山崎エリカ

  • 最新の予想を見る
2018年8月15日(水) 9回大井4日目 20:10発走
10R 第52回 黒潮盃競走(S2)3歳選定馬重賞
ダート・外 右1800m サラブレッド系3才 別定
本賞金: 1,800万円 630万円 360万円 180万円 90万円
最終更新日時:8月15日()17:19

必要ゴールド(VIP会員&プレミアム会員)  500G   (一般会員) 1000G
着順 馬名 性齢 重量 騎手 オッズ 予想印 一言コメント
1 5 8 クロスケ 牡3 56.0 笹川翼 3.8
2 3 5 クリスタルシルバー 牡3 56.0 的場文男 2.1
3 6 10 ミスマンマミーア 牝3 54.0 森泰斗 23.3
4 8 14 ワンダーツー 牡3 56.0 左海誠二 16.3
5 2 3 マースインディ 牡3 56.0 藤本現暉 58.5
6 7 12 サマルカンドブルー 牡3 56.0 瀧川寿希 107.7
7 2 2 ベルセルク 牡3 57.0 真島大輔 84.4
8 4 6 ワグナーコーヴ 牡3 56.0 御神本訓 10.2
9 5 9 ステラライト 牡3 56.0 赤岡修次 40.9
10 7 13 ビップレイジング 牡3 57.0 藤原幹生 68.6
11 1 1 デイジーカーニバル 牡3 56.0 石崎駿 4.7
12 6 11 マッドドッグ 牡3 56.0 本田正重 89.0
13 3 4 キャスタウェイ 牡3 56.0 町田直希 184.5
14 8 15 トミケンジョメルト 牡3 56.0 矢野貴之 53.4
15 4 7 スプリングマン 牡3 58.0 繁田健一 158.3

コメント

 例年、ジャパンダートダービーで掲示板入りした地方馬は、次走でぶっとぶのが定番。あのハッピースプリントもジャパンダートダービーで2着と好走した後、ダメージが強く出て、レースを使えず、断然1番人気に支持された勝島王冠でも見事に馬群に沈みました。近年だと他に2013年のインサイドザパーク、2015年のストゥディウムなどが、次走で上位人気に応えられずに、凡走しています。

 なぜ、ジャパンダートダービーで好走した馬は、次走で凡走するのかというと、南関東勢にとってジャパンダートダービーが大目標だから。目一杯の仕上げでリミッタ―を振り切るような走りをした馬は、しばらくレースを使えないか、凡走するかの状況に陥るのです。つまり、今回で1番人気に支持されているクリスタルシルバーは危ういということ。

 このため、このレースは、昨年の優勝馬ブラウンレガートのように、前走のジャパンダートダービーで凡退した馬の巻き返しや、ジャパンダートダービーを使っていない馬の活躍が目立っています。ジャパンダートを使っていない馬は、前走大敗からでも巻き返して来ます。昨年、11番人気で連対したカンムルもそうでしたし、私自身は、岡林厩舎の2011年のリアライズブラボー(11番人気・2着)や2012年のディーオ(10番人気・2着)に儲けさせてもらいました。

 この流れでおおよそ私の本命◎が推測ついた方もいらっしゃると思いますが、◎は、そう、岡林厩舎の(6)ワグナーコーヴになります。岡林先生は、重賞未勝利の馬においてはクラシックを狙わず、重賞ながらメンバーが落ちる、ここを目標に定めます。以前、知人が岡林厩舎に馬を預けており、その際にも岡林先生のほうからそういう提案があったほど、隙間重賞がお好きなのです。

 実際に、他馬がジャパンダートダービーに出走して、必死こいている間にワグナーコーヴは、外厩でリフレッシュ。3走前の京浜盃では、羽田盃の優勝馬ヤマノファイトと0.2秒差(2着)、東京ダービーの3着馬クロスケを撃破しているように、前々で立ち回れた場合の能力の裏付けは十分。今回は普通に出して行けば、ハナを狙えるメンバー構成だけに、巻き返しに賭ける価値はあるでしょう。

 〇は、上手く内を立ち回れたとはいえ、東京ダービー・3着の(8)クロスケ。この馬は、後方からのレースにはなりますが、いい脚を長く使える持久力があり、どこからでも動けるのが強み。◎ワグナーコーヴが逃げ切る流れとなったとしても、3コーナーから動く形で対応できるはず。

 ▲は、中央からの移籍馬(14)ワンダーツ。中央の3歳500万下は、除外が多く、いつも馬を仕上げておかなければならない弱点がありますが、地方ならば目標を作って出走させることができるので、調整が楽。これによって急に走り出す馬も多いですが、この馬もそいうパターンかもしれません。休養明けの前走・水無月特別は、前半3F36秒7-後半3F40秒2の消耗戦を、早め先頭から押し切って完勝。前走からの上積みがあれば、ここも通用するでしょう。

 以下特注馬として、デビューから2連勝を飾り、初重賞挑戦となった前々走・東京湾Cでも4着と善戦の(1)デイジーカーニバル。キャリアが浅い馬だけに、休養中に成長している可能性も十分あるでしょう。

 あとは△に昨年のハイセイコー記念で東京ダービーの優勝馬ハセノパイロと0.4秒差(4着)、今年のクラウンCでも4着の実績がある(3)マースインディ。この馬は競走前に行けない弱みがあり、重賞では善戦止まりですが、前走で1400m戦を使ったことで、行きっぷりが変わる可能性があります。

 他では、ローテーションは×でも、東京ダービー・2着、ジャパンダートダービー・4着と、ここでは実績NO.1の(5)クリスタルシルバー。ここも勝つようであれば、相当に強いですが、どうでしょうか?

 最後に2~4走前に3連勝の(9)ステラライト。外から被されて折り合った前走の三浦すいか特別は4着凡退も、楽に前に行ければもっと走れるでしょう。今回は相手強化になりますが、展開に恵まれればチャンスがある馬です。

勝負予想

通常予想

買い目

単勝 通常 06 1,000円
複勝 通常 06 1,500円
馬連 通常 06 - 08 800円
馬連 通常 06 - 14 500円
馬連 通常 01 - 06 300円
馬連 通常 03 - 06 300円
馬連 通常 05 - 06 300円
馬連 通常 06 - 09 300円

合計金額

購入:5,000円  払戻:0円  収支:-5,000円

この予想は?

 
1ナイス