黒船賞2017-レース結果

黒船賞

2017年3月14日(火) 17:00

黒船賞 JpnⅢ

高知競馬場/1400m

レース結果

●黒船賞 ダートグレード競走攻略ツール

  • 出馬表
  • 予想登録
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX

山崎エリカのダートグレード攻略 ~黒船賞2017~

2017年3月10日(金)

 高知では唯一のグレードレースとなる黒船賞。黒船賞は2008年に高知競馬の経営逼迫で休止したこともありましたが、2009年以降は賞金を減額しながらも、無事に行われています。しかし、現在行われている他G3と比べて、高知ばかりが取り立てて賞金が安いわけでもないので、「メンバーが揃わないのでは?」という心配はご無用。むしろ、地方で行われる前年のJBCスプリント以来の短距離の別定重賞ということもあり、実績馬が「待ってました!」とばかりにここに出走してくることが多いです。

 これまでにも昨年、このレースを圧勝したダノンレジェンドのように、数多くの前年のJBCスプリントの連対馬が出走してきました。JBCスプリントは、唯一の短距離G1であり、最高峰レース。そこで勝ち負けした馬が、このレースで通用しないはずもありませんが…過去10年では【6・2・0・1】という期待を裏切らない好成績でした。

 該当の勝ち馬は、2005年マイネルセレクト、2006年ブルーコンコルド、2010年スーニ、2012年セイクリムズン、2013年セイクリムズン、2016年ダノンレジェンド。2着は、2014-2015年ドリームバレンチノ。しかし、1頭だけ4着以下に敗れているということも忘れてはいけません。2012年のスーニは、前年のJBCスプリントの連対馬でありながら、4着に凡退しています。ただし、このときのスーニは、斤量59㎏の酷量を背負わされてのもの。斤量59㎏未満ならば、かなり信頼できるでしょう。

 また、その他の過去10年のこのレースの連対馬のほとんどが、過去1年以内にG2で3着以内か、G3で連対の実績がありました。唯一の例外は、昨年のこのレースの2着馬ニシケンモノノフのみ。ニシケンモノノフは、前走JRAのオープンの勝ち馬でした。基本的に実績馬が集うレースなので、実績がなければ狙いづらいレース。上り馬を狙うのであれば、少なからずとも前走JRAのオープンの勝ち馬を狙いたいところです。

 さらにこのレースでは、2014年の勝ち馬セイクリムズンや2着馬トウショウカズン、一昨年の2着馬ドリームバレンチノのように、前走のフェブラリーSでは通用しなかった馬がここでやや人気を落として巻き返してくるパターンがしばしば見受けられます。遡れば2005年にこのレースで5番人気で2着入線したノボトゥルーも、前走のフェブラリーSで14着に凡退した馬でした。「前走フェブラリーS凡退馬を狙え!」は簡単にヒモ穴をひっかけるコツでもあるので、覚えておいて損はありません。

 また、このレースでは実績馬に交じってしばしば地方馬が2着、3着に入線しているのが特徴的。2005年の3着馬で2006年は2着のロッキーアピール(ともに6番人気)、2007年の3着キングスゾーン(6番人気)、2015年の3着馬タガノジンガロ(5番人気)は、もともとダートグレードで実績があった馬。前走A1クラスを大差勝ちしたタガノジンガロがなぜそれほど人気がなかったかはともかく、ロッキーアピールやキングスゾーンは、前走での大敗が嫌われて人気薄でした。

 さらに2009年には9番人気のフサイチバルドルが3着入線し、3連単の払い戻しが10万円を越えたこともありました。さて、フサイチバルドルはとのような馬だったかというと、JRA所属時代は長らく芝のレースを使われて、高知に移籍と同時に再びダートを使われて素質開花というプチ・ゴルトブリッツのパターン。けっして狙えない馬ではないです。地方馬はとにかく人気にならないので、何かしらの買える要素があれば積極的に馬券に加えましょう。


 ●まとめ

 ・本命候補
 前年のJBCスプリントの連対馬。(斤量59kg未満が条件)
 
 ・穴馬候補
 前走フェブラリーS凡退馬。(過去1年以内にG2で3着以内か、G3で連対の実績があることが条件)

 ・大穴候補
 地方馬。(過去1年以内にG2で3着以内か、G3で連対の実績があるか、プチ・ゴルトブリッツのパターンは狙い)

山崎エリカさんのダートグレード競走最新予想(「競馬プロ予想MAX」)はこちらからご覧いただけます!!

新着ニュース

 内田博幸騎乗で2番人気のブラゾンドゥリス(JRA)が、3番手から直線で鋭く末脚を伸ばし、内から追い込んだキングズガード(JRA)の追撃を3/4馬身差しのいで勝利。2001、03年の覇者である父ノボジャックに次ぐ父子制覇で重賞初Vを飾った。タイム1分28秒2(重)。さらに1馬身半差の3着がグレイスフルリープ(JRA)。1番人気のニシケンモノノフ(JRA)は5着に敗れた。

ブラゾンドゥリス 父ノボジャック、母ブライアンズソノ、母の父マヤノトップガン。鹿毛の牡5歳。美浦・尾形和幸厩舎所属。北海道浦河町・村下清志氏の生産馬で、馬主は(株)ノルマンディーサラブレッドレーシング。戦績18戦7勝(うち地方1戦1勝)。獲得賞金1億3821万8000円(うち地方2100万円)。重賞初勝利。黒船賞は尾形和幸調教師、内田博幸騎手ともに初優勝。馬名は「ユリの紋章(仏)。3代母名ロジータより連想」。

ブラゾンドゥリスの競走成績はこちら

【黒船賞(Jpn3)[指定交流]4歳以上】(高知)~ブラゾンドゥリスが優勝 3月14日(火) 17:13

14日、高知競馬場の第5Rに行われた第19回 黒船賞(Jpn3)[指定交流]4歳以上(ダート 右1400m サラブレッド系4才以上 別定)は内田博幸騎手騎乗の12番ブラゾンドゥリス(牡5)が優勝した。
勝ちタイムは1分28秒2(重)。さらに3/4馬身差の2着に9番キングズガード(牡6)、そこから11/2馬身差の3着に6番グレイスフルリープ(牡7)が入った。
ブラゾンドゥリスは、父ノボジャック、母ブライアンズソノ、母の父マヤノトップガンという血統で尾形和幸厩舎の所属馬。生産は浦河郡浦河町・村下清志。馬主は(株)ノルマンディ。通算成績は18戦7勝。
「黒船賞(Jpn3)[指定交流]4歳以上」の着順&払戻金はこちら

【黒船賞】JRA出走予定馬が決定 3月9日(木) 18:25

 3月14日(火)に高知競馬場で行われる黒船賞のJRA所属の出走予定馬および騎乗予定騎手が決定した。 「第19回黒船賞」(高知競馬場、交流GIII、4歳以上オープン、別定、ダート・右1400メートル)【JRA所属の出走予定馬】5頭キングズガード(牡6歳、栗東・寺島良厩舎、藤岡祐介騎手)グレイスフルリープ(牡7歳、栗東・橋口慎介厩舎、川田将雅騎手)ドリームバレンチノ(牡10歳、栗東・加用正厩舎、岩田康誠騎手)ニシケンモノノフ(牡6歳、栗東・庄野靖志厩舎、横山典弘騎手)ブラゾンドゥリス(牡5歳、美浦・尾形和幸厩舎、内田博幸騎手)

【黒船賞】JRA出走予定馬が発表 2月26日() 17:34

 3月14日(火)に高知競馬場で行われる黒船賞のJRA所属の出走予定馬および補欠馬が2月26日、発表された。

 「第19回黒船賞」(高知競馬場、交流GIII、4歳以上オープン、別定、ダート・右1400メートル)

【JRA所属の出走予定馬】5頭キングズガード(牡6歳、栗東・寺島良厩舎、騎手未定)グレイスフルリープ(牡7歳、栗東・橋口慎介厩舎、騎手未定)ドリームバレンチノ(牡10歳、栗東・加用正厩舎、岩田康誠騎手)ニシケンモノノフ(牡6歳、栗東・庄野靖志厩舎、横山典弘騎手)ブラゾンドゥリス(牡5歳、美浦・尾形和幸厩舎、内田博幸騎手)

