ブリーダーズゴールドカップ2020-レース結果

ブリーダーズゴールドカップ

2020年8月13日(木) 20:00

ブリーダーズゴールドカップ JpnⅢ

門別競馬場/ダート・外/2000m

レース結果

●ブリーダーズゴールドカップ ダートグレード競走攻略ツール

  • 出馬表
  • 予想登録
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX

山崎エリカのダートグレード攻略 ~ブリーダーズゴールドカップ2020~

【山崎エリカのダートグレード攻略~ブリーダーズゴールドカップ2020~

2020年8月12日(水) 16:55

山崎エリカ

閲覧 672ビュー コメント 0 ナイス 7

 伝統の帝王賞に次ぐ、長い歴史を持つブリーダーズゴールドカップが牝馬限定戦に生まれ変わって今年で7年目。このレースは2013年まで牡馬混合G2で行われていましたが、南関東を始めとする本州地区からの参戦がほとんどなく、晩年は出走馬が6頭、8頭……という状況。メンバーが集まらないという問題を抱えていました。

 そこで牝馬の交流重賞路線が7月のスパーキングレディーカップから10月のレディスプレリュードまで行われないことに目をつけて、牝馬限定のG3として、装いを新たにしました。佐賀ヴィーナスカップから始まるグランダムジャパンの古馬シーズン・第5戦に組み込むことで、盛り上げる目的もあったようです。

 しかし、それでも本州地区からの参戦がほとんどなく、中央勢の独壇場。過去6年で地方馬が馬券に絡んだことは1度もありません。夏場のこの時期は、実績馬は秋のJBCレディスクラシックに向けて放牧に出されていることも多く、前年のJBCレディスクラシックで活躍した実績馬が出走してくることは多くもありませんが、出走してくれば当然有力です。

 前年のJBCレディスクラシックで連対した馬のこのレースでの成績は、過去6年で【0・2・0・0】。2着の該当馬は、2015年のサンビスタと2018年のプリンシアコメータ。実績馬にとっては、あくまでもこの先のJBCレディスクラシックが目標ではありますが、地力の違いでここも通用しているようです。

 次いで有力なのは、同年のエンプレス杯で連対した馬。それらの成績は過去6年で【2・3 ・0・0】。1着の該当馬は、2015年-2016年のアムールブリエ。2着の該当馬は、2014年のワイルドフラッパー、2018-2019年のプリンシアコメータエンプレス杯がペースが速くなることが多いせいか、連対馬5頭全て3コーナー2番手以内でエンプレス杯を連対しているという共通項がありました。

 他に有力なのはそもそも実力が違う、過去1年以内に牡馬相手のダートグレードで3着以内の実績のある馬でしょう。前年の名古屋グランプリを優勝した2016年アムールブリエは、このレースで問答無用の圧勝を飾りました。また、2014年のワイルドフラッパーも昨年のクイーンマンボも、前走の平安Sで3着、2着でした。

 また。近2走のオープン特別やリステッド競走で3着以内だった馬も有力で、過去6年のこのレースでの成績は【2・1・1・0】。1着の該当馬は、2014年のサンビスタ、アンデスクイーン。2着の該当馬は、2018年のプリンシアコメータ。3着の該当馬は、ビービーバーレル。12日のサマーチャンピオンの優勝がサヴィだったように、中央のオープン特別、リステッド競走のレベルが高いので、案外とダートグレードのここでも通用します。

 最後に穴パターンを推奨すると、2017年の優勝馬マイティティー(6番人気)や2014年の3着馬マーチャンテイマー(4番人気)のように、休養明けの前走で中央の牡馬相手のオープン以上で戦って大敗した馬たち。

 マイティティーは前走の大沼Sで14着大敗、マーチャンテイマーは前走のプロキオンSで15着大敗していましたが、休養前には1600万下を優勝した実績がありました。もともと強かった馬が、休養明けをひと叩きされて変わり身を見せたパターンです。そういう馬は、一発を警戒したほうがいいでしょう。


 まとめるとこうなります!

 ●本命候補
 ・前年のJBCレディスクラシック連対馬。
 ・同年のエンプレス杯で連対した馬。
  (3コーナー2番手以内が条件)
 ・過去1年以内に、牡馬相手のダートグレードで3着以内の実績がある馬。
 ・近2走以内に中央のオープン特別、もしくはリステッド競走で3着以内のある馬。

 ●穴馬候補
 ・休養明けの前走で牡馬オープン以上で戦って、2桁着順に敗れた馬。
  (休養前に3勝クラス勝ちの実績があることが条件)


山崎エリカさんのダートグレード競走最新予想はこちらからご覧いただけます!!

新着ニュース ~ブリーダーズゴールドカップ2020~

過去10年の結果 ~ブリーダーズゴールドカップ 2020~

2019年 ブリーダーズゴールドカップ 2019年8月15日(木) 門別11R ダート2000m 稍重 11頭

ブリーダーズゴールドカップ

1着 11 アンデスクイーン 3.0倍(2人気) 戸崎圭太 2.06.2
2着 6 プリンシアコメータ 2.1倍(1人気) 岩田康誠 2.06.3
3着 2 ラインカリーナ 4.9倍(3人気) 武藤雅 2.06.3
単勝 11 300円(2人気) 3連複 2-6-11 370円(1人気)
馬連 6-11 310円(1人気) 3連単 11→6→2 2,050円(5人気)
開催日 場名 頭数 馬場 勝ち馬 オッズ 人気 騎手 所属 勝ちタイム
2018/8/16
ブリーダーズゴールドカップ
門別 15 不良 ラビットラン 6.5倍 3 M.デムーロ JRA 2.05.6
2017/8/17
ブリーダーズゴールドカップ
門別 11 マイティティー 20.7倍 6 池添謙一 JRA 2.08.4
2016/8/11
ブリーダーズゴールドカップ
門別 10 アムールブリエ 1.7倍 1 濱中俊 JRA 2.08.7
2015/8/13
ブリーダーズゴールドカップ
門別 15 アムールブリエ 4.0倍 4 濱中俊 JRA 2.08.1
2014/8/14
ブリーダーズゴールドカップ
門別 14 サンビスタ 4.3倍 2 岩田康誠 JRA 2.07.4
2013/8/15
ブリーダーズゴールドカップ
門別 8 ハタノヴァンクール 2.1倍 2 四位洋文 JRA 2.04.9
2012/8/16
ブリーダーズゴールドカップ
門別 7 シビルウォー 1.9倍 2 内田博幸 JRA 2.02.7
2011/8/11
ブリーダーズゴールドカップ
門別 12 シビルウォー -- 3 吉田豊 JRA 2.05.0
2010/8/12
ブリーダーズゴールドカップ
門別 13 不良 シルクメビウス -- 2 田中博康 JRA 2.03.0

歴史・レース概要 ~ブリーダーズゴールドカップ2020~

ブリーダーズゴールドカップは、門別競馬場・ダート2000mで施行される地方重賞(JpnⅢ)である。1989年に、サラブレッド系4歳(現3歳)以上の馬による中央競馬と地方競馬の全国交流競走として創設。1994年までは札幌競馬場のダート2400mで秋季に施行されていたが、1995年より旭川競馬場のダート2300mに変更。1997年にホッカイドウ競馬の競走では最高のGIIに格付けされた。
2008年でホッカイドウ競馬の旭川開催が終了したため、2009年より門別競馬場のダート2000mに変更された。2014年より3歳以上の牝馬限定戦に変更、格付けもJpnIIIに格下げとなった。また、グランダム・ジャパン(牝馬限定の世代別ポイント制シリーズ)の対象競走にも指定された。ホッカイドウ競馬における最高賞金レースとして根付いている。

過去の優勝馬には、スマートファルコン、タイムパラドックスウイングアローなどが名を連ねる。

執筆者:ウマニティ競馬研究所(略してウマケン)

口コミ情報 ~ブリーダーズゴールドカップ2020~

まだウマニティ会員ではない方へ

会員登録するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを無料で利用できます。

収支100万円超えの猛者がズラリ

全国トップ予想家たちの予想閲覧

予想に必携の高精度スピード指数

「U指数」を重賞で全頭公開

勝率40%超えを誇る堅軸候補

「凄馬」をメールでお知らせ

TVでも紹介!設定は10万通り以上

あなただけの予想ロボが作れる

この他にも20以上のサービスを無料で提供!

会員登録(無料)する

ようこそゲストさん

今すぐ会員登録

※パスワードを忘れた場合

いつものアカウントが使えます!

本日の開催

帯広競馬
第15回第1日
1R 12時間前
盛岡競馬
第10回第1日
1R 10時間前
高知競馬
第9回第5日
1R 13時間前
佐賀競馬
第13回第5日
1R 13時間前