山崎エリカ

  • 最新の予想を見る
2017年11月21日(火) 18回園田1日目 15:55発走
10R 第19回 兵庫ジュニアグランプリ(Jpn2)重賞2歳登録馬
ダート 右1400m サラブレッド系2才 定量
本賞金: 2,200万円 528万円 264万円 176万円 132万円
最終更新日時:11月21日()15:39

必要ゴールド(VIP会員&プレミアム会員)  500G   (一般会員) 1000G
着順 馬名 性齢 重量 騎手 オッズ 予想印 一言コメント
1 6 8 ハヤブサマカオー 牡2 55.0 C.ルメー 1.1
2 7 9 アスターソード 牡2 55.0 和田竜二 13.6
3 4 4 ソイカウボーイ 牡2 55.0 川原正一 6.9
4 7 10 モリノラスボス 牡2 55.0 五十嵐冬 100.6
5 5 6 リコーパイソン 牡2 55.0 真島大輔 216.7
6 6 7 タガノアム 牝2 54.0 福永祐一 34.9
7 8 11 スリルトサスペンス 牝2 54.0 佐藤友則 425.0
8 5 5 クラウンエンジニア 牡2 55.0 戸崎圭太 58.2
9 2 2 レナータ 牝2 54.0 岩田康誠 21.2
10 8 12 ショコラパフェ 牝2 54.0 下原理 61.1
11 1 1 スウォナーレ 牝2 54.0 竹村達也 668.6
12 3 3 エムティストロフィ 牝2 54.0 宮下康一 595.9

コメント

 2歳最初のG3・エーデルワイス賞は、過去10年で地方馬が5勝2着10回と優勢。次のG3・北海道2歳優駿も地方馬が4勝2着4回と中央馬とほぼ五分五分。(2008 年〜2017年終了現在) しかし、3度目の兵庫ジュニアグランプリとなると、過去10年で地方馬が3勝2着3回と中央馬との逆転現象が起こります。

 なぜ、このタイミングで逆転現象が起こるのかというと、JRAでは秋になるとダートの500万下が行われるようになり、中央勢もある程度のキャリアを積むことが出来るからです。キャリアを何戦も積んで大きな上積みが見込めない地方馬と、キャリアの浅い時点で2勝した中央馬の対戦図式になれば、後者に軍配が上がることがほとんど。競走馬はデビューしてから5戦目くらいまではレースに慣れて大きな上昇を見せるものだからです。

 つまり、このレースは前走500万の勝ち馬や、ダートグレードの勝ち馬が優勢。しかし、2014年に断然1番人気に支持された無敗の500万下の勝ち馬キャプテンシップのように、500万下の勝ち馬が取りこぼして大波乱になることがあります。昨年もネコワールドが勝ったヤマボウシ賞やハングリーベンが勝ったなでしこ賞のPP指数が低かったことから、中央勢の破たんに期待して、地方勢で一番強いロードジュレップを本命◎に推し、当てることが出来ました。

 今年は逆に前走のなでしこ賞のPP指数が高すぎたという理由から(8)ハヤブサマカオ―の本命を回避し、地方勢では一番強い(4)ソイカウボーイを◎に推します。この馬は門別のダートでは3戦3勝。前走のサッポロクラシックCでも2着に4馬身差をつけての圧勝。地方勢の中ではキャリアが浅く、まだ、伸びしろもありそう。

 もちろん、ここでは前走で昨年プラタナス賞を圧勝したエピカリスをも上回るPP指数をマークしたハヤブサマカオ―は断然の存在ですが、今回は休養明け激走後。おそらく指数を下げるでしょう。また、これまで逃げ戦法で勝ち上がてきた馬だけに、万が一、逃げられずに揉まれた場合やキックバックを受けた場合の怖さがあります。よって、この馬は○まで。ハヤブサマカオ―が最悪のパターンとなり、▲以下の馬たちが連対してくれれば、極上エクスタシーが得られるでしょう。

 ▲は、初ダートの前々走・未勝利戦では出負けしましたが、ダート2戦目の前走では五分のスタートで一変した(9)アスターソード。1勝馬の中では、この馬が実力最上位になります。

 以下特注馬として、1戦1勝馬の(2)レナータ。今回はダ1700m→ダ1400mになるものの、先行策から早め先頭のレース内容から、今回の距離にも対応できる可能性が高いでしょう。○ハヤブサマカオ―が逃げるのだとすれば、差す形で展開に恵まれる可能性も大。

 △に前半3F34秒6‐後半3F38秒7の速い流れの新馬戦を、先行策からそつなく抜け出して勝利した(5)クラウンエンジニア。前走で厳しい流れを経験しているので、今回で粘りが増すでしょう。

 あとは9月のウィナーズチャレンジの勝ち馬で、出走取消後の前走でも前半3F36秒2‐後半3F41秒4の速い流れを逃げて2着の(6)リコーパイソン。この馬は今シーズンで引退の道営・桑原義厩舎の管理馬。賞金が高い今回のレースでは、多少、無理させても上位入線したいはず。

 他では今回がデビュー3戦目でさらなる前進に期待の(7)タガノアム。前走は直線で進路を失って、そこから外へ持ち出しての勝利でした。前がやや厳しいレースをしているとはいえ、スムーズな競馬でない中での勝利は数字以上の価値があるもの。警戒が必要でしょう。

 最後に前々走の鎌倉記念では、南関東のリコーワルサーに完敗でしたが、2着馬とは0.5秒差(5着)の(10)モリノラスボス。前走で芝のレースを使ったことで、デビュー当初のスピードを取り戻すことが出来れば、一発あっても不思議ないでしょう。

勝負予想

通常予想

買い目

複勝 通常 04 2,500円 04 120円 的中!
馬連 通常 04 - 08 1,000円
馬連 通常 04 - 09 500円
馬連 通常 02 - 04 200円
馬連 通常 04 - 05 200円
馬連 通常 04 - 06 200円
馬連 通常 04 - 07 200円
馬連 通常 04 - 10 200円

合計金額

購入:5,000円  払戻:3,000円  収支:-2,000円

この予想は?

 
4ナイス