【JRA所属の補欠馬】5頭(補欠順位順)1.キタサンサジン2.ダノングッド3.ムーンエクスプレス4.ポイントブランク5.チャーリーブレイヴ

【古馬次走報】モノノフ&キングズ、黒船賞へ 2月22日(水) 05:01

 ★フェブラリーS5着ニシケンモノノフ(栗・庄野、牡6)、11着キングズガード(栗・寺島、牡6)は黒船賞(3月14日、高知、交流GIII、ダ1400メートル)。15着アスカノロマン(栗・川村、牡6)は、名古屋大賞典(3月30日、名古屋、交流GIII、ダ1900メートル)を視野。

 ★小倉大賞典を快勝したマルターズアポジー(美・堀井、牡5)は、ダービー卿CT(4月1日、中山、GIII、芝1600メートル)か、大阪杯(同2日、阪神、GI、芝2000メートル)。2着ヒストリカル(栗・音無、牡8)、15着パドルウィール(栗・中尾、牡6)は金鯱賞(3月11日、中京、GII、芝2000メートル)。10着ダコール(栗・中竹、牡9)は引退し、乗馬に転身する見込み。

 

⇒もっと見る

口コミ情報

黒船賞・ダイオライト記念の感想の巻

3月15日(水) 22:40

やすの競馬総合病院

☆黒船賞の感想☆
1着ブラゾンドゥリス
2着キングズガード
3着グレイスフルリープ

フェブラリーSでも先行して5着に粘ってたニシケンモノノフがベストの1400mでGIよりかなり楽なJRA勢相手に逃げて直線失速。
JRA勢5頭の中で最低の5着とか、悪夢かよ~ってぐらい信じられませんでした。

ブラゾンドゥリスは、このメンバー相手でどうかな~ってとこあったけど、ここで勝てたんでJRAのOPや重賞でもやっていけそうですね。

☆黒船賞 馬券結果☆
宣言通り、3連単 9-3・12-3・12 3連単 3-9-12を買いましたがハズレ・・・。

収支は-6000Pでした。

--------------------------------------------------------------------------------
☆ダイオライト記念の感想☆
1着クリソライト
2着ユーロビート
3着ウマノジョー

JRA勢4頭が前で競馬してる展開の中、クリソライトが早め先頭からの横綱相撲で6馬身差の圧勝で3連覇達成!!!
そして、武豊が誕生日に1着というダブルでおめでたい1着でした。

2・3着の馬に関しては、JRA勢にはついていかずに離れた位置でマイペースの競馬してたら、前を走ってたJRA勢4頭のうち3頭が失速してきたんで、結果的に着拾い大成功という感じでした。

☆ダイオライト記念 馬券結果☆
宣言通り、馬連 3-12 馬連 12-14を買ったら、5.6倍が的中!!!

収支は+11800Pでした。

--------------------------------------------------------------------------------
☆おまけ☆
藤田伸二(元JRA騎手)がホッカイドウ競馬で復帰の可能性あるそうですが、いろいろあった騎手だけに、復帰した場合は賛成派と反対派で競馬ファンの中でも賛否両論かなりありそうですね。

黒船賞回顧3月15日(水) 00:39 ウマ蔵

今日は地方競馬に挑戦してみた
自分のために記録を残すこととする

地方競馬はラップタイムなどの情報があまりないため今回の黒船賞で逃げ先行馬が多いメンバーで過去どのようなペースになるかを参考にできなかったが実績を重視し馬券を購入してハズレでした

1400mダートで圧倒的人気のニシケンモノノフでフェブラリー5着の実績馬だがスタートしハナの奪い合いを譲らず向正面らへんではかなり体力を消耗していたであろう。
それでかつ最終コーナーでウチをつく高知競馬ではやってはいけないというか一か八かの勝負に出て約200mの最後の直線の序盤に脚がなくなってしまった

高知競馬の内は砂が深く走りにくいので体力が非常に消耗する。そのため外外をとって最終コーナー回るがウチを差した方がコースロスがなくなるのでウチをつく騎手もいるらしいが基本的にタブー。

グレイスフルリープはニシケンモノノフから一歩引いて道中脚をためて最終コーナーでニシケンモノノフを捉えたが最後はたれて3着になってしまった。
最後コーナーでは絶好のポジションで勝つかと思ったがブラゾンドゥリスとキングズガードに差されてしまった。
これで負けたのならこの馬の実力だと思う。

ブラゾンドゥリスはグレイスフルリープの一つ下で道中脚をため、最後コーナーで絶好なポジションから差しきって勝った。
最後に加速する脚も持ち合わせている。
これは単純に強い競馬だったと思う。
重賞でもやれそうな予感はする。

キングズガードは先頭集団の一番最後方で脚をためて最終コーナーでウチをつき差してきたがブラゾンドゥリスには敵わなかった。
キングズにはあのコースしかなかったんでしょう。
ほんとは最終コーナーもう少し外側あいていればずばっーと差しきってたんではないだろうか。

ドリームバレンチノは道中キングズの一つ前で脚をため最終コーナーでは外外を回らされてコースのロスは大きいが最後は完全に伸びるような感じではなく歳を感じた。
これで負けてはどうしようもないと思う。

予想よりブラゾンドゥリスが強かったことに驚いています。
ニシケンモノノフは前半早くなるので潰れないかレースが始まる前に思っていましたが、一番最悪の結果になってしまった

[地方重賞] 3月14日 高知5R 黒船賞(JpnIII) 結果と総括、反省3月14日(火) 23:28 激闘競馬野郎【穴馬探検隊】

[予想]
◎ ③ニシケンモノノフ
〇 ⑨キングスガード
▲ ⑩ドリームバレンチノ
注 ①トウケイタイガー

[買い目]
馬連BOX ③⑨⑩ ワイド ①-③ 三連複③-⑨-①⑥⑩⑫

[結果]
1着   ⑫ブラゾンドゥリス
2着 〇 ⑨キングスガード
3着   ⑥グレイスフルリープ

[レース総括]
◎に推したニシケンモノノフは5着。かなり理由は明白で、高知競馬でやってはいけないことをやっていた気がします。
内枠を走った事が、かなり不利になったような感じです。内枠を走る不利はニシケンよりも内枠を走ったトウケイタイガーが全く伸びませんでした。

1着のブラゾンドゥリスは三番手の外側。一番伸びる場所を走っていました。これが勝因でしょう。
2着のキングスガードも馬群を割っての着。差しに回ったのがむしろ正解でした。
3着のグレイスフルリープは前走がフロックでは無い事を証明しました。ニシケンより外を回れたのがこの着順を表しています。


[反省]

高知競馬は先行が有利とは限らない。外々を回れる差し脚も一つの勝因になりえる。

黒船賞3月14日(火) 16:08 ウマニティ編集長

人気3頭の争いになるとみました。
3連単で勝負し、3連複でバックアップ。
4番人気以下が来たらお手上げ。
そんなスタンスで臨みます。
http://nar.umanity.jp/coliseum/coliseum_view.php?user_id=3200000001&race_id=2017031431180205

黒船賞の予想3月14日(火) 14:29 山崎エリカ

ハナへ行くのはどっちだ?
____________

高知では唯一のグレードレースとなる黒船賞。黒船賞は2008年に高知競馬の経営逼迫で休止したこともありましたが、2009年以降は賞金を減額しながらも、無事に行われています。しかし、現在行われている他G3と比べて、高知ばかりが取り立てて賞金が安いわけでもないので、「メンバーが揃わないのでは?」という心配はご無用。むしろ、地方で行われる前年のJBCスプリント以来の短距離の別定重賞ということもあり、実績馬が「待ってました!」とばかりにここに出走してくることが多いです。

これまでにも昨年、このレースを圧勝したダノンレジェンドのように、数多くの前年のJBCスプリントの連対馬が出走してきました。JBCスプリントは、唯一の短距離G1であり、最高峰レース。そこで勝ち負けした馬が、このレースで通用しないはずもありませんが…過去10年では【6・2・0・1】という期待を裏切らない好成績でした。


続きはこちら→http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=8688

ハナはニシケンモノノフか、グレイスフルリープか? ニシケンモノノフは芝スタートからスピードに乗せて行くタイプなので、グレイスフルリープがハナのような気がしています。いずれにしてもペースが上がりそうな気がしているので、別の馬を本命にしてみました。

予想はこちら→http://nar.umanity.jp/coliseum/coliseum_view.php?race_id=2017031431180205&user_id=3100000007

昨年の黒船賞といえば。。。姫。3月14日(火) 12:47 tntn

早い本当に早い。。。もう1年ですか。
 
昨年の黒船賞当日、右も左も中央競馬もヾ(ーー ) 分からない
 
”姫”が連れ出され。。。女性対決と持て囃し、最終レースまで騎乗させた。
 
あの日から、まさに。。。1年ですか。(゚‐゚*) ホケーッ
 
その経験も生き。。。あれから姫は、
 
地方では、浦和で2勝・金沢で2勝・佐賀で1勝・名古屋で3勝の8勝
 
を挙げてます。(tn2調べ)
 
先日の船橋や川崎でも人気無いところで好勝負を見せるまでになりました。ヽ( ´?`)ノ
 
手離しで喜べない現実もありますが。。。
 
あ。。。黒船賞でしたね。。。(´`〃)ゞ
 
昨年の2着馬『 ニシケンモノノフ 』でOKでしょうか?
 
他、グレイスフルリープ/キングズガード/ドリームバレンチノ/ブラゾンドゥリス

実績から言って、キングとブラゾンですが、高知実績有る元気10歳ドリーム捨てがたい。。。
 

⇒もっと見る

過去10年の結果 ~黒船賞 2017~

2016年 黒船賞 2016年3月15日(火) 高知5R 1400m 不良 12頭

黒船賞(Jpn3)[指定交流]

1着 6 ダノンレジェンド 1.8倍(1人気) M.デムーロ 1.27.0
2着 12 ニシケンモノノフ 2.5倍(2人気) 戸崎圭太 1.27.2
3着 2 タールタン 5.2倍(3人気) 福永祐一 1.27.7
単勝 6 180円(1人気) 3連複 2-6-12 220円(1人気)
馬連 6-12 190円(1人気) 3連単 6→12→2 700円(1人気)
開催日 場名 頭数 馬場 勝ち馬 オッズ 人気 騎手 所属 勝ちタイム
2015/3/17
黒船賞
高知 12 ダノンレジェンド 3.1倍 2 丸田恭介 JRA 1.27.3
2014/3/18
黒船賞
高知 12 セイクリムズン 3.3倍 2 岩田康誠 JRA 1.27.6
2013/3/19
黒船賞
高知 12 不良 セイクリムズン 1.5倍 1 岩田康誠 JRA 1.27.3
2012/3/20
黒船賞
高知 12 不良 セイクリムズン -- 3 岩田康誠 JRA 1.28.4
2010/3/22
黒船賞
高知 12 不良 スーニ -- 1 川田将雅 JRA 1.27.7
2009/3/20
黒船賞
高知 12 不良 トーセンブライト -- 3 安藤勝己 JRA 1.27.4
2007/3/21
黒船賞
高知 12 リミットレスビッド -- 2 岩田康誠 JRA 1.28.9
2006/3/20
黒船賞
高知 12 ブルーコンコルド -- 1 幸英明 JRA 1.28.4
2005/3/21
黒船賞
高知 12 マイネルセレクト -- 2 武豊 JRA 1.28.4

歴史・レース概要 ~黒船賞2017~


黒船賞は、高知競馬場・ダート1400mで施行される地方重賞(JpnⅢ)である。1998年、5歳以上の馬による中央・地方全国指定交流競走(統一GⅢ)として創設。高知競馬場の唯一のダートグレード競走で、春のダート短距離路線を占う競走として重要な役目を担っている。レース名の由来は、土佐藩出身の坂本龍馬の運命を変えた黒船から。

過去の優勝馬にはダノンレジェンドセイクリムズンなどが名を連ねる。

執筆者:ウマニティ競馬研究所(略してウマケン)

まだウマニティ会員ではない方へ

会員登録するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを無料で利用できます。

収支100万円超えの猛者がズラリ

全国トップ予想家たちの予想閲覧

予想に必携の高精度スピード指数

「U指数」を重賞で全頭公開

勝率40%超えを誇る堅軸候補

「凄馬」をメールでお知らせ

TVでも紹介!設定は10万通り以上

あなただけの予想ロボが作れる

この他にも20以上のサービスを無料で提供!

会員登録(無料)する

ようこそゲストさん

今すぐ会員登録

※パスワードを忘れた場合

いつものアカウントが使えます!

本日の開催

大井競馬
第10回第2日
7R 24分前
金沢競馬
第13回第4日
12R 終了
名古屋競馬
第13回第1日
11R 終了
門別競馬
第12回第1日
7R 14分前

次回のダートグレード競走

9月23日()船橋
日本テレビ盃 JpnⅡ

黒船賞特集
バックナンバー

黒船賞 2019
黒船賞 2018
黒船賞 2017
黒船賞 2016
黒船賞 2015