帝王賞 Jpn1

6月29日() 20:10 大井競馬場/ダ2000m 9頭
ウマニティ会員登録(無料)

【帝王賞2022予想】テーオーケインズは8枠8番、オメガパフュームは2枠2番からスタート

【帝王賞2022予想】テーオーケインズは8枠8番、オメガパフュームは2枠2番からスタート

6月29日(水)に大井競馬場では第45回帝王賞(4歳以上・Jpn1・ダート2000m)が開催される。

昨年、後続に3馬身差を付ける圧勝劇を披露したテーオーケインズは8枠8番。レース史上初となる2連覇の偉業達成がかかる存在だが、”テーオー”という冠名からも期待は高まるところだろう。

大井ダート2000mでG1・Jpn1を5勝の実績を持つオメガパフュームは2枠2番。このコースの申し子と言っても過言ではなく、一度は引退を宣言した7歳馬ではあるものの、前走で見せた圧巻のレースぶりからも衰えは感じられない。

ほか、16年2着・19年3着・20年5着・21年2着とリピート好走の続くノンコノユメは3枠3番。20年JRA賞最優秀ダートホースの肩書を持つチュウワウィザードは6枠6番。スマートファルコンとの父仔制覇がかかるオーヴェルニュは5枠5番。21年帝王賞3着、21年東京大賞典2着とコース相性が光るクリンチャーは7枠7番からの出走となる。

<
>
My
予想印


馬名
性齢・調教師
馬体重
騎手
斤量
騎乗実績
予想
オッズ
実績  
前走
 
2走前
 
3走前
 
4走前
 
5走前
 
6走前
 
7走前
 
8走前
1 1

スワーヴアラミス

牡7 JRA 須貝尚介

松田大作

57.0

5-2-2-8

44.6 ⑤

9-5-4-14

22/05/21

5

平安S G3

中京/ダ1900m

松田大作 58.0

22/02/20

13

フェブラリ G1

東京/ダ1600m

松田大作 57.0

22/01/23

1

東海テレビ G2

中京/ダ1800m

松田大作 56.0

21/12/05

8

チャンピオ G1

中京/ダ1800m

松田大作 57.0

21/11/07

7

みやこS G3

阪神/ダ1800m

松田大作 57.0

21/09/22

3

白山大賞典 Jpn3

金沢/ダ2100m

松田大作 55.0

21/08/08

1

エルムS G3

函館/ダ1700m

松田大作 56.0

21/07/10

1

デルマーサ 

函館/ダ1700m

松田大作 57.5

2 2

オメガパフューム

牡7 JRA 安田翔伍

M.デム

57.0

7-5-2-2

3.9 ②

11-7-2-4

22/04/17

1

アンタレス G3

阪神/ダ1800m

横山和生 59.0

21/12/29

1

東京大賞典 Jpn1

大井/ダ2000m

M.デム 57.0

21/11/03

2

JBCクラ Jpn1

金沢/ダ2100m

M.デム 57.0

21/06/30

5

帝王賞競走 Jpn1

大井/ダ2000m

M.デム 57.0

21/01/27

2

川崎記念 Jpn1

川崎/ダ2100m

M.デム 57.0

20/12/29

1

東京大賞典 Jpn1

大井/ダ2000m

M.デム 57.0

20/11/03

2

JBCクラ Jpn1

大井/ダ2000m

M.デム 57.0

20/06/24

2

帝王賞競走 Jpn1

大井/ダ2000m

M.デム 57.0

3 3

ノンコノユメ

セ10 大井 荒山勝徳

真島大輔

57.0

1-5-2-5

44.6 ⑤

9-10-5-21

22/05/25

2

大井記念競 

大井/ダ2000m

真島大輔 57.0

22/04/21

3

ブリリアン 

大井/ダ1800m

真島大輔 57.0

21/12/29

10

東京大賞典 Jpn1

大井/ダ2000m

真島大輔 57.0

21/09/29

5

日本テレビ Jpn2

船橋/ダ1800m

真島大輔 57.0

21/06/30

2

帝王賞競走 Jpn1

大井/ダ2000m

真島大輔 57.0

21/02/17

7

金盃競走 

大井/ダ2600m

真島大輔 56.0

20/12/29

11

東京大賞典 Jpn1

大井/ダ2000m

矢野貴之 57.0

20/12/09

2

勝島王冠競 

大井/ダ1800m

笹川翼 57.0

4 4

ネオブレイブ

牡6 大井 米田英世

笹川翼

57.0

0-0-0-2

89.1 ⑨

4-1-3-25

22/06/10

9

スポーツ報 

大井/ダ1800m

本橋孝太 57.0

22/05/13

6

エメラルド 

大井/ダ1800m

笹川翼 56.0

22/04/22

7

エイプリル 

大井/ダ2000m

笹川翼 57.0

22/03/31

5

隅田川オー 

大井/ダ1800m

今野忠成 55.0

22/02/05

10

アルデバラ 

中京/ダ1900m

藤岡佑介 56.0

21/12/11

7

師走S3歳 

中山/ダ1800m

吉田豊 54.0

21/10/24

10

ブラジルC 

東京/ダ2100m

吉田豊 54.0

21/09/19

6

ラジオ日本 

中山/ダ1800m

吉田豊 56.0

5 5

オーヴェルニュ

牡6 JRA 西村真幸

福永祐一

57.0

1-0-0-3

44.6 ⑤

8-4-0-15

22/05/21

6

平安S G3

中京/ダ1900m

福永祐一 57.0

22/04/17

8

アンタレス G3

阪神/ダ1800m

鮫島克駿 57.0

22/01/23

2

東海テレビ G2

中京/ダ1800m

團野大成 57.0

21/12/05

6

チャンピオ G1

中京/ダ1800m

福永祐一 57.0

21/11/07

12

みやこS G3

阪神/ダ1800m

和田竜二 58.0

21/06/30

7

帝王賞競走 Jpn1

大井/ダ2000m

福永祐一 57.0

21/05/22

1

平安S G3

中京/ダ1900m

福永祐一 58.0

21/02/21

13

フェブラリ G1

東京/ダ1600m

丸山元気 57.0

6 6

チュウワウィザード

牡7 JRA 大久保龍志

川田将雅

57.0

8-2-2-0

8.1 ③

11-5-6-3

22/03/26

3

ドバイワー G1

UAE/ダ2000m

川田将雅 57.0

22/02/02

1

川崎記念 Jpn1

川崎/ダ2100m

川田将雅 57.0

21/12/05

2

チャンピオ G1

中京/ダ1800m

戸崎圭太 57.0

21/11/03

3

JBCクラ Jpn1

金沢/ダ2100m

戸崎圭太 57.0

21/06/30

6

帝王賞競走 Jpn1

大井/ダ2000m

戸崎圭太 57.0

21/03/27

2

ドバイワー G1

UAE/ダ2000m

戸崎圭太 57.0

21/02/20

9

サウジC4 G1

外国/ダ1800m

戸崎圭太 57.0

20/12/06

1

チャンピオ G1

中京/ダ1800m

戸崎圭太 57.0

7 7

クリンチャー

牡8 JRA 宮本博

森泰斗

57.0

0-0-0-0

14.9 ④

7-6-4-16

22/03/10

1

名古屋大賞 Jpn3

名古屋/ダ1900m

川田将雅 58.0

21/12/29

2

東京大賞典 Jpn1

大井/ダ2000m

川田将雅 57.0

21/12/05

14

チャンピオ G1

中京/ダ1800m

川田将雅 57.0

21/11/07

6

みやこS G3

阪神/ダ1800m

武豊 57.0

21/06/30

3

帝王賞競走 Jpn1

大井/ダ2000m

C.ルメ 57.0

21/03/11

1

名古屋大賞 Jpn3

名古屋/ダ1900m

川田将雅 58.0

21/02/11

1

佐賀記念 Jpn3

佐賀/ダ2000m

川田将雅 58.0

20/12/06

11

チャンピオ G1

中京/ダ1800m

三浦皇成 57.0

8 8

テーオーケインズ

牡5 JRA 高柳大輔

松山弘平

57.0

7-1-1-3

1.4 ①

9-2-2-4

22/05/21

1

平安S G3

中京/ダ1900m

松山弘平 59.0

22/02/26

8

サウジC4 G1

外国/ダ1800m

松山弘平 57.0

21/12/05

1

チャンピオ G1

中京/ダ1800m

松山弘平 57.0

21/11/03

4

JBCクラ Jpn1

金沢/ダ2100m

松山弘平 57.0

21/06/30

1

帝王賞競走 Jpn1

大井/ダ2000m

松山弘平 57.0

21/04/18

1

アンタレス G3

阪神/ダ1800m

松若風馬 56.0

21/03/21

1

名古屋城S 

中京/ダ1800m

松山弘平 57.0

20/12/29

6

東京大賞典 Jpn1

大井/ダ2000m

松山弘平 55.0

8 9

メイショウハリオ

牡5 JRA 岡田稲男

濱中俊

57.0

2-0-1-1

44.6 ⑤

6-2-2-6

22/05/21

3

平安S G3

中京/ダ1900m

濱中俊 57.0

22/03/27

1

マーチS G3

中山/ダ1800m

濱中俊 57.0

21/12/05

7

チャンピオ G1

中京/ダ1800m

濱中俊 57.0

21/11/07

1

みやこS G3

阪神/ダ1800m

濱中俊 56.0

21/10/16

2

太秦S3歳 

阪神/ダ1800m

岩田康誠 56.0

21/07/17

2

ジュライS 

福島/ダ1700m

田邊裕信 56.0

21/05/30

1

薫風S4歳 

東京/ダ1600m

横山和生 57.0

21/05/02

10

天満橋S4 

阪神/ダ1400m

松若風馬 55.0

出走馬の最新ニュース

ウマニティの会員数:338,448人(06月28日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

調教
予想

【帝王賞2022予想】帰国後初戦を叩き気配上昇のテーオーケインズ

【帝王賞2022予想】帰国後初戦を叩き気配上昇のテーオーケインズ

29日(水)に行われる帝王賞の出走馬(JRA所属馬限定)の追い切りについて、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。

※評価は上からA~D、F(判定不能)の5段階

①スワーヴアラミス【B】
栗東Cウッド単走。前走後は在厩調整で、6月に入り計時を開始した。15日にCウッドで併せ馬を消化し、22日には単走ながら一杯に追われて67秒0-37秒6-11秒9をマーク。25日のCウッドでもラスト重視で乗られており、近走のデキを維持しているといえる。

②オメガパフューム【B】
栗東坂路単走。前走勝利後は放牧に出され5月31日に帰厩。17日のCウッド併せ馬で一杯に追われ、70秒2-38秒7-11秒5で先着。22日の坂路で57秒2-13秒0、さらに最終追いとなった25日には52秒8-12秒7。仕上がり良好で、いい形でレースを迎えられそうだ。

⑤オーヴェルニュ【B】
栗東Cウッド単走。短期放牧を挟み、帰厩後もCウッドメインで乗られている。15日に一杯に追われ、68秒5-38秒0-11秒5をマーク。レース1週間前の22日に67秒8-36秒9-11秒6で乗られ、直前26日にも軽い調整。ここ2走苦戦も、デキそのものは悪くない。

⑥チュウワウィザード【B】
栗東ダート単走。ドバイ遠征から5月28日に帰厩し、8日に坂路併せ馬で52秒7-12秒5。16日にはCウッドで併せ馬を消化し、翌週22日は単走で68秒8-38秒8-11秒5をマーク。さらに直前25日のダートではラスト重視の調整であり、上々の仕上がりにある。

⑦クリンチャー【B】
栗東坂路単走。5月21日に帰厩し、8日のCウッドで単走馬なり。15日には併せ馬で一杯に追われ、68秒6-37秒-11秒6をマークし併入。最終追いとなった22日の坂路では51秒9-12秒6と、自己ベストタイの動きを見せた。年齢を感じさせない好仕上がりにある。

⑧テーオーケインズ【B】
栗東坂路単走。前走後は短期放牧を挟み、このレース目標での調整。16日のCウッドで68秒4-38秒8-11秒8、レース1週前の22日には66秒4-37秒6-11秒8をマークした。直前の坂路でも軽く乗られており、臨戦態勢も整った。帰国後初戦を叩き気配上昇である。

⑨メイショウハリオ【B】
栗東坂路単走。短期放牧から帰厩後は、坂路メインで乗られている。16日に併せ馬を消化し、22日には単走で51秒1-12秒0。時計が出やすい馬場状態とはいえ、自己ベストを更新した前走時からさらに0秒7タイムを短縮している。気配も上向きのようだ。

【調教予想からの注目馬】
上半期のダート交流最高峰のレースとあって、JRAからエントリーの7頭はいずれも好仕上がりにある。ピックアップするなら、帰国後初戦の前走時より負荷をかけてきたテーオーケインズが一番手。また自己ベスト再更新のメイショウハリオもデキが良さそうだ。

<注目馬>
テーオーケインズ ⑨メイショウハリオ
プロ
予想

【帝王賞2022予想】南関公認プロ場立ち「田倉」×単勝マイスター「夢月」の注目馬大公開!

【帝王賞2022予想】南関公認プロ場立ち「田倉」×単勝マイスター「夢月」の注目馬大公開!

南関公認プロ場立ち「田倉」×単勝マイスター「夢月」が帝王賞を大展望!トッププロ予想家のハイレベルトークをお届けいたします!

出演:田倉(南関公認プロ場立ち)夢月(単勝スペシャリスト) MC:岡田大(ウマニティ編集長)

ウマニティの会員数:338,448人(06月28日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

データ
予想

【帝王賞2022予想】4項目で減点ゼロはテーオーケインズ1頭のみ!

【前走着順】

2017年以降、3着以内に好走した15頭のうち7頭は前走を勝って臨んでいた好調馬で、前走で2着以下に敗れていた馬は、勝ち馬に3頭、2着馬に2頭、3着馬に3頭。非該当馬ながら連対した5頭の共通点を挙げるとすれば4歳馬または以前に帝王賞で連対実績のある馬の2パターンとなる。したがって、前走2着以下かつ帝王賞で連対実績のない5歳以上はヒモ扱いに留めたい。

減点対象馬
①スワーヴアラミス、④ネオブレイブ、⑤オーヴェルニュ、⑨メイショウハリオ

【馬齢】

2017年以降、3着以内に好走した15頭のうち9頭が4~6歳となり、非該当馬は勝ち馬に0頭、2着馬に2頭、3着馬に4頭。かつては7歳以上の古豪が勝利することも珍しくなかったが、直近3年は4歳馬が連勝しているように、近年は若い馬の台頭が目立つ。

減点対象馬
①スワーヴアラミス、②オメガパフューム、③ノンコノユメ、⑥チュウワウィザード、⑦クリンチャー

【前走人気】

2017年以降、3着以内に好走した15頭のうち9頭が前走で1~3番人気の支持を集めており、前走が4番人気以下だった馬は勝ち馬に1頭、2着馬に1頭、3着馬に1頭(前走が海外だった馬は除く)。非該当馬の好走例はいずれもJRAのダートグレード競走から臨んだ馬で、前走がJRAの非ダートグレード競走または地方競馬で4番人気以下だった場合は評価を下げるべきだろう。

減点対象馬
③ノンコノユメ、④ネオブレイブ

【G1またはJpn1実績】

2017年以降、3着以内に好走した15頭のうち11頭が、すでにG1またはJpn1で優勝歴があった。非該当馬は勝ち馬に2頭、2着馬に1頭、3着馬に1頭。なお、非該当馬ながら勝利した21年テーオーケインズ、17年ケイティブレイブの2頭はダートG1に出走歴のある4歳馬という点で共通する。

減点対象馬
①スワーヴアラミス、④ネオブレイブ、⑤オーヴェルニュ、⑦クリンチャー、⑨メイショウハリオ

【データ予想からの注目馬】
上記4項目で減点がないのは⑧テーオーケインズのみ。これに減点1つで②オメガパフューム、⑥チュウワウィザードの2頭が続く。

テーオーケインズの前走は59kgを背負った平安Sで後続に2馬身半差を付ける快勝。なお、同臨戦では20年2着・19年1着オメガパフューム、19年2着チュウワウィザード、17年1着ケイティブレイブ、17年2着クリソライトと延べ5頭が好走しているが、いずれも平安Sでは基礎負担重量より2kg以上重い斤量(=58kg以上)を背負って出走していた実績馬だった。

■注目馬
テーオーケインズ
血統
予想

【帝王賞2022予想】ゴールドアリュールやKingmamboなど、Nureyevの血を引く種牡馬に注目

【帝王賞2022予想】ゴールドアリュールやKingmamboなど、Nureyevの血を引く種牡馬に注目

2017年以降、3着以内に好走した種牡馬の大まかな系統は、サンデーサイレンス系が6頭、フォーティナイナー系が4頭、Kingmambo系が2頭、そのほか3頭。なお、昨年はシニスターミニスター産駒の4番人気テーオーケインズが後続に3馬身差を付ける圧勝劇を披露していた。

サンデーサイレンス系として好走した延べ6頭のうち3頭がゴールドアリュール産駒となるが、データ集計期間外も含めれば11年スマートファルコン、16年コパノリッキー、18年ゴールドドリーム、20年クリソベリルと4頭の勝ち馬を出すだけでなく、14~20年まで7年連続で父または母の父に同種牡馬の血を引く馬が連対していたほど。

一方、近年はキングカメハメハやエルコンドルパサーなど、Kingmamboの血脈を持つ馬が上位を賑わせており、昨年の勝ち馬テーオーケインズも血統構成の似たジェイドロバリーを2代母の父に持っていた。ゴールドアリュールとKingmamboは共に母の父がNureyev、ジェイドロバリーの母NumberはNureyevの半妹でもあるので、これらの血脈を強調できそうな馬に重きを置いてみたい。

オメガパフュームは、父スウェプトオーヴァーボード×母オメガフレグランス(母の父ゴールドアリュール)。18~21年まで東京大賞典4連覇という空前絶後の偉業を達成しているように、大井ダート2000mは「5-3-0-1」と抜群のコース相性を誇る舞台。帝王賞は3戦して19年1着、20年2着、21年5着。昨年は約5か月ぶりの実戦が応えたことも否めず、今年は19・20年に好走したときと同様にひと叩きされて挑む臨戦過程に必勝態勢がうかがえる。好相性を示す母の父の血脈、フォーティナイナーの直系が3年連続で連対していることも強調できるだろう。

オーヴェルニュは、父スマートファルコン×母ギュイエンヌ(母の父タニノギムレット)。本馬は今回の出走メンバーのなかで唯一となるゴールドアリュールの直系で、父スマートファルコンは11年帝王賞を制するほか、大井ダート2000mは10年東京大賞典でダート2000mの日本レコードを樹立した実績を持つ。なお、ゴールドアリュール系×Roberto系という大まかな血統構成は、11・12年の帝王賞で連続2着のエスポワールシチー、上記オメガパフュームの母オメガフレグランスと同じ。昨年は見せ場なく7着に敗れているものの、父も初挑戦となった5歳時の帝王賞では勝ち馬から1秒4差の6着。本馬もスムーズな競馬ができないと脆いところがあるため、今年は9頭立てという少頭数で行われることも僥倖かもしれない。

【血統予想からの注目馬】
オメガパフューム オーヴェルニュ
ステップ
レース

【帝王賞2022予想】前哨戦での各馬のパフォーマンスは?

