帝王賞2015-レース結果

帝王賞

2015年6月24日(水)

帝王賞 Jpn1

大井競馬場/2000m

レース結果

●帝王賞 ダートグレード競走攻略ツール

  • 出馬表
  • 予想登録
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX

ツイてる奴の予想に乗れ! ~帝王賞2015~

今まさに絶好調な勝ち組の予想を参考にしよう!

6/24 21:04更新
順位 予想家名 本日の成績 帝王賞の
予想
的中率 回収率 収支
1位 あ~にまる あ~にまる 100% 1002% 43,320円
2位 内田の予想 内田の予想 9% 135% 52,420円
3位 coo coo 100% 802% 35,100円
4位 UMA源氏 UMA源氏 100% 760% 33,000円
5位 Riku Riku 100% 515% 20,750円

⇒帝王賞の予想を見る

新着ニュース

24日、大井競馬場の第11Rに行われた第38回 帝王賞競走(Jpn1)4上選定馬重賞(ダート・外 右2000m サラブレッド系4才以上 定量)は幸英明騎手騎乗の1番人気・1番ホッコータルマエ(牡6)が優勝した。
勝ちタイムは2分02秒7(良)。さらに3/4馬身差の2着に4番人気・5番クリソライト(牡5)、そこから21/2馬身差の3着に5番人気・9番ハッピースプリント(牡4)が入った。
ホッコータルマエは、父キングカメハメハ、母マダムチェロキー、母の父CherokeeRunという血統で西浦勝一厩舎の所属馬。生産は浦河郡浦河町・市川フアーム。馬主は矢部道晃。通算成績は31戦16勝。
「帝王賞競走(Jpn1)4上選定馬重賞」の着順&払戻金はこちら

【帝王賞】ホッコータルマエが交流GI9勝目! 6月24日(水) 20:36

 6月24日(水)の大井競馬11R、第38回 帝王賞(交流GI、サラ4歳以上、選定馬、定量、ダート・右2000メートル、12頭立て、1着賞金=6000万円)は、幸英明騎手騎乗で単勝1.5倍と断然の支持を集めたホッコータルマエ(JRA=栗東・西浦勝一厩舎、牡6歳)が優勝した。タイムは2分2秒7(良)。

 道中は、ハナに立ったクリノスターオークリソライトが競りかける速い流れ。ホッコータルマエは好発控えて4、5番手を進み、3コーナーから進出。自力勝負に出て直線粘り込むクリソライトをラスト1ハロン標でかわして重賞13勝目のゴールを駆け抜けた。3/4馬身差の2着には4番人気のクリソライト(JRA)、さらに2馬身半差の3着には5番人気のハッピースプリント(大井)が入線した。

 3月末のドバイワールドカップ5着以来のレースで交流GIを制覇。幸英明騎手から笑みがこぼれる。「今年はドバイから帰って、順調で、いい状態で来られたので強いタルマエを見せられたと思います。ボクの悪い癖で、早めに前をつかまえにいったんですが、そのぶん、ちょっと気を抜いていましたが、まだまだ余裕がありました」とレースをふり返った。これでホッコータルマエは交流GI9勝目(日本競馬の史上最多タイ記録)となり、ヴァーミリアンエスポワールシチーと並んだ。

 秋はJBCクラシック(11月3日、大井競馬場、交流GI、ダート・右2000メートル)で始動、GI10勝目に挑む。「タルマエもボクもこの競馬場が大好きなので、また勝てる競馬をしたいと思います」と気合をこめた。

 帝王賞の勝ち馬ホッコータルマエは、父キングカメハメハ、母マダムチェロキー、母の父Cherokee Runという血統。鹿毛の牡6歳。北海道浦河町・市川フアームの生産馬で、矢部道晃氏の所有馬。通算成績は31戦16勝(うち地方13戦10勝、海外2戦0勝)。重賞は2012年GIIIレパードS、13年交流GIII佐賀記念、交流GIII名古屋大賞典、GIIIアンタレスS、交流GIかしわ記念、交流GI帝王賞、交流GI・JBCクラシック、13、14年GI東京大賞典、14、15年交流GI川崎記念、14年GIチャンピオンズCに次いで13勝目。帝王賞は西浦勝一調教師、幸英明騎手ともに一昨年に次いで2勝目。

【帝王賞】ハッピースプリント大一番へ順調 6月20日() 19:17

 24日に大井競馬場で行われる春の総決算「第38回帝王賞」(交流GI、ダ2000メートル)へ向けて20日、地方の雄ハッピースプリント(牡4)=大井・森下淳=が最終追い切りを行った。かしわ記念3着後も順調に調整され、この日も豪快な動きを披露。地元の大一番でさらなる前進を見せるか要注目だ。なお、同レースの枠順は21日に確定する。

