マリーンカップ2016-レース結果

マリーンカップ

2016年4月13日(水) 20:17

マリーンカップ Jpn3

船橋競馬場/1600m

レース結果

●マリーンカップ ダートグレード競走攻略ツール

  • 出馬表
  • 予想登録
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX

山崎エリカのダートグレード攻略 ~マリーンカップ2016~

2016年4月12日(火)

 マリーンカップは、この後の古馬牝馬重賞が7月のスパーキングレディーカップまで行われないため、基本的に実績馬が集うレースです。今年は、昨年までこの路線を引っ張ってきた女王サンビスタがチャンピオンズCを制したことにより、牝馬トップクラスが王道路線へと矛先を向けたため、昨年のJBCレディスクラシックで上位の実績馬は出走してきません。(昨年のJBCレディスクラシック3着のトロワボヌールは骨折休養中)
 しかし、芝路線からダート路線に転向して結果を出し、将来はこの路線での活躍が期待できる馬が勢揃いしました。

 このように、実績馬や勢いある馬が春の大目標としてここに出走してくるとなると、当然、レースレベルが高くなります。よって、なかなか地方馬がつけ入る隙がないのです。確かに2006年には、船橋のジーナフォンテンが7番人気でこのレースを2着同着したことがありましたが、ジーナフォンテンはそれまでにスパーキングレディーCやエンプレス杯勝ちの実績があった馬。前年は、南関東限定重賞で牡馬一線級とあいまみえて、勝ったり負けたりを繰り返したことでイメージを悪くし、休養明け3戦目のこの舞台で巻き返したという具合でした。けっして実力がなかったのではなく、南関東の限定の重賞で負ける=基礎能力の低下という観点から、人気の盲点となっただけでした。

 また、2005年にも船橋のトーセンジョーオーが6番人気でこのレースを制したこともありました。しかし、トーセンジョーオーも前年の関東オークスの勝ち馬。前走で芝の新潟大賞典で15着と凡退して船橋に転入したために人気薄になったのもありますが、特にこの時代はJRA所属馬が地方へ移籍すると、「見切られた」というレッテルを貼られてしまった部分も大きいでしょう。実際は、脚部不安や体質強化の移籍もしばしばあり、JRA所属馬が地方へと移籍するとトーセンジョウオーのように馬体重が30㎏前後も増量し、ステップアップするストーリーもしばしば見受けられました。

 中央は馬体を絞ろうとするシェイプアップ至上主義、地方は筋肉をつけようとするボリュームアップ至上主義。中央から地方へ移籍して馬体重をどんどん増やしながら成績が上昇している馬は、中央での馬体重が適性体重ではなかったということ。トーセンジョウオーは、早い時期から活躍していた馬でしたが、ボーリュムアップでさらにステップアップして、2005年、2006年のこのレースを連覇しました。JRA所属で川崎の関東オークスを制した際の馬体重は492㎏、3年後にエンプレス杯を制した際の馬体重は531㎏です。

 かつてこの路線でも強かった南関東・船橋勢が息を潜めて、最近はJRA勢の独壇場と化してしまていますが、結局、中央、地方問わずに、交流重賞で結果を出してきた馬でなければ、このレースで通用するのは厳しいということ。実際に過去10年(2011年は開催中止なので2005~昨年まで)の連対馬20頭中、グレードレースで連対実績があった馬が18頭。例外が2007年のクリムゾンルージュと2009年のストーリーテリングで、ともに近走成績の良い4歳馬でした。

 このレースを当てるには、重賞で連対実績のある馬のどれかを本命にして、重賞連対馬と4歳馬に流すというスタイルがベストでしょう。前走と今回距離の長短を問わず、前走2100mのエンプレス杯組も通用しているのがポイントです。本来は、一気の距離短縮や延長は好ましいとは言えませんが、エンプレス杯のほうが格が高く、強いメンバーと戦っているというのが、ここでも通用している理由でしょう。また、逆に7歳以上の馬は、G2で連対実績のある馬しか通用していませんでした。該当馬は2008年、2009年の勝ち馬メイショウバトラーと2014年の2着馬アクティビューティ。ともに衰えを見せながらも、もともとの能力の高さで抵抗しているというのが実情でしょう。


 まとめるとこうなります!
 ●本命候補
 重賞で連対実績のある馬。(近1年以内での連対が理想)
 ●穴候補
 近走充実の4歳馬、G2以上で実績のある7歳以上馬。


山崎エリカさんのダートグレード競走最新予想(「競馬プロ予想MAX」)はこちらからご覧いただけます!!

新着ニュース

 圧倒的な人気に推されていたブチコだが、他馬の枠入りを待つ間にゲートに突進。右上眼瞼(がんけん=まぶた)挫創を負い、競走除外となった。これにより、マリーンCの発売総額5億1688万9600円の約70・5%にあたる、3億6460万7800円が返還となった。

ブチコの競走成績はこちら

【マリーンカップ】(船橋)~ヴィータアレグリアが優勝 4月13日(水) 21:40

13日、船橋競馬場の第11Rに行われた第20回 マリーンカップ(Jpn3)3上牝馬オープン(ダート 左1600m サラブレッド系3才以上 別定)は戸崎圭太騎手騎乗の1番人気・8番ヴィータアレグリア(牝5)が優勝した。
勝ちタイムは1分40秒2(稍重)。さらに1/2馬身差の2着に4番人気・7番ブルーチッパー(牝6)、そこから大差の3着に6番人気・1番ダブルファンタジー(牝6)が入った。
ヴィータアレグリアは、父ネオユニヴァース、母カクタスペア、母の父LionHeartという血統で高柳瑞樹厩舎の所属馬。生産は勇払郡安平町・ノーザンファーム。馬主は(有)キャロットフ。通算成績は15戦4勝。
「マリーンカップ(Jpn3)3上牝馬オープン」の着順&払戻金はこちら

【マリーンC】ブチコ除外、ナナコ8着、ヴィータが重賞初V 4月13日(水) 20:48

 4月13日(水)の船橋競馬11R、第20回マリーンC(交流GIII、サラ3歳以上、牝馬オープン、別定、ダート・左1600メートル、10頭立て=ブチコは競走除外、1着賞金=2100万円)は、戸崎圭太騎手騎乗の1番人気ヴィータアレグリア(美浦・高柳瑞樹厩舎、牝5歳)が2番手から抜け出して重賞初制覇。タイムは1分40秒2(稍重)。

 半馬身差の2着に逃げ粘った大井のブルーチッパー(4番人気)、さらに大差がついた3着には兵庫のダブルファンタジー(6番人気)が入線した。藤田菜七子騎手が騎乗した高知のブラックバカラ(5番人気)は8着だった。

 最終オッズで単勝1.9倍と断然の支持を集めていたブチコ(栗東・音無秀孝厩舎、牝4歳)はゲートに突進し、レース前にゲートから飛び出した際に外傷を負って競走から除外された。

 マリーンCの勝ち馬ヴィータアレグリアは、父ネオユニヴァース、母カクタスペア、母の父ライオンハートという血統。黒鹿毛の牝5歳。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、キャロットファームの所有馬。通算成績は15戦4勝(うち地方2戦1勝)。重賞初優勝。高柳瑞樹調教師、戸崎圭太騎手ともにマリーンCは初勝利。

ブチコの競走成績はこちら★ヴィータアレグリアの競走成績はこちら

【マリーンC】JRA出走予定馬が決定 4月7日(木) 17:32

 4月13日(水)に船橋競馬場で行われるマリーンCのJRA所属の出走予定馬および予定騎手が決定した。

 「サッポロビール盃第20回マリーンカップ」(船橋競馬場、交流GIII、3歳以上牝馬オープン、ダート・左1600メートル)

 【JRA所属の出走予定馬】4頭ヴィータアレグリア(牝5歳、美浦・高柳瑞樹厩舎、戸崎圭太騎手)ディアマイダーリン(牝4歳、美浦・菊沢隆徳厩舎、横山典弘騎手)フォーエバーモア(牝5歳、美浦・鹿戸雄一厩舎、M.デムーロ騎手)ブチコ(牝4歳、栗東・音無秀孝厩舎、C.ルメール騎手)

【マリーンC】ブチコなどJRA出走予定馬が発表 3月27日() 16:55

 4月13日(水)に船橋競馬場で行われるマリーンCのJRA所属の出走予定馬および補欠馬が発表された。

 「サッポロビール盃第20回マリーンカップ」(船橋競馬場、交流GIII、3歳以上牝馬オープン、ダート・左1600メートル)

 【JRA所属の出走予定馬】4頭ヴィータアレグリア(牝5歳、美浦・高柳瑞樹厩舎、騎手未定)ディアマイダーリン(牝4歳、美浦・菊沢隆徳厩舎、騎手未定)フォーエバーモア(牝5歳、美浦・鹿戸雄一厩舎、M.デムーロ騎手)ブチコ(牝4歳、栗東・音無秀孝厩舎、C.ルメール騎手)

 【JRA所属の補欠馬】5頭(補欠順位順)1.アンズチャン2.ヒメサクラ3.ノットフォーマル4.ヤマニンシャンデル5.タマノブリュネット

【古馬次走報】ブチコ、マリーンCに出走予定 3月18日(金) 05:01

 ★上総Sを勝ってオープン入りしたアイドルホース、ブチコ(栗・音無、牝4)は25日に放牧先から帰厩する。マリーンC(4月13日、船橋、交流GIII、ダ1600メートル)に出走を予定。

 ★トリトンSを勝ってオープン入りしたラインスピリット(栗・松永昌、牡5)は、春雷S(4月10日、中山、OP、芝1200メートル)へ。

【古馬次走報】ブチコ、ルメール騎手とマリーンCへ 3月9日(水) 04:02

 ★上総Sを勝ってオープン入りした白毛馬ブチコ(栗・音無、牝4)は引き続きルメール騎手でマリーンC(4月13日、船橋、交流GIII、ダ1600メートル)へ。

 ★アメリカジョッキークラブCを快勝したディサイファ(美・小島太、牡7)は日経賞(26日、中山、GII、芝2500メートル)に出走することが決まった。この後は香港のクイーンエリザベス2世C(4月24日、シャティン、GI、芝2000メートル)に挑戦するプランもある。

 ★中山記念2着アンビシャス(栗・音無、牡4)は横山典騎手と新コンビを組んで産経大阪杯(4月3日、阪神、GII、芝2000メートル)へ。

 ★夕刊フジオーシャンSを制したエイシンブルズアイ(栗・野中、牡5)、3着スノードラゴン(美・高木、牡8)は高松宮記念(27日、中京、GI、芝1200メートル)。7着アフォード(栗・北出、牡8)、14着ゴールドペガサス(美・佐藤吉、牡4)は春雷S(4月10日、中山、OP、芝1200メートル)へ。

 ★大阪城S4着ダノンリバティ(栗・音無、牡4)は六甲S(27日、阪神、OP、芝1600メートル)へ。7着スピリッツミノル(栗・本田、牡4)は阪神大賞典(20日、阪神、GII、芝3000メートル)に登録する。

⇒もっと見る

口コミ情報

皐月賞の単勝お買い得馬を調査する(調査1日目)の巻

4月13日(水) 21:42

やすの競馬総合病院

今日は、今回のGI皐月賞でどんな単勝お買い得馬がいるかをnetkeiba.comの予想オッズ(単勝オッズ)をもとにして探していき、最終的に、お買い得の点数が高かった上位3頭ほど挙げて、その3頭がどういう結果になるかで楽しんでみようというGI恒例の企画です。

この企画は、少しずるくて「点数が高い=勝つ可能性が高い」ではなくて、「点数が高い=この単勝オッズで買えるのならお買い得」というだけなので、得点低いから上位争いのチャンスがないとか、そういうのではないです。

前回の桜花賞は
6着ラベンダーヴァレイ(5番人気 30.2倍)
7着レッドアヴァンセ(4番人気 22.0倍)
10着デンコウアンジュ(7番人気 38.3倍)

1・2着接戦でしたが、2・3番人気馬の争いだったんで人気薄の出番なかったですね。

前回までの収支は
・収支:-9000P
・投資額:9000P
・払戻額:0P
・0勝9敗
・的中率:0%
・回収率:0%
と、いちごのように真っ赤っかです(笑)

それでは、想定1番人気馬から順に見ていきますが、ぼくはオッズの読みがド下手なので、netkeiba.comの予想オッズを参考にしています。

※netkeiba.comの予想オッズは、下位人気馬になるほどすごいオッズになっちゃうんで、オッズが想定よりかなり安くなることも考慮しています。

あと、お買い得馬を探す企画なので、基本的にオッズの安い上位人気馬は厳しめの採点、オッズの高い人気薄ほど甘めの採点になりやすいです。

今年のGIは3戦目の桜花賞が終わった段階で、2・1・3番人気が勝ってて上位人気馬が強いし、今週の皐月賞はかなり上位人気馬が強そうな雰囲気なので、人気薄が勝つとなると雨で道悪馬場とか何らかのアクシデント発生などがないと可能性低いかも?って気がしますが、まあ遊びでやってる企画やし無理矢理にでもお買い得馬を探しましょっか(笑)

(想定単勝オッズ 2.4倍)リオンディーズ
3戦2勝2着1回の連対率100%で安定してるし、負けた弥生賞も朝日杯FS以来の休み明けで0.0差の2着なら特に問題ないし、好位から競馬して自分から動いて勝ちに行く競馬してたのが本番で活きてきそうで勝つ可能性十分ある馬ですけど、スタートで出遅れる可能性あるのが少し不安かな。
デムーロは先週に阪神牝馬S・桜花賞を勝って絶好調なんで、この勢いで情熱大陸の放送日に2週連続GI制覇、皐月賞連覇でかっこよく決めるのか、逆に今週辺りそろそろ反動が出ちゃうのか、どうなんでしょうね~。
単勝2倍台半ばだと、今年は強い馬が多いから単勝オッズに見合うだけの信頼度は微妙かも?
雨降って道悪になった場合は・・・大丈夫そうな気もするけど良馬場の経験しかないんでどうかな?
お買い得度は83点

(想定単勝オッズ 2.9倍)マカヒキ
血統的に2000mは距離不安とか言われながらも、前走は弥生賞を勝って3戦3勝の無敗なんで、この勢いで皐月賞も勝っちゃうかもですが・・・。
出遅れる可能性あるし、12頭立ての弥生賞ですら後方からギリギリ差し届いたんで、前走より出走馬のレベルも上がるGIで18頭立てで後方からの競馬したら差し届かないケースも十分ありそう。
ルメールから川田に替わって前走とは違う競馬するかもやけど、違う乗り方してプラスに出るかマイナスに出るかはわからないし・・・。
単勝2倍台後半だと、今年は強い馬が多いから単勝オッズに見合うだけの信頼度は微妙かも?
雨降って道悪になった場合は・・・持ち味の瞬発力が封じられるんでマイナスかな。
お買い得度は82点

