地方競馬ニュース

【クイーン賞】サルサディオーネが圧逃VでJRA勢撃破!


©サンケイスポーツ


 32  0  0

【クイーン賞】サルサディオーネが圧逃VでJRA勢撃破!

 クイーン賞が3日、船橋競馬場で14頭によって争われ、3番人気のサルサディオーネ(大井)がまんまと逃げ切って交流重賞2勝目を挙げた。1番人気のアッシェンプッテル(JRA)は直線で追い上げたが2馬身半差の2着。3着にはサルサディオーネの半妹で7番人気のサルサレイア(川崎)が入った。

 ◇ 

 ◆矢野貴騎手(サルサディオーネ1着)「道中の手応えが良かったし、リラックスして走ってくれた。船橋では走りが違う」

 ◆藤岡佑騎手(アッシェンプッテル2着)「初めての馬場で、初のナイターだったが、しっかり脚を使ってくれた。楽しみが広がった」

 ◆西啓太騎手(サルサレイア3着)「もう少し前につけたかった。でも、ためれば脚を使うと聞いていて、その通りの走りをしてくれた」

 ◆和田譲騎手(マルカンセンサー4着)「道中は進んでいかなかったが、ジリジリ伸びてくれた」

 ◆古川騎手(メモリーコウ5着)「負かしにいって型通りの競馬ができたけど、休み明けのぶんだね。使って良くなると思う」

 ◆池添騎手(シネマソングス7着)「いいポジションが取れたが、少し硬さが出ている」



■サルサディオーネ 父ゴールドアリュール、母サルサクイーン、母の父リンドシェーバー。栗毛の牝6歳。大井・堀千亜樹厩舎所属。青森県・荒谷牧場の生産馬で、馬主は菅原広隆氏。戦績36戦8勝(うち中央19戦4勝)。獲得賞金1億7267万7000円(うち中央7737万7000円)。重賞は2020年SIII報知グランプリC、交流GIIIマリーンCに次いで3勝目。クイーン賞は堀千亜樹調教師、矢野貴之騎手ともに初勝利。

関連キーワード

 ナイス!(0
 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

競馬関連ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース