地方競馬ニュース

【コース&馬場状態 傾向と対策】クイーン賞2023 先行有利な馬場 有力馬に去年先着していた穴馬は?


ウマニティ


 657  2  0

【コース&馬場状態 傾向と対策】クイーン賞2023 先行有利な馬場 有力馬に去年先着していた穴馬は?


今回は船橋競馬場で行われるJpn3クイーン賞のポイントを、船橋コースの馬場傾向、近年のレース結果をもとに考察していきます! 予想にお役立てください。

万馬券といえばこのコラムですが浦和記念もディクテオンから注目馬への決着、ご覧いただいている方にまたお礼ができました。
今回も、と言いたいところですがこのレースは難しいですね!
確かにそれぞれが戦ってきたグランブリッジ、オメガギネス、ブライアンセンスといった馬を考えると、テリオスベル、ライオットガール、パライバトルマリンは強いです。しかし原稿を書いている現時点でこの3頭の3連複が2.4倍。いやちょっと待ってくださいよ、ハンデ戦ですよ? と突然標準語で寺山修司が話しかけてくるくらいの驚きです。ここまで偏るとどのようにこのレースに参加しようか悩ましいです。

では、はいこの3頭でいきましょう! 解散! というわけにもいきません、コースに合った穴馬を探すコラムなので。

これらの一角を崩す馬はいそうかどうか。無理をしても探しましょう、穴馬。ハンデ戦ですし。

当初に気になっていたのは去年のJpn1南部杯1:35.8(不良馬場)の好タイムで5着、今年もレモンポップ相手に7着のゴールデンヒーラーですが、時計が出る盛岡ダートは得意の反面、一昨年のこのレースではサルサレイアに先着され7着。南関東のパワーを要する馬場と、追い込み脚質が気になるところ。

穴人気になっているビジン、調教絶好調で父キズナも船橋や南関東1800mで好成績。ダート成績ではワンパンチ足りませんが当時から成長していれば食い込むチャンスもありそう。ただそう思っている人は多いようで、予想より人気しているのは気になりますが。

もっと穴を! と叫ぶ方にはキャロットファームのサブルドール。ここ2戦、力をつけており道営の若きスター落合騎手にワイド圏突入へ一発を託すのも。

そして、ラストにして最強の刺激をということで、ノーブルシルエットを挙げたいと思います。実はJRA在籍時、去年の中山1800m、上総ステークスではテリオスベルに先着しています。というかこちらが1番人気でテリオスベルが10番人気でした。前走はそのテリオスベルにぶつけられる決定的な不利。ピークは過ぎたかもしれませんが1年前の成績を思えばこんなハンデがつく馬ではなく、スンナリ行ければ「そのまま!」と絶叫できる時間が長くなり、スローなら激アツモードに突入できるかもしれません。


(文・ニャートバー)

このニュースへのコメント

コメント投稿

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。
コメントはありません。

競馬関連ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース