ダイオライト記念 Jpn2

3月23日() 20:05 船橋競馬場/ダ2400m 14頭
ウマニティ会員登録(無料)



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 所属 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 7 11

ノーヴァレンダ

牡6 56.0 森泰斗 内田勝義 川崎 549(+14) 2.37.2 10.3 5
2 1 1

エブリワンブラック

牡5 56.0 戸崎圭太 武幸四郎 JRA 489(+4) 2.37.7 21/2 36.0 8
3 4 6

ミューチャリー

牡6 56.0 本橋孝太 矢野義幸 船橋 472(+8) 2.37.8 1/2 3.9 3
4 6 9

ダノンファラオ

牡5 56.0 坂井瑠星 矢作芳人 JRA 536(-2) 2.37.9 1/2 6.5 4
5 6 10

セイカメテオポリス

牡4 55.0 矢野貴之 渡邉和雄 大井 536(-4) 2.37.9 ハナ 31.5 7
6 8 13

ヴェルテックス

牡5 56.0 横山武史 吉岡辰弥 JRA 528(+9) 2.39.7 3.8 2
7 5 7

エルデュクラージュ

セ8 56.0 本田正重 川島正一 船橋 510(+5) 2.40.5 15.1 6
8 7 12

エメリミット

牡5 56.0 山口達弥 林正人 船橋 490(-5) 2.41.2 243.9 11
9 3 3

メイショウカズサ

牡5 56.0 幸英明 安達昭夫 JRA 480(-16) 2.41.3 3/4 3.2 1
10 5 8

アーチデューク

牡8 56.0 丸山真一 坂口義幸 愛知 533(-12) 2.42.9 806.2 14
11 4 5

フレッチャビアンカ

牡5 56.0 和田譲治 川島正一 船橋 472(-2) 2.43.2 11/2 43.0 10
12 2 2

トーセンスーリヤ

牡7 56.0 笹川翼 橋本和馬 大井 485(+7) 2.43.6 39.1 9
13 8 14

ナラ

牝6 54.0 藤原幹生 伊藤勝好 笠松 429(+7) 2.46.9 大差 709.6 12
14 3 4

ユアマイラブ

牡9 56.0 實川純一 今津博之 愛知 455(-5) 2.48.1 780.2 13

■払戻金

単勝11 1,030円 5番人気
複勝11 350円 6番人気
1 640円 7番人気
6 200円 3番人気
枠連複1 - 7 11,460円 25番人気
馬連複1 - 11 15,270円 35番人気
枠連単7 → 1 15,670円 42番人気
馬連単11 → 1 27,900円 59番人気
ワイド1 - 11 3,580円 36番人気
6 - 11 990円 13番人気
1 - 6 1,800円 24番人気
三連複1 - 6 - 11 21,890円 67番人気
三連単11 → 1 → 6 213,870円 445番人気

※レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合してください。

出走馬の最新ニュース

ウマニティの会員数:338,446人(06月28日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

調教
予想

【ダイオライト記念2022予想】叩かれて気配上昇メイショウカズサ

【ダイオライト記念2022予想】叩かれて気配上昇メイショウカズサ

23日(水)に行われるダイオライト記念の出走馬(JRA所属馬限定)の追い切りについて、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。

※評価は上からA~D、F(判定不能)の5段階

①エブリワンブラック【B】
栗東坂路単走。前走名古屋大賞典から中2週とあって、この中間は軽めの調整。追い切りは20日の坂路で53秒6-12秒2を単走でマークしている。大きく変わった感はないものの、現状距離が延びるのはこの馬にとってプラスに思えるだけに、前進に期待したい。

③メイショウカズサ【B】
栗東坂路単走。前走後は在厩調整で、このレースに備えている。3月に入り坂路での計時をスタートし、18日がレース前の最終追い。単走ながら一杯に追われて52秒3-12秒2と、ラスト1ハロンは自己ベスト更新。叩かれて気配上昇でレースを迎えられそうである。

⑨ダノンファラオ【C】
栗東坂路単走。2月19日に栗東へ帰厩し、2日にCウッドで併せ馬を消化。だが1週前の調教は休んでいる。16日のCウッドでは80秒5-65秒5-11秒7をマークも併せ馬では遅れてしまった。直前19日にも坂路で乗られているものの、順調さを欠いた面は否めない。得意の南関戦とはいえ、今回は強く推せない。

⑬ヴェルテックス【B】
栗東Cウッド併走。2月25日に短期放牧から帰厩し、坂路メインで調整されてから12日にCウッドで併せ馬を消化。最終追いとなった19日は86秒3-70秒6-11秒9で一杯に追われた。なお併せ馬では遅れたが元々調教で動くタイプではないため、それほど気にする必要はないだろう。

【調教予想からの注目馬】
気配上向きでレースを迎えられそうなのは、佐賀記念3着からの転戦となる③メイショウカズサ。直前の坂路追いでもラストまでキッチリ伸びていた。ここ3戦コンビを組んだ川田騎手が不在だが、追い切りに騎乗した幸騎手が跨る同馬に期待したい。

<注目馬>
メイショウカズサ
プロ
予想

【ダイオライト記念2022予想】単勝マイスター「夢月」×南関プロ場立ち「田倉」の交流重賞展望!

【ダイオライト記念2022予想】単勝マイスター「夢月」×南関プロ場立ち「田倉」の交流重賞展望!

単勝マイスター「夢月」×南関プロ場立ち「田倉」がダイオライト記念を大展望!トッププロ予想家のハイレベルトークをお届けいたします!

出演:夢月(単勝マイスター) 田倉(南関プロ場立ち)MC:岡田大(ウマニティ編集長)

ウマニティの会員数:338,446人(06月28日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

データ
予想

【ダイオライト記念2022予想】ヴェルテックスのみが4項目で減点ゼロ

【前走レース】

2017年以降、3着以内に好走した15頭のうち10頭が前走でG2またはJpn2以上のレースに出走しており、非該当馬は勝ち馬に0頭、2着馬に2頭、3着馬に3頭。なお、好走馬の大半はダートグレード競走からの臨戦となるが、公営重賞の金盃(大井ダート2600m)で連対していた馬は一考の余地がある。

減点対象馬
①エブリワンブラック、②トーセンスーリヤ、③メイショウカズサ、④ユアマイラブ、(⑤フレッチャビアンカ)、⑧アーチデューク、(⑩セイカメテオポリス)、⑪ノーヴァレンダ、⑫エメリミット、⑭ナラ

【前走着順】

2017年以降、3着以内に好走した15頭のうち13頭が前走でも5着以内に好走しており、非該当馬は勝ち馬に1頭、2着馬に1頭、3着馬に0頭。なお、前走6着以下から巻き返した2頭はJRAのG1に出走していた。

減点対象馬
②トーセンスーリヤ、⑧アーチデューク、⑫エメリミット、⑭ナラ

【前走人気】

2017年以降、3着以内に好走した15頭のうち11頭が前走1~5番人気に支持されており、非該当馬は勝ち馬に0頭、2着馬に2頭、3着馬に2頭。G1またはJpn1といった格上のレースでも、前走6番人気以下の低評価に留まっていた馬は過信禁物と見るべきだろう。

減点対象馬
①エブリワンブラック、④ユアマイラブ、⑥ミューチャリー、⑦エルデュクラージュ、⑧アーチデューク、⑨ダノンファラオ、⑫エメリミット、⑭ナラ

【所属】

2010年フサイチセブンからJRA所属馬が12連勝中。一方で、2020年には中央から船橋に移籍したサウンドトゥルーが3着、2017年には大井所属のユーロビートとウマノジョーが2・3着に入線するなど、南関東所属馬が食い込みシーンも少なくない。

減点対象馬
(②トーセンスーリヤ)、④ユアマイラブ、(⑤フレッチャビアンカ)、(⑥ミューチャリー)、(⑦エルデュクラージュ)、⑧アーチデューク、(⑩セイカメテオポリス)、(⑪ノーヴァレンダ)、(⑫エメリミット)、⑭ナラ

【データ予想からの注目馬】
上記4項目で減点がないのは⑬ヴェルテックスのみ。前走は川崎記念で3着と好走していたが、同レースからの臨戦となる馬が2連覇中、4年連続で連対していることも強調しやすい。

ほか、減点材料の少ない馬は③メイショウカズサ、⑤フレッチャビアンカ、⑨ダノンファラオ、⑩セイカメテオポリスの4頭。4歳馬の期待値が高い傾向からも⑩セイカメテオポリスを次点での注目馬としたい。

■注目馬
ヴェルテックス ⑩セイカメテオポリス ③メイショウカズサ ⑤フレッチャビアンカ ⑨ダノンファラオ
血統
予想

【ダイオライト記念2022予想】リピーターや兄弟での好走が目立つ、Sadler's Wellsのパワーやスタミナも活きやすい

【ダイオライト記念2022予想】リピーターや兄弟での好走が目立つ、Sadler's Wellsのパワーやスタミナも活きやすい

2017年以降、3着以内に好走した種牡馬の大まかな系統はMr. Prospector系が5頭、サンデーサイレンス系が4頭、Northern Dancer系が4頭、そのほか1頭。なお、昨年は好位外目を追走したAmerican Pharoah産駒の2番人気ダノンファラオが、残り100m付近で前を捕える差し切り勝ちを収めている。

まず、ダイオライト記念はリピーターや兄弟での好走が目立つ傾向にあり、クリソライトにおいては2015~2017年に3連覇の偉業を果たしているほど。好走馬の血統を掘り下げるとSadler's WellsやNureyevの血を引く馬が上位を賑わせていて、2400mの長丁場をこなすためのパワーやスタミナを問われている印象を受ける。先述したクリソライトにおいてはSadler's WellsとNureyevの血を併せ持つだけでなく、母の父がSadler's Wellsの近親にあたるエルコンドルパサーであることもポイントだろう。

トーセンスーリヤは、父ローエングリン×母トーセンガラシャ(母の父デュランダル)。本馬はSadler's Wellsの直系にあたり、2代母の父ステートリードンがNureyevの直仔でもある。JRAでも一線級の活躍を続けていたが、今年の中山金杯後にデビュー時の橋本和馬厩舎へと電撃移籍。地方復帰緒戦の金盃は58kgを背負い、スムーズさを欠く不利がありながらも勝ち馬から0秒6差と力のあるところを示していた。先行有利の傾向からも器用に立ち回れる競馬センスを評価しやすく、13年ぶりの地方馬勝利にも期待したいところだろう。

ダノンファラオは、父American Pharoah×母クリスプ(母の父El Corredor)。本馬は昨年の勝ち馬となるため、リピート好走の目立つ傾向からもぞんざいには扱えず、地方ダートグレード競走3勝の実績も誇れるもの。なお、近年はアイルハヴアナザーやウォーエンブレムなど、アメリカクラシックを制したMr. Prospector系種牡馬の産駒が好走していることを鑑みれば、同系統かつ2015年に三冠を達成した父の血統や実績も強調しやすくなる。今回は発走調教再審査明けの一戦となるが、尾持ちのできる地方競馬であればゲート不安も杞憂かもしれない。

【血統予想からの注目馬】
トーセンスーリヤ ⑨ダノンファラオ
攻略
コラム

【山崎エリカのダートグレード攻略】~ダイオライト記念2022~

山崎エリカのダートグレード攻略

 ダートグレードでは名古屋グランプリに次ぐ、長距離2400mで行われるダイオライト記念は、主に川崎記念の上位馬やフェブラリーSでは距離不足の実績馬が集う。また、地方で行われるダートグレードは、人気サイドで決着することがほとんどだが、ダイオライト記念は、昨年のマスターフェンサーを始め、過去10年で1番人気が4度も馬券圏外に敗れており、荒れやすい傾向だ。

 これまでにどのような馬が1番人気、それも単勝オッズ1.0秒台クラスの1番人気に支持され、人気を裏切ってきたのか? 傾向はいたってワンパターン。過去10年で1番人気で敗れたのは、2012年のワンダーアキュート、2014年のムスカテール、2015年のサミットストーン、2022年のマスターフェンサーの4頭。このうちマスターフェンサーを除く3着が、前走のG1・川崎記念フェブラリーSで2着、3着と好走していた共通項があった。

 2012年には3連単13万5060円の特大万馬券が飛び出したこともあったが、これも前走のフェブラリーSで3着だった1番人気馬ワンダーアキュートと前走の川崎記念で3着馬だったフリーオーソともに馬券圏外に敗れただけのこと。ダイオライト記念はGⅡでも前走のGⅠ・川崎記念フェブラリーSを大目標として結果を出し、余力のない状態で通用するほど、相手が楽ではないということだろう。2番人気ではあったが、2019年の川崎記念の覇者ミツバもこのレースで4着に敗れている。

 しかし、これまでの実績なくして通用しないのも競馬。過去1年以内にダ2000m以上のGⅠで連対実績があった馬で、前走の川崎記念フェブラリーSで3着以内だった馬を除けば、過去10年で【4・0・0・0】と勝率100%を誇る。該当馬は、2014年のニホンピロアワーズ、2015年のクリソライト、2018年のケイティブレイブだ。遡れば、2011年のスマートファルコンもそれに該当する。

 さらに前年の名古屋グランプリ3着以内馬も有力。名古屋グランプリからの直行馬ではないこと、前走でダートグレードに出走していることが条件で、過去10年のこのレースでの成績は、【3・1・0・1】。1着の該当馬は、2013年のオースミイチバン、2019年のチュウワウィザード、2020年のアナザートゥルース。2着の該当馬は、2014年のトウショウフリーク。唯一の4着以下は、2019年のミツバ。この年は前記のチュウワウィザードが出走していた影響もあるが、同馬のみが前走でGⅠ(川崎記念)を優勝していた。

 名古屋グランプリ3着以内馬から直行だった2015年のシビルウォー、2021年のマスターフェンサーはともに5着に敗れている。また、前走でオープン特別に出走していた2013年のクラシカルノヴァ、2014年はナイスミーチューもともに4着に敗れているので、ご注意を!!


 穴馬はやはり、地方馬の一発。このレースは過去10年で、地方馬が6頭も3着以内に好走している。該当馬は、2012年のトーセンルーチェ(3着)、2014年のサミットストーン(2着)、2016年のユーロビート(3着)、2017年のユーロビート(2着)、ウマノジョー(3着)、2020年のサウンドトゥルー(3着)。

 では、それらの共通項はというと、過去半年以内に地元のダ2100m以上の重賞で3着以内の実績があることだ。特に2016年以降に地方馬が3度も馬券に絡んでいるのは、2015年より毎年2月に行われる大井の金盃が距離2600mで行われるようになったことが大きく、2015年以降に3着以内に好走している馬は、全て金盃で連対している共通項がある。2014年まではダイオライト記念の直前で長距離重賞が用意されていなかったが、金盃が長距離で行われるようになったことで、以前よりも地方馬が活躍しやすくなったのは間違いない。


 まとめるとこうなる!

 ●本命候補
 ・過去1年以内のダ2000m以上のGⅠで連対実績がある馬。
  (前走の川崎記念フェブラリーSで3着以内だった馬を除く)
 ・前年の名古屋グランプリ3着以内馬。
  (名古屋グランプリからの直行馬と前走でダートグレード以外に出走していた馬を除く)

 ●穴馬候補
 ・半年以内にダ2100m以上の重賞で3着以内の実績がある地方馬。
  (特に、大井の金盃の連対馬が活躍)

ウマニティの会員数:338,446人(06月28日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

ステップ
レース

【ダイオライト記念2022予想】前哨戦での各馬のパフォーマンスは?

2022年2月8日(火) 佐賀/ダ2000m 11頭
天候:晴  馬場:
佐賀記念2022
着順 馬番 馬名 騎手 所属 タイム 着差 オッズ 人気 上3F
1 6 ケイアイパープル 藤岡康太 JRA 2.06.6 2.3 2 38.2
2 2 アメリカンフェイス 丹内祐次 JRA 2.07.6 15.6 5 38.9
3 11 メイショウカズサ 川田将雅 JRA 2.08.2 1.7 1 39.9
4 7 グレイトパール 兒島真二 佐賀 2.10.3 大差 105.1 7 40.0
5 8 ライトウォーリア 岩田望来 JRA 2.11.0 13.9 3 42.2
2022年2月2日(水) 川崎/ダ2100m 13頭
天候:晴  馬場:
川崎記念2022
着順 馬番 馬名 騎手 所属 タイム 着差 オッズ 人気 上3F
1 3 チュウワウィザード 川田将雅 JRA 2.14.9 1.2 1 38.3
2 1 エルデュクラージュ 本田正重 船橋 2.15.8 85.1 9 39.5
3 6 ヴェルテックス 横山武史 JRA 2.15.8 アタマ 7.8 3 39.2
4 2 ブラックアーメット 藤岡佑介 JRA 2.15.9 クビ 40.3 7 38.6
5 9 カジノフォンテン 張田昂 船橋 2.16.2 11/2 7.7 2 40.1
過去10年
の結果

【ダイオライト記念2022予想】過去のレース結果をチェック!

2021年3月17日(水) 船橋/ダート2400m
天候:晴  馬場:
ダイオライト記念2021
着順 馬番 馬名 騎手 所属 タイム 着差 オッズ 人気 上3F
1 10 ダノンファラオ 川田将雅 JRA 2.34.5 2.7 2 38.8
2 8 エルデュクラージュ 戸崎圭太 JRA 2.34.8 11/2 8.2 4 39.3
3 1 アナザートゥルース 森泰斗 JRA 2.35.0 11/2 3.5 3 39.7
4 2 マスターフェンサー 松山弘平 JRA 2.35.9 2.4 1 39.9
5 4 リンゾウチャネル 酒井忍 船橋 2.36.2 11/2 36.3 6 40.4
2020年3月11日(水) 船橋/ダート2400m
天候:晴  馬場:
ダイオライト記念2020
着順 馬番 馬名 騎手 所属 タイム 着差 オッズ 人気 上3F
1 14 アナザートゥルース C.ルメール JRA 2.36.6 2.4 1 37.6
2 3 ウェスタールンド 川田将雅 JRA 2.37.0 2.6 2 37.2
3 8 サウンドトゥルー 森泰斗 船橋 2.37.9 4.8 3 38.7
4 5 トーセンブル 本田正重 船橋 2.38.8 103.2 7 39.0
5 7 タガノゴールド 下原理 兵庫 2.38.8 アタマ 27.6 5 39.6
2019年3月13日(水) 船橋/ダート2400m
天候:曇  馬場:
ダイオライト記念2019
着順 馬番 馬名 騎手 所属 タイム 着差 オッズ 人気 上3F
1 1 チュウワウィザード 川田将雅 JRA 2.37.3 1.4 1 37.9
2 9 アポロケンタッキー 戸崎圭太 JRA 2.38.1 10.8 5 38.5
3 6 オールブラッシュ 田邊裕信 JRA 2.38.2 1/2 8.3 3 39.0
4 14 ミツバ 和田竜二 JRA 2.38.5 11/2 4.4 2 38.9
5 4 サウンドトゥルー 御神本訓史 船橋 2.38.8 11/2 9.3 4 39.0
歴史と
概要

【ダイオライト記念2022予想】レースの歴史や競走条件、歴代優勝馬は?

【ダイオライト記念2022予想】レースの歴史や競走条件、歴代優勝馬は?

レース名は1930年の2000ギニー勝ち馬で、種牡馬としては日本競馬史上初のクラシック三冠馬セントライトを出すほか、日本で4度のリーディングサイアーを獲得したダイオライトに由来。その年のダート戦線を占う意味でも注目の度合いは高く、歴代の優勝馬欄にはホクトベガ、アブクマポーロ、ヴァーミリアン、フリオーソ、スマートファルコンと一時代を築いた名馬の名前が並ぶ。過去に2連覇を果たした馬は4頭(エドノボル、ホツカイサツケン、アブクマポーロ、フリオーソ)おり、2017年クリソライトは唯一となる3連覇(2015~2017年)の偉業を達成している。

ダイオライト記念特集 バックナンバー

2022ダートグレード競走

トップへ