名古屋大賞典2017-レース結果

名古屋大賞典

2017年3月30日(木)

名古屋大賞典 Jpn3

名古屋競馬場/1900m

レース結果

●名古屋大賞典 ダートグレード競走攻略ツール

  • 出馬表
  • 予想登録
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX

山崎エリカのダートグレード攻略 〜名古屋大賞典2017〜

2017年3月29日(水)

山崎エリカ  日本で一番直線が短い楕円コースの名古屋で行われる名古屋大賞典。先日行われた黒船賞が短距離路線の実績馬の始動戦ならば、こちらは中距離路線の実績馬の始動戦となることが多く、これまでにエスポワールシチーワンダーアキュートアウォーディーなどがここから始動しました。名古屋大賞典の前後にJRAではハンデ戦のマーチSが行われますが、実績馬はハンデを背負わされることを嫌って、ここへ出走してくることが多いです。

 よって、例年の対戦図式は、主に休養明けの実績馬vs佐賀記念の上位馬となります。この場合、休養明けの実績馬が優勢であっても不思議ないですが、このレースに関しては佐賀記念の上位馬が優勢。なぜなら佐賀記念の上位馬は、エスポワールシチーワンダーアキュートアウォーディーのような強豪が出走してくれば、対戦を避けるように、より出走手当てが高いダイオライト記念やマーチSに出走することが多いからです。

 つまり、佐賀記念の連対馬は、強豪が出走して来ない場合のみ、ここへ出走してくるということ。そのため前走の佐賀記念で連対していた馬のこのレースでの過去10年の成績は【3・3・1・0】と、けっこう優秀。複勝率100%を誇ります。今年は、佐賀記念の勝ち馬ロンドンタウンが川崎記念の勝ち馬オールブラッシュやG2の上位馬との対戦を避けて、マーチSへ出走しました。これは名古屋大賞典のメンバー質が高い証でしょう。

 確かにオールブラッシュのようにG1で連対すると、G3のこのレースでは人気にはなるでしょう。実際に過去1年以内にG1連対実績のある馬のこのレースでの過去10年の成績は【2・1・2・0】です。ただし、前年のG1で2勝のエスポワールシチー(2011年)が逃げて楽勝と活躍を見せる一方で、前年のG1を3勝したブルーコンコルド(2007年)が、単勝オッズ1.3倍の断然人気を裏切り、3着に凡退したこともあります。馬単や3連単の1着固定は向きませんが、3連複の軸ならば信頼できるでしょう。

 逆に人気以上に信頼できるのは、JRAから参戦する成長期の4歳馬です。前走連対の4歳馬の過去10年のこのレースでの成績は【3・1・0・1】。2010年にはJRA勢では4番人気ともっとも人気がない、前走エンプレス杯2着のラヴェリータが勝利しています。また、唯一、連対を外したのは、前走ダイオライト記念勝ちのキクノアロー(2007年)で、接戦の4着でした。前走で凡退していても、昨年の3着馬モズライジンのように、なかなかの活躍が見せられているので、4歳馬は要注意でしょう。

 さらにこのレースでは超小回りコースで行われるレースらしく、過去10年の連対馬20頭中18頭が逃げ、先行馬の押し切りです。差し馬で連対したのは、2008年メイショウトウコン(1着)、2014年のソリタリーキング(2着)のみ。メイショウトウコンは、それまでG2で1勝、G2で2勝の実績があり、同年のJBCクラシック3着、JCダート(現チャンピオンズC)2着と好戦したほどの馬。10番手スタートから4コーナーでは3番手まで位置を上げる、実質、捲りで勝利しました。また、ソリタリーキングは、前年のJBCクラシックの3着馬で、交流重賞でも連対常連の馬です。

 つまり、それくらいの実績馬でなければ、この舞台で差すのは容易ではないし、実績馬でさえも敗れることがあります。前記したブルーコンコルドが断然の1番人気に応えられなかったのは、自ら動けない差し馬だったというのも敗因のひとつとしてあります。この年はブルーコンコルドの不発によって、3連単37万4900円の大波乱となりましたが、波乱を演出した馬は、逃げ、先行馬のアルドラゴン、ムーンバレイです。基本的に差し馬は狙い下げるスタンスでいいでしょう。

 逆に逃げ、先行馬で、実績がありさえすれば、この舞台での活躍は期待できます。まず、逃げ、先行策でこのレースで連対した馬18頭中、15頭には直近1年以内にグレードレースで連対の実績がありました。例外は2011年の2着馬ワンダーアキュート、2012年の2着馬ダイシンオレンジ、2016年の2着馬バンズームです。しかし、ワンダーアキュートダイシンオレンジも前年度から順調さを欠いてトータル半年以上の休養をしていた馬。もともとはダートグレードで2勝をあげた実績馬です。

 過去1年以内にトータル半年も休養しているような馬は、さらに半年まで成績を遡るスタンスで狙ってもいいでしょう。特にダイシンオレンジは、このレースが休養明けの一戦で、直近の成績が悪かったために、JRA勢ではもっとも人気がない4番人気と人気薄。立て直しに成功する形で2着に善戦しています。昨年のバンズームは、アウォーディーとの対戦を避けるかのように、実績馬が他のレースに出走し、メンバーが手薄だったのもあるでしょう。アウォーディーに大差突き放されての接戦の2着でした。


 まとめるとこうなります!

 ●本命候補
 ・前走の佐賀記念で連対した馬。
 ・過去1年以内にG1連対実績のある馬。

 ●穴馬候補
 ・前走で連対の4歳馬。
 ・近走成績が悪く、今回が休養明け初戦となる実績馬。
 ・前走で逃げている馬、または、今回で逃げると思われる馬。

山崎エリカさんのダートグレード競走最新予想(「競馬プロ予想MAX」)はこちらからご覧いただけます!!

ツイてる奴の予想に乗れ! 〜名古屋大賞典2017〜

今まさに絶好調な勝ち組の予想を参考にしよう!

3/30 17:23更新
順位 予想家名 本日の成績 名古屋大賞典の
予想
的中率 回収率 収支
1位 えびちゃん えびちゃん 50% 515% 41,500円
2位 GIGA12345 GIGA12345 69% 104% 8,920円
3位 chansbeaker chansbeaker 100% 682% 29,100円
4位 ふむてぃ ふむてぃ 100% 1341% 27,320円
5位 Ken-1 Ken-1 100% 590% 24,520円

⇒名古屋大賞典の予想を見る

新着ニュース

 3月30日(木)の名古屋競馬11Rで行われた第40回名古屋大賞典(交流GIII、4歳以上オープン、選定馬、別定、ダート・右1900メートル、9頭立て、1着賞金=2100万円)は、福永祐一騎手騎乗の3番人気ケイティブレイブ(牡4歳、栗東・目野哲也厩舎)が逃げ切り勝ち。タイムは2分2秒5(良)。1馬身半差の2着には中団追走から内めを伸びたピオネロ(4番人気、JRA所属)、さらに半馬身遅れた3着に先行策から直線力強く脚を伸ばしたカツゲキキトキト(6番人気、愛知競馬所属)。1番人気のモルトベーネは中団を進んだが、直線の伸びを欠き4着。2番人気のオールブラッシュは逃げ切った前走の川崎記念とは一転して好位からレースを進めたが、直線は切れる脚を使えず5着に敗れている。

 名古屋大賞典を勝ったケイティブレイブは、父アドマイヤマックス、母ケイティローレル、母の父サクラローレルという血統。北海道新ひだか町・岡野牧場の生産馬で、瀧本和義氏の所有馬。通算成績は19戦6勝。重賞は2016年兵庫チャンピオンシップ・交流GII、白山大賞典・交流GIII、浦和記念・交流GIIに次いで4勝目。名古屋大賞典は目野哲也調教師、福永祐一騎手ともに初優勝。

【名古屋大賞典(Jpn3・指定交流)オープン】(名古屋)〜ケイティブレイブが優勝

30日、名古屋競馬場の第11Rに行われた第40回 名古屋大賞典(Jpn3・指定交流)オープン(ダート 右1900m サラブレッド系4才以上 別定)は福永祐一騎手騎乗の3番人気・5番ケイティブレイブ(牡4)が優勝した。
勝ちタイムは2分02秒5(良)。さらに11/2馬身差の2着に4番人気・2番ピオネロ(牡6)、そこから1/2馬身差の3着に6番人気・6番カツゲキキトキト(牡4)が入った。
ケイティブレイブは、父アドマイヤマックス、母ケイティローレル、母の父サクラローレルという血統で目野哲也厩舎の所属馬。生産は日高郡新ひだか町・岡野牧場。馬主は瀧本和義。通算成績は19戦6勝。
「名古屋大賞典(Jpn3・指定交流)オープン」の着順&払戻金はこちら

【名古屋大賞典】JRA出走予定馬が決定

 3月30日(木)に名古屋競馬場で行われる名古屋大賞典のJRA所属の出走予定馬および騎乗予定騎手が決まった。

 「第40回名古屋大賞典」(名古屋競馬場、交流GIII、4歳以上オープン、別定、ダート・右1900メートル)

【JRA所属の出走予定馬】5頭オールブラッシュ(牡5歳、栗東・村山明厩舎、クリストフ・ルメール騎手)ケイティブレイブ(牡4歳、栗東・目野哲也厩舎、福永祐一騎手)ドリームキラリ(牡5歳、栗東・矢作芳人厩舎、川田将雅騎手)ピオネロ(牡6歳、栗東・松永幹夫厩舎、戸崎圭太騎手)モルトベーネ(牡5歳、栗東・松永昌博厩舎、ミルコ・デムーロ騎手)

【名古屋大賞典】JRA出走予定馬が発表

 3月30日(木)に名古屋競馬場で行われる名古屋大賞典のJRA所属の出走予定馬および補欠馬が12日、発表された。 「第40回名古屋大賞典」(名古屋競馬場、交流GIII、4歳以上オープン、別定、ダート・右1900メートル)【JRA所属の出走予定馬】5頭オールブラッシュ(牡5歳、栗東・村山明厩舎、騎手未定)クリソライト(牡7歳、栗東・音無秀孝厩舎、騎手未定)ケイティブレイブ(牡4歳、栗東・目野哲也厩舎、福永祐一騎手)ドリームキラリ(牡5歳、栗東・矢作芳人厩舎、騎手未定)モルトベーネ(牡5歳、栗東・松永昌博厩舎、騎手未定)【JRA所属の補欠馬】5頭(補欠順位順)1.ピオネロ2.ロンドンタウン3.アスカノロマン4.コスモカナディアン5.マイネルトゥラン

⇒もっと見る

過去10年の結果 〜名古屋大賞典 2017〜

2016年 名古屋大賞典 2016年3月17日(木) 名古屋10R 1900m 良 12頭

名古屋大賞典(Jpn3・指定交流)

1着 2 アウォーディー 1.4倍(1人気) 武豊 2.01.2
2着 10 バンズーム 10.4倍(4人気) 田邊裕信 2.03.6
3着 6 モズライジン 7.1倍(3人気) 中谷雄太 2.03.7
単勝 2 140円(1人気) 3連複 2−6−10 580円(3人気)
馬連 2−10 690円(3人気) 3連単 2→10→6 1,880円(8人気)
開催日 場名 頭数 馬場 勝ち馬 オッズ 人気 騎手 所属 勝ちタイム
2015/3/26
名古屋大賞典
名古屋 12 メイショウコロンボ 4.8倍 3 武幸四郎 JRA 2.00.8
2014/3/26
名古屋大賞典
名古屋 12 不良 ダノンカモン 3.9倍 3 川田将雅 JRA 2.01.9
2013/3/20
名古屋大賞典
名古屋 12 ホッコータルマエ 1.2倍 1 幸英明 JRA 1.59.8
2012/3/22
名古屋大賞典
名古屋 11 稍重 ニホンピロアワーズ -- 1 幸英明 JRA 2.01.4
2011/3/21
名古屋大賞典
名古屋 12 不良 エスポワールシチー -- 1 佐藤哲三 JRA 1.58.4
2010/3/17
名古屋大賞典
名古屋 12 稍重 ラヴェリータ -- 4 岩田康誠 JRA 2.02.1
2009/3/25
名古屋大賞典
名古屋 11 スマートファルコン -- 1 岩田康誠 JRA 2.01.8
2008/3/20
名古屋大賞典
名古屋 12 不良 メイショウトウコン -- 1 武幸四郎 JRA 2.00.6
2007/3/28
名古屋大賞典
名古屋 12 アルドラゴン -- 5 藤田伸二 JRA 2.04.4

歴史・レース概要 〜名古屋大賞典2017〜


名古屋大賞典は名古屋競馬場ダート1900mで施行される地方重賞JpnIIIである。1977年に5歳(現4歳)から10歳(現9歳)の重賞競走、名古屋大賞典として創設、第1回は名古屋競馬場のダート1900mで施行された。春の名古屋競馬場での名物競走で、中央競馬の重賞クラスの競走馬が例年出走する傾向がある。

執筆者:ウマニティ競馬研究所(略してウマケン)

まだウマニティ会員ではない方へ

会員登録するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを無料で利用できます。

収支100万円超えの猛者がズラリ

全国トップ予想家たちの予想閲覧

予想に必携の高精度スピード指数

「U指数」を重賞で全頭公開

勝率40%超えを誇る堅軸候補

「凄馬」をメールでお知らせ

TVでも紹介!設定は10万通り以上

あなただけの予想ロボが作れる

この他にも20以上のサービスを無料で提供!

会員登録(無料)する

ようこそゲストさん

今すぐ会員登録

※パスワードを忘れた場合

いつものアカウントが使えます!

  • Yahoo! JAPAN ID
  • Twitterアカウント
  • Facebookアカウント

本日の開催

帯広競馬
第12回第4日
1R 4時間前
盛岡競馬
第7回第4日
1R 3時間前
佐賀競馬
第11回第1日
1R 4時間前

次回のダートグレード競走

9月27日()船橋
日本テレビ盃 Jpn2

名古屋大賞典特集
バックナンバー

名古屋大賞典 2017
名古屋大賞典 2016
名古屋大賞典 2015

2017ダートグレード競走

東海ステークス
TCK女王盃
根岸ステークス
川崎記念
佐賀記念
フェブラリーステークス
エンプレス杯(キヨフジ記念)
黒船賞
ダイオライト記念
マーチステークス
名古屋大賞典
マリーンカップ
アンタレスステークス
東京スプリント
かきつばた記念
兵庫チャンピオンシップ
かしわ記念
平安ステークス
さきたま杯
北海道スプリントカップ
関東オークス
ユニコーンステークス
帝王賞
スパーキングレディーカップ(ホクトベガメモリアル)
プロキオンステークス
ジャパンダートダービー
マーキュリーカップ(メイセイオペラ記念)
レパードステークス
エルムステークス
クラスターカップ
サマーチャンピオン
ブリーダーズゴールドカップ
テレ玉杯オーバルスプリント
日本テレビ盃
シリウスステークス
白山大賞典
東京盃
レディスプレリュード
マイルチャンピオンシップ南部杯
エーデルワイス賞
北海道2歳優駿
JBCクラシック
JBCスプリント
JBCレディスクラシック
みやこステークス
東京中日スポーツ杯武蔵野ステークス
兵庫ジュニアグランプリ
浦和記念
チャンピオンズカップ
クイーン賞
カペラステークス
全日本2歳優駿
名古屋グランプリ
兵庫ゴールドトロフィー
東京大賞典