地方競馬ニュース

【TCK女王盃】菊池のフルスイング


©サンケイスポーツ


 580  1  0

 (11R)ブランクチェックが新女王へ名乗りを上げる。デビューから【4・2・1・1】と高いダート適性を示し、レコード決着だった4走前のレパードSでは牡馬相手に3着と好走した。1年ぶりの実戦となった2走前の神無月Sは14着と大敗したが、ひと叩きされた前走の市川Sを5馬身差で圧勝。馬群を割って力強く抜け出し、力の違いを見せる内容だった。

 初めての地方遠征だが、父パイロ産駒はJBCクラシックを制したミューチャリーなどを輩出しており、力の要る馬場はいかにも合いそう。大井コースを熟知している戸崎騎手に手が戻るのも魅力だ。1800メートルは【1・0・1・0】と好相性の距離。テオレーマやレーヌブランシュが56キロなら、この馬は引き続き55キロで出られるだけに、付け入る隙は十分にあるとみた。馬連単は(7)(6)、(7)(12)を本線に(7)(3)、(7)(5)、(7)(8)、(7)(11)。3連単(7)→(6)(12)→(6)(12)(3)(5)(8)(11)で勝負だ。

関連キーワード

 ナイス!(1
 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

競馬関連ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース