東京スプリントJpnⅢ   4月14日() 20:10 大井競馬場/ダ1200m 15頭



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 所属 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 4 6

リュウノユキナ

牡6 56.0 柴田善臣 小野次郎 JRA 507(+3) 1.11.5 2.1 1
2 5 9

サブノジュニア

牡7 58.0 矢野貴之 堀千亜樹 大井 533(±0) 1.11.5 アタマ 4.1 2
3 7 13

キャンドルグラス

牡7 56.0 御神本訓 川島正一 船橋 505(+5) 1.11.6 3/4 10.4 5
4 6 10

ノボバカラ

牡9 57.0 戸崎圭太 森秀行 JRA 500(-3) 1.11.7 クビ 50.8 8
5 3 4

ヒロシゲゴールド

牡6 56.0 北村宏司 北出成人 JRA 485(+15) 1.12.3 11.8 6
6 1 1

ベストマッチョ

セ8 56.0 森泰斗 佐々木仁 川崎 500(+4) 1.12.4 1/2 7.8 3
7 6 11

トロヴァオ

牡8 56.0 藤田凌 荒山勝徳 大井 472(+2) 1.12.7 11/2 107.5 11
8 2 2

サイクロトロン

牡4 56.0 北村友一 音無秀孝 JRA 515(-5) 1.12.7 ハナ 8.9 4
9 3 5

ブルミラコロ

牡9 56.0 達城龍次 堀千亜樹 大井 528(+1) 1.12.8 3/4 459.8 12
10 5 8

クロスケ

牡6 56.0 真島大輔 柏木一夫 大井 472(+6) 1.12.9 1/2 64.4 9
11 8 14

イモータルスモーク

牡4 56.0 内田博幸 金成貴史 JRA 507(+1) 1.13.1 15.2 7
12 7 12

グランドボヌール

牡7 56.0 笹川翼 小久保智 浦和 491(-7) 1.13.2 3/4 81.6 10
13 8 15

ナリタスターワン

牡9 56.0 川島正太 野口寛仁 浦和 472(+10) 1.14.3 608.7 14
14 4 7

ドーヴァー

牡8 56.0 東原悠善 久保田信之 大井 508(+4) 1.15.4 581.0 13
15 2 3

ナイトオブナイツ

牡8 56.0 千田洋 渡邉和雄 大井 470(+7) 1.16.8 637.5 15

■払戻金

単勝6 210円 1番人気
複勝6 120円 1番人気
9 130円 2番人気
13 200円 4番人気
枠連複4 - 5 430円 1番人気
馬連複6 - 9 460円 1番人気
枠連単4 → 5 650円 1番人気
馬連単6 → 9 700円 1番人気
ワイド6 - 9 230円 1番人気
6 - 13 410円 5番人気
9 - 13 450円 7番人気
三連複6 - 9 - 13 1,050円 2番人気
三連単6 → 9 → 13 3,030円 2番人気

※レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合してください。

出走馬の最新ニュース

調教
予想

【東京スプリント2021予想】連勝中の勢いをキープのリュウノユキナに注目!

14日(水)に行われる東京スプリントの出走馬(JRA所属馬限定)の追い切りについて、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。

※評価は上からA~D、F(判定不能)の5段階

②サイクロトロン【B】
栗東坂路併走。10日は最終がコース追いだった前走から坂路追いに戻して51秒9-12秒7。中3週の在厩3走目としてキッチリ追えたのは何よりだ。デキ落ちもなく力を出せる状態。昇級2戦目での前進に期待したい。

④ヒロシゲゴールド【B】
栗東坂路単走。11日は一杯に追われて50秒6-11秒9と前走時よりも動いた。今シーズンは2走前の最終追いで49秒台が出たようにデキそのものは悪くない。ここ2走は逃げなくても大崩れしないところを見せており、変わってきておかしくない。

⑥リュウノユキナ【B】
美浦坂路単走。7日に強めに乗られて52秒台をマークし、11日の最終追い切りは馬なりで56秒8-12秒4。2連勝中の勢いを維持しつつ、臨戦態勢も整った。6歳だがダート交流重賞は初挑戦。今のデキなら楽しみのほうが大きい。

⑩ノボバカラ【C】
栗東坂路単走。7日に52秒4をマークし、11日は54秒1-13秒0。9歳馬とあってさすがに以前ほどは動かなくなっているものの、デキ落ちまでは感じない。大井の1200mは今のこの馬には忙しく、そのあたりがどうだろうか。

⑭イモータルスモーク【B】
美浦坂路単走。3日の阪神戦(8着)を使われたばかりとあって、11日の坂路では馬なりで58秒0-13秒8。もともと坂路でそれほど時計を出すタイプでもなく、中11日での連戦前としてはマズマズの動きと言える。あとはクラス慣れ次第だろう。

【調教予想からの注目馬】
JRAから参戦の5頭にA判定はいないが、⑥リュウノユキナのB評価はAに近い評価。2カ月弱ぶりの実戦だが、在厩調整でじっくり仕上げられ、目標の交流重賞へのエントリーとなった。これにシーズン3走目で変わってきそうな④ヒロシゲゴールドと、慣れが見込める②サイクロトロンを加えたい。

<注目馬>
リュウノユキナ ④ヒロシゲゴールド ②サイクロトロン
ウマニティの会員数:318,108人(07月29日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

陣営の
思惑

【東京スプリント2021予想】リュウノユキナ「重賞でも楽しみ」サブノジュニア「ひと頃より落ち着きが出てきた」

〔1〕ベストマッチョ・佐々木仁師「前走は出遅れて、仕掛けたぶん掛かってしまった。スムーズに折り合えばチャンスがある」

〔2〕サイクロトロン・音無秀師「前走は途中からハナに立って、いいところが出なかった。今回は乗り慣れているジョッキーだからね」

〔3〕ナイトオブナイツ・渡辺和師「芝のほうが良さそうだね。ただ、このくらいの距離は合うので、頑張ってほしいところ」

〔4〕ヒロシゲゴールド・北出成師「枠次第ではハナを切らなくても競馬ができるようになっている。ここももまれない競馬ができれば」

〔5〕ブルミラコロ・堀千亜師「前走は外枠で中途半端な競馬になった。ジリ脚タイプなので、うまく先行できれば」

〔6〕リュウノユキナ・小野次師「気性面もブリンカーで全部解消されたし、競馬場で左右される馬でもないので、重賞でも楽しみ」

〔7〕ドーヴァー・久保田信師「追い切りの動きは良くなってきたが、この相手だからね。前進してほしい」

〔8〕クロスケ・柏木一師「強いメンバーがそろったけど、以前いたときと同じようなデキに戻っている。先行勢がやり合えば」

〔9〕サブノジュニア・堀千亜師「ひと頃より落ち着きが出てきた。得意の1200メートルだし、斤量も軽くなったから巻き返したい」

〔10〕ノボバカラ・清水助手「前走は休み明けでもあり、ついていくのがやっと。年齢的に衰えは感じるが、きっかけをつかめれば」

〔11〕トロヴァオ・荒山勝師「牧場で乗り込み、追い切りの動きも良かった。少しずるくなっているが、距離は問題なく衰えもない」

〔12〕グランドボヌール・小久保智師「さすが重賞勝ち馬だね。性能の良さを感じるし、悪いところもない。いい状態で出せそう」

〔13〕キャンドルグラス・川島一師「無理して使っていないぶんフレッシュで、交流重賞でも力は足りる。チャンスは十分」

〔14〕イモータルスモーク・池上助手「今なら1200メートルでいい走りをしてくれそう。大井の適性はやってみないと分からないけど、頑張ってほしい」

〔15〕ナリタスターワン=JRA5勝馬だが、転入後は大敗続き。交流重賞では厳しい。

データ
予想

【東京スプリント2021予想】雄大な馬格も加点材料のサブノジュニアがトップ評価

【年齢】

2016年以降、勝ち馬の馬齢は4歳が1頭、5歳が2頭、8歳が1頭、9歳が1頭。高齢馬の好走も珍しくないが、年明け2戦以上使われていた7歳以上は割引が必要となる。

【前走距離】

2016年以降、3着以内に好走した15頭のうち12頭が距離短縮となる臨戦で、例外は勝ち馬に1頭、2着馬に0頭、3着馬に2頭。ダートスプリント路線の番組都合もあり、1400m以上の距離を使われていた馬が中心となる。

【前走人気】

2016年以降、3着内に好走した15頭のうち8頭が前走1~3番人気の支持を集めていた上位人気馬だった。なお、昨年は同条件に該当する馬で1~3着となっている。一方で、JRAのグレード競走に出走していた場合は例外となりやすく、フェブラリーSや根岸Sで低評価だった馬には気を配りたい。

【前走馬体重】

2016年以降、3着以内に好走した15頭のうち9頭が前走500kg以上の馬体重でレースに出走していた。例外は勝ち馬に1頭、2着馬に1頭、3着馬に4頭。勝ち負けを望むのであれば馬体重は重いほうがよく、勝ち馬5頭のうち3頭は前走520kg以上と雄大な馬格の持ち主だった。

【所属】

2018年2着、2019年1着キタサンミカヅキ(船橋)、2020年2着サブノジュニア(大井)と南関東所属馬が3年連続で連対しており、昨年は3着にも船橋所属のキャンドルグラスが入線していた。とくにフジノウェーブ記念で上位人気に推されていた地方所属馬には一目置きたい。

【データ予想からの注目馬】
上記5項目で減点がない馬はおらず、マイナス1点となるのはベストマッチョサイクロトロンリュウノユキナクロスケサブノジュニアキャンドルグラスイモータルスモークの7頭。

トップ評価はフジノウェーブ記念で2番人気の支持を集め、前走馬体重533kgを加点材料とできそうなサブノジュニアとする。同じくフジノウェーブ記念で1番人気だったベストマッチョ、昨年の勝ち馬同様に4歳馬ということで前走距離を度外視できそうなサイクロトロンまでを注目馬としたい。

■注目馬
サブノジュニア ①ベストマッチョ ②サイクロトロン
ウマニティの会員数:318,108人(07月29日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

血統
予想

【東京スプリント2021予想】サウスヴィグラスを筆頭に、Mr. Prospector系のスピードに注目

2016年以降、3着以内に好走した種牡馬の大まかな系統は、Mr. Prospector系が5頭、サンデーサイレンス系が4頭、Northern Dancer系が4頭、そのほか2頭。なお、昨年はオルフェーヴル産駒の3番人気ジャスティンが勝利している。

Mr. Prospector系はいずれもサウスヴィグラス産駒で、2勝、2着1回、3着1回という成績を残し、2018年を除けば少なからず1頭以上が馬券に絡む見事な活躍ぶり。なお、サウスヴィグラス産駒以外の勝ち馬3頭のうち2頭は母の父がMr. Prospector系種牡馬だった。

サブノジュニアは、父サウスヴィグラス×母サブノイナズマ(母の父カコイーシーズ)。冒頭で触れた通り、毎年のように好走馬を送り出すサウスヴィグラスの産駒で、サブノジュニア自身も昨年の東京スプリントで2着と好走した実績を持つ。大井ダート1200mは20年JBCスプリントでJRA勢を一蹴した舞台でもあり、昨年のNARグランプリ年度代表馬としても恥ずかしい競馬は見せられないだろう。

ヒロシゲゴールドは、父サウスヴィグラス×母エフテーストライク(母の父ブラックタキシード)。本馬も好相性を示すサウスヴィグラスの産駒となるが、一昨年に500万下から1600万下まで3連勝でオープン入りを果たし、ダートグレード競走初挑戦となった19年東京スプリントでも3着と好走。その後は安定感を欠く戦歴となっているものの、暖かい時期になると調子を上げる節もあるので、レース当日の天候次第では気を配りたい。

リュウノユキナは、父ヴァーミリアン×母ネオカラー(母の父クロフネ)。父ヴァーミリアンはJBCクラシックで3連覇の偉業を達成するなど、中央・地方を問わずにダートグレード競走の一時代を築いた名馬で、本馬は伯母に07年TCK女王盃を制したサウンドザビーチがいる血統背景からも真打ち登場と期待されることにも頷ける魅力がある。直近のレースぶりは本格化と見て差し支えない内容を示しており、3走前は勝ち馬がレッドルゼル、4走前はダート1200mの日本レコード決着と2着に負けた2戦も価値が高い。

【血統予想からの注目馬】
サブノジュニア ④ヒロシゲゴールド ⑥リュウノユキナ
攻略
コラム

【山崎エリカのダートグレード攻略】~東京スプリント2021~

 東京スプリントはダートグレードとしては歴史が浅く、今回で13回目となる。かつては4月に行われていたJRAのプロキオンS(阪神ダ1400m)が夏場へ移行し、3月の黒船賞から5月のかきつばた記念まで短距離のダートグレードがなかったことから、3月に行われていた東京シティ盃を「東京スプリント」と名を改め、この時期に施行されるようになった。

 4月に行われる短距離のダートグレードはここだけ。そのうえダ1200m戦は前年のカペラS以来となり、この先も6月の北海道スプリントカップまで番組がない。このため前年のGⅠ・JBCスプリントがダ1200mで行われた年は特に、JBCスプリントの上位馬をはじめとする、ダ1200mでこそのトップスプリンターが集う。しかし、2017年のニシケンモノノフのように、前年のJBCスプリントの優勝馬でありながら、その後に順調さを欠いて通用しない場合もある。

 それでも実績は重要。前年のJBCスプリントで3着以内の馬が、前走の黒船賞でも1着と、順調さを欠かなかった場合は、このレースで有力だ。「前年のJBCスプリントで3着以内」と「前走の黒船賞で1着」の条件を満たしていた馬のこのレースでの過去10年の成績は、【2・2・1・0】(2011年は、黒船賞中止)。1着の該当馬は、2010年のスーニ、2012年セイクリムズン、2着の該当馬は、2013-2014年のセイクリムズン、3着の該当馬は2016年のダノンレジェンドだ。

 他では同年の根岸Sで3着以内だった馬も、過去10年の成績は【1・3・0・1】と有力。1着の該当馬は、2014年のノーザンリバー。2着の該当馬は、2013年のセイクリムズン、2016年のグレープブランデー、2019年のコパノキッキング。唯一の4着以下は、昨年のコパノキッキング(5着)だが、連対馬4頭は近2走でフェブラリーSに出走しているのに対して、コパノキッキング根岸Sから直行。いわゆるひと息入れての一戦だった。同年の根岸S3着以内で、フェブラリーSにも出走なら信用できるだろう。

 しかし、近年は同年の黒船賞根岸Sなどの重賞出走馬よりも、前走でJRAの準オープンやオープンを制した新興勢力の出走が目立ち、実績馬に見劣らない走りを見せている。しかし、2016年にJRAのオープンを2連勝したブルドッグボスが、2番人気に支持されながらもドボンしたように、闇雲に狙っても深手を負うことになりかねない。そこで「同年に2勝以上」「一度は0.5秒差以上で勝利」という、2つの条件を加えると、過去10年の成績は【1・0・1・0】と信用できる。1着の該当馬は2020年のジャスティン、3着の該当馬は2019年のヒロシゲゴールドである。特に昨年のような絶対王者不在の状況下では、下剋上が起こりやすい。

 さらにこのレースは逃げ、先行馬の活躍が目立っており、タフな馬場の高知の黒船賞でスピードを見せていた馬も活躍。前走の黒船賞で3コーナー2番手以内から5着以内に粘った馬は、過去10年で【3・1・1・0】。1着の該当馬は、2012年のセイクリムズン、2015年のダノンレジェンド、2018年のグレイスフルリープ。2着の該当馬は、2014年のセイクリムズン。3着の該当馬は、2016年のダノンレジェンド。このタイプも十分に信用できる。

 今度は穴パターンを紹介しよう。一番はダートグレードで実績がない地方馬である。実際に前記に該当する2011年コアレスピューマ(12番人気)、2012年スターボード(7番人気)、2014年アルゴリズム(10番人気)がこのレースで3着入線し、3連単の波乱の立役者となった。また、昨年も2着にサブノジュニア(5番人気)、3着にキャンドルグラス(7番人気)が食い込み、3連単8万5160円の高配当決着となっている。これらの地方馬の共通項はというと、前々走の南関東所属馬の重賞3着以内は準重賞で2着以内ということ。

 2014年のこのレースで、フジノウェーブ記念の勝ち馬ジェネラルグラントが3番人気に支持されたように、フジノウェーブ記念の連対馬はこのレースで人気になることが多いが、その実、結果が出ていない。前走のフジノウェーブ記念で3着以下に敗れているか、相手弱化の条件戦を使っている馬のほうがこのレースでの活躍が目立っているのだ。前記のアルゴリズムこそ、JRAの障害レースを使われていたが、コアレスピューマ、スターボードは前走で条件戦に出走。昨年のサブノジュニアは前走のフジノウェーブ記念4着、キャンドルグラスは前走のフジノウェーブ記念8着からの巻き返しだった。

 最後に一昨年より、南関東のSⅠに昇格した習志野きらっとスプリントを紹介しよう。同レースは地方の古馬スプリント戦でもっとも格の高いレースであり、1着賞金は秋のGⅡ・日本テレビ盃と100万円ほどしか変わらない賞金3100万円が用意されている。このため地方のトップスプリンターが集結。これにより同レースの上位馬がここで活躍するようになるだろう。今後はこのレースの上位馬を視野に入れていきたい。


 まとめるとこうなる!

 ●本命候補
 ・前年のJBCスプリントで3着以内かつ、同年の黒船賞の優勝馬。
 ・同年の根岸S3着以内かつ、同年のフェブラリーS出走馬。
 ・同年にJRAのレースで2勝以上の馬。
  (一度は0.5秒差以上で勝利が条件)
 ・前走の黒船賞で3コーナー2番手以内から5着以内に粘った馬。

 ●穴馬候補
 ・前々走の南関東所属馬の重賞で3着以内、準重賞で2着以内の実績馬。
  (前走で条件戦出走か、フジノウェーブ記念の3着以下馬が活躍)

 ※昨年よりSⅠに昇格した習志野きらっとスプリントの上位馬に要注意。


山崎エリカさんのダートグレード競走最新予想はこちらからご覧いただけます!!

ステップ
レース

【東京スプリント2021予想】前哨戦での各馬のパフォーマンスは?

2021年3月10日(水) 大井/ダ1400m 16頭
天候:  馬場:稍重
着順 馬番 馬名 騎手 所属 タイム 着差 オッズ 人気 上3F
1 13 キャプテンキング 和田譲治 大井 1.26.0 16.9 6 38.2
2 1 ベストマッチョ 森泰斗 川崎 1.26.2 11/4 2.4 1 38.6
3 10 グレンツェント 御神本訓 大井 1.26.3 3/4 6.3 3 37.9
4 11 サブノジュニア 矢野貴之 大井 1.26.3 ハナ 3.1 2 38.3
5 3 クルセイズスピリツ 西啓太 大井 1.26.5 3/4 24.7 8 39.0
過去10年
の結果

【東京スプリント2021予想】過去のレース結果をチェック!

2020年4月8日(水) 大井/ダート1200m
天候:  馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 所属 タイム 着差 オッズ 人気 上3F
1 1 ジャスティン 坂井瑠星 JRA 1.10.9 5.7 3 36.2
2 8 サブノジュニア 矢野貴之 大井 1.11.1 11/4 18.8 5 36.0
3 3 キャンドルグラス 笹川翼 船橋 1.11.5 60.1 7 36.2
4 7 ブルドッグボス 御神本訓史 浦和 1.11.6 クビ 9.7 4 36.1
5 9 コパノキッキング 藤田菜七子 JRA 1.11.8 11/4 1.5 1 37.1
2019年4月10日(水) 大井/ダート1200m
天候:  馬場:不良
着順 馬番 馬名 騎手 所属 タイム 着差 オッズ 人気 上3F
1 8 キタサンミカヅキ 森泰斗 船橋 1.11.6 7.8 4 36.8
2 6 コパノキッキング 藤田菜七子 JRA 1.11.8 2.7 2 36.4
3 7 ヒロシゲゴールド 武豊 JRA 1.11.8 クビ 2.6 1 37.1
4 4 ショコラブラン 戸崎圭太 大井 1.11.8 クビ 38.5 6 36.8
5 16 テーオーヘリオス 濱中俊 JRA 1.12.3 21/2 53.2 8 37.2
2018年4月18日(水) 大井/ダート1200m
天候:  馬場:不良
着順 馬番 馬名 騎手 所属 タイム 着差 オッズ 人気 上3F
1 3 グレイスフルリープ 武豊 JRA 1.11.8 11.7 6 37.4
2 7 キタサンミカヅキ 繁田健一 船橋 1.12.1 11/2 7.7 4 37.3
3 13 ネロ 内田博幸 JRA 1.12.2 1/2 5.3 3 37.6
4 2 サブノジュニア 矢野貴之 大井 1.12.3 クビ 76.6 11 37.3
5 4 ブルドッグボス 左海誠二 浦和 1.12.3 ハナ 3.7 1 37.7
歴史と
概要

【東京スプリント2021予想】レースの歴史や競走条件、歴代優勝馬は?

2009年の第19回までは大井競馬場の愛称(東京シティ競馬)にちなんだ「東京シティ盃」の競走名で親しまれてきたスプリント重賞。ダートグレード競走に昇格すると同時に「東京スプリント」へと改称されており、現在はかしわ記念やさきたま杯のプレップレースとしての役割を担う。2007年の勝ち馬フジノウェーブは同年に地方所属馬としてJBC競走初制覇(第7回JBCスプリント)を果たす躍進を遂げるほか、本競走においてもリピーターとして存在感を放ち、10歳となった2012年にも健在ぶりを示して2着に入るなど、息の長い活躍で多くのファンを魅了した。なお、2020年2着サブノジュニア、2018年1着グレイスフルリープ、2016年3着ダノンレジェンドなど、近年も同年のJBCスプリントを制する馬の多くが本競走で好走していた経歴を持つ。

ウマニティの会員数:318,108人(07月29日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

東京スプリント特集 バックナンバー

2021ダートグレード競走