2022年5月21日() 中京/ダ1900m 16頭
天候:曇  馬場:
平安ステークス2022
着順 馬番 馬名 騎手 所属 タイム 着差 オッズ 人気 上3F
1 4 テーオーケインズ 松山弘平 栗東 1.57.0 1.8 1 35.9
2 3 ケイアイパープル 藤岡康太 栗東 1.57.4 2 1/2 23.0 7 36.5
3 5 メイショウハリオ 浜中俊 栗東 1.57.8 2 1/2 7.0 3 36.4
4 10 スマッシングハーツ 鮫島克駿 栗東 1.58.0 1 1/2 54.8 11 36.3
5 8 スワーヴアラミス 松田大作 栗東 1.58.1 1/2 21.8 6 37.0
過去10年
の結果

【帝王賞2022予想】過去のレース結果をチェック!

2021年6月30日(水) 大井/ダート2000m
天候:曇  馬場:
帝王賞競走2021
着順 馬番 馬名 騎手 所属 タイム 着差 オッズ 人気 上3F
1 4 テーオーケインズ 松山弘平 JRA 2.02.7 7.4 4 36.8
2 11 ノンコノユメ 真島大輔 大井 2.03.3 134.2 10 36.9
3 13 クリンチャー C.ルメール JRA 2.03.4 クビ 10.4 6 37.5
4 3 ミューチャリー 御神本訓史 船橋 2.03.8 19.6 8 37.7
5 8 オメガパフューム M.デムーロ JRA 2.03.8 クビ 3.2 1 37.7
2020年6月24日(水) 大井/ダート2000m
天候:曇  馬場:
帝王賞競走2020
着順 馬番 馬名 騎手 所属 タイム 着差 オッズ 人気 上3F
1 8 クリソベリル 川田将雅 JRA 2.05.3 3.1 2 36.2
2 11 オメガパフューム M.デムーロ JRA 2.05.7 2.0 1 36.5
3 6 チュウワウィザード C.ルメール JRA 2.05.9 11/4 5.2 3 36.5
4 4 ワイドファラオ 福永祐一 JRA 2.06.0 クビ 25.6 6 37.1
5 9 ノンコノユメ 真島大輔 大井 2.06.3 13/4 35.9 7 36.4
2019年6月26日(水) 大井/ダート2000m
天候:晴  馬場:
帝王賞競走2019
着順 馬番 馬名 騎手 所属 タイム 着差 オッズ 人気 上3F
1 5 オメガパフューム D.レーン JRA 2.04.4 3.4 3 36.7
2 1 チュウワウィザード 川田将雅 JRA 2.04.6 11/4 3.1 2 37.7
3 14 ノンコノユメ 真島大輔 大井 2.04.6 アタマ 53.5 8 37.4
4 10 ミツバ 和田竜二 JRA 2.05.2 30.7 5 38.2
5 3 モジアナフレイバー 繁田健一 大井 2.05.5 13/4 27.1 4 38.6
歴史と
概要

【帝王賞2022予想】レースの歴史や競走条件、歴代優勝馬は?

【帝王賞2022予想】レースの歴史や競走条件、歴代優勝馬は?

大井競馬場、ひいては南関東を代表するダートグレード競走のひとつ。上半期の古馬ダートチャンピオン決定戦として全国各地から実力馬が集い、まさにダート界の”帝王”を決めるべく、そのレースは熾烈をきわめる。1978年の創設当初はダート2800mで施行されていたが、1986年からはチャンピオンディスタンスと称されるダート2000mに距離を短縮。なお、下半期のダート頂上決戦として親しまれている東京大賞典より歴は浅いものの、ダート2000mでの開催は帝王賞のほうが12年ほど先んじている。歴代の優勝馬には1998年アブクマポーロ(船橋)、2006年アジュディミツオー(船橋)といった一時代を築いた南関東の名馬も多く、1989年フエートノーザン(笠松)、1999年メイセイオペラ(岩手)は他地区から遠征してきた地方所属馬として名を連ねている。ほか、チヤンピオンスター(1988・1991年)、フリオーソ(2008・2010年)、ホッコータルマエ(2013・2015年)と3頭が2回の優勝実績を持つ一方で、創設から40年以上が経った現在も2連覇を達成した馬はいない。これには、強力なメンバーを相手にしなければならないことはもちろん、1996年以降は梅雨時の開催でコンディションの調整が難しいことも要因として挙げられる。

帝王賞特集 バックナンバー

2022ダートグレード競走

トップへ