ジャパンダートダービー2019-レース結果

ジャパンダートダービー

2019年7月10日(水) 20:05

ジャパンダートダービー JpnⅠ

大井競馬場/2000m

レース結果

●ジャパンダートダービー ダートグレード競走攻略ツール

  • 出馬表
  • 予想登録
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX

山崎エリカのダートグレード攻略 ~ジャパンダートダービー2019~

2019年7月9日(火)

 3歳馬のダートチャンピオンを決めるジャパンダートダービー。このレースは、南関東馬にとっては羽田盃、東京ダービーから続く、3歳クラシックの最終関門。東京ダービーと同距離コースの大井ダ2000mで行われることや、中央馬は8月のレパードSを目標にしていることが多いため、意外と南関東馬が通用しています。

 過去10年で南関東馬が優勝したのは、2010年のマグニフィカ、2017年のヒガシウィルウィン。2着したのは2014年のハッピースプリントのみですが、中央馬が圧倒的な中距離のダートグレードの傾向を考えると、がんばれていると言えるでしょう。2007年には中央の強豪を抑えて、南関東のフリオーソ、アンパサンドがワン、ツーを決めたこともありました。これらの共通項は、マグニフィカを除いては前走の東京ダービーで2着以内ということ。また、マグ二フィカは東京ダービーの3着馬でした。

 しかし、マグニフィカが優勝した2010年は、東京ダービーの優勝馬マカニビスティーが主催元のルールに違反して出走が叶わず、さらに東京ダービーの2着馬ガナールは枠順決定後に疾病で発走除外。2010年は東京ダービーの1,2着馬が不在の状況だっただけに、基本的に南関東馬は、東京ダービー2着以内ならこのレースでチャンスがあると考えていいでしょう。

 逆に中央馬は、どのような馬が有力かというと、当たり前と言われてしまいそうですが、デビューからこれまでのダート戦で連対を外したことがない馬です。しかし、地方馬よりもキャリアが浅い中央馬は、例年そのタイプが何頭か出走しています。例えばダートで2戦2勝だったとしても、G1のこの舞台でオープン勝ちの実績さえもない馬を本命にするのはさすがに危険でしょう。

 しかし、「デビューからダートの連対率100%で、一度は中央のダ1800mのオープン勝ち」という条件を加えると、対象馬はかなり絞れます。前記の該当馬の過去10年のこのレースでの成績は【4・0・0・2】。1着の該当馬は、2011年のグレープブランデー、2012年のハタノヴァンクール、2013年のクリソライト、昨年のルヴァンスレーヴ、遡ればサクセスブロッケン(2008年)、フレンドシップ(2006年)もこのパターンで優勝しています。

 また、4着以下に敗れた馬は、2016年のストロングバローズ(7着)と昨年のドンフォルティス(6着)の2頭ですが、この2頭には2歳時にダ1400m以下の短い距離で活躍していた共通項がありました。つまり、本来は短距離馬でありながら、能力の高さでダ1800mのオープンで結果を出した可能性が高いということ。つまり、1500m以上のダートで連対率100%、一度は中央のダ1800mのオープン勝ち」という条件ならばかなり信用できるということ。

 さらにダ1800mのオープンを一度は含む、ダ1800m以上で3勝以上をあげた馬も有力で、過去10年の成績は【5・1・0・2】。1着の該当馬は、2011年のグレープブランデー、2012年のハタノヴァンクール、2013年のクリソライト、2014年のカゼノコ、2016年のキョウエイギア。2着の該当馬は、2015年のクロスクリーガーです。

 4着以下に敗れたのは、2010年のトーセンアレス(5着)と2017年のリゾネーター(4着)ですが、トーセンアレスは皐月賞日本ダービーに出走してズルズルの競馬をした後の一戦。また、リゾネーターは、休養明けでオープンの伏竜Sを勝利した後の一戦で、二走ボケを起こしたもの。要するに休養明けでオープン勝利後か、芝のクラシックを使われた馬でなければ信頼できることになります。


 まとめるとこうなります!

 ●本命候補
 ・1500m以上のダートで連対率100%、一度は中央のダ1800mのオープン勝ち」という条件ならばかなり信用できるということ。
 ・一度は中央のダ1800mのオープンを含む、ダ1800m以上で3勝以上をあげた馬。
  (休養明けの前走でオープンやグレードレースを優勝した馬や、前走で芝のクラシックに出走していた馬を除く)

 ●穴馬候補
 ・東京ダービーで2着以内だった馬。

山崎エリカさんのダートグレード競走最新予想はこちらからご覧いただけます!!

新着ニュース

10日、大井競馬場の第11Rに行われた第21回 ジャパンダートダービー競走(Jpn1)3歳選定馬重賞(ダート・外 右2000m サラブレッド系3才 定量)は川田将雅騎手騎乗の1番人気・12番クリソベリル(牡3)が優勝した。
勝ちタイムは2分06秒1(稍重)。さらに3馬身差の2着に4番人気・5番デルマルーヴル(牡3)、そこからアタマ差の3着に5番人気・4番ミューチャリー(牡3)が入った。
クリソベリルは、父ゴールドアリュール、母クリソプレーズ、母の父エルコンドルパサーという血統で音無秀孝厩舎の所属馬。生産は勇払郡安平町・ノーザンファーム。馬主は(有)キャロットフ。通算成績は4戦4勝。
ジャパンダートダービー競走(Jpn1)3歳選定馬重賞」の着順&払戻金はこちら

【ジャパンダートダービー】3戦無敗のクリソベリルは7枠12番! 枠順確定 7月7日() 12:14

 7月10日に大井競馬場で行われる3歳ダートの頂上決戦「第21回ジャパンダートダービー」(交流GI、大井11R、3歳、定量、ダート2000メートル、1着賞金4500万円)の枠順が7日に確定した。



 前走の兵庫チャンピオンシップを含む3戦をいずれも圧勝しているクリソベリルは7枠12番、今年の東京ダービー馬のヒカリオーソは2枠2番、羽田盃を制したミューチャリーは南関の名手・御神本とのコンビで3枠4番、2歳時に兵庫ジュニアGPを制し、全日本2歳優駿で2着、UAEダービーでも4着に善戦したデルマルーヴルは4枠5番、前走のユニコーンSこそ7着に敗れたものの、伏竜Sなどダート戦で安定した戦績を残しているデアフルーグは6枠10番、前走のリボン賞を古馬相手に勝利したロードグラディオは3枠3番に入った。



 そのほか、東京湾Cを勝っているサクセッサーは5枠8番、羽田盃2着、東京ダービー3着馬のウィンターフェルは8枠13番、高知優駿の覇者ナンヨーオボロヅキは8枠14番に決定。



 3歳ダート王を決める一戦となるジャパンダートダービーは10日、大井競馬場(11R)で、午後8時05分にスタートが切られる。



(左から枠 馬番 馬名 斤量 騎手 所属)1- 1 グリードパルフェ  56.0 笹川翼    船 橋2- 2 ヒカリオーソ    56.0 山崎誠士   川 崎3- 3 ロードグラディオ  56.0 M.デムーロ JRA3- 4 ミューチャリー   56.0 御神本訓史  船 橋4- 5 デルマルーヴル   56.0 戸崎圭太   JRA4- 6 トイガー      56.0 宮崎北斗   JRA5- 7 ホワイトヘッド   56.0 本橋孝太   船 橋5- 8 サクセッサー    56.0 石崎駿    船 橋6- 9 メスキータ     56.0 松山弘平   JRA6-10 デアフルーグ    56.0 津村明秀   JRA7-11 ドウドウキリシマ  56.0 真島大輔   JRA7-12 クリソベリル    56.0 川田将雅   JRA8-13 ウィンターフェル  56.0 森泰斗    船 橋8-14 ナンヨーオボロヅキ 56.0 赤岡修次   高 知

【ジャパンダートダービー】JRA出走予定馬(7/5発表) 7月5日(金) 18:29

7月10日(水)、大井競馬場で行われるジャパンダートダービー(Jpn 1)のJRA出走予定馬は以下の通り。(馬名・性齢・調教師・騎乗予定騎手)

クリソベリル 牡3 音無秀孝 川田将雅
デアフルーグ 牡3 鈴木伸尋 津村明秀
デルマルーヴル 牡3 戸田博文 戸崎圭太
トイガー 牡3 高市圭二 宮崎北斗
ドウドウキリシマ 牡3 村山明 真島大輔
メスキータ 牡3 山内研二 松山弘平
ロードグラディオ 牡3 西浦勝一 M.デムーロ

(TCK発表)

【ジャパンダートダービー】JRAの出走予定馬発表 6月23日() 17:24

 7月10日に大井競馬場で行われるジャパンダートダービーのJRA出走予定馬および補欠馬が23日、次の通り発表された。

 「ジャパンダートダービー」(大井競馬場、交流GI、3歳オープン、別定、ダート・右2000メートル)

 【JRA出走予定馬】7頭クリソベリル(牡3歳、栗東・音無秀孝厩舎、川田将雅騎手)デアフルーグ(牡3歳、美浦・鈴木伸尋厩舎、騎手未定)デルマルーヴル(牡3歳、美浦・戸田博文厩舎、戸崎圭太騎手)トイガー(牡3歳、美浦・高市圭二厩舎、騎手未定)ドウドウキリシマ(牡3歳、栗東・村山明厩舎、騎手未定)メスキータ(牡3歳、栗東・山内研二厩舎、騎手未定)ロードグラディオ(牡3歳、栗東・西浦勝一厩舎、騎手未定)

 【JRA所属の補欠馬】4頭(補欠順位順)1.ウラノメトリア2.セントウル3.ジャスパージャック4.コパノカーリング

3戦3勝クリソベリル、ジャパンダートダービーへ 5月8日(水) 13:34

 2日の交流GII・兵庫チャンピオンシップで重賞初Vを飾り、デビューからダートで無傷の3連勝を飾ったクリソベリル(栗・音無、牡3)は、ジャパンダートダービー(7月10日、大井、交流GI、ダ2000メートル)へ向かうことが8日、関係者の話でわかった。初戦と2戦目がともに2着に7馬身差の圧勝。初重賞の前走も5馬身差で制した新星が連勝街道をさらに延ばすか、注目される。



クリソベリルの競走成績はこちら

⇒もっと見る

口コミ情報

ジャパンダートダービー

7月11日(木) 05:41

moon light history

ジャパンダートダービーσ(^◇^;)
ミューチャーリーまでは手が出せずw
まあ?クリソベリンの川田騎手(^^ゞ
お見事!インタビューの顔が?
緩んでいたのは気のせきいでは無くw

【交流重賞】ジャパンダートダービー(JpnⅠ)の結果7月10日(水) 23:26 ちびざる

1着:⑫クリソベリル
2着:⑤デルマルーヴル
3着:④ミューチャリー



1着の⑫クリソベリルは◎
2着の⑤デルマルーヴルは無印
3着の④ミューチャリーは△

でした。

私の注目馬の⑫クリソベリルは1着でした。


予想買い目は、

ワイド
⑫→④
⑫→②

でしたので、予想は的中しました。(´▽`) ホッ


私が注目馬の⑫クリソベリルは1着でした。
今日は、外枠ということもあり、道中は7番手あたりから競馬を進めていました。
3コーナー過ぎで⑤デルマルーヴルの進出のタイミングに合わせて上がっていたところで
勝負アリでした。
直線で、仕掛けられると前を行く⑤デルマルーヴルを交わすとそのまま3馬身突き放して勝ちました。
今日はこれまでとは違って中団からの競馬から差し切りました。
こういう競馬もできるといったところを見せつけた形になりました。
ただ、川田騎手のコメントでは、能力にまだ体がついてきていないとか。
レース中も自ら進みすぎるので前半はなだめながら(掛かっていたということでしょうか。)の競馬とか。
このコメントを聞く限りまだ成長の余地が残されているような感じですね。
ひと夏越しての成長も楽しみではあります。


2着の⑤デルマルーヴルについては、海外遠征明けで、これだけの競馬が出来れば十分だと思います。
戸崎騎手も好騎乗だったと思います。クリソベリルを意識しての早めの仕掛けでしたから、
この2着は価値はあると思います。
この馬もひと夏越して、古馬との対戦やクリソベリルとの再戦も楽しみですね。
あの競馬で、差されてしまったら仕方ないって感じですね。


3着の④ミューチャリーは、最後、後方から脚を伸ばしての3着。
大健闘だと思います。しかも使った脚は、上がり最速というのには驚きましたが・・・。
ただ、道中の位置取りが後ろすぎましたね。
溜めた分のあの脚だったとは思いますが・・・。

ウィンターフェル、ヒカリオーソと地方勢は3着、4着、5着と掲示板に載ったのは
大健闘だと思います。
昨日の日記の中にも書きましたが、クリソベリル以外なら、地方馬でも太刀打ちできるのでは
と書きましたが、その通りとなりましたね。
逃げたヒカリオーソが掲示板に載るとは・・・。逃げると渋太いですね。(^^;

デアフルーグに関しては、どうなんでしょうね。
前走の敗因を左回りと見ていたのですが、右回りでも結果が出ませんでしたね。
追走に苦労したようにも見えましたし、疲れが残っていたのかもしれませんね。
一旦、疲れを取ってどうかですね。休養明け初戦には注目したいですね。
次走は乗り替わりがあるかもしれませんね。


的中された方、おめでとうございます。

ジャパンダートダービーは7月10日(水) 22:58 ブルースワン

ジャパンダートダービーはクリソベリルでしたね。ロードグラディオは撃沈でしたが・・。ミューチャリーがきたけど配当こんなもんなんかな?クリソベリルはどこまで連勝するかな?中京のG1が難関っぽいが続いてほしいです。  

ジャパンダートダービー7月10日(水) 21:17 暴君アッキー

交流重賞(特にG1)は苦手意識があるので、ヒカリオーソかウィンターフェルが3着で馬券外れだろうと思い結果みたら、珍しく当たってました。

馬番号みたら見覚えないので、何来たのかウマニティ登録みたら、◎→○→▲?

記憶にない?なぜ?

デアフルーグとデルマルーヴルの印間違えてました。

7/7から予想購入者履歴(ゴールド)が確認できない不具合のままなので、購入者全員は把握できてませんが、ラッキーですね。

印間違えてなかったら外れの可能性もあったはず。

印間違えてないように気をつけます。

スミマセンでした。

☆ジャパンダートダービー(結論)☆7月10日(水) 19:55 ユウキ先生

さぁいよいよジャパンダートダービーです(o^^o)

もちろん◎クリソベリルから☆

圧倒的な強さを見せてほしいです!

〇デルマルーヴル

△ヒカリオーソ

△ロードグラディオ

△ミューチャーリー

で勝負します(o^^o)

競馬 推察者の書きなぐり日記 ジャパンダートダービー 37月10日(水) 18:58 moon light history

ジャパンダートダービー

◎12クリソベリン
◯3ロードグラディオ
▲5デルマルーヴル
△10デアフルーグ

3連単10→3,5,1,→3,5,10の6点(´-`).。oO

⇒もっと見る

過去10年の結果 ~ジャパンダートダービー 2019~

2018年 ジャパンダートダービー 2018年7月11日(水) 大井11R 2000m 良  14頭

ジャパンダートダービー競走(Jpn1) 

1着 1 ルヴァンスレーヴ 2.2倍(1人気) M.デムーロ 2.05.8
2着 14 オメガパフューム 6.6倍(4人気) 川田将雅 2.06.1
3着 3 グレートタイム 5.9倍(3人気) C.ルメール 2.06.1
単勝 1 220円(1人気) 3連複 1-3-14 1,560円(4人気)
馬連 1-14 1,000円(4人気) 3連単 1→14→3 6,060円(19人気)
開催日 場名 頭数 馬場 勝ち馬 オッズ 人気 騎手 所属 勝ちタイム
2017/7/12
ジャパンダートダービー
大井 14 ヒガシウィルウィン 10.2倍 5 本田正重 船橋 2.05.8
2016/7/13
ジャパンダートダービー
大井 13 キョウエイギア 14.2倍 4 戸崎圭太 JRA 2.05.7
2015/7/8
ジャパンダートダービー
大井 13 不良 ノンコノユメ 2.8倍 2 C.ルメール JRA 2.05.6
2014/7/9
ジャパンダートダービー
大井 13 稍重 カゼノコ 5.1倍 2 秋山真一郎 JRA 2.03.9
2013/7/10
ジャパンダートダービー
大井 16 クリソライト 2.2倍 1 内田博幸 JRA 2.04.8
2012/7/11
ジャパンダートダービー
大井 11 ハタノヴァンクール 2.9倍 1 四位洋文 JRA 2.05.3
2011/7/13
ジャパンダートダービー
大井 15 グレープブランデー -- 1 横山典弘 JRA 2.04.9
2010/7/14
ジャパンダートダービー
大井 12 マグニフィカ -- 6 戸崎圭太 船橋 2.05.2
2009/7/8
ジャパンダートダービー
大井 13 稍重 テスタマッタ -- 4 岩田康誠 JRA 2.04.5

歴史・レース概要 ~ジャパンダートダービー2019~


ジャパンダートダービーは、大井競馬場・ダート2000mで施行される地方重賞(JpnⅠ)である。1999年、4歳(現3歳)の定量の統一グレード競走として創設。ユニコーンステークス・ダービーグランプリとともに3歳ダート三冠を形成、羽田盃・東京ダービーとともに南関東3歳三冠として春の3歳ダートチャンピオン決定戦として位置付けられている。

過去の優勝馬には、ルヴァンスレーヴテスタマッタサクセスブロッケンカネヒキリなどが名を連ねる。

執筆者:ウマニティ競馬研究所(略してウマケン)

まだウマニティ会員ではない方へ

会員登録するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを無料で利用できます。

収支100万円超えの猛者がズラリ

全国トップ予想家たちの予想閲覧

予想に必携の高精度スピード指数

「U指数」を重賞で全頭公開

勝率40%超えを誇る堅軸候補

「凄馬」をメールでお知らせ

TVでも紹介!設定は10万通り以上

あなただけの予想ロボが作れる

この他にも20以上のサービスを無料で提供!

会員登録(無料)する

ようこそゲストさん

今すぐ会員登録

※パスワードを忘れた場合

いつものアカウントが使えます!

本日の開催

大井競馬
第13回第4日
1R 14時間前
名古屋競馬
第17回第3日
1R 9時間前
園田競馬
第18回第6日
1R 10時間前

次回のダートグレード競走

11月27日()園田
兵庫ジュニアグランプリ JpnⅡ

ジャパンダートダービー特集
バックナンバー

ジャパンダートダービー 2019
ジャパンダートダービー 2018
ジャパンダートダービー 2017
ジャパンダートダービー 2016
ジャパンダートダービー 2015