東京スプリント2017-レース結果

東京スプリント

2017年4月19日(水)

東京スプリント Jpn3

大井競馬場/1200m

レース結果

●東京スプリント ダートグレード競走攻略ツール

  • 出馬表
  • 予想登録
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX

山崎エリカのダートグレード攻略 〜東京スプリント2017〜

2017年4月18日(火)

山崎エリカ  今年のトゥインクルナイター開幕後の最初のダートグレードとなる東京スプリント。このレースはダートグレードとしては歴史が浅く、今回が9回目。かつて4月に行われていたJRAのプロキオンS(阪神ダ1400m)が夏場へと移行し、スプリント路線の馬が3月の黒船賞から5月のかきつばた記念まで出走するレースがないという状況から、3月に行われていた東京シティ盃を「東京スプリント」と改名してこの時期に行われるようになりました。

 つまり、4月に行われる短距離のグレードレースはここしかないため、前年のJBCスプリントの上位馬をはじめとするトップクラスのスプリンターが集います。確かに前年のJBCスプリントの勝ち馬でありながら、2012年のこのレースで11着に敗れたスーニーのように、なかには休養で調子を崩してしまう馬もいますが、能力の裏づけがある前年のJBCスプリントの上位馬が優勢。

 特に、前年のJBCスプリントで3着以内の能力の裏付けと、始動戦の黒船賞でも1着と順調さをアピールできていた馬というのは信頼できます。このレースの過去8年で、前年のJBCスプリントで3着以内かつ、前走の黒船賞1着だった馬の成績は【2・2・1・0】(2011年は、黒船賞中止)。該当馬は、2012年セイクリムズン・1着、2013年セイクリムズン・2着、2014年セイクリムズン・2着、2015年ダノンレジェンド・1着、2016年ダノンレジェンド・3着。競走馬の好走は、能力と勢いのバランスで成立しているところがあるので、このパターンを信頼してもいいでしょう。

 逆にこのレースで穴を開けるのは、マイル〜中距離路線組です。2011年に8番人気で勝利したセレスハントは、前々走の佐賀記念で3着入線するなど、近走で中距離路線を使われていた馬でした。また、昨年4番人気で2着とダノンレジェンドに先着したグレープブランデーも、前年のチャンピオンズCや同年のフェブラリーSに出走するなど、マイル〜中距離路線を主体に使われており、遡ればフェブラリーS勝ちの実績もありました。

 このコーナーで何度も綴っているように、日本の場合はスプリント適性が高いからスプリンターになるというよりは、マイル〜中距離路線で通用しなかった馬がスプリンターになることが多いので、スプリント路線よりも中距離路線のほうがレベルが高いです。よって、マイル〜中距離路線で凡退していたとしても、相手弱化のスプリント路線で浮上する場合があることは、覚えておいて損はないでしょう。これひとつで高配当が取れる場合もあります。

 さらにこのレースは、2013年に笠松のラブミーチャンが勝利したり、2010年、2012年に大井のフジノウェーブが2着入線したりと、地方勢の活躍がとても目立ちます。確かにこの2頭は、G2の東京盃でも勝利した実績馬であり、そのレベルであれば、近走の勢いの後押しひとつで巻き返しが可能でしょう。注目すべきは、2011年コアレスピューマ(12番人気)、2012年スターボード(7番人気)、2014年アルゴリズム(10番人気)がこのレースで3着入線し、3連単の波乱の立役者となったことです。

 特に2011年は、勝ち馬が8番人気のセレスハントだったこともあり、3連単1,355,570円のウルトラ高配当が飛び出しました。特に今年は、スプリント王ダノンレジェンドが引退し、ダノンレジェンドに歯が立たなかった旧勢力が盛り返しを見せているという状況下。つまり、メンバー質が低くなっているので、地方馬でも付け入る隙があります。

 そこでコアレスピューマ、スターボード、アルゴリズムの3頭を分析すると、アルゴリズムは中央のオープンで上位の実績がありながら、長らく障害レースを使われ、そこで結果を出せないまま地方へ移籍した馬。つまり、障害を5戦して未勝利に終わったことが人気の盲点となった馬です。他、コアレスピューマ、スターボードは前々走の南関東限定重賞や準重賞で3着以内、前走勝利という共通項がありました。フジノウェーヴがこのレースで2度目の2着入線した2012年も、全盛期の勢いがないことから5番人気という低評価でしたが、前走・東京スプリング盃で1着になるなど、この馬なりの勢いは見せられていました。南関東限定重賞で3着以内、準重賞で2着以内の実績と勢いがあれば、一発の魅力が潜みます。


 まとめるとこうなります!

 ●本命候補
 ・前年のJBCスプリントで3着以内かつ、前走の黒船賞で1着の馬。

 ●穴馬候補
 ・中距離路線組。(中距離のダートグレードで3着以内の実績があることが条件】
 ・前走勝ちの地方馬。(南関東限定重賞で3着以内、準重賞で2着以内の実績があることが条件)

山崎エリカさんのダートグレード競走最新予想(「競馬プロ予想MAX」)はこちらからご覧いただけます!!

ツイてる奴の予想に乗れ! 〜東京スプリント2017〜

今まさに絶好調な勝ち組の予想を参考にしよう!

4/19 21:05更新
順位 予想家名 本日の成績 東京スプリントの
予想
的中率 回収率 収支
1位 ガットゥーゾ君 ガットゥーゾ君 33% 286% 28,000円
2位 よしとみせんせい よしとみせんせい 100% 993% 26,800円
3位 お豆腐 お豆腐 33% 259% 94,940円
4位 ヒロ125 ヒロ125 26% 171% 66,140円
5位 プロスト プロスト 100% 476% 18,840円

⇒東京スプリントの予想を見る

新着ニュース

19日、大井競馬場の第11Rに行われた第28回 東京スプリント競走(Jpn3)4上選定馬重賞(ダート・外 右1200m サラブレッド系4才以上 別定)は内田博幸騎手騎乗の1番人気・10番キタサンサジン(牡5)が優勝した。
勝ちタイムは1分12秒7(稍重)。さらにアタマ差の2着に3番人気・2番ブライトライン(牡8)、そこから11/4馬身差の3着に4番人気・8番レーザーバレット(牡9)が入った。
キタサンサジンは、父サウスヴィグラス、母キタサンヒメ、母の父カコイーシーズという血統で梅田智之厩舎の所属馬。生産は日高郡新ひだか町・米田牧場。馬主は(有)大野商事。通算成績は21戦6勝。
「東京スプリント競走(Jpn3)4上選定馬重賞」の着順&払戻金はこちら

【東京スプリント】キタサンサジンが逃げ切って初重賞V 4月19日(水) 20:39

 4月19日(水)の大井競馬11Rで行われた第28回東京スプリント(交流GIII、4歳以上オープン、選定馬、別定、ダート・右1200メートル、10頭立て、1着賞金=2700万円)は、内田博幸騎手騎乗の1番人気キタサンサジン(牡5歳、栗東・梅田智之厩舎)が逃げ切り勝ち。タイムは1分12秒7(稍重)。

 ◆内田博幸騎手(1着 キタサンサジン)「スタートはトモを滑らせる感じで半馬身ほど周りの馬より遅かったんですが、スピードがあるのでハナに行くことができました。ゴール前は…、運のあるオーナー(大野商事=歌手の北島三郎さん)なのでそれにあやかってボクも優勝できましたし、馬も強かったです。なかなかしぶといレースができましたね。これだけのメンバーで。これをキッカケに、もっと大きなレースを、キタサンブラックみたいに勝っていってくれたらな、と思います」

 アタマ差の2着には大外から追い込んだブライトライン(3番人気)、さらに1馬身1/4差の3着に中団から伸びたレーザーバレット(4番人気)。

 東京スプリントを勝ったキタサンサジンは、父サウスヴィグラス、母キタサンヒメ、母の父カコイーシーズという血統。北海道新ひだか町・米田牧場の生産馬で、大野商事の所有馬。通算成績は21戦6勝。重賞は初制覇。梅田智之調教師は東京スプリント初優勝、内田博幸騎手は東京スプリントは2003年ハタノアドニス、2009年ゼンノパルテノンに次いで3勝目。

【東京スプリント】JRA出走予定馬が決定 4月13日(木) 20:20

 4月19日(水)に大井競馬場で行われる東京スプリントのJRA所属の出走予定馬および騎乗予定騎手が決定した。

 「第28回東京スプリント」(大井競馬場、交流GIII、4歳以上オープン、別定、ダート・右1200メートル)

【JRA所属の出走予定馬】5頭キタサンサジン(牡5歳、栗東・梅田智之厩舎、内田博幸騎手)ダノングッド(牡5歳、栗東・村山明厩舎、福永祐一騎手)ドリームバレンチノ(牡10歳、栗東・加用正厩舎、岩田康誠騎手)ブライトライン(牡8歳、栗東・鮫島一歩厩舎、川田将雅騎手)レーザーバレット(牡9歳、美浦・萩原清厩舎、戸崎圭太騎手)

【東京スプリント】JRA出走予定馬が発表 4月2日() 17:10

 4月19日(水)に大井競馬場で行われる東京スプリントのJRA所属の出走予定馬および補欠馬が4月2日、発表された。

 「第28回東京スプリント」(大井競馬場、交流GIII、4歳以上オープン、別定、ダート・右1200メートル)

【JRA所属の出走予定馬】5頭キタサンサジン(牡5歳、栗東・梅田智之厩舎、騎手未定)ダノングッド(牡5歳、栗東・村山明厩舎、騎手未定)ドリームバレンチノ(牡10歳、栗東・加用正厩舎、岩田康誠騎手)ブライトライン(牡8歳、栗東・鮫島一歩厩舎、騎手未定)レーザーバレット(牡9歳、美浦・萩原清厩舎、騎手未定)

