かしわ記念2019-レース結果

かしわ記念

2019年5月6日(月) 16:05

かしわ記念 JpnⅠ

船橋競馬場/1600m

レース結果

●かしわ記念 ダートグレード競走攻略ツール

  • 出馬表
  • 予想登録
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX

山崎エリカのダートグレード攻略 ~かしわ記念2019~

2019年5月5日(

 例年よりも長いゴールデンウィークのフィナーレを飾るかしわ記念。このレースは、上半期の大一番・帝王賞のステップレースですが、さすがG1だけあって、これまでのG1ウイナーが多く参戦します。また、距離1600mの条件設定ということもあり、JRAから参戦してくるほとんどの馬は、前走でフェブラリーSに出走していた馬。時々、休養明けの実績馬が出走してくることもありますが、スタミナが必要とされるダート戦らしく、それらは苦戦の傾向です。

 実際に過去10年の連対馬20頭全てが、同年のフェブラリーS以降のレースに出走していた馬。休養明けで挑んだ2011年のエスポワールシチーや2013年のローマンレジェンドは、1番人気に支持されながらも3着が精一杯でした。また、勝ち馬10頭中、8頭は過去1年以内にG1勝ちの実績があり、他2頭は、このレース出走時4歳だった2009年のエスポワールシチーと2013年ホッコータルマエのみ。つまり、勝ち負けできる馬を狙うのであれば、休養明けではないことと、過去1年以内にG1勝ちの実績があることが条件となります。

 また、このレースでは、やみくもにフェブラリーSの上位馬を狙うと、昨年のフェブラリーSの覇者ノンコノユメのようにドボンします。フェブラリーSの着順よりも、レースの運び方が重要で、4コーナー5番手以内でレースをした馬の活躍が目立ちます。その成績は、過去10年で【4・1・0・2】。

 1着の該当馬は、2010年・2012年のエスポワールシチー、2014年・2017年のコパノリッキー。2着の該当馬は、2009年のカネヒキリ、2013年のエスポワールシチーエスポワールシチーコパノリッキーばかりだと思うでなかれ、2008年の2着馬ブルーコンコルドも前記に該当します。

 逆に通用しなかったのは、2014年のサクセスブロッケン(4着)と2016年のモーニンと(8着)とのみ。しかし、モーニンは前走のフェブラリーSが初制覇だった馬でした。死力を尽くしたのでしょう。

 これはフェブラリーSが前がきつい流れになることが多いのに対して、かしわ記念はそれほどテンが速い馬が出走していないことが多く、前が楽にレースを運べるからです。

 まとめると、過去1年以内にG1勝ちの実績があり、前走のフェブラリーSがG1初制覇ではないこと、さらに前走のフェブラリーSで4コーナー5番手以内で競馬をした馬は、信頼できる上に、そこまで人気にもならないので本命馬には最適です。

 他では前走マーチSに出走し、ハンデ57.5キロを背負って優勝した馬も有力。過去10年の該当馬は、2009年のエスポワールシチー(1着)と2017年のインカンテーション(2着)の2頭のみですが、連対率は100%。また、この2頭は、同年のフェブラリーSで逃げているという共通項がありました。前を意識して動ける馬でありながら、前走のマーチSで重いハンデを背負って勝った勢いあるタイプは要警戒でしょう。しかも、2017年のこのレースでは、フェブラリーSで展開に恵まれて連対したベストウォーリアに票が集まる形で、インカンテーションは5番人気と人気がありませんでした。

 最後にこのレースでの穴馬はというと、前走で3コーナー先頭だった馬。2016年の2着馬ソルテ(5番人気)、2010年の2着馬フリーオーソ(5番人気)ともにその条件を満たしていました。前走がダートグレードでなければ、フジノウェーブ記念を勝ったソルテのように地元の重賞を勝っていることが条件になりますが、フリーオーソはダイオライト記念で逃げバテ5着からの巻き返し。過去1年以内にG1で連対実績があれば、格下のレースで凡退していたとしても、巻き返しのチャンスがあります。


 まとめるとこうなります!

 ●本命候補
 ・過去1年以内にG1勝ちの実績があり、前走のフェブラリーSで4コーナー5番手以内の競馬をしていた馬。
  (前走のフェブラリーSが初重賞制覇ではないことが条件)
 ・前走のマーチSでハンデ57.5キロを背負って優勝した馬。
  (該当馬には、前々走のフェブラリーSで逃げているという共通項あり)

 ●穴馬候補
 ・地元の重賞を前走3コーナー先頭のレースをして勝利した馬。
 ・前走のダートグレードで3コーナー先頭のレースをして凡退した馬。
  (過去1年以内にG1連対実績のあることが条件)

山崎エリカさんのダートグレード競走最新予想はこちらからご覧いただけます!!

新着ニュース

6日、船橋競馬場の第11Rに行われた第31回 かしわ記念(Jpn1)(指定交流)4上オープン(ダート 左1600m サラブレッド系4才以上 定量)はC.ルメール騎手騎乗の2番人気・10番ゴールドドリーム(牡6)が優勝した。
勝ちタイムは1分40秒2(稍重)。さらに11/2馬身差の2着に1番人気・6番インティ(牡5)、そこから2馬身差の3着に7番人気・7番アポロケンタッキー(牡7)が入った。
ゴールドドリームは、父ゴールドアリュール、母モンヴェール、母の父フレンチデピュティという血統で平田修厩舎の所属馬。生産は勇払郡安平町・ノーザンファーム。馬主は吉田勝己。通算成績は20戦9勝。
かしわ記念(Jpn1)(指定交流)4上オープン」の着順&払戻金はこちら

【かしわ記念】ゴールドドリームが史上3頭目の連覇!インティは2着 5月6日(月) 16:29

 5月6日(祝・月)の船橋競馬11Rで行われた第31回かしわ記念(交流GI、4歳以上オープン、選定馬、定量、ダート・左1600メートル、11頭立て、1着賞金=6000万円)は、C・ルメール騎手騎乗の2番人気ゴールドドリーム(牡6歳、栗東・平田修厩舎)が勝利。史上3頭目となる同レース連覇を果たした。また、今年のフェブラリーS勝ち馬で武豊騎手騎乗のインティは2着に敗れた。

 これまでGI4勝を誇る同馬も最近は前走のフェブラリーSなど3戦連続で2着惜敗と歯がゆい結果が続いていたが、本来の力強い走りで前走で敗れたインティらを見事撃破。エスポワールシチー(09、10年)、コパノリッキー(16、17年)に次いで史上3頭目の連覇を果たすと同時に昨年の帝王賞以来のGI5勝目を飾った。

 鞍上のC・ルメール騎手は5日のNHKマイルCでは桜花賞グランアレグリアに騎乗するも、進路妨害で5着降着と悔しい結果に終わったが翌日に悔しさを晴らす結果となった。

 かしわ記念を勝ったゴールドドリームは、父ゴールドアリュール、母モンヴェール、母の父フレンチデピュティという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、吉田勝己氏の所有馬。通算成績は20戦9勝。重賞は2016年ユニコーンS・GIII、2017年フェブラリーS・GI、チャンピオンズC・GI、かしわ記念・交流GI、帝王賞・交流GIに次いで6勝目。かしわ記念は、平田修調教師、C・ルメール騎手ともに連覇。

【かしわ記念】レース展望 5月5日() 10:59

 6日(祝・月)に、船橋競馬場でゴールデンウィーク恒例の交流GI・第31回かしわ記念(交流GI、4歳以上オープン、定量、ダート・左1600メートル)が行われる。出走11頭のうちGIホースが5頭おり、例年以上に豪華なメンバー構成となった一戦を展望してきたい。



★目下7連勝中!快進撃が続くインティ

 デビュー2戦目の未勝利勝ちから前走のフェブラリーS(GI)制覇まで目下7連勝中と、その勢いは止まるところを知らないインティ(栗東・野中賢二厩舎、牡5歳)が1番人気の支持を集めそう。初の地方遠征で馬場への適性や小回りコースへの対応がカギとなるが、圧倒的な先行力があるだけに克服できる可能性は高そうだ。

