ブリーダーズゴールドカップ2017-レース結果

ブリーダーズゴールドカップ

2017年8月17日(木)

ブリーダーズゴールドカップ Jpn3

門別競馬場/2000m

レース結果

●ブリーダーズゴールドカップ ダートグレード競走攻略ツール

  • 出馬表
  • 予想登録
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX

山崎エリカのダートグレード攻略 〜ブリーダーズゴールドカップ2017〜

2017年8月16日(水)

山崎エリカ  牝馬限定戦として生まれ変わって今年で4年目のブリーダーズゴールドC。このレースは2013年まで牡馬混合のG2で行われていましたが、南関東を始めとする本州地区からの参戦がほとんどなく、通年、中央勢4〜5頭と道営勢数頭の戦い。小頭数はあたりまえで、晩年は6頭、8頭…。メンバーが集まらないという問題を抱えていました。

 そこで牝馬路線が7月のスパーキングレディーCから10月のレディスプレリュードまで番組がないことに目をつけて、牝馬限定のG3に生まれ変わりました。スパーキングレディーCから始まるGRANDAME-JAPAN(グランダムジャパン)の古馬シーズン・第5戦に組み込むことで、出走馬を集めると同時に盛り上がりを図ったのですが、それによる変化があったのかは…?

 高い輸送費や時間をかけてまで、負け戦をしに来ないのは牡馬でも牝馬でも同じ。牝馬限定戦になったばかりの頃は、岩手や笠松、高知からの参戦がありましたが、基本的に中央馬vs道営馬の対戦図式は、今も変わらずです。これは地方勢が底上げしなければ、変わらないでしょう。結局、過去3年とも中央勢の独壇場。地方馬が馬券に絡んだことは、一度もありません。

 しかし、門別は牝馬の番組が充実していることもあり、時々、強い牝馬が出現することがあります。また、夏場のこの時期は、実績馬は秋のJBCレディスクラシックに向けて放牧中。前年のJBCレディスクラシックで活躍した実績馬が出走してくることが、滅多にありません。過去にJBCレディスクラシックの3着以内馬が出走したのは、引退に向けてカウントダウンが入っていた2015年のサンビスタくらい。このような状況を考えると、地方馬がこのレースで馬券圏内に突入するのは、タイミングの問題でしょう。

 さて、このレースの過去3年の傾向はというと、同年のエンプレス杯で3着以内だった馬が優勢。その成績は、【3・1・0・0】。1着の該当馬は、2014年のサンビスタ、2015年-2016年のアムールブリエ。2着の該当馬は、2014年のワイルドフラッパーです。エンプレス杯の上位馬は、しっかりと人気に応えることが出来ています。

 その次に有力なのは、関東オークスの勝ち馬。2015年にホワイトフーガ、2016年にタイニーダンサーが参戦しましたが、ホワイトフーガは3着、タイニーダンサーは2着でした。この2頭の成績を見ると、「狙ってもいいかな〜」という心理になりますが、関東オークスで史上最大級の着差(2着馬に2.3秒差)をつけたホワイトフーガがこのレースでは、人気を裏切る形での3着凡退。これは関東オークスを大目標にして、余力がなかったからでしょう。

 また、タイニーダンサーも次走のスパーキングレディーCでは、余力なく3着に敗れていますが、スパーキングレディーCで凡退したことにより体調面がアップ。このレースでは連勝中のエンプレス杯の勝ち馬アムールブリエに突き放されたものの、2着に巻き返すことができました。つまり、関東オークスから一走していれば積極的に狙えますが、関東オークスからの直行馬は意外と危険であるということ。3連複の軸馬ならばともかく、1着馬にはお薦めできません。凡退待ちしてこそ馬券妙味では?

 最後に過去3年とも本命サイドで決着しているこのレース(3着以内が全て4番人気以内)から、穴パターンを推奨すると、前走ダ1400m戦などの不適性距離で凡退している2014年のマーチャンテイマーのパターンとなります。マーチャンテイマーは、中距離で実績を積んだ馬でしたが、前走でダ1400mのプロキオンSを使われて15着に凡退。このレースでは巻き返して3着。それも同年のエンプレス杯の勝ち馬ワイルドフラッパーにクビ差の3着でした。このパターンは警戒したほうがいいでしょう。

 他ではいつか地方馬が、穴を開けるはずなので要注意。その対象馬は、おそらくGRANDAME-JAPANの古馬シーズンの上位馬でしょう。ちなみにブリーダーズゴールドCよりも前に行われるGRANDAME-JAPANの古馬シーズンの対象レースは、川崎のスパーキングレディーC、門別のノースクイーンC、園田の兵庫サマークイーン賞、金沢の読売レディス杯。昨年のノースクイーンCの勝ち馬タイムビヨンドは、昨年のクイーン賞で8番人気で3着と激穴を開けました。昨年、タイムビヨンドはここをスキップしましたが、出走していたら何着だったか?


 まとめるとこうなります!

 ●本命候補
 ・同年のエンプレス杯で3着以内だった馬。
 ・同年の関東オークスの勝ち馬。
 (関東オークスからの直行馬ではないことが条件)


 ●穴馬候補
 ・前走で不適性距離を使われていた馬。
 ・同年のGRANDAME-JAPAN・古馬シーズンの上位馬。

山崎エリカさんのダートグレード競走最新予想(「競馬プロ予想MAX」)はこちらからご覧いただけます!!

ツイてる奴の予想に乗れ! 〜ブリーダーズゴールドカップ2017〜

今まさに絶好調な勝ち組の予想を参考にしよう!

8/17 20:54更新
順位 予想家名 本日の成績 ブリーダーズゴールドカップの
予想
的中率 回収率 収支
1位 そんぽ太郎 そんぽ太郎 10% 166% 120,780円
2位 nepia52 nepia52 50% 1280% 118,000円
3位 AGE48 AGE48 100% 2199% 104,980円
4位 たかゆー たかゆー 33% 690% 88,500円
5位 競馬の申し子 競馬の申し子 17% 115% 22,060円

⇒ブリーダーズゴールドカップの予想を見る

新着ニュース

17日、門別競馬場の第11Rに行われた第29回 ブリーダーズゴールドカップ〔Jpn3〕一般牝馬オープン(ダート・外 右2000m サラブレッド系3才以上 別定)は池添謙一騎手騎乗の6番人気・11番マイティティー牝5)が優勝した。
勝ちタイムは2分08秒4(重)。さらに3/4馬身差の2着に1番人気・5番クイーンマンボ牝3)、そこから6馬身差の3着に4番人気・1番オージャイト牝4)が入った。
マイティティーは、父エンパイアメーカー、母チアズガディス、母の父フレンチデピュティという血統で本田優厩舎の所属馬。生産は日高郡新ひだか町・フジワラフアーム。馬主は五影慶則。通算成績は25戦6勝。
「ブリーダーズゴールドカップ〔Jpn3〕一般牝馬オープン」の着順&払戻金はこちら

【ブリーダーズGC】JRA出走予定馬が決定

 8月17日(木)に門別競馬場で行われるブリーダーズゴールドカップのJRA所属の出走予定馬および予定騎手が決定した。

 「第29回ブリーダーズゴールドカップ」(門別競馬場、交流GIII、3歳以上オープン、牝馬、別定、ダート・右2000メートル)

【JRA所属の出走予定馬】5頭オージャイド(牝4歳、美浦・加藤征弘厩舎、福永祐一騎手)クイーンマンボ(牝3歳、栗東・角居勝彦厩舎、クリストフ・ルメール騎手)スルターナ(牝5歳、栗東・昆貢厩舎、横山典弘騎手)タイニーダンサー(4歳、美浦・伊藤圭三厩舎、桑村真明騎手)マイティティー(5歳、栗東・本田優厩舎、池添謙一騎手)

【ブリーダーズGC】JRA出走予定馬が発表

 8月17日(木)に門別競馬場で行われるブリーダーズゴールドカップのJRA所属の出走予定馬および補欠馬が7月30日、発表された。

 「第29回ブリーダーズゴールドカップ」(門別競馬場、交流GIII、3歳以上オープン、牝馬、別定、ダート・右2000メートル)

【JRA所属の出走予定馬】5頭クイーンマンボ(3歳、栗東・角居勝彦厩舎、C・ルメール騎手)スルターナ(5歳、栗東・昆貢厩舎、騎手未定)タイニーダンサー(4歳、美浦・伊藤圭三厩舎、桑村真明騎手)マイティティー(5歳、栗東・本田優厩舎、池添謙一騎手)ワンミリオンス(4歳、栗東・小崎憲厩舎、福永祐一騎手)

【JRA所属の補欠馬】4頭(補欠順位順)1.ブランシェクール2.オージャイト3.サルサディオーネ4.マユキ

⇒もっと見る

過去10年の結果 〜ブリーダーズゴールドカップ 2017〜

2016年 ブリーダーズゴールドカップ 2016年8月11日(木) 門別11R 2000m 良 10頭

ブリーダーズゴールドカップ〔Jpn3〕

1着 10 アムールブリエ 1.7倍(1人気) 濱中俊 2.08.7
2着 5 タイニーダンサー 3.6倍(3人気) 桑村真明 2.10.2
3着 4 ビービーバーレル 3.6倍(2人気) 武豊 2.10.5
単勝 10 170円(1人気) 3連複 4−5−10 220円(1人気)
馬連 5−10 240円(1人気) 3連単 10→5→4 790円(1人気)
開催日 場名 頭数 馬場 勝ち馬 オッズ 人気 騎手 所属 勝ちタイム
2015/8/13
ブリーダーズゴールドカップ
門別 15 アムールブリエ 4.0倍 4 濱中俊 JRA 2.08.1
2014/8/14
ブリーダーズゴールドカップ
門別 14 サンビスタ 4.3倍 2 岩田康誠 JRA 2.07.4
2013/8/15
ブリーダーズゴールドカップ
門別 8 ハタノヴァンクール 2.1倍 2 四位洋文 JRA 2.04.9
2012/8/16
ブリーダーズゴールドカップ
門別 7 シビルウォー 1.9倍 2 内田博幸 JRA 2.02.7
2011/8/11
ブリーダーズゴールドカップ
門別 12 シビルウォー -- 3 吉田豊 JRA 2.05.0
2010/8/12
ブリーダーズゴールドカップ
門別 13 不良 シルクメビウス -- 2 田中博康 JRA 2.03.0
2009/8/13
ブリーダーズゴールドカップ
門別 15 スマートファルコン -- 2 岩田康誠 JRA 2.02.2
2008/8/14
ブリーダーズゴールドカップ
旭川 13 メイショウトウコン -- 2 藤田伸二 JRA 2.31.3
2007/8/16
ブリーダーズゴールドカップ
旭川 8 ギルガメッシュ -- 1 齊藤正弘 北海道 2.36.2

歴史・レース概要 〜ブリーダーズゴールドカップ2017〜


ブリーダーズゴールドカップは門別競馬場・ダート2000mで施行される重賞競走(JpnIII)である。1989年に、サラブレッド系4歳(現3歳)以上の馬による中央競馬と地方競馬の全国交流競走として創設され、ホッカイドウ競馬における最高賞金レースとして根付いている。2014年から牝馬限定競走となり、JBCレディスクラシックを見据えたレースとして位置づけられている。

執筆者:ウマニティ競馬研究所(略してウマケン)

まだウマニティ会員ではない方へ

会員登録するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを無料で利用できます。

収支100万円超えの猛者がズラリ

全国トップ予想家たちの予想閲覧

予想に必携の高精度スピード指数

「U指数」を重賞で全頭公開

勝率40%超えを誇る堅軸候補

「凄馬」をメールでお知らせ

TVでも紹介!設定は10万通り以上

あなただけの予想ロボが作れる

この他にも20以上のサービスを無料で提供!

会員登録(無料)する

ようこそゲストさん

今すぐ会員登録

※パスワードを忘れた場合

いつものアカウントが使えます!

  • Yahoo! JAPAN ID
  • Twitterアカウント
  • Facebookアカウント

本日の開催

浦和競馬
第5回第3日
1R 7時間前
名古屋競馬
第14回第3日
1R 7時間前
園田競馬
第13回第2日
1R 7時間前
門別競馬
第12回第3日
1R 11時間前

次回のダートグレード競走

9月27日()船橋
日本テレビ盃 Jpn2

ブリーダーズゴールドカップ特集
バックナンバー

ブリーダーズゴールドカップ 2017
ブリーダーズゴールドカップ 2016
ブリーダーズゴールドカップ 2015

2017ダートグレード競走

東海ステークス
TCK女王盃
根岸ステークス
川崎記念
佐賀記念
フェブラリーステークス
エンプレス杯(キヨフジ記念)
黒船賞
ダイオライト記念
マーチステークス
名古屋大賞典
マリーンカップ
アンタレスステークス
東京スプリント
かきつばた記念
兵庫チャンピオンシップ
かしわ記念
平安ステークス
さきたま杯
北海道スプリントカップ
関東オークス
ユニコーンステークス
帝王賞
スパーキングレディーカップ(ホクトベガメモリアル)
プロキオンステークス
ジャパンダートダービー
マーキュリーカップ(メイセイオペラ記念)
レパードステークス
エルムステークス
クラスターカップ
サマーチャンピオン
ブリーダーズゴールドカップ
テレ玉杯オーバルスプリント
日本テレビ盃
シリウスステークス
白山大賞典
東京盃
レディスプレリュード
マイルチャンピオンシップ南部杯
エーデルワイス賞
北海道2歳優駿
JBCクラシック
JBCスプリント
JBCレディスクラシック
みやこステークス
東京中日スポーツ杯武蔵野ステークス
兵庫ジュニアグランプリ
浦和記念
チャンピオンズカップ
クイーン賞
カペラステークス
全日本2歳優駿
名古屋グランプリ
兵庫ゴールドトロフィー
東京大賞典