地方競馬ニュース

【エーデルワイス賞】スピーディキックが馬群を割って鋭伸V


©サンケイスポーツ


 39  0  0

 10月14日の門別11Rで行われた第24回エーデルワイス賞(交流GIII、2歳オープン、牝馬、定量、ダート・右1200メートル、14頭立て、1着賞金=2000万円)は、岩橋勇二騎手騎乗で3番人気に支持されたスピーディキック(北海道・石本孝博厩舎)が道中は中団を追走すると、最後の直線で馬群を割るように伸びて差し切り。前走のリリーカップの続く連勝で、交流重賞初制覇を果たした。タイムは1分12秒2(重)。



 クビ差の2着には好位から早めに抜け出して粘り込んだヒストリックノヴァ(1番人気)が入線し、さらにアタマ差の3着にはエイシンヌプリ(5番人気)が入線。2番人気に支持されたレディーアーサーは中団から伸び切れずに6着に敗れた。



 エーデルワイス賞を勝ったスピーディキックは、父タイセイレジェンド、母デザートフラワー、母の父サイレントディールという血統。北海道浦河町・熊谷武氏の生産馬で、馬主は加藤鈴幸氏。通算成績は6戦3勝。重賞は前走のリリーカップ(H3)に続き2勝目。エーデルワイス賞は管理する石本孝博調教師、騎乗した岩橋勇二騎手ともに初勝利。



 ◆岩橋勇二騎手(1着 スピーディキック)「頭が真っ白になるぐらい嬉しいです。スタートが切れる方じゃないのですが、今回は切ってくれたので、いつもより楽な位置になりました。直線では伸びてくれる馬なので、それまで息を入れてあげようかなと思いました。進路が開かず狭いところに入りましたが、根性で走ってくれました。一生懸命追っていたので、勝ったかはわかりませんでした。しっかり脚を使ってくれますし、折り合いも付くので、距離が延びても走れます。大きいところを狙っていきたいです」



★【エーデルワイス賞】払い戻し確定!! 全着順も掲載

関連キーワード

 ナイス!(0
 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

競馬関連ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース