地方競馬ニュース

【フジノウェーブ記念】ギャルダルが人気に応えて連覇達成

 0   0   149
シェアする  x facebook LINEで送る
【フジノウェーブ記念】ギャルダルが人気に応えて連覇達成

矢野貴騎乗で1番人気のギャルダルが連覇を飾った。道中は4、5番手を追走。4コーナーで仕掛けられると直線で外から力強く脚を伸ばし、2番人気オメガレインボーをゴール寸前でアタマ差かわした。タイム1分27秒4(稍重)。この勝利で東京スプリント(4月10日、大井、JpnⅢ、ダ1200メートル)の優先出走権を獲得したが出否は未定。2022年12月から7戦連続連対と充実一途で、今後も1400~マイルあたりでの活躍が期待される。

ギャルダル 父ホッコータルマエ、母スリーメロディー、母の父ネオユニヴァース。黒鹿毛の牡6歳。船橋・川島正一厩舎所属。北海道浦河町・辻牧場の生産馬で、馬主は(有)辻牧場。戦績21戦9勝。獲得賞金9716万円。重賞は2023年SⅢフジノウェーブ記念に次ぐ2勝目。フジノウェーブ記念は川島正一調教師が23年に続く2勝目、矢野貴之騎手は18年リッカルドに次ぐ2勝目。



◆矢野貴騎手(ギャルダル1着)「何とか頑張ってくれと、自分にも言い聞かせて追った。乗り難しいけど器用なタイプだし、たくましくなっている」

◆川島一調教師(同)「直線は自分の手が(汗で)びっしょりになった。適鞍がないので、調整を進めながら次走を決めたい」

◆和田譲騎手(オメガレインボー2着)「今の力のある馬場にも対応してくれたけど、ラスト100メートルくらいで脚が上がった」

◆本田重騎手(ルーチェドーロ3着)「器用さがないけど、外枠からスムーズに行けた点が大きかった。力はある」

◆沢田龍騎手(サヨノグローリー4着)「手前を替えながらフラフラしたけど、盛り返す勝負根性を見せてくれた。強敵を相手に頑張ってくれた」

◆岡村健騎手(エアアルマス5着)「早めに動いたぶん、最後は脚が上がった。使える脚は一瞬かな」

この記事はいかがでしたか?
ナイス  (0)
 ナイス!(0

このニュースへのコメント

コメント投稿

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。
コメントはありません。

競馬関連ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース