白山大賞典2019-レース結果

白山大賞典

2019年10月1日(火) 16:25

白山大賞典 JpnⅢ

金沢競馬場/2100m

レース結果

●白山大賞典 ダートグレード競走攻略ツール

  • 出馬表
  • 予想登録
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX

山崎エリカのダートグレード攻略 ~白山大賞典2019~

2019年9月30日(月)

 本州日本海側および北陸地方唯一の競馬場、金沢で行われる白山大賞典。この時期は『Road to JBC』と称して、日本テレビ盃南部杯東京盃レディスプレリュードなどのJBC指定競走が行われますが、唯一、それに所属しないのがこのレースです。つまり、日本テレビ盃南部杯と比べると、メンバーが落ちるということ。

 それでもこのレースは、2011年から2013年の3年間の賞金が高額だったため、金沢でJBCが開催された2013年には、同年の川崎記念の優勝馬ハタノヴァンクールが出走してきたこともありました。しかし、基本的にJBCに繋がるというよりは、この先の浦和記念、名古屋グランプリへと繋がるレース。長距離志向が強く、過去1年以内にダ2000m以上のダートグレード勝ちのある馬が活躍しています。

 かつてブリーダーズゴールドCが牡馬混合のG2で行われていた頃は、同年の同レースの3着以内馬が活躍していました。2008年-2013年までの5年間を見ても【2・2・4・0】という成績。2009年のアドマイヤスバル、2011年シビルウォーなどの優勝馬を始め、2008年にヤマトマリオン、2013年にハタノヴァンクールが2着入線するなど、とにかく同年のブリーダーズゴールドCの連対馬を3連複の軸にすれば、「間違いない」というレベルの安定感がありました。

 しかし、ブリーダーズゴールドCが牝馬限定のG3となってからは、前年の名古屋グランプリで3着以内だった馬の活躍が目立つようになりました。このレースでの成績は、過去10年で【2・3・2 0】と、かつてのブリーダーズゴールドCの連対馬に見劣りしない成績。このうち3度はエーシンモアオバーの活躍によるものですが、それ以外でも、2010年のシビルウォー・1着、2016年のアムールブリエ・2着、2017年-2018年のカツゲキキトキトは2着、3着と活躍しています。

 また、このレースは3歳馬に斤量の優位性があり、ジャパンダートダービーレパードSの連対馬も活躍。ジャパンダートダービーの優勝馬はJBCクラシックを目指すことが多く、ここよりも日本テレビ盃に出走しますが、ジャパンダートダービーの2着馬やレパードSの連対馬は、しばしばここに出走してきます。

 同年のジャパンダートダービーで2着だった馬のこのレースでの成績は、過去10年で【1・0・1・0】。1着の該当馬は、1着の該当馬は、2016年のケイティブレイブ。3着の該当馬は、2010年のコスモファントムです。遡れば2008年のジャパンダートダービーの2着馬スマートファルコンも、このレースを優勝しました。

 さらにレパードSの連対馬の成績は、過去10年で【2・0・0・0】。該当馬は、2016年のケイティブレイブと昨年のグリムです。ジャパンダートダービーの2着馬もレパードSの連対馬も出走頭数こそ少ないものの、しっかりと結果を出しています。

 他に同年のマーキュリーCの3着以内馬も有力ですが、昨年のミツバのように、前走でダートグレードに出走し、連対している馬は通用していません。しかし、マーキュリーCからの直行馬か同レースで3着かつ、前走ダートグレードで3着以下だった馬は有力で、過去10年の成績は【0・0・4・0】。

 2011年のメイショウタメトモ、2015年のソリタリーキング、2016年のストロングサウザー、2017年のクリノスターオーが揃って3着でした。しかし、2008年にはマーキュリーCの3着馬ヤマトマリオンが2着に好走しており、この年の3着馬のサカラ―トもマーキュリーCの優勝馬でした(ともに直行)。

 さて、今度は穴馬を紹介。ダートグレードでの穴馬といえば地方馬ですが、このレースで連対した2010年のジャングルスマイル、2013年のナムラダイキチ、2014年のサミットストーン、2017年-2018年のカツゲキキトキト、さらに遡って2006年のビッグドンは共通項があります。その共通項は、地元トップクラスが集う同年の百万石賞(ダ2300m)か東京記念(ダ2400m)で連対していること。

 ジャングルスマイル、ナムラダイキチ、ビッグドンは金沢のトップクラスが集う百万石賞の連対馬。サミットストーンやカツゲキキトキトは地方のトップクラスが集う東京記念の連対馬です。ナムラダイキチのように何度も大差勝ちで連勝を重ねていたり、サミットストーンのようにダートグレードでの実績があると、このレースでも上位人気に支持されます。

 しかし、前記条件を満たしながらも、勝ち方が地味だったり、ダートグレードの実績がないとほとんど人気がありません。ジャングルスマイルは5番人気、ビッグドンは7番人気、カツゲキキトキトの過去2年ともに5番人気でした。ただし…百万石賞は2016年より、距離2100mに変更。金沢は長距離番組が多いことが魅力でしたが、少なくなったことでステイヤーが育たなくなってきているのも確か。その辺の影響はありそうです。


 まとめるとこうなります!

 ●本命候補
 ・前年の名古屋グランプリで3着以内だった馬。
 ・同年のジャパンダートダービーの連対馬。
 ・同年のレパードSの連対馬。
 ・同年のマーキュリーCの3着以内馬。
  (前走のダートグレードで連対していた馬は除く)

 ●穴馬候補
 ・距離2300m~2400mの同年の地方馬限定の古馬重賞の連対馬。
  (現在は、東京記念が該当)


山崎エリカさんのダートグレード競走最新予想はこちらからご覧いただけます!!

新着ニュース

 10月1日の金沢11Rで行われた第39回白山大賞典(3歳以上オープン、交流GIII、ダート・右2100メートル、別定、9頭立て=キタノイットウセイが出走取消、1着賞金=2100万円)は、浜中俊騎手騎乗で1番人気に支持されたグリム(牡4歳、栗東・野中賢二厩舎)が道中3番手追走から直線入口で先頭に立つと、中団から脚を伸ばしたデルマルーブル(2番人気)の追撃をクビ差凌いで勝利。エーシンモアオバー(13、14年)以来となる白山大賞典連覇を果たした。タイムは2分15秒9(良)。



 2着はデルマルーヴル、さらに3/4馬身差の3着には昨年の全日本2歳優駿を制した実績があるノーヴァレンダ(5番人気)が入線。4番人気のテルペリオンは中団で脚を溜めるも前を追い切れず4着、3番人気に支持されたリアンヴェリテは先手を奪うも粘り切れず7着に敗れている。



 白山大賞典を勝ったグリムは、父ゼンノロブロイ、母ブランシュネージュ、母の父サクラバクシンオーという血統。北海道新ひだか町・服部牧場の生産馬で、馬主は(株)カナヤマホールディングス。通算成績は15戦8勝(うち地方6戦4勝)。重賞は18年レパードS(GIII)、白山大賞典(交流GIII)、19年名古屋大賞典(交流GIII)、マーキュリーC(交流GIII)に次いで5勝目。白山大賞典は、騎乗した浜中俊騎手が初勝利、管理する野中賢二調教師は昨年に続いて2勝目。

【白山大賞典(Jpn3)3歳以上オープン(中央・地方全国交流)】(金沢)~グリムが優勝 10月1日(火) 16:50

1日、金沢競馬場の第11Rに行われた第39回 白山大賞典(Jpn3)3歳以上オープン(中央・地方全国交流)(ダート 右2100m サラブレッド系3才以上 別定)は濱中俊騎手騎乗の1番人気・10番グリム(牡4)が優勝した。
勝ちタイムは2分15秒9(良)。さらにクビ差の2着に2番人気・4番デルマルーヴル(牡3)、そこから3/4馬身差の3着に5番人気・6番ノーヴァレンダ(牡3)が入った。
グリムは、父ゼンノロブロイ、母ブランシュネージュ、母の父サクラバクシンオーという血統で野中賢二厩舎の所属馬。生産は日高郡新ひだか町・服部牧場。馬主は(株)カナヤマホー。通算成績は15戦8勝。
白山大賞典(Jpn3)3歳以上オープン(中央・地方全国交流)」の着順&払戻金はこちら

【白山大賞典】レース展望 9月30日(月) 18:26

 10月1日(火)に金沢競馬場で、第39回白山大賞典(交流GIII、3歳以上オープン、別定、ダート・右2100メートル)が行われる。3日連続で組まれている交流重賞の初日となる、注目の一戦を展望していきたい。



グリムがレコードVを果たした昨年の再現を狙う



 注目を集めそうなのは、昨年のこのレースでは2着以下に5馬身差をつけ、2分11秒4のレコードVを果たしているグリム(栗東・野中賢二厩舎、牡4歳)。フランス遠征する武豊騎手に替わってコンビを組むのは浜中俊騎手だが、3走前のアンタレスS(GIII、2着)で騎乗経験があるだけにマイナス要素にはならないだろう。



 前走のエルムS(GIII)では7着に大敗。騎乗した武豊騎手が「感じは良かったのですがね。速いレースを経験していなかったけど、そこは対応できると思っていたのですが…。回るときに手応えがなかったのは初めて。自信があっただけに残念です」と語っているように大きな敗因が見当たらないのは気になるところだが、これまで2度、着外に敗れた次走で1着に巻き返している。



 地方の交流重賞は5走して【3.1.1.0】と崩れておらず、得意の舞台で前走からの一変があっても良さそう。連覇を果たせばエーシンモアオバー(13、14年)以来の快挙となるが、果たしてどのような走りを見せてくれるだろうか。



デルマルーヴルが地元の名手・吉原騎手と新コンビ結成



 2歳秋に兵庫ジュニアグランプリ(交流GII)を圧勝しており、全日本2歳優駿、ジャパンダートダービーと、同世代を相手にした交流GIで2着に善戦。さらにはドバイのUAEダービーでも4着するなど、現3歳世代ではトップクラスの実績を誇るデルマルーヴル(美浦・戸田博文厩舎、牡3歳)が、金沢の名手・吉原寛人騎手と新コンビを結成して古馬との初対戦に挑む。



 未知の領域となる2100mの距離は気になるところだが、2000mまではこなしているだけに克服可能とみる。古馬との力関係にも注目だが、9月23日に船橋競馬場で行われた日本テレビ盃(交流GII)で、同世代のクリソベリルが圧勝を果たしているのは心強い限り。52キロの斤量で出走できるのも、大きなプラス要素と考えていいだろう。



 3歳で白山大賞典Vを決めた馬はこれまで3頭。スマートファルコン(08年)、ケイティブレイブ(16年)、そして昨年のグリム。3頭ともに、ここでの勝利をきっかけにダート戦線で大活躍しているが、デルマルーヴルもここで飛躍のきっかけを掴むことができるか注目だ。



★交流GI制覇の実績が光るノーヴァレンダ



 デビュー戦こそ競走中止に終わったものの、2戦目から怒涛の3連勝で全日本2歳優駿(交流GI)を制した実績が光るノーヴァレンダ(栗東・齋藤崇史厩舎、牡3歳)が、新コンビとなる和田竜二騎手とともに登場する。



 明け3歳となってからの2戦が5着(伏竜S・オープン特別)、9着(ユニコーンS・GIII)とパッとしないのは引っ掛かるところだが、ここでも注目を集めるデルマルーヴルに勝利したこともあり、実績面では注目に値する。



 2走前の伏竜Sで騎乗した石橋脩騎手がレース後に「砂をかぶった瞬間からフーッと気を抜く感じで、エンジンがかからないままだった。きょうは力を出せなかった」と話せば、前走のユニコーンSでコンビを組んだ北村友一騎手は「向こう正面は良かったが、コーナリングがスムーズじゃなかった。それを修正するのに力を使ってしまいました」と語っていたように、今年2戦の敗因は気性面にあると言える。



 そうなると、初体験となる金沢競馬場や2100mの距離が必ずしもプラスに働くとは言えないが、ひと夏を越したことで課題が克服されていれば、上位進出の可能性も出てくるのではないか。実績は十分にあるだけに、いかに自分の力を100%出し切れるかがカギになるだろう。



テルペリオン松若風馬騎手を背に重賞初Vを狙う



 仁川S、スレイプニルSと2つのオープン特別を制し、前走のマーキュリーC(交流GIII)でも勝利したグリムから0秒5差の3着に善戦。5歳を迎えてオープンクラスでも実績を残し始めたテルペリオン(栗東・寺島良厩舎、牡5歳)が、松若風馬騎手とともに重賞初Vを狙う。



 金沢競馬場は初見参となるが、すでにスレイプニルSで2100mの距離を克服できているのは心強い。他のJRA勢と実績面を比べると分が悪く映るが、ここにきての上昇度は目を見張るものがあるだけに、見どころがありそうだ。



 夏の函館開催で大沼S、マリーンSとオープン特別2連勝を果たしたリアンヴェリテ(栗東・中竹和也厩舎、牡5歳)は、登録のあったシリウスS(GIII)を回避して初の金沢遠征を選択してきた。



 地方遠征は2年前の笠松以来となるが、その時は手応えに余裕を残して3馬身差の圧勝を決めている。今回は重賞で相手も揃っているだけに同じような結果を残せるとは限らないが、中央との馬場の違いに苦労するようなことはないのではないか。



★JRA重賞2勝の実績があるグレイトパール



 例年以上のハイレベルに見えるJRA勢5頭に対するは、地元の金沢勢3頭と、他地区所属の4頭。その中で一番手に取り上げたいのは、JRA所属時に重賞2勝(17年平安S・GIII、18年アンタレスS・GIII)を挙げているグレイトパール(佐賀・川田孝好厩舎、牡6歳)だ。



 前走の帝王賞で、強力なメンバーが相手だったとはいえ見せ場なく12着に大敗しているのは残念だが、当時と比べれば少なからず相手関係は楽になっているだけに、本来の力強い走りを見せてもらいたい。



 地元の金沢勢からは、新天地で急成長を遂げたティモシーブルー(金沢・金田一昌厩舎、牡5歳)の名前も挙げておきたい。JRA所属時は16戦1勝。1勝クラスでは頭打ちの状態で金沢に移籍したが、水を得た魚のような活躍を見せて3走前には初重賞Vも果たしている。JRA勢が相手ではそう簡単にはいかないだろうが、地元の代表として奮闘して欲しいところだ。

【白山大賞典】JRAの出走予定馬発表  9月16日(月) 17:47

10月1日に金沢競馬場で行われる白山大賞典のJRA出走予定馬および補欠馬が16日、次の通り発表された。

 「第39回白山大賞典」(金沢競馬場、交流GIII、3歳上オープン、ダート・右2100メートル)

 【JRA出走予定馬】5頭グリム(牡4歳、栗東・野中賢二厩舎、騎手未定)デルマルーヴル(牡3歳、美浦・戸田博文厩舎、騎手未定)ノーヴァレンダ(牡3歳、栗東・斉藤崇史厩舎、騎手未定)ヒラボクラターシュ(牡4歳、栗東・大久保龍志厩舎、騎手未定)リアンヴェリテ(牡5歳、栗東・中竹和也厩舎、騎手未定)

 【JRA所属の補欠馬】5頭(補欠順位順)1.テルペリオン2.アイファーイチオー3.アングライフェン4.サノサマー5.ロードゴラッソ

⇒もっと見る

口コミ情報

JBCスプリントの予想

11月4日(月) 13:02

山崎エリカ

東京盃組の取り扱いが馬券のポイント
_________________

古馬のダート、唯一のスプリント路線のG1レース「JBCスプリント」。今年も昨年同様に前走でスプリンターズSに出走していた馬も参戦しますが、例年は前哨戦の東京盃組やマイルCS南部杯組が集います。年によっては、JBCクラシックの出走が叶わずに、白山大賞典の優勝馬がここに出走してくる年もあるほど。本来は、前走で同距離、もしくは1F前後の距離を使われているほうが有利なはずですが、同年の白山大賞典やマイルCS南部杯の優勝馬の活躍が目立っています。スプリント路線よりも中距離路線のほうがレベルが高いからでしょう。


続きはこちら!
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=11954


予想はこちら!
https://nar.umanity.jp/coliseum/coliseum_view.php?user_id=3100000007&race_id=2019110418090109

【交流重賞】白山大賞典(JpnⅢ)の結果10月1日(火) 23:55 ちびざる


1着:⑩グリム
2着:④デルマルーヴル
3着:⑥ノーヴァレンダ



1着の⑩グリムは〇
2着の④デルマルーヴルは◎
3着の⑥ノーヴァレンダは×

でした。

私の注目馬の④デルマルーヴルは2着でした。


予想買い目は、

三連複フォーメーション
④→⑤⑩→②⑥⑧

でしたので、予想は的中しました。(´▽`) ホッ


私が注目馬の④デルマルーヴルは2着でした。
スタートは五分に出るも後方からの競馬になりました。
それでも慌てることなくじっくりと前を見ながらの競馬は出来ていたと思います。
3コーナー辺りから徐々に差を詰め、4コーナーから直線では外を回しました。
直線で良い脚を使うも差し切れませんでした。
またも2着でしたね。なかなか勝ちきれませんね。
それでも良い競馬はしていると思います。
もう少し早く動いていればって感じはしますが、切れ味は削がれることを思うと
こういう競馬になってしまうのかもしれませんね。
次走も注目したいですね。


1着の⑩グリムについて、好スタートから3番手追走。
3コーナー過ぎから徐々に差を詰め、直線では前に並びかけると
抜き去りました。最後は、軽ハンデの④デルマルーヴルに迫られましたが
余力十分でしたね。
浜中騎手の好判断でしたね。前を行く2頭を追いかけることなく少し離れた3番手を追走し
3コーナーから4コーナーで差を詰めて、直線で前を捕らえる理想的な競馬だったと思います。
これでますます前走の敗因が分からなくなりましたね。
敢えていうなら距離が短かったということでしょうか。
現状はダート二千くらいが上手く流れに乗れて、楽に追走出来ている感じがします。


3着の⑥ノーヴァレンダは、収穫のレースでしたね。
まずは、距離。これまでダートのマイル、千八のレースを使ってきました。
距離が持つのかという点をクリアしたと思います。
もう一つは、掛からなかったこと。
前走のユニコーンステークスも掛かり気味でしたからね。
今日は、リアンヴェリテと競る形になっても我慢が利いていたと思います。
流石に直線は苦しくなりましたが、3着を確保しました。
この馬にとっては今後に向けてプラスになるレースだったと思います。



的中された方、おめでとうございます。

白山大賞典10月1日(火) 14:33 jura777


個人的には一騎討ちではなかろうかと思ってます。

デルマルーヴルがなぜここを使うのかが謎…。

【交流重賞】白山大賞典(JpnⅢ)の注目馬10月1日(火) 07:28 ちびざる

今日は、交流重賞の白山大賞典が行われます。



私が注目している馬は、


デルマルーヴル


です。

前々走のジャパンダートダービーは勝ち馬を負かし
に行った競馬をして2着。前走のレパードステークスは取りこぼした感は否めないですが、2着に、踏ん張りました。
斤量的にも52kgなら、魅力ですね。
地元の名手吉原寛人騎手の手綱さばきにも注目ですね。





 地方馬の注目馬は こちらも迷いましたが


グレイトパール
 


です。

該当馬無しでも良かったのですが、復活の期待も込めての注目馬とさせてもらいました。
年齢的にもメンバー的にも好走してもおかしくないと思います。
あとは、内枠を上手く利用したいところですね。

白山大賞典の。。。10月1日(火) 05:57 tntn

****************************
消費税あっぷの本日に、金沢競馬最大の重賞となる【白山大賞典jpn3】

中央からおいでのジョッキーも、「行きは8%帰りは10%」の餌食?
2%は余計に稼いで帰りたい!ヾ(ーー )

ポスターは昨年、内田さん騎乗でレーコード勝ちしたグリム!
今年もきてます。。。

--------中央税!ヾ(ーー )勢!

グリム(濱中さん)
テルペリオン(松若さん)
ノーヴァレンダ(和田さん)
リアンヴェリテ(福永さん)
デルマルーヴル(吉原さん)

--------地方税。。。(ー。ー)勢

佐賀グレイトパール(鮫父さん)
金沢ティモシーブルー(畑中さん)

----------

@イベント情報

・全員入場無料
・先着1,000名様限定 栗餅プレゼント
・「楽天競馬をパワーアップ!”ポッ”イントもらっちゃおう娘」
 『津田麻莉奈さんと守永真彩さん』の予想ステージ

------------------------
@昨年。。。

断然の1番人気のミツバが不可解な走りで最下位。
2番人気の3歳馬グリムが軽量を生かしレーコードタイムで逃げ切り。。。ヾ(ーー )もの。

@過去5年。。。
中央オンリは2回。。。カツゲキトキト2回など5馬人気の地方馬に注意かと。
人気は5番人気まで。。
1番人気は2勝で、意外3回は3着にも入らない!

----------
◎1番人気必至の【栗ム】ヾ(ーー )グリ
濱中さんも白山大賞典は慣れたもの(0110)
今年も頭で!10%の10番に入ったのも。。。(*ノωノ)

となれば、〇は、8%の8番?ヾ(ーー )
マーキュリーCで0.5秒差3着テルペリオン!

福永さんにスイッチ▲リアンヴェリテ
絶対逃げてほしい!お願いします!ヾ(ーー )

あと食い込む、軽減税率!ヾ(ーー )軽量
3歳馬のデルマルーヴルなぜ吉原さんの意味。ノーヴァレンダはもともとG1馬!
あたりでご注意を♪

*****************

悠々の逃げ切り!通算菜七菜七勝!ヾ(ーー )77

https://umanity.jp/home/view_diary.php?id=d353581437&owner_id=4a85df85ef

************************************

白山大賞典の予想9月30日(月) 23:11 山崎エリカ

シリウスSを回避した強豪が集結
________________

本州日本海側および北陸地方唯一の競馬場、金沢で行われる白山大賞典。この時期は『Road to JBC』と称して、日本テレビ盃、南部杯、東京盃、レディスプレリュードなどのJBC指定競走が行われますが、唯一、それに所属しないのがこのレースです。つまり、日本テレビ盃、南部杯と比べると、メンバーが落ちるということ。

それでもこのレースは、2011年から2013年の3年間の賞金が高額だったため、金沢でJBCが開催された2013年には、同年の川崎記念の優勝馬ハタノヴァンクールが出走してきたこともありました。しかし、基本的にJBCに繋がるというよりは、この先の浦和記念、名古屋グランプリへと繋がるレース。長距離志向が強く、過去1年以内にダ2000m以上のダートグレード勝ちのある馬が活躍しています。

続きはこちら!
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=11875


予想はこちら!
https://nar.umanity.jp/coliseum/coliseum_view.php?user_id=3100000007&race_id=2019100122140411

⇒もっと見る

過去10年の結果 ~白山大賞典 2019~

2018年 白山大賞典 2018年10月2日(火) 金沢11R 2100m 稍重 11頭

白山大賞典(Jpn3)

1着 11 グリム 3.5倍(2人気) 内田博幸 2.11.4
2着 8 センチュリオン 6.6倍(4人気) 大野拓弥 2.12.5
3着 5 カツゲキキトキト 18.4倍(5人気) 大畑雅章 2.12.8
単勝 11 350円(2人気) 3連複 5-8-11 3,700円(12人気)
馬連 8-11 1,090円(5人気) 3連単 11→8→5 10,960円(42人気)
開催日 場名 頭数 馬場 勝ち馬 オッズ 人気 騎手 所属 勝ちタイム
2017/10/3
白山大賞典
金沢 10 不良 インカンテーション 2.0倍 1 岩田康誠 JRA 2.13.6
2016/10/4
白山大賞典
金沢 12 ケイティブレイブ 2.1倍 1 武豊 JRA 2.15.1
2015/10/6
白山大賞典
金沢 12 マイネルバイカ 10.1倍 4 柴田大知 JRA 2.14.9
2014/10/7
白山大賞典
金沢 10 エーシンモアオバー 5.1倍 4 岩田康誠 JRA 2.12.5
2013/10/8
白山大賞典
金沢 12 エーシンモアオバー 5.4倍 4 岩田康誠 JRA 2.13.6
2012/10/2
白山大賞典
金沢 12 不良 ニホンピロアワーズ 1.5倍 1 酒井学 JRA 2.12.9
2011/10/4
白山大賞典
金沢 12 シビルウォー -- 3 吉田豊 JRA 2.14.3
2010/10/5
白山大賞典
金沢 11 パワーストラグル -- 2 後藤浩輝 JRA 2.13.1
2009/10/6
白山大賞典
金沢 9 アドマイヤスバル -- 2 勝浦正樹 JRA 2.13.5

歴史・レース概要 ~白山大賞典2019~


白山大賞典は、金沢競馬場・ダート2100mで施行される地方重賞(JpnⅢ)である。1981年、サラブレッド系4歳(現・3歳)以上による重賞競走・白山大賞典(2300m)として創設。翌1982年に距離をダート2600mに変更。1997年にダートグレード競走のGⅢに認定され、2100mに距離短縮となった。

過去の優勝馬には、ニホンピロアワーズ、スマートファルコン、タイムパラドックスなどが名を連ねる。

執筆者:ウマニティ競馬研究所(略してウマケン)

まだウマニティ会員ではない方へ

会員登録するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを無料で利用できます。

収支100万円超えの猛者がズラリ

全国トップ予想家たちの予想閲覧

予想に必携の高精度スピード指数

「U指数」を重賞で全頭公開

勝率40%超えを誇る堅軸候補

「凄馬」をメールでお知らせ

TVでも紹介!設定は10万通り以上

あなただけの予想ロボが作れる

この他にも20以上のサービスを無料で提供!

会員登録(無料)する

ようこそゲストさん

今すぐ会員登録

※パスワードを忘れた場合

いつものアカウントが使えます!

本日の開催

大井競馬
第13回第4日
1R 13時間前
名古屋競馬
第17回第3日
1R 9時間前
園田競馬
第18回第6日
1R 9時間前

次回のダートグレード競走

11月27日()園田
兵庫ジュニアグランプリ JpnⅡ

白山大賞典特集
バックナンバー

白山大賞典 2019
白山大賞典 2018
白山大賞典 2017
白山大賞典 2016
白山大賞典 2015