地方競馬ニュース

【川崎競馬取材班 必勝馬券コラム】川崎スパーキングスプリント

 0   0   479
シェアする  x facebook LINEで送る
【川崎競馬取材班 必勝馬券コラム】川崎スパーキングスプリント

スピード自慢がそろって難解な一戦だが、昨年3着と健闘したエンテレケイアを中心視する。

昨年は勝ったキモンルビーのスタートダッシュの速さが桁違いで、それについていったぶん、3~4コーナーで手応えが怪しくなったが、直線では再び盛り返す脚を見せた。キモンルビーには離されたが、2着のプリモパイソンとはアタマ差。今回の舞台への適性は十分に示したといえる。

そのあとも順調で、8戦3勝、2着2回、3着1回、4着2回。大きく崩れたことはなく、6歳を迎えても、まだまだ元気だ。前走はA2クラスで最後に詰め寄られての辛勝だったが、最後の走りを見る限り、1500メートルは現状では長い。ずっと1400メートルを中心に使われ、900メートルは昨年のこのレース以来にはなるが、前述したように距離短縮はプラスに出るはずだ。久々に短距離だけに前半はついていけないかもしれないが、この距離なら、ラストはしっかりとした脚が使えるはず。中団からきっちりと差し切り、待望の重賞初制覇を飾る。

強敵はプライルード。前走の東京スプリント10着は交流重賞にしても負けすぎだが、相手関係が一気に楽になることは間違いない。このところ1000メートルでの」パフォーマンスが良く、900メートル戦は初めてだが、プラスになりそう。これも中団から確実に伸びてくるはずだ。

3番手にはティアラフォーカスを推す。昨年の船橋記念ではキモンルビーを破って重賞制覇を飾っており、今はそのころの勢いがなくなった感もあるが、それでも安定して掲示板をにぎわしている。斤量55キロで戦えるのも魅力で、Vのチャンスはあるだろう。ともに前走の勝ちっぷりがよかったサンダーゼウスマッドシェリー、休み明け3走目のアポロビビまで押さえる。(川崎競馬特捜班)

◎④エンテレケイア

〇②プライルード

▲⑥ティアラフォーカス

△⑩サンダーゼウス

△⑨マッドシェリー

△⑧アポロビビ

馬連④-②⑥⑩⑨⑧、3連単④1着流し→②⑥⑩⑨⑧。

この記事はいかがでしたか?
ナイス  (0)
 ナイス!(0

このニュースへのコメント

コメント投稿

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。
コメントはありません。

競馬関連ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース