山崎エリカ

  • 最新の予想を見る
2018年8月16日(木) 9回門別6日目 20:00発走
11R 第30回 ブリーダーズゴールドカップ(Jpn3)一般牝馬オープン
ダート・外 右2000m サラブレッド系3才以上 別定
本賞金: 3,100万円 620万円 465万円 310万円 155万円
最終更新日時:8月16日()08:07

必要ゴールド(VIP会員&プレミアム会員)  500G   (一般会員) 1000G
着順 馬名 性齢 重量 騎手 オッズ 予想印 一言コメント
1 6 11 ラビットラン 牝4 57.0 M.デム 6.5
2 4 6 プリンシアコメータ 牝5 56.0 戸崎圭太 8.1
3 3 5 クイーンマンボ 牝4 57.0 C.ルメ 1.7
4 2 2 フォンターナリーリ 牝5 55.0 J.モレ 3.6
5 7 12 ハービンマオ 牝3 55.0 松岡正海 25.2
6 5 9 ブランシェクール 牝5 55.0 御神本訓 22.0
7 8 14 アルティマウェポン 牝5 55.0 井上俊彦 722.7
8 8 15 クオリティスタート 牝4 55.0 桑村真明 629.5
9 7 13 ラインハート 牝7 55.0 笹川翼 143.3
10 3 4 タイムビヨンド 牝6 55.0 五十嵐冬 123.2
11 6 10 ジュンアイノキミ 牝4 55.0 石川倭 737.1
12 4 7 ノーブルサファイア 牝4 55.0 服部茂史 651.7
13 5 8 クロスウィンド 牝3 53.0 坂下秀樹 273.2
14 1 1 ソーディスイズラヴ 牝4 55.0 永島太郎 851.1
15 2 3 アップトゥユー 牝4 55.0 阿部龍 200.8

コメント

 例年のブリーダーズゴールドCは、同年のエンプレス杯で3着以内だった馬が中心。牝馬限定戦となってからの過去4年で、【3・1・0・0】。1着の該当馬は、2014年のサンビスタ、2015年-2016年のアムールブリエ。2着の該当馬は、2014年のワイルドフラッパーで、エンプレス杯の上位馬は、しっかりと人気に応えられています。
 一方、過去1年以内に牡馬相手のダートグレードで3着以内の実績のある馬も有力。前年の名古屋グランクリを優勝したアムールブリエは、一昨年のこのレースでは、問答無用の圧勝を飾りました。前走の平安Sで3着だったワイルドフラッパーも、2014年のこのレースで2着と好走しています。

 そこに割って入るのが、関東オークスの勝ち馬ですが、2015年以降は毎年出走しており、その成績は【0・2・1・0】。2015年にホワイトフーガ、2016年にタイニーダンサー、そして昨年はクイーンマンボが参戦し、勝ち切れてはいませんが、どの馬も善戦しています。

 しかし、関東オークスで2着馬に0.9秒差以上も差をつけて圧勝した2番人気のホワイトフーガが3着、断然1番人気のクイーンマンボが2着に敗れるなど、人気以上の走りができていないのも事実。逆に、関東オークス後スパーキングレディーCに出走して大敗したタイニーダンサーだけが、このレースで人気以上の走りが見せられています。

 つまり、3歳牝馬にとって関東オークスが大目標であり、そこから一走しているか、していないかでしょう。直行馬はダメージが出て、勝ち馬から離されながらも2着、3着を死守しているのが実情なので、過大評価しないほうがいいでしょう。

 まとめると、昨年のクイーン賞圧勝馬で、今年のエンプレス杯の2着馬(6)プリンシアコメータが本命◎。昨年のレディースプレリュードで大楽勝を決め、前走の平安Sでも2着のクイーンマンボは強い馬ですが、現役ダート牝馬No.1のこの馬にとって、目標はこの先のはず。

 あのサンビスタだって、JBCレディスクラシックで超オーバーペースを先行策からしぶとく粘って2着、その次走のチャンピオンズCを優勝した2015年の夏場は、断然人気を裏切って2着、3着に負け、「調子、悪いの?」と言われていました。サンビスタと元同厩舎で、大人の事情により、同イズムの中竹厩舎へと転厩したクイーンマンボもそういうスタンスで挑んでくることでしょう。そんなこんなで(5)クイーンマンボは対抗〇まで。

 ▲は、ダート路線に転向して、ダート3戦目で関東オークスを制した(12)ハービンマオ。ホワイトフーガのように、別馬のように負ける可能性もありますが、キャリアの浅い3歳馬の成長力に賭けました。

 以下特注馬として、速い流れの前走・東大路Sを、早め先頭から押し切った(2)フォンターナリーリ。この馬も通用しても不思議ないレベルの指数はありますが、今回は休養明けで相手強化の一戦。いきなり通用するほど甘くもないと見て、ハービンマオに重い印を回しています。

 あとは、レベル(?)とはいえ、昨年のJBCレディスクラシックの3着馬で、今年のエンプレス杯でも3着と善戦した(13)ラインハート。近2走とも大敗ですが、マイルよりも中距離で持久力を生かしてこその馬だけに、警戒しました。

 他では一昨年のクイーン賞の3着馬(4)タイムビヨンド。この馬はその後に順調さを欠いて、休み休みのレースで能力を出し切れていませんが、前走A1クラス勝利で復調の兆し。侮りきれません。

勝負予想

通常予想

買い目

単勝 通常 06 1,000円
複勝 通常 06 1,500円 06 170円 的中!
馬連 通常 05 - 06 1,500円
馬連 通常 06 - 12 500円
馬連 通常 02 - 06 200円
馬連 通常 06 - 13 200円
馬連 通常 04 - 06 100円

合計金額

購入:5,000円  払戻:2,550円  収支:-2,450円

この予想は?

 
2ナイス