地方競馬ニュース

【4日船橋11R】垣見のギャンブル三昧


©サンケイスポーツ


 114  0  0

【4日・船橋11R◎の理由】

 1、2日は連休。1日はギャンブルにいそしんだのだが、2日は家族の引っ越しの手伝いをした。日頃、身体を動かしていないため、3日は当然のように筋肉痛を発症。自分で言うのもどうかと思うが、家族孝行をして体も痛いのだから、3日のクイーン賞は当然的中すると信じて◎メモリーコウから厚めに馬券を購入した。

 しかし、同馬は久々のせいか伸び切れず5着に敗れ、自分の馬券もしっかり外れ。孝行が足りないのか、徳が足りないのか…。モヤモヤするが、予想だけはシャキッとしていきたい。

 4日の船橋メイン11Rは『日刊ゲンダイ賞』(サラA2・B1、ハンデ、ダート1600メートル)。マルヒロナッツオーで勝負する。ここ2戦は8、9着に敗れているが、ともに勝ち星のない1800メートル戦で度外視していい。1600メートルは【3・3・4・8】と安定しており、距離短縮は歓迎だ。

 さらに強調材料がもう一つ。船橋競馬は今開催、砂を入れ替えて差しが通常よりも差しが利きやすい馬場状態。強敵に先行馬が多く、有利な展開に持ち込めそうだ。条件好転は明白なだけに、近走の着順で人気を落とすようなら絶好の狙い目だろう。単複と、前走が強い内容だったイリオン、安定感が抜群のララパルーザを相手に馬連複で勝負する。悩みと痛みを吹き飛ばすようヒットを打ちたいものだ。



■垣見 耕平(かきみ・こうへい) 1988年生まれ、東京都出身の牡牛座。某ファストフード店で店長代理を務めた後、サンケイスポーツレース部へ転職。予想は1番人気の死角、欠点を探し、妙味ある馬を発掘する。買い方は単・複を厚めに勝負。休日はもちろんギャンブル。酒はビール、たばこはハイライトが好き。

関連キーワード

 ナイス!(0
 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

競馬関連ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース