スパーキングレディーカップ(ホクトベガメモリアル)2018-レース結果

スパーキングレディーカップ(ホクトベガメモリアル)

2018年7月5日(木) 20:10

スパーキングレディーカップ(ホクトベガメモリアル) JpnⅢ

川崎競馬場/1600m

レース結果

●スパーキングレディーカップ(ホクトベガメモリアル) ダートグレード競走攻略ツール

  • 出馬表
  • 予想登録
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX

山崎エリカのダートグレード攻略 ~スパーキングレディーカップ(ホクトベガメモリアル)2018~

2018年7月4日(水)

 川崎競馬場のナイター競走の名称「スパーキングナイター」より由来して名付けられたスパーキングレディーカップ。例年は、関東オークスやユニコーンSで上位の結果を出した3歳馬牝馬が、初めて古馬牝馬と激突する舞台。しかし、今年は3歳馬は不出走。そのぶん新興勢力が多く出走してきます。

 実はこのレース、昨年、前年のJBCレディスクラシックの優勝馬ホワイトフーガが単勝オッズ1.4倍の断然1番人気に支持されながらも4着に敗れたように、実績馬よりも新興勢力が優勢の傾向。JBCレディスクラシックが新設された2011年度以降、JBCレディスクラシック優勝馬のこのレースでの成績は【1・0・2・1】と、案外と活躍していません。

 唯一の1着馬は、2016年のホワイトフーガ。その他は、昨年のホワイトフーガを始め、2015年のサンビスタ、2011年のミラクルレジェンドなど、単勝オッズ1.0倍台の断然1番人気に支持されながらも、ともに3着に敗れています。

 また、前年のJBCレディスクラシックの2着馬に関しては、これまでに2頭が参戦して、このレースでの連対はゼロ。2012年のクラーベセクレタは13着に、2013年のアクティビューティは5着に終わっています。つまり、前年のJBCレディスクラシックの上位馬を過信し過ぎるのは、危険であるということ。

 では、どのような新興勢力(近走でJRAのレースに出走馬を含む)を狙えばいいのかというと、近3走以内にJRAのダートのオープン特別に出走し、連対実績があった馬です。それらの過去10年のこのレースでの成績は、【2・3・0・0】。1着の該当馬は、2014年サウンドガガ、2010年ラヴェリータ。2着の該当馬は、2015年サウンドガガ、2011年トーホウドルチェ、2009年のクィーンオブキネマです。ラヴェリータを除いては、全て3番人気以下でしたが、人気以上の走りが見せられています。

 これはJRAのオープン特別がレベルが高いのもありますが、前年のJBCクラシックの上位馬が、ここを本気で勝ちに来ないのも理由でしょう。かしわ記念や帝王賞など、前走で牡馬相手のG1を目標にした後だったり、休養明けでぶつけて来たりで凡退するケースが目立っています。

 次いで有力なのは、前走さきたま杯に出走し、5着以内だった馬。さきたま杯がG2となった2011年以降のこのレースでの成績は、【2・1・0・1】。1着の該当馬は、2011年ラヴェリータ、2016年ホワイトフーガ。2着の該当馬は、2015年トロワボヌール。昨年のホワイトフーガこそ4着に敗れていいますが、基本的に信頼してもいいでしょう。このレースは、前走中距離組よりも短距離組のほうが信頼できます。

 また、このレースは逃げ馬の活躍が目立っており、過去10年でなんと逃げ馬が7連対。該当馬は、2016年のブルーチッパー(4番人気・2着)、2015年のサウンドガガ(3番人気・2着)、2014年のサウンドガガ(3番人気・1着)、2013年のサマリーズ(3番人気・1着)、2011年のラヴェリータ(4番人気・1着)、2009年のクィーンオブキネマ(4番人気・4着)、2008のトーセンジョウオー(4番人気・1着)と人気以上の走りを見せて来ます。

 小回りで前が残りやすい舞台の上に、前走・関東オークスなどの長距離組が多く出走することが多く、前に行ける馬がそれほど多くないことも、逃げ切りを許す結果になっているのでしょう。逆に3コーナー6番手以下でレースを進めた馬は、1頭も連対していないので、基本的には逃げ馬は「買い」、差し馬は「消し」と考えてもいいでしょう。


 まとめるとこうなります!
 
 ●本命候補
 ・近3走以内にJRAのダートのオープン特別に出走し、連対実績があった馬。
 ・前走さきたま杯で5着以内だった馬。

 ●穴馬候補
 ・逃げ馬。

山崎エリカさんのダートグレード競走最新予想はこちらからご覧いただけます!!

新着ニュース

 7月5日の川崎11Rで行われた第22回スパーキングレディーC(交流GIII、3歳以上オープン、牝馬、別定、ダート・左1600メートル、1着賞金=2500万円)は、吉田隼人騎手騎乗で3番人気に支持されたリエノテソーロ(牝4歳、美浦・武井亮厩舎)が道中2番手追走から4コーナー手前で先頭に立つと、直線ではオウケンビリーヴとの競り合いを制し勝利を果たした。2歳時にデビュー4連勝で交流GI・全日本2歳優駿を制した舞台で見事な復活を果たした。タイムは1分40秒8(良)。

 半馬身差の2着に1番人気のオウケンビリーヴが入線し、更に1馬身1/2差の3着に4番人気のラビットランが入った。



 スパーキングレディーCを勝ったリエノテソーロは、父Speightstown、母Akilina、母の父Langfuhrという血統。米国・Oak Bluff Stables, LLCの生産馬で、馬主は了德寺健二ホールディングス(株)。通算成績は14戦5勝。重賞は16年エーデルワイス賞(GIII)、16年全日本2歳優駿(GI)に次いで3勝目。



★【スパーキングLC】払い戻し確定!! 全着順も掲載

【スパーキングLC】JRA出走予定馬が発表 6月17日() 18:01

 7月5日(木)に川崎競馬場で行われるスパーキングレディーカップ(ホクトベガメモリアル)のJRA所属の出走予定馬および補欠馬が6月17日、発表された。

 「第22回スパーキングレディーカップ(ホクトベガメモリアル)」(川崎競馬場、交流GIII、3歳以上オープン、牝馬、グレード別定、ダート・左1600メートル)

【JRA所属の出走予定馬】4頭オウケンビリーヴ(牝5歳、栗東・安田隆行厩舎、騎手未定)ラビットラン(牝4歳、栗東・角居勝彦厩舎、騎手未定)リエノテソーロ(牝4歳、美浦・武井亮厩舎、騎手未定)ワンミリオンス(牝5歳、栗東・小崎憲厩舎、騎手未定)【JRA所属の補欠馬】5頭(補欠順位順)1.ノットフォーマル2.ミッシングリンク3.ヤマニンアンプリメ4.アンデスクイーン5.サルサディオーネ

⇒もっと見る

口コミ情報

※交流重賞の結果のみ。

1着:③リエノテソーロ
2着:⑫オウケンビリーヴ
3着:⑨ラビットラン


1着の③リエノテソーロは△
2着の⑫オウケンビリーヴは◎
3着の⑨ラビットランは△

でした。

私の注目馬の⑨ラビットランは3着でした。

馬券は、⑫①→①⑧③⑨⑤の馬連フォーメーションでしたので、
馬券はハ的中ました。(´▽`) ホッ


映像は見ていないので、レースの感想は書けません。m(__)m


私が注目馬の⑨ラビットランは3着でした。
久々のダートでこの結果なら上々だと思います。
2着とは1馬身半差も斤量差2キロを考えれば、
同斤量のレースなら逆転可能な差だと思います。
ダートレースでメドがたったことは大きいと思います。
次走も注目の一頭だと思います。


1着の③リエノテソーロは、ダートだと走りますね。
しかも牝馬同士ならなおさらって感じですね。
斤量も55キロで出走できたことも大きいですね。
NHKマイルカップ2着以降は迷走した感じのレースの使い方でしたが
こと牝馬のダート戦ならトップクラスの能力があることは改めて証明できたと思います。
今後は、JBCレディースクラシックを目指すなら、距離が課題になると思います。
ベストはマイルだと思いますが・・・・。


2着の⑫オウケンビリーヴは頑張ったと思います。
斤量の恩恵を受けたとはいえ、全日本2歳優駿の覇者と
半馬身差のレースをしたわけですから。
力はつけていることは間違いないと思います。
これまでは、ダート千二、千四を中心に使われてきましたが
今回マイル戦で2着に入ったので、距離の幅が広がったことは収穫だと思います。
ただ気になるのは、好走と凡走を繰り返している感じがする点です。
この馬も次走は注目してみたいですね。

地方馬に関しては、①ブランシェクールが5着と
地方馬で最先着しましたが4着のワンミリオンスに
5馬身離されましたので今回は力負けって判断が妥当だと思います。
もう少しやれると思ったのですが・・・・。

的中された方、おめでとうございます。

【交流重賞】スパーキングレディーカップ(JpnⅢ)の注目馬7月4日(水) 22:37 ちびざる

明日は、交流重賞のスパーキングレディーカップが行われます。


私が注目している馬は、

ラビットラン

です。

おそらく、予想の印に◎は打ちませんが、ダートでどんなレースをするか注目したいですね。
重馬場だったローズステークスを勝ったことで、芝路線を使われてきました。
ただ、新馬から3戦目まではダートを使っていました。
結果は、1.1.0.1
この着外はダート千八でのもの。今回はマイル戦なので、度外視できそうです。
血統的にもダートでも走りそうなのであっさりのシーンも考えられます。
ダートでローズステークスで見せた豪脚が復活するのか。楽しみにしたいですね。



地方馬で注目しているのは

ブランシェクール

ですね。

今年1月のTCK女王盃で2着になりました。
その後のレース(ダート千六)でも2着になっているので
マイルでもメドが立ったこともプラスですね。
最内枠でスムーズに競馬が出来れば、今回のJRAのメンバーと斤量差で、
一泡ふかすことも可能だと思います。
御神本騎手の手綱さばきにも注目したいですね。

スパーキングレディーカップ(ホクトベガメモリアル) 注目馬7月4日(水) 19:04 激闘競馬野郎【穴馬探検隊】

メンバー的に相当厄介なレースです。
力量は中央競馬が有利と言えますが、今回はメンバーが小粒。地方馬食い込みの波乱も考えるべきです。

中央競馬からはリエノテソーロ、ワンミリオンズ、ラビットラン、オウケンビリーブが参戦。
リエノテソーロ、ラビットランは最近は大敗続き。オウケンビリーブは差し馬で、同時に距離適性不安と言う怖さがあります。

今回は流石に本命を上げるしかない感じです。

☆注目馬
・ワンミリオンス

冬の川崎、エンプレス杯の時計は非常に悪く「これは厳しいかも」と思った馬ですが前走のアハルテケSで絞れたことで全盛期の時計を取り戻してきました。
距離的にはベストですので、今回は流石に逆らえないと思います。前日の18時段階では三番人気なので、この人気ならば軸馬、穴狙い、色々と馬券構成が広がります。明日はこの馬で勝負です。


これでは私の名前的に面白くないので、もう一頭。

☆穴注目馬
・ラインハート

今回のメンバーで地方馬を上げるとすると、馬券対象として考えたいのはブランシェクールとラインハート、ラーゴブルーの三頭でしょう。
ブランシェクールは今年の1月、TCK女王杯で2着。移籍した初戦の皐月杯ではグランドマイラーズを勝ったキングガンズラングには完敗を喫しましたが、それ以外には勝利。と考えるとこの馬を破る事が出来る高配当馬を探すのが、近道だと思います。
ブランシェクールは当然人気になると思いますし、ラーゴブルーは成績で狙いたいと思えるほどの人気となるかどうか。

そこで少し目先を少し変えて、ラインハート。展開待ちの脚質ではありますが、TCK女王杯ではブランシェクールよりも重い斤量を背負って3着。ワンミリオンズで触れたエンプレス杯ではワンミリオンスよりも上位の4着。十分に馬券圏内を狙える実力はあります。
前走大敗した川崎マイラーズでは体重がプラス二十キロと言う、名古屋大賞典で減った体重を戻したわけですが、その反動があったのではないでしょうか。

以上です。
ご拝読ありがとうございました。

川崎スパーキングSで5ケイエスソードキター!6月12日(火) 21:49 オサムラサキング

的場さんの応援馬券ついでに、川崎スパーキングSも予想しました。
買わないと当たるという典型的な残念パターンです。
予想コロ満点ですが、リアルはダメダメです。
的場さん今日はダメでしたが、明日よろしくお願いします。
必ずいつか記録更新します。
その瞬間を分かち合いたいので、応援続けます。
ついでに、メインレースも当たりますように!

⇒もっと見る

過去10年の結果 ~スパーキングレディーカップ(ホクトベガメモリアル) 2018~

2017年 スパーキングレディーカップ(ホクトベガメモリアル) 2017年7月6日(木) 川崎11R 1600m 稍重 12頭

スパーキングレディーカップ(Jpn3)

1着 7 アンジュデジール 4.4倍(2人気) 横山典弘 1.41.6
2着 10 ララベル 12.3倍(4人気) 真島大輔 1.41.9
3着 4 タイニーダンサー 18.8倍(5人気) 内田博幸 1.42.6
単勝 7 440円(2人気) 3連複 4-7-10 6,580円(18人気)
馬連 7-10 2,000円(8人気) 3連単 7→10→4 26,480円(64人気)
開催日 場名 頭数 馬場 勝ち馬 オッズ 人気 騎手 所属 勝ちタイム
2016/7/6
スパーキングレディーカップ(ホクトベガメモリアル)
川崎 10 ホワイトフーガ 2.0倍 1 蛯名正義 JRA 1.40.5
2015/7/1
スパーキングレディーカップ(ホクトベガメモリアル)
川崎 12 トロワボヌール 5.0倍 2 戸崎圭太 JRA 1.40.8
2014/7/2
スパーキングレディーカップ(ホクトベガメモリアル)
川崎 12 サウンドガガ 6.1倍 3 武豊 JRA 1.39.4
2013/7/3
スパーキングレディーカップ(ホクトベガメモリアル)
川崎 14 メーデイア 1.4倍 1 濱中俊 JRA 1.40.8
2012/7/4
スパーキングレディーカップ(ホクトベガメモリアル)
川崎 12 スティールパス 13.2倍 4 蛯名正義 JRA 1.39.3
2011/7/6
スパーキングレディーカップ(ホクトベガメモリアル)
川崎 10 ラヴェリータ -- 2 武豊 JRA 1.39.0
2010/7/7
スパーキングレディーカップ(ホクトベガメモリアル)
川崎 14 稍重 ラヴェリータ -- 1 岩田康誠 JRA 1.40.0
2009/7/15
スパーキングレディーカップ(ホクトベガメモリアル)
川崎 12 ラヴェリータ -- 1 岩田康誠 JRA 1.39.7
2008/7/16
スパーキングレディーカップ(ホクトベガメモリアル)
川崎 14 トーセンジョウオー -- 4 戸崎圭太 船橋 1.39.2

歴史・レース概要 ~スパーキングレディーカップ(ホクトベガメモリアル)2018~


スパーキングレディーカップは、川崎競馬場・ダート1600mで施行される地方重賞(JpnⅢ)である。競走名は川崎競馬場のナイター競走の愛称である「スパーキングナイター」に由来。1997年に南関東地区所属馬による4歳(現3歳)牝馬限定重賞として創設された。翌1998年からはGⅢに格上げ、2007年からは格付け表記をJpnⅢに変更されている。川崎競馬場で活躍した名馬ホクトベガを記念してホクトベガメモリアルと銘打たれている。

本競走で優勝した地方競馬所属馬には、レディスプレリュードの優先出走権が与えられる。

過去の優勝馬には、ホワイトフーガ、メーデイア、ラヴェリータなどが名を連ねる。

執筆者:ウマニティ競馬研究所(略してウマケン)

まだウマニティ会員ではない方へ

会員登録するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを無料で利用できます。

収支100万円超えの猛者がズラリ

全国トップ予想家たちの予想閲覧

予想に必携の高精度スピード指数

「U指数」を重賞で全頭公開

勝率40%超えを誇る堅軸候補

「凄馬」をメールでお知らせ

TVでも紹介!設定は10万通り以上

あなただけの予想ロボが作れる

この他にも20以上のサービスを無料で提供!

会員登録(無料)する

ようこそゲストさん

今すぐ会員登録

※パスワードを忘れた場合

いつものアカウントが使えます!

本日の開催

帯広競馬
第21回第5日
1R 55分前
高知競馬
第14回第1日
1R 2時間前
佐賀競馬
第19回第2日
1R 5分前

次回のダートグレード競走

1月22日()大井
TCK女王盃 JpnⅢ