 過去にこのレースを3度(97年バトルライン、16、17年コパノリッキー)制している武豊騎手の手綱さばきにも期待したいところ。武豊騎手といえば、昭和、平成の時代にGI制覇を果たしており、熊沢重文騎手とともに3つの元号でGIタイトルを獲得するチャンスがある。

 ファンタジストとのコンビで挑む5日のNHKマイルC(GI)、そしてインティとともに挑むかしわ記念、令和の幕開けを飾るGI2連戦で競馬界の“レジェンド”がどんな結果を残してくれるか注目したい。



★史上3頭目の連覇を狙うゴールドドリーム

 エスポワールシチー(09、10年)、コパノリッキー(16、17年)に次いで史上3頭目となるかしわ記念連覇を狙う昨年の覇者・ゴールドドリーム(栗東・平田修厩舎、牡6歳)が、人気面でも実力面でも“打倒インティ”の一番手といえる存在になりそうだ。

 近走は3戦連続で2着惜敗と歯がゆい結果が続いているが、いずれも強豪を相手にしたGIの舞台で、悲観する内容ではなかった。前走のフェブラリーS(GI)も2着に終わっているが、マイペースで逃げるインティを中団からメンバー最速となる3ハロン34秒8の末脚でクビ差まで追い詰めている。

 小回りの船橋コースでインティのマイペースになってしまうと差し切るのは容易ではないが、舞台を経験しているアドバンテージがあり、GI4勝という輝かしい実績も持っているだけに、展開ひとつで逆転可能だろう。この春、大舞台で圧倒的な活躍が続くC.ルメール騎手の手腕にも注目したい。



★意外性が魅力のオールブラッシュ

 昨年のかしわ記念では勝ち馬のゴールドドリームと1馬身差の2着に善戦しており、一昨年の川崎記念(交流GI)を制した実績もあるオールブラッシュ(栗東・村山明厩舎、牡7歳)には、一発ハマった時の意外性がある。

 今年に入ってから川崎記念3着、続くダイオライト記念(交流GII)も3着と勝ち切れないレースが続いているものの、昨秋の浦和記念(交流GII)ではグリム、クリソライト、そしてここにも出走してきているアポロケンタッキーといったダート路線の猛者がいる中で4馬身差の圧勝劇を披露。川崎記念V時には、サウンドトゥルーケイティブレイブミツバといった交流重賞戦線の常連を3馬身差で一蹴する走りを見せている。

 今回も人気は3、4番人気といったところに落ち着きそうだが、スムーズな走りができればアッと驚くシーンを演出するかもしれない。久々のマイル戦がカギになりそうだが、近走は折り合いを欠きそうになる面を見せているだけに、距離短縮がプラスに出る可能性は高そうだ。

【かしわ記念】インティ、CW6ハロン80秒9 4月25日(木) 05:06

 フェブラリーS勝ち馬のインティ(栗・野中、牡5)が、かしわ記念(5月6日、船橋、交流GI、ダ1600メートル)に向けてCWコース6ハロン80秒9-12秒2を単走で計時。野中調教師は「前回と同じくらいの体、状態で出走できるんじゃないかな。落ち着いて走れていたし、時計も予定通り」と近況を伝えた。

 同2着のゴールドドリーム(栗・平田、牡6)もCW6ハロン81秒8-11秒8。「放牧を挟んでこのレースを目標に調整してきた。順調。結果を求めたい」と平田調教師は巻き返しを誓った。

【かしわ記念】インティがCWで6F80秒9を計時 4月24日(水) 11:27

 今年のフェブラリーS勝ち馬のインティ(栗・野中、牡4)が、かしわ記念(5月6日、船橋、交流GI、ダ1600メートル)に向けてCWコースで単走追いを消化。6ハロン80秒9、ラスト1ハロン12秒2の数字を計時した。野中調教師は「前回と同じくらいの体、状態で出走できるんじゃないかな。けさも落ち着いて走れていたし、時計も予定通り。何も問題はないよ」と近況を伝えた。

 ゴールドドリーム(栗・平田、牡6)も、同競走を目指してCW6ハロン81秒8-11秒8のタイムをマークした。「短期放牧を挟んでこのレースを目標に調整してきた。すこぶる順調。結果を求めたい」と平田調教師。

【かしわ記念】JRA出走予定馬発表 4月21日() 17:16

 5月6日に船橋競馬場で行われるかしわ記念のJRA出走予定馬および補欠馬が21日、次の通り発表された。

 「第31回かしわ記念」(船橋競馬場、交流GI、4歳上オープン、別定、ダ・左1600メートル)

 【JRA出走予定馬】6頭アポロケンタッキー(牡7歳、栗東・山内研二厩舎、騎手未定)インティ(牡5歳、栗東・野中賢二厩舎、騎手未定)オールブラッシュ(牡7歳、栗東・村山明厩舎、騎手未定)ゴールドドリーム(牡6歳、栗東・平田修厩舎、C・ルメール騎手)ドリームキラリ(牡7歳、栗東・矢作芳人厩舎、騎手未定)モーニン(牡7歳、栗東・石坂正厩舎、和田竜二騎手)

 【JRA所属の補欠馬】5頭1.ノボバカラ2.アポロノシンザン3.コパノチャーリー4.クロスケ5.ダノングッド

フェブラリーS制したインティ、かしわ記念から帝王賞へ 3月14日(木) 05:02

 7連勝で2月のフェブラリーSを制したインティ(栗・野中、牡5)が、かしわ記念(5月6日、交流GI、船橋、ダ1600メートル)から帝王賞(6月26日、交流GI、大井、ダ2000メートル)を目指すことを13日、野中調教師が明らかにした。

 「まずは、かしわ記念に使う方向で調整していく。放牧先からいい形で戻ってきてほしい」。今秋の米GI・ブリーダーズCクラシック(11月2日、サンタアニタ、ダ2000メートル)挑戦は現段階では保留となっている。



インティの競走成績はこちら

インティはかしわ記念から帝王賞へ 3月13日(水) 10:56

 2月のフェブラリーSを制したインティ(栗・野中、牡5)は、かしわ記念(5月6日、交流GI、船橋、ダ1600メートル)から、帝王賞(6月26日、交流GI、大井、ダ2000メートル)を目指す。13日、野中調教師が明らかにした。

 「まずは、かしわ記念に使う方向で調整していく。放牧先からいい形で戻ってきてほしいね」と話した。

 今秋のブリーダーズCクラシック(11月2日、サンタアニタ、米GI、ダ2000メートル)挑戦は、現段階では保留の状況。2つのレース内容、結果を踏まえて検討される。

インティの競走成績はこちら

【古馬次走報】ゴールドドリーム、かしわ記念目指す 2月22日(金) 05:00

 ★フェブラリーS2着のゴールドドリーム(栗・平田、牡6)は、ドバイワールドCを辞退。かしわ記念(5月6日、船橋、交流GI、ダ1600メートル)を目指すことが決まった。

 ★大和S3着のヴェンジェンス(栗・大根田、牡6)は、ポラリスS(3月9日、阪神、OP、ダ1400メートル)か、黒船賞(3月21日、高知、交流GIII、ダ1400メートル)の両にらみ。

ゴールドドリームの競走成績はこちら

ゴールドドリーム、ドバイWCを辞退 かしわ記念へ 2月21日(木) 11:39

 フェブラリーS2着のゴールドドリーム(栗・平田、牡6)が、招待を受けていたドバイワールドCを辞退したことが21日、明らかになった。放牧を挟んでかしわ記念に向かう。



ゴールドドリームの競走成績はこちら

⇒もっと見る

口コミ情報

かしわ記念先程サインが出ました(  ̄ー ̄)ノ

5月6日(月) 15:19

デンジャラス

武豊かい(  ̄ー ̄)ノやはりルメールと一騎討ちだろう

かしわ記念5月6日(月) 13:14 777

SGWも最終日。
中央競馬も一旦おやすみ。
と、いうことで、船橋にまで、手を出してしまいました。

たいした金額ではないですが、これで勝負!
昨日に引き続き、ルメール軽視で。

前々で決まり、追い込み届かず。という買い目です。

⇒もっと見る

過去10年の結果 ~かしわ記念 2019~

2018年 かしわ記念 2018年5月2日(水) 船橋11R 1600m 良  12頭

かしわ記念(Jpn1)(指定交流)   

1着 7 ゴールドドリーム 3.2倍(2人気) C.ルメール 1.39.2
2着 3 オールブラッシュ 28.7倍(6人気) 田邊裕信 1.39.4
3着 11 インカンテーション 2.8倍(1人気) 三浦皇成 1.39.4
単勝 7 320円(2人気) 3連複 3-7-11 3,930円(16人気)
馬連 3-7 5,830円(14人気) 3連単 7→3→11 32,670円(92人気)
開催日 場名 頭数 馬場 勝ち馬 オッズ 人気 騎手 所属 勝ちタイム
2017/5/5
かしわ記念
船橋 10 コパノリッキー 3.2倍 2 武豊 JRA 1.39.9
2016/5/5
かしわ記念
船橋 12 稍重 コパノリッキー 6.3倍 3 武豊 JRA 1.39.2
2015/5/5
かしわ記念
船橋 10 ワンダーアキュート 18.4倍 4 和田竜二 JRA 1.37.4
2014/5/5
かしわ記念
船橋 8 コパノリッキー 2.4倍 2 田邊裕信 JRA 1.39.2
2013/5/6
かしわ記念
船橋 11 ホッコータルマエ 2.4倍 2 幸英明 JRA 1.37.8
2012/5/2
かしわ記念
船橋 13 エスポワールシチー -- 3 佐藤哲三 JRA 1.36.5
2011/5/5
かしわ記念
船橋 13 稍重 フリオーソ -- 2 戸崎圭太 船橋 1.38.2
2010/5/5
かしわ記念
船橋 14 エスポワールシチー -- 1 佐藤哲三 JRA 1.36.8
2009/5/5
かしわ記念
船橋 13 エスポワールシチー -- 2 佐藤哲三 JRA 1.35.9

歴史・レース概要 ~かしわ記念2019~


かしわ記念は、船橋競馬場・ダート1600mで施行される地方重賞(JpnⅠ)である。第1回千葉県営競馬が柏競馬場で行われたことを記念し、1989年に創設された。1997年にGⅢに格付けされ、2002年にGⅡ、2005年にGⅠに格付けされた。なお、競走名の「かしわ」は船橋競馬場の前身で、千葉県柏市に1952年まで所在していた柏競馬場を表している。

本競走で2着以内の成績を収めた地方競馬所属馬には、帝王賞の優先出走権が与えられる。また、上位3着内のうちの南関東所属最先着馬にはさきたま杯の優先出走権が与えられる。

過去の優勝馬には、ゴールドドリームワンダーアキュートホッコータルマエエスポワールシチーブルーコンコルドなどが名を連ねる。

執筆者:ウマニティ競馬研究所(略してウマケン)

まだウマニティ会員ではない方へ

会員登録するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを無料で利用できます。

収支100万円超えの猛者がズラリ

全国トップ予想家たちの予想閲覧

予想に必携の高精度スピード指数

「U指数」を重賞で全頭公開

勝率40%超えを誇る堅軸候補

「凄馬」をメールでお知らせ

TVでも紹介!設定は10万通り以上

あなただけの予想ロボが作れる

この他にも20以上のサービスを無料で提供!

会員登録(無料)する

ようこそゲストさん

今すぐ会員登録

※パスワードを忘れた場合

いつものアカウントが使えます!

本日の開催

帯広競馬
第18回第2日
1R 2時間前
水沢競馬
第8回第4日
3R 17分前
高知競馬
第11回第6日
1R 3時間前
佐賀競馬
第17回第3日
1R 42分前

次回のダートグレード競走

12月18日()川崎
全日本2歳優駿 JpnⅠ

かしわ記念特集
バックナンバー

かしわ記念 2019
かしわ記念 2018
かしわ記念 2017
かしわ記念 2016
かしわ記念 2015