山崎エリカ

  • 最新の予想を見る
2019年2月11日(月) 20回佐賀6日目 16:30発走
8R 第46回 佐賀記念(Jpn3)オープン
ダート 右2000m サラブレッド系4才以上 別定
本賞金: 2,300万円 690万円 230万円 138万円 92万円
最終更新日時:2月11日()08:48

必要ゴールド(VIP会員&プレミアム会員)  500G   (一般会員) 1000G
着順 馬名 性齢 重量 騎手 オッズ 予想印 一言コメント
1 6 7 ヒラボクラターシュ 牡4 55.0 山本聡哉 5.6
2 2 2 リーゼントロック 牡8 56.0 松岡正海 26.4
3 1 1 テーオーエナジー 牡4 57.0 岩田康誠 1.4
4 8 10 グレイトパール 牡6 57.0 鮫島克也 3.7
5 4 4 アスカノロマン 牡8 58.0 太宰啓介 20.1
6 8 11 スーパージェット 牡4 55.0 山口勲 241.1
7 7 8 エイシンニシパ 牡6 56.0 吉村智洋 165.3
8 7 9 メイショウスミトモ 牡8 58.0 古川吉洋 71.8
9 5 5 キクノソル 牡9 56.0 岡部誠 263.0
10 3 3 カガノカリスマ 牡7 56.0 渡邊竜也 626.1
11 6 6 スーパーノヴァ 牡7 56.0 兒島真二 368.4

コメント

 佐賀記念は、一昨年にロンドンタウンが前走・東海S7着から巻き返しVを決めたり、2012年に前走・平安S(現在の東海Sに該当)で勝ち馬から離されること2.3秒差の13着に負けたピイラニハイウェイ(6番人気)が巻き返しVを決めているように、東海S組の巻き返しが目立つレース。

 例年ならば東海S組の巻き返しに期待したいところですが、今年はハイレベル世代の4歳馬の出走により、レベルが高くなっているだけに、素直に東海S組に食いつけません。ここは4歳馬を中心視するのが上策でしょう。

 4歳馬の筆頭は、目下オープン2連勝で前走のポルックスSを圧勝した(1)テーオーエナジーですが、同馬は近2走のように、逃げ馬を見ながらの2番手から、マイペースでレースを運んでこその馬。内枠の今回は逃げる可能性が高く、また、後続に競られたり、突かれたりした場合の怖さがあるので、軸馬には相応しくないでしょう。今回は対抗評価の〇までとします。
 
 よって、◎には、テーオーエナジーと同じく、古馬オープン2勝の(7)ヒラボクラターシュを推します。前走のチャンピオンズCは強豪相手に勝ちに行くレースをしたために9着凡退も、大崩れはしておらず、先行して崩れないのがこの馬の強み。相手弱化のここは上位争いに加われるでしょう。

 ▲は、3歳秋にダート路線に転向して、7連勝(内2勝がダートグレード)を収めた(10)グレイトパール。特に後の帝王賞2着馬クリソライトに4馬身差をつけて勝利した2017年の平安Sの内容が強く、同年のチャンピオンズCは最有力と注目を集めたほど。その後、骨折して長期休養後は、緒戦のアンタレスSを勝ったのみですが、佐賀に移籍してからは復調の兆し。往年ほどの能力はあるのかはともかく、もともとの実績を考えると侮れません。

 以下特注馬として、前走・東海S組の(5)メイショウスミトモ。この馬は、2017年の名古屋グランプリの優勝馬。休養明け3戦目の変わり身が見込めます。

 あとは昨年のこのレースの4着馬で園田から遠征の(5)キクノソル。昨年のこのレース出走時よりも勢いがあるだけに、今年は警戒することにしました。

勝負予想

通常予想

買い目

複勝 通常 07 2,500円 07 130円 的中!
馬連 通常 01 - 07 1,100円
馬連 通常 07 - 10 1,000円
馬連 通常 07 - 09 200円
馬連 通常 05 - 07 200円

合計金額

購入:5,000円  払戻:3,250円  収支:-1,750円

この予想は?

 
4ナイス