全日本2歳優駿2017-レース結果

全日本2歳優駿

2017年12月13日(水)

全日本2歳優駿 Jpn1

川崎競馬場/1600m

レース結果

●全日本2歳優駿 ダートグレード競走攻略ツール

  • 出馬表
  • 予想登録
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX

山崎エリカのダートグレード攻略 〜全日本2歳優駿2017〜

2017年12月12日(火)

山崎エリカ  国内の2歳ダート最強馬を決める全日本2歳優駿。このレースは、芝のレースなら朝日杯フューチュリティステークスのようなもの。2歳チャンピオン決定戦らしく、成長力が重要ポイント。近走で凡退が続いて成長力にやや疑問符がつく成績の馬は、苦戦している傾向にあります。つまり、高い能力を持ち、近走成績も良い勢いのある馬を狙うのが基本です。

 実際に過去10年の連対馬20頭中、17頭が前走3着以内の馬でした。2008年にナサニエルが前走5着から、2012年にジェネラルグラントが前走5着から、2013年にスザクが前走6着からこのレースで2着に巻き返しています。しかし、この3頭の前走は、北海道2歳優駿か兵庫ジュニアグランプリのどちらかに出走していました。

 また、ナサニエルこそ前々走で5着に負けていますが、ジェネラルグラントは前々走で門別の重賞・サンライズCを、スザクは前々走JRAの500万下の優勝馬です。前走5着、6着からの巻き返しを狙うのであれば、前走ダートグレードに出走していることと、前々走で優勝していることがひとつの目安になるでしょう。

 3着馬では、2013年にサーモピレーが前走・北海道2歳優駿9着から巻き返しています。しかし、その他の3着馬は、やはり前走3着以内の馬ばかり。また、サーモピレーは、デビュー1〜2戦目を連勝した後、近2走で凡退し、5戦目のこのレースで巻き返した形。前記したナサニエルも、サーモピレー同様の成績だったことから、近2走凡退からの巻き返しは、キャリア4戦馬に限られると考えていいでしょう。キャリア5戦以上で近2走とも凡退している馬が、このレースで3着以内に巻き返したパターンはありませんでした。

 では、前記の条件を満たした馬の中でも、どのような馬が有力かというと、成長合戦の2歳戦らしく、前走1着馬。当然、JRAの500万下勝ち馬よりもダートグレードの優勝馬です。その中でもデビューからダートでは無敗だった馬のこのレースでの成績は、過去10年で【6・1・0・3】と有力。この数字だけをみると、たいして活躍していないように感じるかもしれません。

 しかし、2着以下の馬には、ダートのキャリアが2戦以下という共通項がありました。2着以下の該当馬は、2011年のリアライズノユメ(2着)。4着以下の該当馬は、2008年のメトロノース(4着)、2011年のゴーイングパワー(11着)、2012年のアルムダプタ(8着)。つまり、ダートのキャリア3戦以上でダート無敗、前走ダートグレード優勝と3つの条件が重なった場合には、勝率100%を誇ります。そのタイプが出走していれば、積極的に狙いましょう。

 2008年のスーニ、2009年のラブミーチャン、2011年のオーブルチェフ、2012年のサマリーズ、2013年ハッピーズプリント、2015年のサウンドスカイ、2016年のリエノテソーロはともに、ダートのキャリアが3戦以上の馬でした。

 最後にこのレースの穴メーカーになりますが、前走の北海道2歳優駿で3コーナー先頭だった馬が活躍しています。2007年の2着馬ディラクエ(3番人気)、2012年の2着馬ジェネラルグラント(7番人気)、2013年の3着馬サーモピレ(8番人気)の3頭。遡って2006年の3着馬アンパサンド(9番人気)もそのパターンでした。

 他にも一昨年の3着馬アンサンブルライフ(5番人気)も前走・平和賞を3コーナー先頭から2着入線した馬だったように、人気を問わず、このレースでの活躍が目立っています。このあたりはペースがあがりすぎてしまうことがよくあるダート戦らしいですね。


 まとめるとこうなります!

 ●本命候補
 ・ダートのキャリア3戦以上でダート無敗、前走ダートグレードで優勝した馬。

 ●穴馬候補
 ・北海道2歳優駿で3コーナー先頭でレースをした馬をはじめ、前走早め先頭から凡退している馬の巻き返しが目立つ。

山崎エリカさんのダートグレード競走最新予想はこちらからご覧いただけます!!

ツイてる奴の予想に乗れ! 〜全日本2歳優駿2017〜

今まさに絶好調な勝ち組の予想を参考にしよう!

12/13 21:06更新
順位 予想家名 本日の成績 全日本2歳優駿の
予想
的中率 回収率 収支
1位 しめっぽ隊 しめっぽ隊 8% 105% 10,000円
2位 アネスト アネスト 100% 2277% 108,850円
3位 パギ パギ 23% 198% 218,860円
4位 08f6da9417 08f6da9417 100% 800% 35,000円
5位 ニヤンコ 先生 ニヤンコ 先生 50% 133% 19,590円

⇒全日本2歳優駿の予想を見る

新着ニュース

13日、川崎競馬場の第11Rに行われた第68回 全日本2歳優駿(Jpn1)【指定交流】オープン選定馬(ダート 左1600m サラブレッド系2才 定量)はM.デムーロ騎手騎乗の1番人気・9番ルヴァンスレーヴ(牡2)が優勝した。
勝ちタイムは1分41秒6(良)。さらに1馬身差の2着に3番人気・8番ドンフォルティス(牡2)、そこから3馬身差の3着に6番人気・11番ハセノパイロ(牡2)が入った。
ルヴァンスレーヴは、父シンボリクリスエス、母マエストラーレ、母の父ネオユニヴァースという血統で萩原清厩舎の所属馬。生産は白老郡白老町・(有)社台コーポレーション白老ファーム。馬主は(株)G1レーシン。通算成績は3戦3勝。
「全日本2歳優駿(Jpn1)【指定交流】オープン選定馬」の着順&払戻金はこちら

【全日本2歳優駿】ルヴァンスレーヴが3連勝で戴冠 12月13日(水) 20:46

 12月13日(水)の川崎競馬11Rで行われた第68回全日本2歳優駿(交流GI、2歳オープン、選定馬、定量、ダート・左1600メートル、14頭立て、1着賞金=3500万円)は、ミルコ・デムーロ騎手騎乗の1番人気ルヴァンスレーヴ(牡、美浦・萩原清厩舎)が無傷の3連勝でダートの2歳王者の座に就いた。タイムは1分41秒6(良)。

 ハナを切ったのはサザンヴィグラス。ルヴァンスレーヴはスタンド前で最後方、外めをジワジワ進出して3コーナー過ぎにスパート。直線半ばで先頭に立ち、外から追い込んできたドンフェルティスの追撃を余裕十分の手応えで退けた。

 1馬身差の2着に武豊騎乗のドンフォルティス(3番人気、JRA所属)、さらに3馬身差遅れた3着には内から脚を伸ばしたハセノパイロ(6番人気、船橋所属)。

 このレースは、日本馬を対象とした米GIケンタッキーダービー(チャーチルダウンズ競馬場、毎年5月第一土曜日開催)の出走馬選定ポイントシリーズに組まれている。

 全日本2歳優駿を勝ったルヴァンスレーヴは、父シンボリクリスエス、母マエストラーレ、母の父ネオユニヴァースという血統。北海道白老町・社台コーポレーション白老ファームの生産馬で、G1レーシングの所有馬。通算成績は3戦3勝(うち地方1戦1勝)。重賞初制覇。全日本2歳優駿は、萩原清調教師は2011年オーブルチェフに次いで2勝目、ミルコ・デムーロ騎手は初優勝。

 ◆ミルコ・デムーロ騎手(1着 ルヴァンスレーヴ)「すばらしい馬です。位置取りはいつもの通り。馬の気持ちが一番大事ですから。新馬のときからスタートは速くない。今日は出てすぐ少しぶつけられたけど、その後は問題ない。初めてのコーナー4つのレースなので、自分の気持ちを馬がわかっていて、ゆっくり行きましょうと二人で思って走っていました。来年のケンタッキーダービーですか。勝ちたい。行きたい。楽しみですね」

【全日本2歳優駿】ハヤブサマカオーなどが出走予定 12月7日(木) 21:39

 12月13日(水)に川崎競馬場で行われる全日本2歳優駿の登録馬が発表された。



◇第68回全日本2歳優駿登録馬◇

(13日、川崎、交流GI、1着賞金3500万円、サラ2歳、選定馬、定量、ダ左1600メートル)

 《JRA》ダークリパルサー(美浦)ドンフォルティス(栗東)ハヤブサマカオー(美浦)ビッグスモーキー(栗東)ルヴァンスレーヴ(美浦)=補欠4頭

 《地方》ハセノパイロ(船橋)リコーワルサー(大井)ダモンデ(北海道)サザンヴィグラス(北海道)ソイカウボーイ(北海道)ドンビー(船橋)ハッピーグリン(北海道)トーセンブル(船橋)マースインディ(大井)=補欠17頭

 【注】7日現在。フルゲートは14頭

【全日本2歳優駿】JRA出走予定馬が発表 11月26日() 18:19

 12月13日(水)に川崎競馬場で行われる全日本2歳優駿のJRA所属の出走予定馬および補欠馬が11月26日、発表された。



 「第68回全日本2歳優駿」(川崎競馬場、交流GI、2歳オープン、定量、ダート・左1600メートル)



【JRA所属の出走予定馬】5頭タイセイプライド(牡、栗東・西村真幸厩舎、騎手未定)ダークリパルサー(牡、美浦・金成貴史厩舎、戸崎圭太騎手)ドンフォルティス(牡、栗東・牧浦充徳厩舎、騎手未定)ハヤブサマカオー(牡、美浦・伊藤圭三厩舎、クリストフ・ルメール騎手)ビッグスモーキー(牡、栗東・清水久詞厩舎、騎手未定)



【JRA所属の補欠馬】5頭(補欠順位順)1.ルヴァンスレーヴ2.アスターソード3.ショーム4.プロスパラスデイズ5.サトノプライド

【2歳次走報】ビッグスモーキー、全日本2歳優駿へ 11月22日(水) 05:01

 ★もちの木賞をレコード勝ちしたビッグスモーキー(栗・清水久、牡)は全日本2歳優駿(12月13日、川崎、交流GI、ダ1600メートル)を目指す。

 ★19日京都の新馬戦(芝2000メートル)を快勝したフランツ(栗・音無、牡)は12月28日阪神の500万下(芝2000メートル)へ。同新馬戦(ダ1200メートル)を勝ったヌーディーカラー(栗・宮本、牡)は12月17日阪神の500万下(ダ1200メートル)に進む。





ビッグスモーキーの競走成績はこちら

⇒もっと見る

過去10年の結果 〜全日本2歳優駿 2017〜

2016年 全日本2歳優駿 2016年12月14日(水) 川崎11R 1600m 不良 14頭

全日本2歳優駿(Jpn1)【指定交流】

1着 1 リエノテソーロ 2.0倍(1人気) 吉田隼人 1.42.8
2着 14 シゲルコング 6.0倍(2人気) 内田博幸 1.43.4
3着 4 ローズジュレップ 6.3倍(3人気) 川原正一 1.43.7
単勝 1 200円(1人気) 3連複 1−4−14 1,960円(3人気)
馬連 1−14 870円(2人気) 3連単 1→14→4 5,960円(6人気)
開催日 場名 頭数 馬場 勝ち馬 オッズ 人気 騎手 所属 勝ちタイム
2015/12/16
全日本2歳優駿
川崎 12 稍重 サウンドスカイ 3.1倍 1 戸崎圭太 JRA 1.43.1
2014/12/17
全日本2歳優駿
川崎 14 稍重 ディアドムス 4.2倍 3 三浦皇成 JRA 1.45.3
2013/12/18
全日本2歳優駿
川崎 14 稍重 ハッピースプリント 2.5倍 1 宮崎光行 北海道 1.40.4
2012/12/19
全日本2歳優駿
川崎 14 サマリーズ 4.0倍 3 藤岡佑介 JRA 1.41.9
2011/12/14
全日本2歳優駿
川崎 12 オーブルチェフ -- 1 中舘英二 JRA 1.41.6
2010/12/15
全日本2歳優駿
川崎 13 不良 ビッグロマンス -- 3 田中勝春 JRA 1.41.2
2009/12/16
全日本2歳優駿
川崎 14 ラブミーチャン -- 2 濱口楠彦 笠松 1.40.0
2008/12/17
全日本2歳優駿
川崎 12 不良 スーニ -- 1 内田博幸 JRA 1.40.5
2007/12/19
全日本2歳優駿
川崎 12 イイデケンシン -- 5 藤田伸二 JRA 1.41.8

歴史・レース概要 〜全日本2歳優駿2017〜



全日本2歳優駿は川崎競馬場で施行されるダート1600mの重賞競走(JpnI)である。1950年に創設され、第1回は川崎競馬場のダート1200mで施行された。1997年に中央・地方全国指定交流競走に指定され、ダートグレード競走のGII(統一GII)に格付け、2002年からはダートグレード競走のGI(統一GI)に昇格し、日本の2歳ダート最強馬決定戦として位置付けされた。現存する地方競馬の重賞競走では最も歴史が長い競走である。

執筆者:ウマニティ競馬研究所(略してウマケン)

まだウマニティ会員ではない方へ

会員登録するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを無料で利用できます。

収支100万円超えの猛者がズラリ

全国トップ予想家たちの予想閲覧

予想に必携の高精度スピード指数

「U指数」を重賞で全頭公開

勝率40%超えを誇る堅軸候補

「凄馬」をメールでお知らせ

TVでも紹介!設定は10万通り以上

あなただけの予想ロボが作れる

この他にも20以上のサービスを無料で提供!

会員登録(無料)する

ようこそゲストさん

今すぐ会員登録

※パスワードを忘れた場合

いつものアカウントが使えます!

本日の開催

帯広競馬
第18回第6日
1R 11時間前
水沢競馬
第9回第6日
1R 7時間前
浦和競馬
第8回第1日
1R 7時間前
名古屋競馬
第21回第1日
1R 7時間前

次回のダートグレード競走

12月27日()園田
兵庫ゴールドトロフィー Jpn3

全日本2歳優駿特集
バックナンバー

全日本2歳優駿 2017
全日本2歳優駿 2016
全日本2歳優駿 2015

2017ダートグレード競走

東海ステークス
TCK女王盃
根岸ステークス
川崎記念
佐賀記念
フェブラリーステークス
エンプレス杯(キヨフジ記念)
黒船賞
ダイオライト記念
マーチステークス
名古屋大賞典
マリーンカップ
アンタレスステークス
東京スプリント
かきつばた記念
兵庫チャンピオンシップ
かしわ記念
平安ステークス
さきたま杯
北海道スプリントカップ
関東オークス
ユニコーンステークス
帝王賞
スパーキングレディーカップ(ホクトベガメモリアル)
プロキオンステークス
ジャパンダートダービー
マーキュリーカップ(メイセイオペラ記念)
レパードステークス
エルムステークス
クラスターカップ
サマーチャンピオン
ブリーダーズゴールドカップ
テレ玉杯オーバルスプリント
日本テレビ盃
シリウスステークス
白山大賞典
東京盃
レディスプレリュード
マイルチャンピオンシップ南部杯
エーデルワイス賞
北海道2歳優駿
JBCクラシック
JBCスプリント
JBCレディスクラシック
みやこステークス
東京中日スポーツ杯武蔵野ステークス
兵庫ジュニアグランプリ
浦和記念
チャンピオンズカップ
クイーン賞
カペラステークス
全日本2歳優駿
名古屋グランプリ
兵庫ゴールドトロフィー
東京大賞典