東京大賞典2018-レース結果

東京大賞典

2018年12月29日(土) 16:30

東京大賞典 G1

大井競馬場/2000m

レース結果

●東京大賞典 ダートグレード競走攻略ツール

  • 出馬表
  • 予想登録
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX

山崎エリカのダートグレード攻略 ~東京大賞典2018~

2018年12月29日(

 地方競馬もクライマックス。いよいよ年の瀬恒例の一年の総決算、東京大賞典が行われます。ダートの王道路線は、秋は10月のJBCクラシックから始まり、続いてチャンピオンズC、そして最終戦がこのレースとなります。例年、JBCクラシックやチャンピオンズCの上位馬が集うため、年によってはチャンピオンズC以上のハイレベルな戦いになることも少なくありません。

 本来は、秋のG1戦ではもっとも賞金が高い中央のチャンピオンズCを大目標とし、東京大賞典は消化レースでもいいはずですが、東京大賞典のほうがハイレベルになることがある理由は大きく2つ。有終の美を飾りたがる日本人の国民性と、東京大賞典がもっとも実力どおりに決まると言われているチャンピオンディスタンス(大井外回り2000mは、コースの癖も少ない)で行われることです。

 実際に東京大賞典よりも少しだけ賞金が高いチャンピオンズCをピークに仕上げて、展開が合わなかった…、外枠で外々を回った…などの理由で取りこぼすよりも、紛れが生じることが少ないこの舞台で、順当に勝ち上がりたい、賞金を加算して来年度に繋げたいと考えている陣営も少なくないようです。また、このレースはG1・3連発の最終戦となるので、成績が不安定になりやすい休養明け1~2戦目の出走馬が少なく、実績馬が実力を出しやすいというのもあります。

 つまり、東京大賞典はあまり荒れていないということ。5番人気のアポロケンタッキーが優勝した一昨年が稀であり、2007年~2015年、そして昨年も1~3番人気馬が連対を果たしています。その中でも有力は、過去10年で9勝している前走チャンピオンズC(旧ジャパンカップダートを含む)出走馬たち。当然、チャンピオンズC連対馬が最有力で、その成績は【3・2・2・0】と優秀です。

 1着の該当馬は、2008年のカネヒキリ、2014年のホッコータルマエ。2着の該当馬は、2011年と2013年のワンダーアキュート。3着の該当馬は、2012年のワンダーアキュート、2016年のサウンドトゥルーです。東京大賞典で3連複の軸馬として信頼するならば、前走チャンピオンズCの連対馬ということになるでしょう。

 また、前走のチャンピオンズCでやや敗退から巻き返してくる馬は、前々走のJBCクラシックの上位馬が多いです。そこでJBCクラシックの連対馬に焦点を当てると、過去10年のこのレースでの成績は、【4・7・2・2】となかなか優秀。4着以下に敗れた馬は、2014年のクリソライトと2015年のコパノリッキーで、その2頭には前走のチャンピオンズCで7着以下に凡退しているという共通項がありました。つまり、JBCクラシックの連対馬が、前走のチャンピオンズCで大敗していなければ、積極的に狙ってもOKということです。

 逆に穴パターンはというと、前記したことにも繋がりますが、前走のチャンピオンズCの3~6着からの巻き返しが大半。G1勝ちの実績があると、一昨年のケイティブレイブのように前走のチャンピオンズC・4着でも1番人気に支持される場合もあります。しかし、G1勝ちの実績がないと3年前のアポロケンタッキーのようにあまり人気がありません。アポロケンタッキーはチャンレンジC・4着でしたが、このレースでは5番人気の低評価で優勝しました。

 また、2015年のワンダーキュートは同年のかしわ記念勝ちの実績がありましたが、それ以降のG1レースで連対実績がなかったことが嫌われたのか、前走のチャンピオンズC・6着ながら6番人気という低評価。しかし、このレースでは3着と巻き返しています。このようにこのレースは、チャンレジCの3~6着から巻き返して来ることがしばしばありますが、G1勝ちの実績がなかったり、その手前の成績がひと息だったりすると一気に人気を落とす傾向があるので、それらをヒモ穴に加えると、高配当をGETできるかもしれません。


 まとめるとこうなります!

 ●本命候補
 ・同年のJBCクラシックかチャンピオンズCの連対馬。
  ただし、JBCクラシックの連対馬は、前走のチャンピオンズCで7着以下に負けていないことが条件。

 ●穴馬候補
 ・前走のチャンピオンズCで3~6着だった馬。
  4~6着のG1勝ちの実績がない馬やその手前の成績が不振だと人気薄になります。

山崎エリカさんのダートグレード競走最新予想はこちらからご覧いただけます!!

