥ!
3,4戦前に連勝したことから走るときは走る!
欅S大敗からの巻き返し馬も過去に存在!

△グランドボヌール。。。久々のダートが?

×ナンチンノン!
まとめて交わすなら松若さん!ナニスンネン!ヾ(ーー )

***********

札幌記念の乗る乗らん!

https://umanity.jp/home/view_diary.php?id=6a24097122&owner_id=4a85df85ef

**********************************

⇒もっと見る

過去10年の結果 ~サマーチャンピオン 2019~

2018年 サマーチャンピオン 2018年8月14日(火) 佐賀8R 1400m 良 11頭

サマーチャンピオン(Jpn3)

1着 10 エイシンバランサー 13.2倍(5人気) 下原理 1.25.7
2着 3 ブルミラコロ 6.8倍(4人気) 秋山真一郎 1.25.8
3着 8 ヨシオ 2.5倍(1人気) 戸崎圭太 1.26.1
単勝 10 1,320円(5人気) 3連複 3-8-10 2,390円(9人気)
馬連 3-10 3,770円(16人気) 3連単 10→3→8 27,280円(102人気)
開催日 場名 頭数 馬場 勝ち馬 オッズ 人気 騎手 所属 勝ちタイム
2017/8/16
サマーチャンピオン
佐賀 11 不良 ラインシュナイダー 3.0倍 2 武豊 JRA 1.26.1
2016/8/18
サマーチャンピオン
佐賀 12 グレイスフルリープ 1.8倍 1 小牧太 JRA 1.25.7
2015/8/18
サマーチャンピオン
佐賀 12 タガノトネール 1.9倍 1 川田将雅 JRA 1.26.2
2014/8/19
サマーチャンピオン
佐賀 11 不良 エーシンビートロン 2.2倍 2 武幸四郎 JRA 1.26.1
2013/8/13
サマーチャンピオン
佐賀 12 エーシンウェズン 6.4倍 3 川田将雅 JRA 1.27.0
2012/8/15
サマーチャンピオン
佐賀 11 稍重 テイクアベット 2.2倍 1 幸英明 JRA 1.25.0
2011/8/16
サマーチャンピオン
佐賀 11 スーニ -- 4 川田将雅 JRA 1.23.8
2010/8/18
サマーチャンピオン
佐賀 12 セレスハント -- 2 福永祐一 JRA 1.26.4
2009/8/17
サマーチャンピオン
佐賀 10 ヴァンクルタテヤマ -- 2 幸英明 JRA 1.25.2

歴史・レース概要 ~サマーチャンピオン2019~


サマーチャンピオンは、佐賀競馬場・ダート1400mで施行される地方重賞(JpnⅢ)である。2001年にダートグレード競走(GⅢ)として創設。2007年にJpnⅢに変更となった。2007年からハンデキャップ競走として施行されている。

過去の優勝馬には、グレイスフルリープ、スーニ、ヴァンクルタテヤマなどが名を連ねる。

執筆者:ウマニティ競馬研究所(略してウマケン)

まだウマニティ会員ではない方へ

会員登録するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを無料で利用できます。

収支100万円超えの猛者がズラリ

全国トップ予想家たちの予想閲覧

予想に必携の高精度スピード指数

「U指数」を重賞で全頭公開

勝率40%超えを誇る堅軸候補

「凄馬」をメールでお知らせ

TVでも紹介!設定は10万通り以上

あなただけの予想ロボが作れる

この他にも20以上のサービスを無料で提供!

会員登録(無料)する

ようこそゲストさん

今すぐ会員登録

※パスワードを忘れた場合

いつものアカウントが使えます!

本日の開催

船橋競馬
第9回第4日
1R 2時間前
名古屋競馬
第19回第3日
6R 17分前
園田競馬
第21回第1日
5R 27分前

次回のダートグレード競走

12月18日()川崎
全日本2歳優駿 JpnⅠ

サマーチャンピオン特集
バックナンバー

サマーチャンピオン 2019
サマーチャンピオン 2018
サマーチャンピオン 2017
サマーチャンピオン 2016
サマーチャンピオン 2015