(想定単勝オッズ 3.4倍)サトノダイヤモンド
3戦3勝で無敗やし、レースぶり見てたら競馬センス抜群やし、3歳春なのに完成度がかなり高くて、今年のハイレベル世代でも1頭抜けて強い馬の可能性はありますが・・・。
不安はきさらぎ賞からの直行ローテと、初めての関東遠征、世代のトップクラスの馬達と未対戦ってところかな。
あと、ルメールが桜花賞で1倍台のメジャーエンブレムで4着、マリーンCで1倍台のブチコが競争除外と最近悪い流れ続いてるんで、今回もいい結果を出せないのか、逆に超本気モードで悪い流れを断ち切って最高の結果出してくるのかも注目です。
単勝3倍台前半か~。この馬で3倍ついたらおいしいのかもですが、いろいろ未知な部分が多い馬やし、今年は強い馬が多いから単勝オッズに見合うだけの信頼度は微妙かも?
雨降って道悪になった場合は・・・重馬場・やや重で勝ってるんで大丈夫そう。
お買い得度は83点

(想定単勝オッズ 11.3倍)エアスピネル
前走の弥生賞でリオンディーズをマークするような競馬してたけど、目標にしてたリオンディーズには離され、自分より後ろにいたマカヒキに勝たれるという休み明けでトライアルとはいえショックな結果。
ただ、器用さあるんで中山は向いてそうやから、ダービー捨てでも皐月賞勝つ!ぐらいの意気込みで、前めにつけてロスなく立ち回る競馬すれば少しは勝てる可能性も出てくるかもですが、武豊なんでダービー見据えて前走よりもさらに溜める競馬するかもやし、どうなるのかな~。
相手関係考えると1着の期待値は高くないけど、弥生賞で4.2倍だった馬が前走3着だけで単勝オッズが倍ぐらいに増えるならおいしいかも。
雨降って道悪になった場合は・・・やや重で勝ってるけど、重・不良だとどうなんでしょうね。
お買い得度は90点

今日は、上位人気馬4頭に力入れて書きすぎたんで、この続きはまた明日。


--------------------------------------------------------------------------------
☆おまけ☆
今見たばっかりで詳しいことは知らないんですが、マリーンCはブチコが競争除外になってて驚きました。
3連単1点勝負でしたが、ブチコも買い目に入ってたので、レース見るだけになっちゃいましたが、本命のフォーエバーモアがまさか勝ち馬から3.0差も離された5着だったんで、馬券的には無傷ですけど、予想的には大惨敗でした。

1着ヴィータアレグリア
2着ブルーチッパー
3着ダブルファンタジー
4着タッチデュール

1番人気のJRA馬ヴィータアレグリアが勝ったけど、2・3・4着が地方馬ってことで、3連複16680円、3連単102380円とめちゃめちゃ荒れましたね~。

圧倒的1番人気だったブチコの直前の競争中止で大量に返還が出て売り上げ激減。

船橋競馬の泣き声が聞こえてきそうです。

⇒もっと見る

過去10年の結果 ~マリーンカップ 2016~

2015年 マリーンカップ 2015年4月14日(水) 船橋10R 1600m 不良 12頭

マリーンカップ(Jpn3)

1着 8 サンビスタ 1.6倍(1人気) 岩田康誠 1.38.4
2着 11 トロワボヌール 2.4倍(2人気) 戸崎圭太 1.39.2
3着 2 アクティビューティ 8.8倍(3人気) 内田博幸 1.39.8
単勝 8 160円(1人気) 3連複 2-8-11 190円(1人気)
馬連 8-11 150円(1人気) 3連単 8→11→2 400円(1人気)
開催日 場名 頭数 馬場 勝ち馬 オッズ 人気 騎手 所属 勝ちタイム
2014/4/9
マリーンカップ
船橋 11 稍重 ワイルドフラッパー 1.2倍 1 福永祐一 JRA 1.39.5
2013/4/3
マリーンカップ
船橋 14 不良 メーデイア 1.7倍 1 濱中俊 JRA 1.39.9
2012/4/4
マリーンカップ
船橋 13 ミラクルレジェンド -- 1 岩田康誠 JRA 1.40.3
2010/4/14
マリーンカップ
船橋 13 トーホウドルチェ -- 4 四位洋文 JRA 1.39.2
2009/6/10
マリーンカップ
船橋 14 メイショウバトラー -- 4 福永祐一 JRA 1.41.0
2008/4/2
マリーンカップ
船橋 14 稍重 メイショウバトラー -- 1 武豊 JRA 1.39.2
2007/4/4
マリーンカップ
船橋 14 不良 トーセンジョウオー -- 1 内田博幸 船橋 1.37.3
2006/4/5
マリーンカップ
船橋 14 不良 グラッブユアハート -- 1 安藤勝己 JRA 1.38.2
2005/6/1
マリーンカップ
船橋 11 トーセンジョウオー -- 7 後藤浩輝 JRA 1.38.7

歴史・レース概要 ~マリーンカップ2016~


マリーンカップは、船橋競馬場・ダート1600mで施行される地方重賞(JpnIII)である。前身は4歳牝馬限定のマリーン・カップ(1700m)。1997年に4歳(現3歳)から10歳(現9歳)までの牝馬限定の賞金別定の中央・地方全国指定交流の重賞)競走、マリーンカップとしてリニューアルされた。

本競走で上位2着までに入った地方競馬所属馬には、スパーキングレディーカップの優先出走権が付与される。

過去の優勝馬には、アンジュデジール、ホワイトフーガ、サンビスタ、ミラクルレジェンド、メイショウバトラーなどが名を連ねる。

執筆者:ウマニティ競馬研究所(略してウマケン)

まだウマニティ会員ではない方へ

会員登録するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを無料で利用できます。

収支100万円超えの猛者がズラリ

全国トップ予想家たちの予想閲覧

予想に必携の高精度スピード指数

「U指数」を重賞で全頭公開

勝率40%超えを誇る堅軸候補

「凄馬」をメールでお知らせ

TVでも紹介!設定は10万通り以上

あなただけの予想ロボが作れる

この他にも20以上のサービスを無料で提供!

会員登録(無料)する

ようこそゲストさん

今すぐ会員登録

※パスワードを忘れた場合

いつものアカウントが使えます!

本日の開催

大井競馬
第2回第2日
1R 3時間前
金沢競馬
第3回第2日
1R 25分前
笠松競馬
第2回第1日
1R 40分前
園田競馬
第3回第1日
1R 0分前
門別競馬
第1回第3日
1R 4時間前

次回のダートグレード競走

5月1日()名古屋
かきつばた記念 Jpn3

マリーンカップ特集
バックナンバー

マリーンカップ 2019
マリーンカップ 2018
マリーンカップ 2017
マリーンカップ 2016
マリーンカップ 2015

2019ダートグレード競走

東海ステークス
TCK女王盃
根岸ステークス
川崎記念
佐賀記念
フェブラリーステークス
エンプレス杯(キヨフジ記念)
ダイオライト記念
名古屋大賞典
黒船賞
マーチステークス
東京スプリント
アンタレスステークス
マリーンカップ
かきつばた記念
兵庫チャンピオンシップ
かしわ記念
平安ステークス
さきたま杯
北海道スプリントカップ
関東オークス
ユニコーンステークス
帝王賞
スパーキングレディーカップ(ホクトベガメモリアル)
プロキオンステークス
ジャパンダートダービー
マーキュリーカップ(メイセイオペラ記念)
レパードステークス
エルムステークス
クラスターカップ
サマーチャンピオン
ブリーダーズゴールドカップ
テレ玉杯オーバルスプリント
日本テレビ盃
シリウスステークス
白山大賞典
東京盃
レディスプレリュード
エーデルワイス賞
マイルチャンピオンシップ南部杯
北海道2歳優駿
みやこステークス
JBCレディスクラシック
JBCスプリント
JBCクラシック
武蔵野ステークス
兵庫ジュニアグランプリ
浦和記念
チャンピオンズカップ
カペラステークス
クイーン賞
全日本2歳優駿
名古屋グランプリ
兵庫ゴールドトロフィー
東京大賞典