新着ニュース

 東京大賞典でGI初制覇を飾ったオメガパフューム(栗・安田翔、牡3)は一夜明けた30日、自厩舎の馬房で激戦の疲れを癒やした。

 栗東トレセンには同日午前1時に到着。安楽厩務員は「輸送はスムーズでした。疲れた感じはなく、カイバも食べて食欲もありますよ。コンスタントに使ってきたけど、よく頑張ってくれたと思う」と穏やかな表情で語った。レースについては「(年長馬相手に)ひるまずに外からよく差し切ってくれた。まだまだ良くなりそうだし、もっと走ると思うよ」と振り返り、来年を見据えた。年明けに放牧に出る予定で、次走は未定。

【東京大賞典】また3歳!またミルコ!パフュームGI初V 12月30日() 05:06

 第64回東京大賞典(29日、大井10R、GI、3歳上オープン、国際交流、定量、ダ・右2000メートル、優勝賞金8000万円 =出走16頭)3番人気のオメガパフュームが、中団から直線で抜け出して1番人気のゴールドドリームをおさえてGI初制覇。ミルコ・デムーロ騎手(39)は28日のホープフルS(中山)に続く2日連続のGI勝利となった。3歳馬は、この秋の古馬混合GIで5連勝と世代交代を印象づけた。

 またしてもミルコ、またしても3歳だ。真冬の西日を浴びて芦毛が躍動する。M・デムーロ騎乗のオメガパフュームが、歴戦の年長馬を下して暮れの大一番を制した。

 「もう最高です! 展開がすごくよかったし、最後までいい脚でよく伸びてくれた。初めて乗ったときからどこかでGIを勝てると思っていたので本当によかったです」

 殊勲の鞍上は両手でガッツポーズを作り、ファンの大歓声に応えた。後方から徐々にポジションを上げ、直線ではゴールドドリームを封じ込めるように外から一気にスパート。追いすがる1番人気馬を振り切り、栄光のゴールへ飛び込んだ。

 巧みなステッキワークで魅せたイタリアンは、サートゥルナーリアホープフルSに続く2日連続のGI制覇。これで12月だけでGI4勝の固め打ちを決め、「素晴らしい年です」と笑顔を振りまいた。

 東京大賞典の3歳馬の優勝は2004年のアジュディミツオー以来、14年ぶり。3歳馬は平地のGIをマイルCSから5連勝。世代交代を強烈にアピールした。

 今年3月に開業した安田翔調教師にとっては、記念すべきGI初制覇。「テレビで見ていた東京大賞典に送り出せるだけでも興奮していたのに勝たせてもらって…。感謝しかないです」と感激の面持ちだった。前走後は調教メニューを改め、「もっとエキサイトさせて怒らせるように冒険しました」。その“賭け”がラストの爆発力を引き出した。

 状態次第ではフェブラリーS参戦も視野に入る。その先には同期のライバル、ルヴァンスレーヴとの再戦が待ち受けている。ルヴァンスの主戦も務めるミルコは「ちょっと最悪。どこかで(出走レースが)かぶるかも。難しいね」としかめっ面。ぜいたくな二者択一を迫る、頼もしいニュースターが誕生した。(漆山貴禎)

オメガパフューム 父スウェプトオーヴァーボード、母オメガフレグランス、母の父ゴールドアリュール。芦毛の牡3歳。栗東・安田翔伍厩舎所属。北海道千歳市・社台ファームの生産馬で、馬主は原禮子氏。戦績9戦5勝(うち地方2戦1勝)。獲得賞金2億1233万5000円(うち地方9575万円)。重賞はGIIIシリウスSに次ぐ2勝目。東京大賞典は安田翔伍調教師、ミルコ・デムーロ騎手ともに初勝利。馬名は「冠名+香水。母名より連想」。

【東京大賞典】残り50メートルで失速…ゴールド2着 12月30日() 05:05

 第64回東京大賞典(29日、大井10R、GI、3歳上オープン、国際交流、定量、ダ・右2000メートル、優勝賞金8000万円 =出走16頭)右肩の筋肉痛でチャンピオンズCを回避した1番人気のゴールドドリームは2着。9番手でじっくり脚をため、直線は鋭く伸びたものの、南部杯と同じく3歳馬に屈した。

 ルメール騎手は「スムーズに運べたが、外からミルコ(オメガパフューム)が来たときに少しスペースが狭くなった。残り50メートルで疲れてしまったし、チャンピオンズCを回避して間隔があいたぶんかな」と悔しそうな表情だった。

【東京大賞典】ケイティブレイブ、末脚に屈し3着 12月30日() 05:05

 第64回東京大賞典(29日、大井10R、GI、3歳上オープン、国際交流、定量、ダ・右2000メートル、優勝賞金8000万円 =出走16頭)チャンピオンズC11着からの巻き返しを狙った2番人気のケイティブレイブは、5番手から直線半ばで先頭に立ったが、2頭の末脚に屈して3着。福永騎手は「コンディションは良かったし、集中して走れていた。悪くない位置で競馬ができて、最後も止まっていない。一生懸命に走ってくれたが…」と悔しさをにじませつつ、パートナーをねぎらった。

【東京大賞典】レースを終えて…関係者談話 12月30日() 05:05

 ◆御神本訓騎手(サウンドトゥルー4着) 「あんなに後ろの位置になるとは思わなかったが、道中で脚を使って、しまいをなくすよりはと思って乗っていた。転入初戦だし、変わってくれば」

 ◆岩田騎手(エイコーン5着) 「4コーナーまでいい感じで走れていたし、よく走ってくれたと思う。まだ若いから、これからの成長が楽しみ」

 ◆阿部龍騎手(スーパーステション6着) 「前半でアポロケンタッキーにあおられたのは痛かったけど、自分の力は出してくれた。このメンバーでもスッと先手が取れたのは収穫だった」

 ◆繁田健騎手(モジアナフレイバー9着) 「ゲート練習をした成果で、スタートの出が良かった。出たなりで運んだが、最後は力の差が…。現状の力は出してくれた」

【東京大賞典】“強い3歳世代”オメガパフュームがGI初制覇 12月29日() 17:09

 12月29日(土)の大井競馬10Rで行われたダートの年度総決算レース、第64回東京大賞典(国際GI、3歳以上オープン、選定馬、定量、右2000メートル、16頭立て、1着賞金=8000万円)は、3番人気のオメガパフューム(牡3歳、栗東・安田翔伍厩舎)がミルコ・デムーロ騎手に導かれて快勝。今年のジャパンダートダービー・交流GIで2着だった“強い3歳世代”を代表する1頭が、待望のGI初制覇を果した。タイムは2分5秒9(良)。同騎手にとっては、28日のJRA・GI、ホープフルSサートゥルナーリア)に次ぐGI連勝となった。



 オメガパフュームは出負けして、序盤は後方4番手。徐々にポジションを上げて、4コーナーで外から先行勢を射程圏に入れると、中団を追走していた昨年のJRA賞最優秀ダートホース・ゴールドドリーム(1番人気)と競り合う形で脚を伸ばしていき、3/4馬身差で振り切った。道中5番手だったケイティブレイブ(2番人気)が、さらに1馬身1/2離れた3着。JRAから船橋所属となっての初戦だったサウンドトゥルー(4番人気)は4着。

 東京大賞典を勝ったオメガパフュームは、父スウェプトオーヴァーボード、母オメガフレグランス、母の父ゴールドアリュール。北海道千歳市・社台ファームの生産馬で、馬主は原禮子氏。通算成績は9戦5勝(うち地方2戦1勝)。重賞は2018年シリウスS・GIIIに次いで2勝目。東京大賞典は安田翔伍調教師、ミルコ・デムーロ騎手ともに初勝利。



 ◆ミルコ・デムーロ騎手「(自身はホープフルSに次ぐGI連勝で)最高の年になりました。(騎乗は5戦ぶりと)久しぶりで、前より大人になってズブくなりましたけど、ペースもゆるかったですからね。ケイティブレイブゴールドドリームを見ながら行きました。最後まで伸びましたね。GIを取れると思っていた馬です。(JRA・GIのチャンピオンズCを制したルヴァンスレーヴもお手馬で)これからどこかでかぶるかもしれません。(選択が)難しいですね」

