エーデルワイス賞2017-レース結果

エーデルワイス賞

2017年10月12日(木)

エーデルワイス賞 Jpn3

門別競馬場/1200m

レース結果

●エーデルワイス賞 ダートグレード競走攻略ツール

  • 出馬表
  • 予想登録
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX

山崎エリカのダートグレード攻略 〜エーデルワイス賞2017〜

2017年10月11日(水)

山崎エリカ  2歳最初のダートグレードとなる、エーデルワイス賞。ホッカイドウ競馬ではリリーカC、フローラルCに続く2歳牝馬三冠競走の最終戦として行われています。このレースは2013年には3連単1,227,740円が飛び出すなど、過去を遡っても高配当決着の連続。本命サイドの決着があたりまえとされる交流重賞の中で、もっとも非常識に荒れるレースです。

 対戦図式は、当然、地方勢VS JRA勢。ダートグレードではダントツでJRA勢の活躍が目立っていますが、このレースでは立場が逆転。過去10年で地方馬は5勝、2着は過去10年とも地方馬が独占しているほど。また、3着も地方馬が7回も入線していることから、地方馬が断然有利なレースと言えるでしょう。これは地方勢のほうがデビュー時期が早いことや番組が充実しているのが理由。キャリア数戦で挑まなければならないJRA勢はとても不利です。しかし、それでもJRAブランドに夢を託す傾向が強く、そのことも高配当続出の歴史に拍車を掛けているようです。

 その中でも最有力は、牡馬のトップクラスも集うホッカイドウ競馬の重賞ブリーダーズゴールドジュニアCの上位馬。ちなみにこのブリーダーズゴールドジュニアCは、いつも侮られがちですが、実はメンバー質の高いレース。現在、ホッカイドウ競馬で最上位のオヤコダカや今年のジャパンダートダービー馬ヒガシウィルウィン、先日のサウジアラビアRCに出走していたダブルシャープを生み出したレースであり、ここで上位入線すると、将来でそれなりの活躍が期待できるレースとなっています。

 よって、このレースで3着以内だった馬が、牝馬限定のエーデルワイス賞では有力。ブリーダーズゴールドジュニアCで3着以内だった馬のこのレースでの活躍は、過去10年で【3・2・0・1】。1着の該当馬は、2007年のマサノミネルバ、2008年のアンペア、2009年のオノユウ、2着の該当馬は、2010年のマツリバヤシ、2013年のシーキングブレーヴ。唯一の3着以下は、2008年のリロですが、この馬は前走のフローラルCで1.4秒差の大敗を喫して、下降線の状態でした。前走で大敗していなければ、エーデルワイス賞では十分狙いが立つでしょう。

 また、2009年以降は、エーデルワイス賞がダ1200m戦で行われることもあり、ダ1600m戦のブリーダーズゴールドジュニアC上位馬はやたらと人気を落とす傾向があります。しかし、それでも前走フローラC勝ちの2009年のオノユウはもちろん、2010年にマチリバヤシ(4番人気)や2011年にシーキングザブレーヴ(7番人気)がこのレースで2着入線しています。

 フローラルCの2着馬でもあるシーキングザブレーヴが、なぜ、このレースで7番人気だったのかわかりませんが、この年はJRA勢と前走JRAの500万下に出走して中途半端な着順に終わった地方馬が上位人気に支持されてました。前走芝のすずらん賞で10着に凡退していたシーキングザブレーヴは、ずいぶん地味に映ったのでしょう。それでもダート戦で強豪と互角に戦えたことにウソ、偽りはなく、だからこそ大舞台のここでも通用するのです。

 さらに、ブリーダーズゴールドジュニアCに次いで有力なのは、ホッカイドウ競馬の重賞・栄冠賞の連対馬。過去10年の栄冠賞で連対した馬のこのレースでの成績は、過去10年で【4・1・0・4】。勝ち馬は2007年のマサノミネルバ、2008年のアンペア、2009年のオノユウ、2015年のタイニーダンサー。マサノミネルバ、アンペアは、オノユウは、前記したブリーダーズゴールドジュニアCで3着以内だった馬。もう1頭のタイニーダンサーは、前走のフローラルCで2着馬を2.5秒差も突き放して大楽勝していました。

 つまり、ダ1200mの栄冠賞で短距離適性を証明し、ダ1600mのブリーダーズゴールドジュニアCやフロ―ラルCで能力の高さを見せた馬にとって、エーデルワイス賞で勝ち負けするのは、意外とちょろいこと。栄冠賞の勝ち馬でブリーダーズゴールドジュニアCで3着以内か、フロ―ラルCで大楽勝だった馬は、この舞台でかなり信頼ができます。過去の傾向からは、鉄板級の勝率。JRAの強豪に一発やられる可能性はあっても、対道営馬ならば、簡単に負けないでしょう。

 逆にJRA勢でどのよな馬が勝利しているのかというと、2011年・シェアースマイル、2013年・フクノドリーム、2014年・ウィッシュハピネスのように、ダートの新馬、未勝利戦で1.0秒差以上の圧勝の実績がある馬。もしくは逆に、今回が初めてのダート戦となるタイプで、2010年の勝ち馬リアライズノユメや昨年のリエノテソーロが初ダートでこのレースを勝利しています。この時期はJRAのダート番組が充実していないため、本質がダート馬でも芝のレースを使うことが多いためでしょう。

 リアライズノユメはこのレースが初ダートでしたが、この時期のJRA勢としては最多と言える5戦のキャリアを積み、このレースを制しました。リエノテソーロは芝の新馬戦、すずらん賞を連勝した馬。芝のレースでキャリアが豊富であるか、無敗でオープン勝ちレベルの馬ならば、積極的に本命にするのもありでしょう。ちなみにリアライズノユメは1勝目を挙げるのに、5戦を要したためにこのレースではJRA勢ながら7番人気という超人気薄でした。


 まとめるとこうなります!

 ●本命候補
 ・栄冠賞の勝ち馬かつブリーダーズゴールドジュニアCで3着以内、フローラルCで大楽勝だった馬。(フローラルC大楽勝の基準は2015年のタイニーダンサーで2着馬と2.5秒差)
 ・ブリーダーズゴールドジュニアCで3着以内だった馬。(前走1.4秒差以上負けていた馬を除く)

 ●穴馬候補
 ・今回が初ダートとなるキャリア5戦以上のJRA勢。

山崎エリカさんのダートグレード競走最新予想(「競馬プロ予想MAX」)はこちらからご覧いただけます!!

ツイてる奴の予想に乗れ! 〜エーデルワイス賞2017〜

今まさに絶好調な勝ち組の予想を参考にしよう!

10/12 21:01更新
順位 予想家名 本日の成績 エーデルワイス賞の
予想
的中率 回収率 収支
1位 フォーカスアンタレス フォーカスアンタレス 25% 316% 42,900円
2位 ガットゥーゾ君 ガットゥーゾ君 33% 163% 19,000円
3位 ペンタゴン ペンタゴン 100% 808% 34,020円
4位 ほもぉぅ ほもぉぅ 100% 425% 16,250円
5位 5c5bf97d31 5c5bf97d31 100% 703% 18,110円

⇒エーデルワイス賞の予想を見る

新着ニュース

12日、門別競馬場の第11Rに行われた第20回 エーデルワイス賞〔Jpn3〕2歳牝馬オープン(ダート・外 右1200m サラブレッド系2才 定量)は阿部龍騎手騎乗の2番人気・9番ストロングハート(牝2)が優勝した。
勝ちタイムは1分12秒4(不良)。さらに1/2馬身差の2着に4番人気・11番グラヴィオーラ(牝2)、そこから4馬身差の3着に10番人気・12番リコーデリンジャー(牝2)が入った。
ストロングハートは、父サウスヴィグラス、母ファーストレディ、母の父スマートボーイという血統で角川秀樹厩舎の所属馬。生産は日高郡新ひだか町・グランド牧場。馬主は(有)グランド牧場。通算成績は5戦3勝。
「エーデルワイス賞〔Jpn3〕2歳牝馬オープン」の着順&払戻金はこちら

【エーデルワイス賞】ストロングハートが戴冠〜道営勢が上位独占 10月12日(木) 20:41

 10月12日(木)の門別競馬11Rで行われた第20回エーデルワイス賞(交流GIII、2歳オープン、牝馬、選定馬、定量、ダート・右1200メートル、16頭立て、1着賞金=2000万円)は、阿部龍騎手騎乗の2番人気ストロングハート(牝2歳、ホッカイドウ・角川秀樹厩舎)が3番手追走から直線早めに先頭に立ち後続の追撃を振り切った。タイムは1分12秒4(不良)。半馬身差の2着には4番手追走から直線外めを伸びたグラヴィオーラ(4番人気)、さらに4馬身差遅れた3着に大外を追い込んだリコーデリンジャー(10番人気)。地元ホッカイドウ競馬の所属馬が上位を独占した。

 エーデルワイス賞を勝ったストロングハートは、父サウスヴィグラス、母ファーストレディ、母の父スマートボーイという血統。北海道新ひだか町・グランド牧場の生産馬で、馬主は(有)グランド牧場。通算成績は5戦3勝。重賞は2017年リリーカップ・H3に次いで2勝目。エーデルワイス賞は、角川秀樹調教師は2008年アンペア、2009年オノユウ、2012年ハニーパイ、2015年タイニーダンサーに次いで5勝目、阿部龍騎手は初優勝。

 ◆阿部龍騎手(1着 ストロングハート)「いつもチャカチャカする馬ですが、今日はゲート裏の輪乗りではだいぶ落ち着いていました。頭数が頭数なのでスタートは気をつけようと意識していました。道中は力んで走っているようすはなかったので、自分のリズムで走れているのかなと思いました。ナンボか早くなっちゃったんだけど、ある程度は持ちこたえてくれるんじゃないかという思いはありました。粘れてよかったです。デビューの頃より体もしっかりして、力をつけてきたのでこれからもすごい楽しみです」

【エーデルワイス賞】JRA出走予定馬が決定 10月5日(木) 20:48

 10月12日(木)に門別競馬場で行われるエーデルワイス賞のJRA所属の出走予定馬および騎乗予定騎手が決定した。

 「第20回エーデルワイス賞」(門別競馬場、交流GIII、2歳オープン、牝馬、定量、ダート・右1200メートル)

【JRA所属の出走予定馬】4頭ウインジェルベーラ(美浦・金成貴史厩舎、松岡正海騎手)シャインカメリア(美浦・小野次郎厩舎、吉田豊騎手)ジュンドリーム(栗東・西村真幸厩舎、内田博幸騎手)ラインギャラント(美浦・水野貴広厩舎、戸崎圭太騎手)

【エーデルワイス賞】JRA出走予定馬が発表 9月24日() 17:20

 10月12日(木)に門別競馬場で行われるエーデルワイス賞のJRA所属の出走予定馬および補欠馬が9月24日、発表された。



 「第20回エーデルワイス賞」(門別競馬場、交流GIII、2歳オープン、牝馬、定量、ダート・右1200メートル)



【JRA所属の出走予定馬】4頭ウインジェルベーラ(美浦・金成貴史厩舎、松岡正海騎手)シャインカメリア(美浦・小野次郎厩舎、吉田豊騎手)ジュンドリーム(栗東・西村真幸厩舎、騎手未定)ラインギャラント(美浦・水野貴広厩舎、騎手未定)



【JRA所属の補欠馬】5頭(補欠順位順)1.ニシノオリーブ2.ディアジラソル3.シンデレラマキ4.メイショウヒサカタ5.オジョーノキセキ

⇒もっと見る

過去10年の結果 〜エーデルワイス賞 2017〜

2016年 エーデルワイス賞 2016年10月13日(木) 門別11R 1200m 稍重 16頭

エーデルワイス賞〔Jpn3〕

1着 14 リエノテソーロ 1.7倍(1人気) 吉田隼人 1.12.8
2着 1 アップトゥユー 20.2倍(6人気) 阿部龍 1.13.8
3着 12 ピンクドッグウッド 6.7倍(2人気) 吉原寛人 1.13.8
単勝 14 170円(1人気) 3連複 1−12−14 3,350円(7人気)
馬連 1−14 2,030円(7人気) 3連単 14→1→12 14,700円(35人気)
開催日 場名 頭数 馬場 勝ち馬 オッズ 人気 騎手 所属 勝ちタイム
2015/10/15
エーデルワイス賞
門別 15 タイニーダンサー 3.0倍 2 桑村真明 北海道 1.14.1
2014/10/16
エーデルワイス賞
門別 16 稍重 ウィッシュハピネス 2.4倍 1 戸崎圭太 JRA 1.12.9
2013/10/10
エーデルワイス賞
門別 16 稍重 フクノドリーム 1.5倍 1 横山和生 JRA 1.11.6
2012/10/25
エーデルワイス賞
門別 14 稍重 ハニーパイ 10.7倍 5 桑村真明 北海道 1.12.4
2011/10/13
エーデルワイス賞
門別 16 稍重 シェアースマイル -- 1 丸山元気 JRA 1.13.3
2010/10/21
エーデルワイス賞
門別 16 稍重 リアライズノユメ -- 7 福永祐一 JRA 1.11.7
2009/10/22
エーデルワイス賞
門別 14 オノユウ -- 1 武豊 北海道 1.14.2
2008/10/16
エーデルワイス賞
旭川 11 稍重 アンペア -- 1 山口竜一 北海道 1.43.3
2007/10/11
エーデルワイス賞
旭川 14 不良 マサノミネルバ -- 5 山口竜一 北海道 1.43.3

歴史・レース概要 〜エーデルワイス賞2017〜


エーデルワイス賞は門別競馬場・ダート1200mで施行される重賞競走(JpnIII)で1998年にサラブレッド系3歳(現2歳)牝馬限定のダートグレード競走として創設された。ホッカイドウ競馬ではリリーカップ、フローラルカップに続く2歳牝馬三冠競走の最終戦として位置づけられている。

執筆者:ウマニティ競馬研究所(略してウマケン)

まだウマニティ会員ではない方へ

会員登録するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを無料で利用できます。

収支100万円超えの猛者がズラリ

全国トップ予想家たちの予想閲覧

予想に必携の高精度スピード指数

「U指数」を重賞で全頭公開

勝率40%超えを誇る堅軸候補

「凄馬」をメールでお知らせ

TVでも紹介!設定は10万通り以上

あなただけの予想ロボが作れる

この他にも20以上のサービスを無料で提供!

会員登録(無料)する

ようこそゲストさん

今すぐ会員登録

※パスワードを忘れた場合

いつものアカウントが使えます!

本日の開催

帯広競馬
第18回第5日
1R 1時間前
水沢競馬
第9回第5日
7R 21分前
高知競馬
第13回第1日
1R 1時間前
佐賀競馬
第17回第2日
6R 11分前

次回のダートグレード競走

12月27日()園田
兵庫ゴールドトロフィー Jpn3

エーデルワイス賞特集
バックナンバー

エーデルワイス賞 2017
エーデルワイス賞 2016
エーデルワイス賞 2015

2017ダートグレード競走

東海ステークス
TCK女王盃
根岸ステークス
川崎記念
佐賀記念
フェブラリーステークス
エンプレス杯(キヨフジ記念)
黒船賞
ダイオライト記念
マーチステークス
名古屋大賞典
マリーンカップ
アンタレスステークス
東京スプリント
かきつばた記念
兵庫チャンピオンシップ
かしわ記念
平安ステークス
さきたま杯
北海道スプリントカップ
関東オークス
ユニコーンステークス
帝王賞
スパーキングレディーカップ(ホクトベガメモリアル)
プロキオンステークス
ジャパンダートダービー
マーキュリーカップ(メイセイオペラ記念)
レパードステークス
エルムステークス
クラスターカップ
サマーチャンピオン
ブリーダーズゴールドカップ
テレ玉杯オーバルスプリント
日本テレビ盃
シリウスステークス
白山大賞典
東京盃
レディスプレリュード
マイルチャンピオンシップ南部杯
エーデルワイス賞
北海道2歳優駿
JBCクラシック
JBCスプリント
JBCレディスクラシック
みやこステークス
東京中日スポーツ杯武蔵野ステークス
兵庫ジュニアグランプリ
浦和記念
チャンピオンズカップ
クイーン賞
カペラステークス
全日本2歳優駿
名古屋グランプリ
兵庫ゴールドトロフィー
東京大賞典