地方競馬ニュース

【26日浦和10R】垣見のギャンブル三昧


©サンケイスポーツ


 107  0  0

【26日・浦和10R◎の理由】

 25日の当欄で推奨した浦和記念は、△→◎→△で決まり予想は外れた。◎ロードブレスが、1番人気とはいえ2.6倍のオッズだったので迷わず単勝を厚めに馬券を購入。ハナ差2着に泣いた。

 ただ、押さえの馬券も存在した。普段なら連勝式は馬単で◯と▲への2点を買うのだが、絶好調・小須田記者の◎ウェスタールンドがどうにも気になる…。そこで、ロードとの2頭軸マルチを小銭で買っていた。当たりはしたものの、自力で当てた気がしない。

 当欄で宣言した通り、25日も愚痴や不平不満は1回も言わなかった(と思う)。まだまだ、徳が足りなかったのかもしれない。担当外になるが、いよいよ29日には中央競馬で3冠馬3頭が激突するジャパンカップが行われる。悪い流れは断ち切って臨みたい。26、27日の浦和で当てて軍資金を増やし、流れに乗って歴史的一戦を迎えたいと思う。

 26日も浦和メインは10R。『まがたま賞』(準重賞、A2下、ダート1400メートル)だ。本命はユニバーサルライトとした。軽快なスピードが最大の長所で、A2下では7戦して【2・2・2・1】。着外に敗れた2走前にしても、休み明けでやや余力残しの仕上げだった。それで粘りを欠いただけで、決して力負けではない。

 今回は2戦2連対の1400メートル戦、かつ浦和コースも1戦1勝。条件好転は明白といえる。走り頃の叩き3戦目を加味すれば久々のVも十分、狙えるとみた。馬券は単複と、昨年のこのレースの勝ち馬デイジーカーニバル、復帰2戦目で型通り良化したエラスムスを相手に馬連単で勝負したい。きょうこそは自力で的中だ。

 ■垣見 耕平(かきみ・こうへい) 1988年生まれ、東京都出身の牡牛座。某ファストフード店で店長代理を務めた後、サンケイスポーツレース部へ転職。予想は1番人気の死角、欠点を探し、妙味ある馬を発掘する。買い方は単・複を厚めに勝負。休日はもちろんギャンブル。酒はビール、たばこはハイライトが好き。

関連キーワード

 ナイス!(0
 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

競馬関連ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース