JBCレディスクラシック2017-レース結果

JBCレディスクラシック

2017年11月3日(金)

JBCレディスクラシック Jpn1

大井競馬場/1800m

レース結果

●JBCレディスクラシック ダートグレード競走攻略ツール

  • 出馬表
  • 予想登録
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX

山崎エリカのダートグレード攻略 〜JBCレディスクラシック2017〜

2017年11月2日(木)

山崎エリカ  2011年に創設されて今年で7年目となる「JBCレディスクラシック」。3歳以上の牡牝混合のG1は、地方・中央で合計10レースありますが、牝馬限定のG1はこのレースのみ。よって、ほとんどの牝馬はここが大目標。真の砂の女王決定戦と言えるでしょう。

 過去の優勝馬は、ミラクルレジェンド(2011年-2012年)、メーデイア(2013年)、サンビスタ(2014年)、ホワイトフーガ(2015年-2016年)。一昨年こそ同年の主役だったサンビスタが、牡馬相手のチャンピオンズCに目標を置いていた気配があり、3歳馬のホワイトフーガが軽斤量を味方に勝利しました。しかし、基本的には、同年の牝馬重賞路線で主役として活躍していた馬がこのレースでも活躍する傾向。そのため1-2番人気馬が勝利することが目立っています。

 また、このレースの優勝馬に求められるのは、実績と順調さ。これまでの勝ち馬6頭とも近3走以内でダートグレード勝ちの実績があり、前哨戦のレディスプレリュードでは、3着以内というのが共通項がありました。今年はレディスプレリュード圧勝で一躍主役の座を掴んだクイーンマンボが回避。

 しかし、近3走以内でダートグレード勝ちの実績があり、前哨戦のレディスプレリュードでは3着以内だった馬の成績は、これまで【6・2・1・0】と連対率100%。特に一昨年は、前記該当馬のホワイトフーガサンビスタ、トロワボヌールが上位を独占していますから、そのタイプは積極的に本命馬に据えてもいいでしょう。

 また、2着、3着の穴馬候補は、前走のレディースプレリュードの凡退馬。2012年の南関東のクラーベセクレタやサクラサクラサクラがそれぞれレディースプレリュードの6着、7着から、このレースで2着、3着に巻き返したように、とにかくレディースプレリュード組の活躍が目立ちます。2013年に6番人気で3着入線したカラフルデイズもレディスプレリュード7着から、このレースで3着と巻き返しています。

 レディースプレリュード凡退馬で、一番よく巻き返すパターンは、レディスプレリュードが休養明けで能力を出し切れなかったタイプ。クラーベセクレタやカラフルデイズは、近1年以内にダートグレード勝ちの実績があった馬ですから、そのタイプが出走していれば、よく巻き返してくるでしょう。

 さらに激穴は、南関東リーディングの森泰斗騎手の1番ゲートの馬。2012年に10番人気で3着入線したサクラサクラサクラ、昨年6番人気で3着入線したトーセンセラヴィともに、森泰斗騎手の内々を立ち回っての一発でした。2012年も昨年もコーナーがきつい川崎で行われていた共通項がありますが、普段、乗り慣れていない中央の騎手は、3-4コーナーでア〇みたいに外に張られる傾向があります。コーナーのきついコースほど、地方トップクラスの内枠は警戒したいところです。


 まとめるとこうなります!

 ●本命候補
 近3走以内でダートグレード勝ちの実績がある前走レディスプレリュード3着以内の馬。

 ●穴馬候補
 休養明けの前走レディースプレリュードで3着以下の馬。(近1年以内にダートグレード勝ちがあることが条件)

山崎エリカさんのダートグレード競走最新予想はこちらからご覧いただけます!!

ツイてる奴の予想に乗れ! 〜JBCレディスクラシック2017〜

今まさに絶好調な勝ち組の予想を参考にしよう!

11/3 19:23更新
順位 予想家名 本日の成績 JBCレディスクラシックの
予想
的中率 回収率 収支
1位 ヤマアドマイヤ ヤマアドマイヤ 33% 9548% 1,417,270円
2位 f018684707 f018684707 40% 753% 150,400円
3位 kirara55 kirara55 40% 672% 143,100円
4位 たかゆー たかゆー 33% 373% 41,000円
5位 ノラボウナ ノラボウナ 33% 347% 37,050円

⇒JBCレディスクラシックの予想を見る

新着ニュース

3日、大井競馬場の第7Rに行われた第7回 JBCレディスクラシック競走(Jpn1)3上牝馬選定馬重賞(ダート・外 右1800m サラブレッド系3才以上 定量)は真島大輔騎手騎乗の5番人気・8番ララベル(牝5)が優勝した。
勝ちタイムは1分54秒2(重)。さらにアタマ差の2着に4番人気・3番プリンシアコメータ牝4)、そこから3/4馬身差の3着に8番人気・11番ラインハート(牝6)が入った。
ララベルは、父ゴールドアリュール、母ブリージーウッズ、母の父ティンバーカントリーという血統で荒山勝徳厩舎の所属馬。生産は千歳市・社台ファーム。馬主は吉田照哉。通算成績は17戦8勝。
「JBCレディスクラシック競走(Jpn1)3上牝馬選定馬重賞」の着順&払戻金はこちら

【JBCレディスクラシック】大井のララベルが戴冠 11月3日(金) 15:59

 11月3日(祝・金)の大井競馬7Rで行われた第7回JBCレディスクラシック(交流GI、3歳以上オープン、牝馬、選定馬、定量、ダート・右1800メートル、15頭立て、1着賞金=4100万円)は、真島大輔騎手騎乗の5番人気ララベル(牝5歳、大井・荒山勝徳厩舎)が3番手追走から、逃げ粘るプリンシアコメータとの競り合いを制した。タイムは1分54秒2(重)。JBCレディスクラシックを地方競馬所属馬が勝ったのは初めて。

 アタマ差の2着には内ラチぴったりに逃げ粘ったプリンシアコメータ(4番人気、JRA所属)、さらに3/4馬身差遅れた3着に外めを追い込んだラインハート(8番人気、大井所属)。

 3連覇を目指した1番人気のホワイトフーガ(JRA所属)は好位の5、6番手を追走したが、直線入り口で後退。11着に敗れた。

 JBCレディスクラシックを勝ったララベルは、父ゴールドアリュール、母ブリージーウッズ、母の父ティンバーカントリーという血統。北海道千歳市・社台ファームの生産馬で、吉田照哉氏の所有馬。通算成績は17戦8勝。重賞は2014年ローレル賞・SIII、東京2歳優駿牝馬・SI、15年桜花賞・S1、ロジータ記念・SI、16年しらさぎ賞・SIIIに次ぐ6勝目。JBCレディスクラシックは、荒山勝徳調教師、真島大輔騎手ともに初優勝。

 ◆真島大輔騎手(1着 ララベル)「2歳のときからずっとパートナーを組んできて、大きいところを取ろうと先生とも話してきたので、JBCレディスクラシックを勝てて本当にうれしいです」



★3日大井7R「JBCレディスクラシック」の着順&払戻金はこちら

【JBCレディスC】クイーンマンボ回避 11月1日(水) 05:04

 JBCレディスクラシックに出走を予定していたクイーンマンボ(栗・角居、牝3)は31日、右前の挫跖(ざせき)が判明したため、出走を回避することになった。「火曜に追い切る予定でしたが、脚元を気にしたので時計を出せませんでした。今後は厩舎で様子をみていきます」と辻野助手は説明した。

クイーンマンボの競走成績はこちら

【JBCレディスC】フーガ、3連覇へ体調急上昇 11月1日(水) 05:04

 レディスクラシック3連覇がかかるホワイトフーガは、坂路4ハロン53秒5。ラスト1ハロンは14秒0と失速気味だったが、「前半で(ハミを)かんで速くなってしまったからね。でも、夏バテの影響があった前走(レディスプレリュード2着)が5〜6分のデキだとすれば、8〜9分くらいまで上がっています」と高木調教師は体調面アップを強調する。

ホワイトフーガの競走成績はこちら

【JBCレディスC】ホワイトフーガ3枠5番! 枠順確定 10月31日(火) 14:39

 11月3日(祝・金)に大井競馬場で行われる第7回JBCレディスクラシック(大井競馬場、交流GI、3歳以上オープン、牝馬、定量、ダート・右1800メートル、1着賞金4100万円)の枠順が31日に確定した。

 本レース3連覇のかかるホワイトフーガは3枠5番、エンプレス杯を制したワンミリオンスは1枠1番、スパーキングLCの勝ち馬アンジュデジールは4枠7番、マリーンC、スパーキングLCともに2着のララベルは5枠8番にそれぞれ決まった。

 なお、前哨戦のレディスプレリュードを圧勝したクイーンマンボは、右前ザ石のため出走を回避した。

★JBCレディスクラシックの枠順はこちら

【JBCレディスC】プリンシアコメータ、しまい整え12秒8 10月31日(火) 05:06

 《美浦》選定上位馬の回避で滑り込み出走がかなったプリンシアコメータ(矢野、牝4)は、Wコース単走で4ハロン53秒3−38秒9−12秒8(G前仕掛け)をマークした。「馬場が悪かったので、しまいを整える程度。前走後も体を大きく見せるようになったし、腰やトモ(後肢)もしっかりしてきました。チャレンジ精神で挑むが、良馬場なら楽しみはあります」と矢野調教師。29日にキタサンブラックで天皇賞・秋を制した武豊騎手を起用して一発を狙う。



プリンシアコメータの競走成績はこちら

【JBCレディスクラシック】JRA出走予定馬が発表 10月15日() 18:21

 11月3日(祝・金)に大井競馬場で行われるJBCレディスクラシックのJRA所属の出走予定馬および補欠馬が10月15日、発表された。 「第7回JBCレディスクラシック」(大井競馬場、交流GI、3歳以上オープン、牝馬、定量、ダート・右1800メートル)【JRA所属の出走予定馬】7頭アンジュデジール(3歳、栗東・昆貢厩舎、騎手未定)キンショーユキヒメ(4歳、栗東・中村均厩舎、騎手未定)クイーンマンボ(3歳、栗東・角居勝彦厩舎、クリストフ・ルメール騎手)ゲッカコウ(4歳、美浦・高橋義博厩舎、騎手未定)サルサディオーネ(3歳、栗東・羽月友彦厩舎、騎手未定)ホワイトフーガ(5歳、美浦・高木登厩舎、蛯名正義騎手)ワンミリオンス(4歳、栗東・小崎憲厩舎、騎手未定)【JRA所属の補欠馬】2頭(補欠順位順)1.タガノヴェローナ2.プリンシアコメータ

⇒もっと見る

過去10年の結果 〜JBCレディスクラシック 2017〜

2016年 JBCレディスクラシック 2016年11月3日(金) 川崎9R 1600m 重 14頭

JBCレディスクラシック(Jpn1)

1着 2 ホワイトフーガ 2.2倍(1人気) 蛯名正義 1.41.3
2着 14 レッツゴードンキ 6.1倍(4人気) 岩田康誠 1.41.5
3着 1 トーセンセラヴィ 16.7倍(6人気) 森泰斗 1.42.4
単勝 2 220円(1人気) 3連複 1−2−14 4,080円(15人気)
馬連 2−14 1,100円(4人気) 3連単 2→14→1 17,100円(63人気)
開催日 場名 頭数 馬場 勝ち馬 オッズ 人気 騎手 所属 勝ちタイム
2015/11/3
JBCレディスクラシック
大井 16 不良 ホワイトフーガ 9.3倍 4 大野拓弥 JRA 1.51.5
2014/11/3
JBCレディスクラシック
盛岡 16 サンビスタ 4.9倍 2 岩田康誠 JRA 1.49.3
2013/11/4
JBCレディスクラシック
金沢 12 不良 メーデイア 1.0倍 1 濱中俊 JRA 1.33.3
2012/11/5
JBCレディスクラシック
川崎 12 ミラクルレジェンド 1.4倍 1 岩田康誠 JRA 1.40.7
2011/11/3
JBCレディスクラシック
大井 13 ミラクルレジェンド -- 2 岩田康誠 JRA 1.49.6

歴史・レース概要 〜JBCレディスクラシック2017〜


JBCレディスクラシックは、ダート1800mで施行される地方重賞である。アメリカのブリーダーズカップに範をとりながら、将来的にダートの各カテゴリー(年齢・性別・距離など)におけるチャンピオン決定戦とすべく、2011年(平成13年)に生産者が主導して実施する「JBC競走」のひとつとして創設された。

日本のJBC実行委員会と施行競馬場を管轄する地方競馬主催者が、各地の競馬場で持ち回り開催する重賞競走(JpnI)であるため、施行場の距離設定の都合により前後する場合がある。レディスプレリュードの優勝馬に優先出走権が与えられる。1着賞金は4100万円。

過去の優勝馬には、ミラクルレジェンド、サンビスタ、ホワイトフーガなどが名を連ねる。

執筆者:ウマニティ競馬研究所(略してウマケン)

まだウマニティ会員ではない方へ

会員登録するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを無料で利用できます。

収支100万円超えの猛者がズラリ

全国トップ予想家たちの予想閲覧

予想に必携の高精度スピード指数

「U指数」を重賞で全頭公開

勝率40%超えを誇る堅軸候補

「凄馬」をメールでお知らせ

TVでも紹介!設定は10万通り以上

あなただけの予想ロボが作れる

この他にも20以上のサービスを無料で提供!

会員登録(無料)する

ようこそゲストさん

今すぐ会員登録

※パスワードを忘れた場合

いつものアカウントが使えます!

本日の開催

川崎競馬
第10回第5日
1R 1時間前
名古屋競馬
第20回第4日
8R 25分前
園田競馬
第20回第2日
6R 5分前

次回のダートグレード競走

12月27日()園田
兵庫ゴールドトロフィー Jpn3

JBCレディスクラシック特集
バックナンバー

JBCレディスクラシック 2017
JBCレディスクラシック 2016
JBCレディスクラシック 2015

2017ダートグレード競走

東海ステークス
TCK女王盃
根岸ステークス
川崎記念
佐賀記念
フェブラリーステークス
エンプレス杯(キヨフジ記念)
黒船賞
ダイオライト記念
マーチステークス
名古屋大賞典
マリーンカップ
アンタレスステークス
東京スプリント
かきつばた記念
兵庫チャンピオンシップ
かしわ記念
平安ステークス
さきたま杯
北海道スプリントカップ
関東オークス
ユニコーンステークス
帝王賞
スパーキングレディーカップ(ホクトベガメモリアル)
プロキオンステークス
ジャパンダートダービー
マーキュリーカップ(メイセイオペラ記念)
レパードステークス
エルムステークス
クラスターカップ
サマーチャンピオン
ブリーダーズゴールドカップ
テレ玉杯オーバルスプリント
日本テレビ盃
シリウスステークス
白山大賞典
東京盃
レディスプレリュード
マイルチャンピオンシップ南部杯
エーデルワイス賞
北海道2歳優駿
JBCクラシック
JBCスプリント
JBCレディスクラシック
みやこステークス
東京中日スポーツ杯武蔵野ステークス
兵庫ジュニアグランプリ
浦和記念
チャンピオンズカップ
クイーン賞
カペラステークス
全日本2歳優駿
名古屋グランプリ
兵庫ゴールドトロフィー
東京大賞典