山崎エリカ

  • 最新の予想を見る
2019年5月1日(水) 3回名古屋1日目 16:20発走
11R 第21回 かきつばた記念(Jpn3)(指定交流)オープン
ダート 右1400m サラブレッド系4才以上 ハンデ
本賞金: 2,100万円 588万円 336万円 210万円 126万円
最終更新日時:5月1日()16:08

必要ゴールド(VIP会員&プレミアム会員)  500G   (一般会員) 1000G
着順 馬名 性齢 重量 騎手 オッズ 予想印 一言コメント
1 7 10 ゴールドクイーン 牝4 54.0 古川吉洋 3.4
2 2 2 ヤマニンアンプリメ 牝5 54.0 鮫島良太 2.2
3 8 12 テーオーヘリオス 牡7 57.0 濱中俊 16.6
4 6 8 ウインムート 牡6 57.5 和田竜二 4.2
5 1 1 キクノステラ 牡7 52.0 岡部誠 49.5
6 4 4 サクラレグナム 牡10 52.0 赤岡修次 55.9
7 5 6 エイシンバランサー 牡7 56.0 下原理 48.8
8 8 11 スムーズジャズ 牡5 51.0 加藤聡一 99.7
9 3 3 メモリートニック 牡5 51.0 友森翔太 194.2
10 7 9 サンデンバロン 牡7 51.0 木之前葵 412.6
11 6 7 ブランニュー 牡7 51.0 今井貴大 404.8
12 5 5 リエノテソーロ 牝5 54.0 大野拓弥 7.0

コメント

 一昨年より装いを新たに、ハンデ戦に生まれ変わった、かきつばた記念。同時にJRAの出走枠が1枠増えて、5頭が出走可能となりました。しかし、ハンデ戦になってからトップクラスの参戦がなく、ダートグレード上位馬vs新興勢力の対戦図式。

 前走の黒船賞で、昨年のこのレースの覇者でもあるサクセスエナジーにアタマ差に迫り、3着キングズガード(昨年のこのレースの2着馬)に3馬身差をつけたヤマニンアンプリメの1番人気が予想されます。確かにこのレースは、新興勢力の活躍が目立ってはいるのですが、今回はゴールドクイーンが逃げる展開で、近2走ほどペースが上がりそうもありません。内枠の利を生かして、後方のインを選択した場合に前を捕らえきれない可能性もあるでしょう。

 よって、◎には、昨夏の天王山S、北海道スプリントCを連勝の(13)テーオーヘリオスを推します。この馬は、近2走オーバーペースに巻き込まれて失速していますが、今回は先行勢が手薄。さらに小回りでコーナーを4度回るコースなら、先行策から押し切れると見ました。ゴールドクイーンの外枠に入ったことで、いい位置も取れるでしょう。

 ○は、前記の(2)ヤマニンアンプリメ。相手が強い根岸Sは完敗でしたが、ここへ来てさらに力をつけているのは確か。

 ▲は、昨年末の兵庫GTで勝ち馬ウインムートンに0.3秒差(3着)まで迫った(1)キクノステラ。中央馬が休養明けの馬が多い中、順調に使われている強みもあるし、前哨戦の前走・東海桜花賞が復調気配を感じさせる内容でした。地方馬だけに、ハンデも魅力です。

 以下特注馬として、昨年末の兵庫GTで4着、今年の黒船賞では5着の(4)サクラレグナム。この馬は、前走でも高知の重賞・御厨人窟賞で3馬身差の圧勝を飾っており、常に脚を出し切る馬。前が崩れればチャンスがあるでしょう。

 あとは△に勢いある5歳馬で前走の東海桜花賞では、▲キクノステラと0.2秒差(2着)の(11)スムーズジャズ。前走は3コーナーでキクノステラに捲られ、窮屈になる場面がありながらも2着。どこかでも動ける強みがあるだけに警戒。

 最後に昨夏のサマーチャンピオンの覇者(6)エイシンバランサー。昨夏と比べると物足りなさはありますが、近2走が悪くないので一応、押えます。

勝負予想

通常予想

買い目

複勝 通常 12 2,500円 12 260円 的中!
馬連 通常 02 - 12 1,500円
馬連 通常 01 - 12 500円
馬連 通常 04 - 12 200円
馬連 通常 11 - 12 200円
馬連 通常 06 - 12 100円

合計金額

購入:5,000円  払戻:6,500円  収支:1,500円

この予想は?

 
6ナイス