山崎エリカ

  • 最新の予想を見る
2015年9月23日(水) 6回浦和2日目 16:35発走
11R 第26回 テレ玉杯オーバルスプリント(Jpn3)3上オープン
ダート 左1400m サラブレッド系3才以上 別定
本賞金: 2,100万円 735万円 420万円 210万円 105万円
最終更新日時:9月23日()15:27

必要ゴールド(VIP会員&プレミアム会員)  500G   (一般会員) 1000G
着順 馬名 性齢 重量 騎手 オッズ 予想印 一言コメント
1 5 6 レーザーバレット 牡7 54.0 戸崎圭太 3.4
2 2 2 ルベーゼドランジェ 牝5 52.0 岩田康誠 15.5
3 8 11 タガノトネール セ5 55.0 川田将雅 1.8
4 6 7 サウンドガガ 牝6 53.0 武豊 4.9
5 7 10 トーセンジャガー 牡7 54.0 的場文男 282.7
6 1 1 ジャジャウマナラシ 牡3 52.0 藤江渉 86.8
7 3 3 エプソムアーロン 牡11 54.0 本橋孝太 246.1
8 4 4 リアライズリンクス 牡5 54.0 左海誠二 7.7
9 5 5 メジャーアスリート 牡6 54.0 森泰斗 248.0
10 8 12 リックムファサ 牡7 54.0 吉井友彦 367.2
11 6 8 タッチデュール 牝6 52.0 佐藤友則 404.3
12 7 9 ビームライフル 牡6 54.0 秋元耕成 537.8

コメント

 2011年に南関東地区の重賞から格上げされ、現在はJRAとの指定交流競走(G3)で施行される浦和ダ1400mのオーバルスプリント。このレースは、11月3日に行われるダート競馬の祭典・JBCスプリントに出走したい馬が、賞金加算を狙って出走してくるレースです。しかし、有力馬は格上の大井・東京盃(G2)や盛岡・マイルチャンピオンシップ南部杯(G1)に出走することや、JRAの短距離オープンが多く行われる時期でもあるために例年メンバーが手薄になります。

 ゆえに3年前のトーセンアレス(2着)、一昨年は大井のセイントメモリー(1着)のように、地方馬が馬券に絡むことが、他の交流競走と比較するととても多いです。これはJRAの短距離路線のレベルが低く、南関東はマイル路線のレベルが高いことも影響しています。今年も地方馬がノーチャンスではないでしょう。

 また、浦和コースというと、どの距離でも「内枠有利、外枠不利」というイメージを強く持っている方が多いようです。しかし、オーバルスプリントが行われるダ1400mは、スタートしてから1コーナーまでの距離が280mあるために、極端な枠順の有利不利はありません。確かに浦和はコーナー部が300mと急ですが、外枠の馬は早めに動いて1コーナーまでにインコースを取りきってしまえば、距離をそれほどロスすることはありません。

 それよりも問題なのは、逃げ、先行馬が多いと、1コーナーの先行争奪戦が激化すること。2011年のオーバルスプリントはまさにその典型で、中団よりやや後ろにいたダイショウジェットが2着馬に5馬身も突き放して勝利したように、かなりの激流でした。1コーナーまでに隊列が決まらないと、1〜2コーナーまでの短いコーナー部で息が入れられず、前半型が活躍する傾向からガラリと一転して、差しが決まることもあります。

 ただ、今年は、先行勢のほうが明らかに強く、ある程度ペースアップしても前が残れる可能性は十分。また前に行きたい馬が内枠に揃ったことで、意外と隊列がスムーズに決まる可能性もあるでしょう。地方馬でもノーチャンスではないこと、先行馬が強く、ある程度ペースアップしても先行馬が粘れる前提で予想を組み立ててみました。

 ◎には前々走でJRAのオープン勝ち、休養明けの前走でもスパーキングレディC2着の(7)サウンドガガを推します。この馬は逃げて強いのは近走成績が示すとおりですが、昨年暮れのカペラSでは先行策から4着と善戦しているように、折り合うことも出来る馬。相手弱化の今回は、無理に行かずに相手次第の出方をしてくると思われ、そういう競馬ならば連対が濃厚でしょう。

 ○は前々走のさきたま杯の3着馬(4)リアライズリンクス。休養明けをひと叩きされての上積みと、短距離戦、逃げ馬には特に有利な軽量54圓鮃洋犬垢譴弌■複劭狙が相手でも勝負になるでしょう。

 ▲は前々走でJRAの準オープン勝ちの(2)ルベーゼドランジェ。JRAの短距離路線は、準オープンもオープン特別も能力の大きな断層がなく、実際にこの馬がマークした前々走のPP指数もリアライズリンクスのさきたま杯3着時とそれほど変わらないものがあります。この馬も休養明けをひと叩きされての上積みと軽量52圓亡待しました。

 以下特注馬として、近走充実急で前走サマーチャンピオンを制した(11)タガノトネール。しかし、前走は逃げ馬のシゲルカガが競られてオーバーペースで飛ばしたことで、やや展開に恵まれ、自己ベストのPP指数を叩き出したことも確か。今回でダメージが出る可能性もあるので狙い下げました。

 あとは△に前々走のかきつばた記念2着、休養明けの前走サマーチャンピオン3着の(5)レーザーバレット。この馬も休養明け2戦目の上積みが見込め、差し競馬になれば上位争いが濃厚でしょう。

 他では差し有利の流れになれば一発の(12)リックムササと(1)ジャジャウマナラシ。ともに前走で芝のスピード競馬を経験したことで、今回で行き脚の悪さが改善される可能性もあります。

勝負予想

通常予想

買い目

馬連 通常 04 - 07 1,000円
馬連 通常 02 - 07 1,000円
馬連 通常 07 - 11 500円
馬連 通常 06 - 07 500円
馬連 通常 07 - 12 300円
馬連 通常 01 - 07 200円
3連複 軸1頭ながし 07 - 01, 02, 04, 06, 11, 12 各100円

合計金額

購入:5,000円  払戻:0円  収支:-5,000円

この予想は?

 
3ナイス