かしわ記念 JpnⅠ

5月5日() 16:05 船橋競馬場/ダ1600m 12頭

かしわ記念歴史と概要

2018,19年の優勝馬 ゴールドドリーム
2018,19年の優勝馬 ゴールドドリーム

1928年、千葉県柏市に開設され、1950年まで競馬が開催されていた柏競馬場。同競馬場で第1回千葉県営競馬が行われたことを記念し、1978年に創設された南関東地区の準重賞が現在の「かしわ記念」の前身とされている。1989年に南関東所属馬限定の重賞として改められると、1996年にはJRAや他地区所属馬にも門戸が開かれた。春のダート短距離戦線は一線級が目標とする大レースがなかったこともあり、その需要に応えるかたちで本競走はG3、G2、G1(いずれも国内独自の格付け)へとグレードアップしてきた経緯を持つ。現在は船橋競馬場で唯一となるJpn1競走として注目されるだけでなく、ゴールデンウィークに開催される施行時期が相まって、競馬ファンの盛り上がりに拍車をかけている。また、指定交流競走となってからも地元船橋所属馬を中心に地方所属馬の奮闘ぶりは目に留まり、1998年にアブクマポーロ(船橋)が記録した1分35秒4のレコードタイムはいまだに破られていない。過去に2連覇を達成した馬は2009・2010年エスポワールシチー、2016・2017年コパノリッキー、2018・2019年ゴールドドリームの3頭。なお、通算ではエスポワールシチーとコパノリッキーが3勝を挙げており、前者は2009~2013年まで5年連続で出走して【3.1.1.0】と存在感を示す成績を残している。

歴代優勝馬

1998年以降の優勝馬を掲載しています。優勝馬の馬齢は2000年以前も現行表記と統一しています。

回数 開催日 優勝馬 性齢 勝ち
タイム
騎手 調教師 レース
結果
第33回 2021年5月5日
船橋 ダ1600m
カジノフォンテン
カジノフォンテン 牡5 1.39.3 張田昂 船橋 山下貴之 全着順を
見る
第32回 2020年5月5日
船橋 ダ1600m
ワイドファラオ
ワイドファラオ 牡4 1.38.6 福永祐一 JRA 角居勝彦 全着順を
見る
第31回 2019年5月6日
船橋 ダ1600m
ゴールドドリーム
ゴールドドリーム 牡6 1.40.2 C.ルメ JRA 平田修 全着順を
見る
第30回 2018年5月2日
船橋 ダ1600m
ゴールドドリーム
ゴールドドリーム 牡5 1.39.2 C.ルメ JRA 平田修 全着順を
見る
第29回 2017年5月5日
船橋 ダ1600m
コパノリッキー
コパノリッキー 牡7 1.39.9 武豊 JRA 村山明 全着順を
見る
第28回 2016年5月5日
船橋 ダ1600m
コパノリッキー
コパノリッキー 牡6 1.39.2 武豊 JRA 村山明 全着順を
見る
第27回 2015年5月5日
船橋 ダ1600m
ワンダーアキュート
ワンダーアキュート 牡9 1.37.4 和田竜二 JRA 佐藤正雄 全着順を
見る
第26回 2014年5月5日
船橋 ダ1600m
コパノリッキー
コパノリッキー 牡4 1.39.2 田邊裕信 JRA 村山明 全着順を
見る
第25回 2013年5月6日
船橋 ダ1600m
ホッコータルマエ
ホッコータルマエ 牡4 1.37.8 幸英明 JRA 西浦勝一 全着順を
見る
第24回 2012年5月2日
船橋 ダ1600m
エスポワールシチー
エスポワールシチー 牡7 1.36.5 佐藤哲三 JRA 安達昭夫 全着順を
見る
第23回 2011年5月5日
船橋 ダ1600m
フリオーソ
フリオーソ 牡7 1.38.2 戸崎圭太 船橋 川島正行 全着順を
見る
第22回 2010年5月5日
船橋 ダ1600m
エスポワールシチー
エスポワールシチー 牡5 1.36.8 佐藤哲三 JRA 安達昭夫 全着順を
見る
第21回 2009年5月5日
船橋 ダ1600m
エスポワールシチー
エスポワールシチー 牡4 1.35.9 佐藤哲三 JRA 安達昭夫 全着順を
見る
第20回 2008年5月5日
船橋 ダ1600m
ボンネビルレコード
ボンネビルレコード 牡6 1.37.6 的場文男 JRA 堀井雅廣 全着順を
見る
第19回 2007年5月2日
船橋 ダ1600m
ブルーコンコルド
ブルーコンコルド 牡7 1.37.4 幸英明 JRA 服部利之 全着順を
見る
第18回 2006年5月5日
船橋 ダ1600m
アジュディミツオー
アジュディミツオー 牡5 1.38.6 内田博幸 船橋 川島正行 全着順を
見る
第17回 2005年5月5日
船橋 ダ1600m
ストロングブラッド
ストロングブラッド 牡6 1.37.9 内田博幸 JRA 増澤末夫 全着順を
見る
第16回 2004年5月26日
船橋 ダ1600m
ナイキアディライト
ナイキアディライト 牡4 1.39.7 石崎隆之 船橋 出川龍一 全着順を
見る
第15回 2003年6月4日
船橋 ダ1600m
スターリングローズ
スターリングローズ 牡6 1.38.2 福永祐一 JRA 北橋修二 全着順を
見る
第14回 2002年5月8日
船橋 ダ1600m
トーシンブリザード
トーシンブリザード 牡4 1.36.5 石崎隆之 船橋 佐藤賢二 全着順を
見る
第13回 2001年5月30日
船橋 ダ1600m
タマモストロング
タマモストロング 牡6 1.38.1 小池隆生 JRA 佐藤正雄 全着順を
見る
第12回 2000年5月24日
船橋 ダ1600m
ビーマイナカヤマ
ビーマイナカヤマ 牡7 1.40.8 鹿戸雄一 JRA 高市圭二 全着順を
見る
第11回 1999年5月26日
船橋 ダ1600m
サプライズパワー
サプライズパワー 牡6 1.39.5 石崎隆之 船橋 川島正行 全着順を
見る
第10回 1998年5月27日
船橋 ダ1600m
アブクマポーロ
アブクマポーロ 牡7 1.35.4 石崎隆之 船橋 出川克己 全着順を
見る

歴史と位置付け

1989年、船橋ダート1800mを舞台に南関東所属馬限定戦として第1回が施行された。1996年から指定交流競走となり、施行距離もダート1600mへと短縮。1997年にG3の格が付されると、2002年にG2、2005年にG1へと昇格してきた(いずれも国内独自の格付け)。現在はフェブラリーSとともに上半期のダートマイル王を決める一戦として位置付けられている。なお、本競走で1・2着となった地方所属馬には同年に行われる帝王賞への優先出走権が、3着以内の南関東所属最先着馬1頭には同年に行われるさきたま杯への優先出走権が付与される。

開催時期

第1回は5月17日に施行。第2回は5月5日、第3・4回は4月23日、第5回は5月27日、第6回は5月4日、第7回は4月20日、第8~13回は5月下旬、第14回は5月8日、第15回は6月4日、第16回は5月26日、第17回以降は5月上旬に開催されている。

競走条件

施行場所:船橋ダート1600m
出走資格:サラブレッド系 4歳以上
1着賞金:7000万円
負担重量:57kg、牝馬2kg減(南半球産の4歳1kg減)
優先出走:東京スプリントの1・2着馬(地方所属馬に限る)
     京成盃グランドマイラーズの1・2着馬
     報知グランプリカップの1着馬

年表

1989年南関東所属馬限定戦としてレース創設
船橋ダート1800mで第1回施行
1996年指定交流競走になる
施行距離をダート1600mに変更
1997年ダート競走格付け委員会によりG3(国内独自)に格付け
1998年アブクマポーロが船橋ダート1600mのコースレコードを更新
2002年G2(国内独自)に昇格
2003年出走資格を4歳以上に変更
負担重量を定量に変更
2005年G1(国内独自)に昇格
2007年国際セリ名簿基準委員会(ICSC)の勧告に伴い、格付け表記をJpn1に変更
2016年JRA所属馬の出走枠が5頭から6頭に拡大
2020年COVID-19の流行により無観客競馬として開催

プロ予想家の的中情報


初めての方はこちら!ウマニティでできること
ようこそゲストさん

2,000Pプレゼント

今すぐ会員登録

※パスワードを忘れた場合

いつものアカウントが使えます!

本日の開催

船橋競馬
第9回第4日
12R 終了
名古屋競馬
第19回第3日
12R 終了
園田競馬
第18回第6日
12R 終了

次回のダートグレード競走

12月5日()中京
チャンピオンズカップ G1