【JRA所属の補欠馬】5頭(補欠順位順)1.ブルドッグボス2.フィドゥーシア3.ナンチンノン4.エイシンヴァラー5.ラズールリッキー

⇒もっと見る

過去10年の結果 〜東京スプリント 2017〜

2016年 東京スプリント 2016年4月6日(水) 大井11R 1200m 稍重 15頭

東京スプリント競走(Jpn3)

1着 12 コーリンベリー 6.8倍(3人気) 松山弘平 1.11.4
2着 10 グレープブランデー 20.9倍(4人気) 武豊 1.11.9
3着 4 ダノンレジェンド 1.4倍(1人気) M.デムーロ 1.12.3
単勝 12 680円(3人気) 3連複 4−10−12 790円(4人気)
馬連 10−12 3,760円(8人気) 3連単 12→10→4 14,320円(28人気)
開催日 場名 頭数 馬場 勝ち馬 オッズ 人気 騎手 所属 勝ちタイム
2016/2/24
東京スプリント
大井 16 ソルテ 1.2倍 1 吉原寛人 大井 1.25.5
2015/4/8
東京スプリント
大井 14 不良 ダノンレジェンド 2.0倍 1 丸田恭介 JRA 1.10.6
2014/4/2
東京スプリント
大井 16 ノーザンリバー 1.5倍 1 蛯名正義 JRA 1.10.7
2013/4/10
東京スプリント
大井 16 ラブミーチャン 6.9倍 3 戸崎圭太 笠松 1.11.7
2012/4/18
東京スプリント
大井 16 セイクリムズン -- 1 岩田康誠 JRA 1.10.5
2011/4/20
東京スプリント
大井 16 セレスハント -- 8 福永祐一 JRA 1.10.8
2010/4/7
東京スプリント
大井 16 スーニ -- 1 川田将雅 JRA 1.12.2
2009/4/8
東京スプリント
大井 16 ゼンノパルテノン -- 5 内田博幸 JRA 1.11.6
2009/3/4
東京スプリント
大井 12 不良 フジノウェーブ -- 1 御神本訓史 大井 1.12.4

歴史・レース概要 〜東京スプリント2017〜



東京スプリントは大井競馬場で施行されるダート1200mの重賞競走JpnIIIである。旧称は大井競馬場の愛称である「東京シティ競馬(TCK)」に由来した東京シティ盃であった。南関東地区所属馬については当年のフジノウェーブ記念優勝馬には優先出走権がある。また本競走で上位2着までに入った地方競馬所属には、かしわ記念(JpnI)およびさきたま杯(JpnII)への優先出走権が与えられる。

執筆者:ウマニティ競馬研究所(略してウマケン)

まだウマニティ会員ではない方へ

会員登録するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを無料で利用できます。

収支100万円超えの猛者がズラリ

全国トップ予想家たちの予想閲覧

予想に必携の高精度スピード指数

「U指数」を重賞で全頭公開

勝率40%超えを誇る堅軸候補

「凄馬」をメールでお知らせ

TVでも紹介!設定は10万通り以上

あなただけの予想ロボが作れる

この他にも20以上のサービスを無料で提供!

会員登録(無料)する

ようこそゲストさん

今すぐ会員登録

※パスワードを忘れた場合

いつものアカウントが使えます!

本日の開催

浦和競馬
第7回第4日
6R 21分前
笠松競馬
第14回第3日
5R 1分前
園田競馬
第18回第3日
5R 11分前
佐賀競馬
第15回第3日
5R 21分前

次回のダートグレード競走

12月3日()中京
チャンピオンズカップ G1

東京スプリント特集
バックナンバー

東京スプリント 2017
東京スプリント 2016
東京スプリント 2015

2017ダートグレード競走

東海ステークス
TCK女王盃
根岸ステークス
川崎記念
佐賀記念
フェブラリーステークス
エンプレス杯(キヨフジ記念)
黒船賞
ダイオライト記念
マーチステークス
名古屋大賞典
マリーンカップ
アンタレスステークス
東京スプリント
かきつばた記念
兵庫チャンピオンシップ
かしわ記念
平安ステークス
さきたま杯
北海道スプリントカップ
関東オークス
ユニコーンステークス
帝王賞
スパーキングレディーカップ(ホクトベガメモリアル)
プロキオンステークス
ジャパンダートダービー
マーキュリーカップ(メイセイオペラ記念)
レパードステークス
エルムステークス
クラスターカップ
サマーチャンピオン
ブリーダーズゴールドカップ
テレ玉杯オーバルスプリント
日本テレビ盃
シリウスステークス
白山大賞典
東京盃
レディスプレリュード
マイルチャンピオンシップ南部杯
エーデルワイス賞
北海道2歳優駿
JBCクラシック
JBCスプリント
JBCレディスクラシック
みやこステークス
東京中日スポーツ杯武蔵野ステークス
兵庫ジュニアグランプリ
浦和記念
チャンピオンズカップ
クイーン賞
カペラステークス
全日本2歳優駿
名古屋グランプリ
兵庫ゴールドトロフィー
東京大賞典