 地元のビッグタイトルへ向け、ハッピースプリントが豪快な動きを見せた。前走と同様に追馬場でじっくりと馬体をほぐすと、プーラヴィーダ(牡6、A2)とともに本コース(右、外回り)の向こう正面へ移動。1200メートル標識付近で反転してプーラの外に馬体を併せ、3分どころを回って軽快に直線へ。そして残り200メートル付近で追い出されるとさらにギアが上がり、プーラを7馬身ほど突き放した。時計は5ハロン63秒3-49秒7-36秒3-12秒2(不良)。

 見守った森下淳調教師は「前走後の回復が早く、順調に調整できた。ストライドが大きくなってきたし、調教の動きに安定感が出て力強くなってきたね」と声を弾ませる。「相手も強力だけど、2000メートルならこの馬のリズムで走れるだろうし、いい状態で臨めるからね。どこまで差を詰められるかな」と話した。

 春の大一番だけにJRA勢も強力だが、ハッピー自身も4歳を迎えて着実な成長を見せている。走り慣れた地元に戻るのも歓迎だけに、地方の意地を見せてくれそうだ。(大貫師男)

帝王賞回避のインカンテーションは骨折が判明 6月20日() 17:45

 出走予定だった交流GI帝王賞(24日、大井、ダート2000メートル)の回避が発表されたインカンテーション(栗東・羽月友彦厩舎、牡5歳)は、左後肢第1指骨の骨折が判明した。同馬が所属するターファイトクラブのホームページで発表された。

 20日朝に最終追い切りを行う予定だったが、ウォーミングアップの際に歩様に違和感があったため追い切りを取りやめ、午後にレントゲン検査を行ったところ、骨折が判明。全治3カ月との診断で、骨折の程度としては軽いものとみられる。

 今年は東海S3着、フェブラリーS2着、平安S1着と充実一途で、帝王賞でも上位人気が見込まれていただけに、残念な戦線離脱となった。

インカンテーションの競走成績はこちら

インカンテーションが帝王賞回避 6月20日() 12:29

 交流GI帝王賞(6月24日、大井、ダート2000メートル)に出走予定だったインカンテーション(栗東・羽月友彦厩舎、牡5歳)は、同レースを回避する。20日にJRA報道室が発表した。

【帝王賞】JRA、他地区所属の出走予定馬が決定 6月18日(木) 17:24

 6月24日(水)に大井競馬場で行われる「帝王賞」のJRAと他地区所属の出走予定馬、騎手が決定した。

 「農林水産大臣賞典第38回帝王賞」(交流GI、4歳以上オープン、ダート・右2000メートル)

 【JRA所属の出走予定馬】6頭 インカンテーション(牡5歳、栗東・羽月友彦厩舎、内田博幸騎手) クリソライト(牡5歳、栗東・音無秀孝厩舎、武豊騎手) クリノスターオー(牡5歳、栗東・高橋義忠厩舎、岩田康誠騎手) ニホンピロアワーズ(牡8歳、栗東・大橋勇樹厩舎、酒井学騎手) ホッコータルマエ(牡6歳、栗東・西浦勝一厩舎、幸英明騎手) ワンダーアキュート(牡9歳、栗東・佐藤正雄厩舎、和田竜二騎手)

 【他地区所属の出走予定馬】3頭 サイモンロード(セン7歳、名古屋・角田輝也厩舎、丸野勝虎騎手) タッチデュール(牝6歳、笠松・山中輝久厩舎、佐藤友則騎手) リワードレブロン(牡7歳、高知・雑賀正光厩舎、永森大智騎手)

【古馬次走報】インカンテーション、帝王賞へ 5月27日(水) 05:00

 ★シンガポール航空国際C4着マイネルフロスト(美・高木、牡4)は、千葉県白井市の競馬学校での帰国検疫を終え、茨城県のビッグレッドファーム鉾田で着地検査中。その後は北海道に移動し、秋に備える。復帰戦は未定。

 ★平安Sを勝ったインカンテーション(栗・羽月、牡5)は、予定通り内田騎手で帝王賞(6月24日、大井、交流GI、ダ2000メートル)に向かう。2着クリノスターオー(栗・高橋忠、牡5)は、放牧を挟んでマーキュリーC(7月20日、盛岡、交流GIII、ダ2000メートル)からエルムS(8月16日、札幌、GIII、ダ1700メートル)を予定。4着ナムラビクター(栗・福島、牡6)は、放牧でリフレッシュして、秋はシリウスS(10月3日、阪神、GIII、ダ2000メートル)を目標に置く。

【古馬次走報】タルマエ、体調整えば帝王賞へ 4月29日(水) 05:00

 ★ドバイワールドC5着ホッコータルマエ(栗・西浦、牡6)は体調が整えば帝王賞(6月24日、大井、交流GI、ダ2000メートル)へ。

 ★マイラーズC3着フィエロ(栗・藤原英、牡6)、4着エキストラエンド(栗・角居、牡6)は安田記念(6月7日、東京、GI、芝1600メートル)。7着ディアデラマドレ(同、牝5)はヴィクトリアマイル(5月17日、東京、GI、芝1600メートル)へ。

 ★難波Sを制してオープン入りしたタガノエトワール(栗・松田博、牝4)はヴィクトリアマイルへ。

 ★メトロポリタンS1着ムスカテール(栗・友道、牡7)、府中Sを勝ってオープン入りしたダービーフィズ(美・小島太、牡5)は目黒記念(5月31日、東京、GII、芝2500メートル)へ。

 ★産経大阪杯7着ダノンヨーヨー(栗・音無、牡9)は松若騎手と新コンビを組んで新潟大賞典(5月10日、新潟、GIII、芝2000メートル)を予定。同厩で白富士S8着クランモンタナ(牡6)も丸田騎手との新コンビで新潟大賞典へ。同じく僚馬で京都記念4着後、ひと息入れているレッドデイヴィス(セン馬7)は鳴尾記念(6月6日、阪神、GIII、芝2000メートル)で復帰する。

⇒もっと見る

過去10年の結果 ~帝王賞 2015~

2014年 帝王賞 2014年6月25日(水) 大井12R 2000m 不良 11頭

帝王賞競走(Jpn1)

1着 10 ワンダーアキュート 4.4倍(3人気) 武豊 2.03.5
2着 7 コパノリッキー 1.9倍(1人気) 田邊裕信 2.03.9
3着 4 ソリタリーキング 22.3倍(5人気) 福永祐一 2.04.3
単勝 10 440円(3人気) 3連複 4-7-10 1,620円(7人気)
馬連 7-10 340円(2人気) 3連単 10→7→4 7,470円(26人気)
開催日 場名 頭数 馬場 勝ち馬 オッズ 人気 騎手 所属 勝ちタイム
2013/6/26
帝王賞
大井 12 不良 ホッコータルマエ 4.1倍 3 幸英明 JRA 2.03.0
2012/6/27
帝王賞
大井 13 ゴルトブリッツ 3.0倍 2 川田将雅 JRA 2.03.0
2011/6/29
帝王賞
大井 11 スマートファルコン -- 1 武豊 JRA 2.01.1
2010/6/30
帝王賞
大井 15 稍重 フリオーソ -- 5 戸崎圭太 船橋 2.03.4
2009/6/24
帝王賞
大井 13 不良 ヴァーミリアン -- 1 武豊 JRA 2.03.6
2008/6/25
帝王賞
大井 13 稍重 フリオーソ -- 1 戸崎圭太 船橋 2.04.7
2007/6/27
帝王賞
大井 15 ボンネビルレコード -- 5 的場文男 JRA 2.04.3
2006/6/28
帝王賞
大井 13 アジュディミツオー -- 2 内田博幸 船橋 2.02.1
2005/6/29
帝王賞
大井 13 タイムパラドックス -- 2 武豊 JRA 2.03.5

歴史・レース概要 ~帝王賞2015~


帝王賞は、大井競馬場のダート2000mで施行される地方競馬の重賞競走(Jpn1)である。ダートの実力馬が全国から集い、上半期のダート競馬を締めくくるチャンピオン決定戦として位置付けられ、中央競馬と地方競馬の全国交流競走としては長い歴史を持っている。
第1回は大井競馬場のダート2800mで行われ、距離は1986年から2000mに変更された。1986年4月には「中央競馬招待競走」に指定され、日本中央競馬会(JRA)所属馬が出走可能になった。出走資格は南関東(大井・船橋・川崎・浦和)所属馬(7頭)、他地区地方競馬所属馬(3頭)、JRA所属馬(6頭)となっている。尚、地方競馬所属馬は、かしわ記念(Jpn1)、大井記念(SII)のいずれかで2着以内の成績を収めた馬に優先出走権が与えられている。

執筆者:ウマニティ競馬研究所(略してウマケン)

まだウマニティ会員ではない方へ

会員登録するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを無料で利用できます。

収支100万円超えの猛者がズラリ

全国トップ予想家たちの予想閲覧

予想に必携の高精度スピード指数

「U指数」を重賞で全頭公開

勝率40%超えを誇る堅軸候補

「凄馬」をメールでお知らせ

TVでも紹介!設定は10万通り以上

あなただけの予想ロボが作れる

この他にも20以上のサービスを無料で提供!

会員登録(無料)する

ようこそゲストさん

今すぐ会員登録

※パスワードを忘れた場合

いつものアカウントが使えます!

本日の開催

盛岡競馬
第6回第5日
12R 終了
大井競馬
第9回第3日
10R 29分前
金沢競馬
第10回第4日
12R 終了
佐賀競馬
第10回第3日
11R 終了
門別競馬
第9回第4日
10R 19分前

次回のダートグレード競走

8月15日()盛岡
クラスターカップ Jpn3

帝王賞特集
バックナンバー

帝王賞 2018
帝王賞 2017
帝王賞 2016
帝王賞 2015