【東京大賞典競走(G1)3上選定馬重賞】(大井)~オメガパフュームが優勝 12月29日() 17:06

29日、大井競馬場の第10Rに行われた第64回 東京大賞典競走(G1)3上選定馬重賞(ダート・外 右2000m サラブレッド系3才以上 定量)はM.デムーロ騎手騎乗の3番人気・5番オメガパフューム(牡3)が優勝した。
勝ちタイムは2分05秒9(良)。さらに3/4馬身差の2着に1番人気・13番ゴールドドリーム(牡5)、そこから11/2馬身差の3着に2番人気・2番ケイティブレイブ(牡5)が入った。
オメガパフュームは、父スウェプトオーヴァーボード、母オメガフレグランス、母の父ゴールドアリュールという血統で安田翔伍厩舎の所属馬。生産は千歳市・社台ファーム。馬主は原禮子。通算成績は9戦5勝。
「東京大賞典競走(G1)3上選定馬重賞」の着順&払戻金はこちら

【東京大賞典】レース展望 12月28日(金) 19:41

★復権目指すゴールドドリームが仕切り直しの一戦



 29日(土)に、大井競馬場で2018年ラストの交流重賞となるGI・第64回東京大賞典(交流GI、3歳以上オープン、定量、ダート・右2000メートル)が行われる。南部杯、チャンピオンズCを連勝したルヴァンスレーヴこそ不在だが、現在のダート界を代表する面々が顔を揃えた注目の一戦を展望したい。



 昨年のJRA最優秀ダートホースで、今年もかしわ記念、帝王賞と交流GIタイトルを2つ獲得しているゴールドドリーム(栗東・平田修厩舎、牡5歳)が、仕切り直しの一戦に挑む。



 交流GI3連勝を狙った前走の南部杯で3歳馬のルヴァンスレーヴに敗れ、巻き返しを目指して出走予定だったチャンピオンズC(GI)は右肩筋肉痛のために回避。復権Vを果たすかどうかは、一頓挫あった影響を受けたことにより100%の力を発揮できるかどうかにかかっている。



 1週前に栗東CWで6ハロン83秒1、坂路で行われた26日の最終追い切りでは4ハロン51秒3、ラスト1ハロン12秒1の時計を出しており、調整過程からは普段の力を発揮できるとみるが、ハイレベルなメンバーでどのようなパフォーマンスを見せるか注目だ。



★得意とする地方の馬場でケイティブレイブが巻き返すか



 この秋、日本テレビ盃(交流GII)、JBCクラシック(GI)を連勝しているケイティブレイブ(栗東・杉山晴紀厩舎、牡5歳)だが、3連勝を目指した前走のチャンピオンズC(GI)では11着に敗れており、そこから巻き返せるかが焦点となりそうだ。



 主戦を勤める福永祐一騎手は、よもやの大敗を喫した前走後「サンライズソアの後ろで手応え良く回ってきたけど、直線は伸び負けというより、伸びていない。返し馬が終わっても、物見していたし、4コーナーで西日も気にしていた」と語っているように、決して力負けではない。



 京都競馬場で開催されたJBCクラシックを制しているものの、もともとは「中央の高速馬場への適性がどうか」と言われていた。ここも相手は揃ったが、通算【8.4.2.1】と大崩れがない地方の舞台に変わって、一気に巻き返してくる可能性があるのではないか。

★徐々に復調気配を見せているクリソライト



 交流重賞は13年ジャパンダートダービー制覇を含む5勝、韓国GIのコリアCも制している古豪クリソライト(栗東・音無秀孝厩舎、牡8歳)が、1年2カ月に及ぶ長期休養明けを2度叩かれ、完全復調の気配を見せている。



 JBCクラシックは15着に敗れ、騎乗した武豊騎手も「体はできていましたけど、スピードに対応することができませんでした。久々だったぶんでしょうか。次走では良くなると思います」と休み明けでお手上げ状態だった。



 それでも、続く浦和記念では3着と本来の動きに近い走りを見せており、叩き3戦目となる今回はさらなる前進がありそう。2着に善戦した昨年の帝王賞以来となる戸崎圭太騎手とのコンビで、ジャパンダートダービー以来5年半ぶりの国内GI制覇を目指す。



★大井にも3歳旋風が吹くか!注目はエイコーン、オメガパフューム



 牝馬三冠を果たし、初の古馬相手となったジャパンCでは圧巻のレコードVで古馬を一蹴したアーモンドアイ。歴戦の古馬を相手に、有馬記念で初GI制覇を果たしたブラストワンピース。この秋は、3歳世代がレベルの高さを見せつけてきた。ダート路線も、ここには出走していないもののルヴァンスレーヴが南部杯、チャンピオンズCを連勝している。



 そんなハイレベルの3歳世代は、中央・地方合わせて5頭が出走を予定している。中でも注目は、ダートに路線変更してからは8戦4勝2着4回、連対率100%の安定した成績を残して一気にオープンクラスまで駆け上がってきたエイコーン(栗東・吉田直弘厩舎、牡3歳)。初のオープン挑戦がいきなり歴戦の古馬が相手のGIで、条件的に楽ではないが、展開に左右されない強みがあるだけに、底を見せていない未知の力に期待したいところだ。



 すでに古馬相手のGIでJBCクラシック2着、チャンピオンズC5着と一応の結果を出しているオメガパフューム(栗東・安田翔伍厩舎、牡3歳)も見逃せない一頭。大井コースはジャパンダートダービーで2着した実績があり、コンビを組んで4戦3勝3着1回と結果を出しており、12月だけでGI3勝を挙げているM.デムーロ騎手が騎乗するのも心強い。



★地方勢も気になる馬が一杯!最注目は移籍初戦のサウンドトゥルー



 過去10年、地方所属馬で馬券に絡んだのはフリオーソ(2010年・2着)とサミットストーン(2014年・3着)の2頭しかいないが、今年は地方勢も例年以上にレベルが高い。



 注目一番手は、15年東京大賞典の覇者で、その後も16年チャンピオンズC、17年JBCクラシックと3年連続でGIタイトルを獲得してきており、JRAから南関東に移籍しての初戦を迎えるサウンドトゥルー(船橋・佐藤裕太厩舎、牡8歳)だろう。



 他では、地元大井所属でデビューから8戦6勝の成績を残しており、前走の勝島王冠では待望の重賞初制覇も果たしているモジアナフレイバー(大井・福永敏厩舎、牡3歳)、今シーズンはホッカイドウ競馬で重賞6連勝の実績を残してきたスーパーステション(北海道・角川秀樹厩舎、牡4歳)あたりに注目が集まりそう。中央勢のレベルもかなり高いが、善戦を期待したいところだ。

【東京大賞典】追って一言 12月27日(木) 05:03

 ◆アポロケンタッキー・山内師 「最近は自分からやめていて、気持ちの問題が大きい。順調だし、調教は決して悪くない」

 ◆オメガパフューム・安田翔師 「時計は気にせず、馬のバランスとリズムを意識した調教。前回は手前が替わらなかったので、そのあたりを考慮して調整した。今回は枠もいい」

 ◆ケイティブレイブ・杉山師 「前走は前が残ってスローという不向きな展開。体も思ったより減っていなかった。本質は馬力タイプで大井の実績もある」

 ◆ゴールドドリーム・平田師 「坂路を真っすぐ走れて好時計。チャンピオンズCを(軽い筋肉痛で)回避した影響はない。ゲートを普通に出れば」

 ◆リーゼントロック・矢作師 「変わらず順調。2000メートルはいくらか長いかもしれないが、深いダートは合う」

【東京大賞典】転入初戦のサウンド、動き抜群 12月26日(水) 05:04

 29日に大井で行われる東京大賞典へ向けて南関東に転入初戦となるサウンドトゥルー(船橋・佐藤太、セン8)の追い切りが25日、船橋のダートコース(良)で行われた。

 単走で馬場の3分どころを通過し、直線でも軽快に脚を伸ばすと、5ハロン63秒6、3ハロン37秒5を馬なりでマークした。感触を確かめた佐藤裕太調教師は「これで5本の追い切りを消化。馬が自分で状態を上げてきた感じで、きょうも動きは抜群。持ち前の切れ味を生かせれば」と期待を寄せた。

⇒もっと見る

過去10年の結果 ~東京大賞典 2018~

2017年 東京大賞典 2017年12月29日(土) 大井10R 2000m 良 16頭

東京大賞典競走(G1)

1着 13 コパノリッキー 4.7倍(3人気) 田邊裕信 2.04.2
2着 3 サウンドトゥルー 4.0倍(2人気) 大野拓弥 2.04.8
3着 12 ケイティブレイブ 3.5倍(1人気) 福永祐一 2.05.3
単勝 13 470円(3人気) 3連複 3-12-13 690円(1人気)
馬連 3-13 970円(3人気) 3連単 13→3→12 4,470円(7人気)
開催日 場名 頭数 馬場 勝ち馬 オッズ 人気 騎手 所属 勝ちタイム
2016/12/29
東京大賞典
大井 14 アポロケンタッキー 16.3倍 5 内田博幸 JRA 2.05.8
2015/12/29
東京大賞典
大井 14 サウンドトゥルー 3.9倍 3 大野拓弥 JRA 2.03.0
2014/12/29
東京大賞典
大井 16 ホッコータルマエ 1.7倍 1 幸英明 JRA 2.03.0
2013/12/29
東京大賞典
大井 10 ホッコータルマエ 1.6倍 1 幸英明 JRA 2.06.6
2012/12/29
東京大賞典
大井 12 ローマンレジェンド 2.6倍 2 岩田康誠 JRA 2.05.9
2011/12/29
東京大賞典
大井 12 スマートファルコン -- 1 武豊 JRA 2.01.8
2010/12/29
東京大賞典
大井 14 スマートファルコン -- 1 武豊 JRA 2.00.4
2009/12/29
東京大賞典
大井 14 サクセスブロッケン -- 2 内田博幸 JRA 2.05.9
2008/12/29
東京大賞典
大井 10 カネヒキリ -- 2 C.ルメール JRA 2.04.5

歴史・レース概要 ~東京大賞典2018~


東京大賞典は、大井競馬場・ダート2000mで施行される地方重賞(GI)である。1955年、4歳以上の競走馬による重賞競走「秋の鞍」(大井競馬場・ダート2600m)の名称で創設。1964年、名称が「東京大賞典」に変更。1997年、ダート競走格付け委員会によりGI(統一GIに格付けされた。施行距離はいく度かの変遷を経て、1998年からはダート2000mで定着。南関東公営競馬では1978年に新設された帝王賞とともに、サラブレッド系古馬の2大競走としても位置づけられ、日本のダート競馬の1年を締め括る総決算レースとして認知されている。

過去の優勝馬には、コパノリッキーホッコータルマエ、スマートファルコン、アジュディミツオーなど錚々たる名馬が名を連ねる。

執筆者:ウマニティ競馬研究所(略してウマケン)

まだウマニティ会員ではない方へ

会員登録するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを無料で利用できます。

収支100万円超えの猛者がズラリ

全国トップ予想家たちの予想閲覧

予想に必携の高精度スピード指数

「U指数」を重賞で全頭公開

勝率40%超えを誇る堅軸候補

「凄馬」をメールでお知らせ

TVでも紹介!設定は10万通り以上

あなただけの予想ロボが作れる

この他にも20以上のサービスを無料で提供!

会員登録(無料)する

ようこそゲストさん

今すぐ会員登録

※パスワードを忘れた場合

いつものアカウントが使えます!

本日の開催

浦和競馬
第4回第1日
10R 終了
大井競馬
第5回第4日
8R 18分前
名古屋競馬
第7回第3日
12R 終了
園田競馬
第8回第5日
12R 終了
門別競馬
第6回第3日
8R 13分前

次回のダートグレード競走

7月4日()川崎
スパーキングレディーカップ(ホクトベガメモリアル) Jpn3

東京大賞典特集
バックナンバー

東京大賞典 2019
東京大賞典 2018
東京大賞典 2017
東京大賞典 2016
東京大賞典 2015

2019ダートグレード競走

東海ステークス
TCK女王盃
根岸ステークス
川崎記念
佐賀記念
フェブラリーステークス
エンプレス杯(キヨフジ記念)
ダイオライト記念
名古屋大賞典
黒船賞
マーチステークス
東京スプリント
アンタレスステークス
マリーンカップ
かきつばた記念
兵庫チャンピオンシップ
かしわ記念
平安ステークス
さきたま杯
北海道スプリントカップ
関東オークス
ユニコーンステークス
帝王賞
スパーキングレディーカップ(ホクトベガメモリアル)
プロキオンステークス
ジャパンダートダービー
マーキュリーカップ(メイセイオペラ記念)
レパードステークス
エルムステークス
クラスターカップ
サマーチャンピオン
ブリーダーズゴールドカップ
テレ玉杯オーバルスプリント
日本テレビ盃
シリウスステークス
白山大賞典
東京盃
レディスプレリュード
エーデルワイス賞
マイルチャンピオンシップ南部杯
北海道2歳優駿
みやこステークス
JBCレディスクラシック
JBCスプリント
JBCクラシック
武蔵野ステークス
兵庫ジュニアグランプリ
浦和記念
チャンピオンズカップ
カペラステークス
クイーン賞
全日本2歳優駿
名古屋グランプリ
兵庫ゴールドトロフィー
東京大賞典