クラスターカップ2017-レース結果

クラスターカップ

2017年8月15日(火) 16:30

クラスターカップ Jpn3

盛岡競馬場/1200m

レース結果

●クラスターカップ ダートグレード競走攻略ツール

  • 出馬表
  • 予想登録
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX

山崎エリカのダートグレード攻略 ~クラスターカップ2017~

2017年8月10日(木)

 お盆に3日間連続で行われるダートグレードの第1弾は、盛岡競馬場のダ1200mで行われるクラスターカップ。このレースは、岩手という土地柄、北海道でリフレッシュ放牧に出されていた実績馬が札幌競馬場で追い切られて出走してくることがとても多いレース。翌日に行われる佐賀のサマーチャンピオンと同格の短距離戦ですが、注目度の高い一戦となっています。

 また、このレースは、過去10年(水沢で行われた2007-2008年を除く、2005年年以降)で1番人気の勝率60%、2着率10%、3着率20%。2番人気も勝率20%、2着率50%、3着率10%とほとんど荒れていません。なぜ、本命サイドで決着することが多いのかというと、翌日にはサマーチャンピオン、翌週にはJRAでNST賞(ダ1200m)が行われるため、勢力が分散することが多いからです。つまり、トップクラスと次点の馬たちとの能力差が大きいから。

 全体的に人気馬が信頼できるレースですが、その中でも前年のJBCスプリントの連対馬が、このレースで過酷な斤量を背負わされながらも勝ち負けするケースが目立ちます。前年のJBCスプリントの連対馬のこのレースでの成績は、【3・1・0・0】。1着の該当馬は、2009年のバンブーエール、2015-2016年ダノンレジェンド。2着の該当馬は、2013年のタイセイレジェンドです。

 昨年のダノンレジェンドは、斤量60㎏が嫌われて珍しく他馬に1番人気を譲る形となりましたが、終わってみれば完勝でした。また、2013年のタイセイレジェンドは、斤量59㎏に加えてドバイ帰りの休養明けの一戦だったことが嫌われて5番人気まで人気を落としましたが、それでも2着を確保しました。

 確かに斤量を背負うと、ダッシュ力が鈍るため、特に短距離戦では大きな不利です。しかし、それでも勝ち負けするのは、前記したように勢力分散により、相手があまり強くないという状況が作られがちだからです。前年のJBCスプリントの連対馬が出走している場合は、斤量が重くても素直に信頼したほうがいいでしょう。

 次に有力なのは、近2走でJRAのオープン勝ちの実績がある馬。JRAのオープンは、地方で行われるG3と同等か、もしくはそれ以上にレベルの高い場合もあるので、能力的面では見劣りません。過去10年のこのレースでの成績は、【2・0・1・0】。1着の該当馬は、2010年サマーウインド、2011年ドスライス。両馬ともに断然の1番人気に応えて勝利しています。また、2006年のトウショウギアは、1番人気に応えることが出来ませんでしたが、それでも3着は死守できています。JRAのオープン勝ち馬が滅多に出走してくることがありませんが、出走してくれば有力でしょう。

 他では、北海道スプリントCの連対馬もなかなか有力。北海道スプリントCが門別のダ1200mで行われるようになってからの2010年以降の成績は、【2・3・0・2】と悪くはないですが、2014年に北海道スプリントCの勝ち馬アドマイヤサガスが1番人気で4着に敗れたこともあります。そのアドマイヤサガスはどのような馬だったかというと、前走が初重賞だった馬。また、2013年には前年のクラスターC・2着以降、連対実績がなかったセレスハントも、前走の北海道スプリントCを勝利した後、このレースでは5着と凡退しています。こういったタイプは、前走が目標だった可能性が高いので、疑ってかかったほうがいいでしょう。

 穴どころは、前走プロキオンSを逃げ、先行した馬。前走プロキオンSで3コーナー5番手以内だった馬のこのレースでの成績は、【3・0・0・2】。該当馬は、2009年のバンブーエール、2010のサマーウインド、2014年のサマリーズ。2014年のサマリーズは、13着凡退からの巻き返し。また、サマリーズは2015年にも、プロキオンS16着凡退から巻き返しています。

 この傾向は、プロキオンSが中京ダ1400mで行われるようになってからより顕著。特に翌日のサマーチャンピオンでもやたらと巻き返しています。もともとJRAのダ1400mは、前走ダ1200mで逃げ、先行した馬がレースメイクしてオーバーペースが発生しやすいもの。特に中京ダ1400mは、芝スタートで直線が長く、超オーバーペースが発生しやすいので、クラスターCにも出走していれば当然、「買い」でしょう。プロキオンSで成績が良ければ人気になりますが、悪ければ4~5番人気で好走してくれることもあります。


 まとめるとこうなります!

 ●本命候補
 ・前年のJBCスプリントの連対馬。
 ・近2走でJRAのオープン勝ちの馬。

 ●穴馬候補
 ・前走のプロキオンSで3コーナー5番手以内の馬。

山崎エリカさんのダートグレード競走最新予想(「競馬プロ予想MAX」)はこちらからご覧いただけます!!

新着ニュース

15日、盛岡競馬場の第10Rに行われた第22回 クラスターカップ(Jpn3)オープン(ダート 左1200m サラブレッド系一般 別定)は左海誠二騎手騎乗の4番人気・1番ブルドッグボス(牡5)が優勝した。
勝ちタイムは1分08秒8(稍重)。さらにクビ差の2着に3番人気・13番ラブバレット(牡6)、そこから2馬身差の3着に1番人気・9番サイタスリーレッド(牡4)が入った。
ブルドッグボスは、父ダイワメジャー、母リファールカンヌ、母の父デインヒルという血統で小久保智厩舎の所属馬。生産は浦河郡浦河町・鮫川啓一。馬主は組)HimRock。通算成績は21戦8勝。
「クラスターカップ(Jpn3)オープン」の着順&払戻金はこちら

【クラスターC】浦和所属ブルドッグボスが重賞初V 8月15日(火) 17:37

 8月15日(火)の盛岡競馬10Rで行われた第22回クラスターカップ(交流GIII、3歳以上オープン、選定馬、別定、ダート・左1200メートル、14頭立て、1着賞金=2300万円)は、左海誠騎手騎乗4番人気ブルドッグボス(牡5歳、浦和・小久保智厩舎)が好位追走から直線は外めに持ち出して強烈な末脚を発揮。内の2頭をまとめて差し切って初の重賞タイトルをものにした。タイムは1分8秒8(稍重)。ブルドッグボスは浦和に転厩してこれが2戦目。JRA所属時には太秦S、千葉S、室町Sとダート1200メートルのオープン特別を3勝している。

 クビ差の2着には逃げ馬を外めでマークした地元・岩手のラブバレット(3番人気)、さらに2馬身差遅れた3着に逃げ粘ったJRA所属のサイタスリーレッド(1番人気)。

 クラスターカップを勝ったブルドッグボスは、父ダイワメジャー、母リファールカンヌ、母の父デインヒルという血統。北海道浦河町・鮫川啓一氏の生産馬で、(組)Him Rock Racingの所有馬。通算成績は21戦8勝。重賞初制覇。小久保智調教師、左海誠騎手ともにクラスターCは初優勝。

【クラスターC】JRA出走予定馬が決定 8月10日(木) 19:58

 8月15日(火)に盛岡競馬場で行われるクラスターカップのJRA所属の出走予定馬および予定騎手が決定した。

 「第22回クラスターカップ」(盛岡競馬場、交流GIII、3歳以上オープン、別定、ダート・左1200メートル)

【JRA所属の出走予定馬】4頭キクノストーム(牡8歳、栗東・吉田直弘厩舎、小牧太騎手)サイタスリーレッド(牡4歳、栗東・佐藤正雄厩舎、高倉稜騎手)ショコラブラン(牡5歳、栗東・浅見秀一厩舎、岩田康誠騎手)タイセイファントム(牡9歳、栗東・高橋義忠厩舎、丸山元気騎手)

【クラスターC】JRA出走予定馬が発表 7月30日() 17:58

 8月15日(火)に盛岡競馬場で行われるクラスターカップのJRA所属の出走予定馬および補欠馬が7月30日、発表された。

 「第22回クラスターカップ」(盛岡競馬場、交流GIII、3歳以上オープン、別定、ダート・左1200メートル)

【JRA所属の出走予定馬】5頭キクノストーム(牡8歳、栗東・吉田直弘厩舎、騎手未定)サイタスリーレッド(牡4歳、栗東・佐藤正雄厩舎、騎手未定)ショコラブラン(牡5歳、栗東・浅見秀一厩舎、岩田康誠騎手)タイセイファントム(牡9歳、栗東・高橋義忠厩舎、騎手未定)ブライトライン(牡8歳、栗東・鮫島一歩厩舎、騎手未定)

【JRA所属の補欠馬】2頭(補欠順位順)1.ウインオスカー2.コンテナ

⇒もっと見る

口コミ情報

東京盃の予想

10月4日(水) 16:22

山崎エリカ

逃げ馬が揃った一戦。
今年も差し馬優勢か?
__________

3日間連続で行われるダートグレード第2弾は、JBCスプリントの前哨戦となる東京盃。スプリントのダートグレードは、年間をとおしても数多く行われますが、G2は上半期のさきたま杯と下半期のこのレースのみ。東京盃はJBCスプリントの前哨戦の上に、下半期では唯一のG2になるので、交流重賞路線の上位馬やプロキオンSの上位馬、芝の短距離からの路線変更馬など、ハイレベルなメンバーが集結します。

とにかく様々な路線からメンバーが集結するこのレースは、上がり馬の存在に悩まされることもしばしば。2011年には、前走クラスターC・3着のラブミーチャン(8番人気)が、このレースで2着に粘って、馬複万馬券を演出したこともありました。

しかし、この年がどういうメンバーだったかというと、前年のJBCスプリントの勝ち馬不在、2着のナイキマドリードは、休養明けの前走オーバルスプリントで大敗するなどのスランプ期。1番人気には、4連勝目でさきたま杯を優勝した休養明けのセイクリムズンが1番人気に支持されるなど、荒れる要素が満載。いかにも上がり馬に「好走してください」と言わんばかりの状況下でした。


続きは、こちら→http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=9403


さて、前走の北海道スプリントCを逃げ切り勝ちしたニシケンモノノフ、何が何でもハナを主張したいトウケイタイガー、出遅れ癖があるもののまともならスタート速いコーリンベリー、さらに前走のキーンランドCでレースメイクしたナックビーナスがダート戦の今回でどうでるかと言ったところ。ここまで逃げ馬が揃えば、前半3F34秒台は確定的か? 場合によっては、33秒台の超オーバーペースが発生する可能性も、十分にあるでしょう。


予想は、こちら→http://nar.umanity.jp/coliseum/coliseum_view.php?race_id=2017100420120311&user_id=3100000007

テレ玉杯オーバルスプリント9月20日(水) 01:51 tntn

えーーーと、この重賞ですが浦和で行われます。
 
昨年。。。予想してない。。。ーー?)
今年は予想してみます。(`・ω・)ゞ
 
浦和と言えば、浦和レッズ!赤で良いです?ヾ(ーー )コラコラ
 
--------------------
今年は、JRA勢4頭。。。
 
(3)昨年の勝ち馬レーザーバレット
 
(6)ユニコーンSで1番人気に押されたリエノテソーロ
 
(7)クラスターC3着だったサイタスリーレッド
 
(10)今年オープン勝ちのあるモンドグラッセ
 
じゃー、この4頭で!ヾ(ーー )?
 
--------------------
 
このレースは5年間で、JRAx3で決まったのは2回。
 
昨年も、2,3着に地方馬が入り、3連単5万超え。。。(@_@)
 
傾向としては、逃げ・先行が残り、一頭の突っ込み。
 
1番人気は、まあまあ馬券にはなりますが、勝ってない。
 
あと、レッドとか言ってますが、ずーっとイエローが絡んでいます。なぜか?
 
クラスターCでJRA勢を完封したブルドックボスとリエノが5枠です。
 
ご注意あれ!
 
--------------------
 
@肝心のポスターからは。。。ヾ(ーー )
 
右文字がオレンジ 
横文字が白
9/20の文字がオレンジ
 
***********
 
のりのりコンビ

http://umanity.jp/home/view_diary.php?id=98d614acc2&owner_id=4a85df85ef
 

ベテラン・横山典Jの手綱冴えわたる!9月19日(火) 19:46 銀色のサムライ

明日、浦和競馬で行われる交流重賞・オーバルスプリントは、
ダート戦で底を見せていない4歳・サイタスリーレッドの重賞初Vに期待します。

前走・クラスターカップは3着に敗れましたが、
休み明け初戦でダート転向後初の左回りコース、
そして、逃げる形になって、ラブバレットの徹底マークを受けた事が敗因だと考えています。

15日(金)に栗東坂路で51.7-37.7-24.6-12.4という上々の時計をマークしているように、状態は文句なし。
戸崎騎手とのコンビはプラスだと思うので、
先行しそうな3歳・リエノテソーロをマークする形でレースを運ぶ事ができれば、
前走からの変わり身を見せる可能性は十分あると思います。

相手は、50kgが魅力のリエノテソーロと、
オーバルスプリント2連覇中のレーザーバレットの2頭を考えています。


【ローズS回顧】

オークス2着・モズカッチャンがプラス12kg、
1番人気・ファンディーナもプラス22kg、と春の実績馬が余裕残しの状態で出走した中、
勝ち切ったのは8番人気の伏兵・ラビットランでした。

ペースが速かった事と、
良馬場とはいえ、雨の影響で緩い馬場状態になっていた事がプラスに働いたとはいえ、
後方待機から破壊力抜群の末脚を繰り出し、カワキタエンカ以下を一気に差し切りました。

前走の勝ちっぷりは良かったんですけど、
豪華メンバー集結のローズSで即通用するとは思いもしませんでした。

レース後に最終追い切りの動画を再確認してみたのですが、
タピット産駒らしい、とてもパワフルな動きを見せていましたので、
雨の影響が考えられる状況ならば、印を回す必要があった、と今更ながら後悔しています。

2着にはハイペースの逃げを打ったカワキタエンカが残りました。
直線でのヨーイドンでは厳しいタイプですから、
テン乗りでも馬の特徴を活かしたレースをした横山典弘騎手のファインプレーだと思います。

3着争いはハナ差の接戦となり、リスグラシューに軍配が上がりました。
状態が本物じゃない中でしっかりと上位争いをするのはさすがですし、
調子が上向くはずの秋華賞でも要注意の存在です。

悔しい4着に終わったミリッサですけど、
1000万下を勝っていますので、賞金順で秋華賞に出走する可能性は十分あります。
良馬場に乾いたとはいえ、パンパンの良馬場がベストの馬ですから、
秋華賞が高速馬場で行われれば、ミリッサにもチャンスが出てくるはずです。

ファンディーナ、モズカッチャンは余裕残しの状態でしたから、
中間の追い切りで馬体を絞る調整を進めていれば、巻き返し可能。

本命・レーヌミノルはファンディーナと同じような位置にいましたが、
直線で脚を伸ばしきれず、9着まで。

1800mだったらなんとかなると思っていたんですけどね…。
マイル以下の距離に出てきた時に今一度狙いたいです。


【セントライト記念回顧】

2番人気・1番人気・3番人気の決着でしたので、
上位人気がしっかりと実力を発揮した、という順当なレースだったと思います。

その中でも、夏場のレースを1度叩いているミッキースワローの末脚が目立ちました。
横山典弘騎手を鞍上に迎えていたので、陣営の本気度が高い事は戦前から分かっていましたけど、
道中の位置取りが悪い馬を完璧にエスコートして、アルアインのお株を奪う激走を見せました。

横山典弘騎手と菊沢隆徳調教師のタッグはアエロリットと同じ。
アエロリットも秋華賞の有力候補で、ミッキースワローも混戦模様の菊花賞の主役になる馬ですから、
今秋も横山典弘騎手・菊沢隆徳調教師タッグの活躍から目が離せません。

アルアインはなんとか2着を確保した、というレースっぷりに見えました。
良化途上の状態でここまで走れるのはさすがだと思いますけど、
3000mの菊花賞がベストという馬じゃないですからね。
2200mのセントライト記念で勝っておきたかった、というのが正直なところじゃないでしょうか。

3着・サトノクロニクルは今回も道中のズブさを見せてしまいました。
でも、この馬は距離延長が向くはずなので、
ここで菊花賞への優先出走権を獲得できたのは大きな収穫になったと思います。

皐月賞4着の実績があるクリンチャーは9着。
プラス18kgの馬体重もあってか、スムーズに先行できなかったのは痛かったです。
こちらも距離延長は向くと思うので、菊花賞での巻き返しに注意したいです。


先週の2重賞は、ともにベテラン・横山典弘騎手の手綱が冴えわたりました。

ムラのあるタイプなので、
馬券の扱い方がとても難しいジョッキーですけど、
ツボにハマった時の騎乗は神レベル♪

今週の重賞・神戸新聞杯ではマイスタイルとコンビを組みます。
徹底先行型のマイスタイルでどんなレースを見せてくれるのでしょうか。
とても楽しみです。


※今週の馬券メモはお休みにします。

サマーチャンピオンの予想8月16日(水) 11:08 山崎エリカ

上り馬か? 実績馬の復活か?
______________

お盆に3日間連続で行われるダートグレードの第2弾は、佐賀ダ1400mが舞台のサマードリーム、サマーチャンピオン。前日に行われるクラスターカップは本命サイドの傾向があることをお伝えしましたが、サマーチャンピオンも堅い傾向があります。これは前日にはダ1200mのクラスターカップ、翌週にはJRAでNST賞(ダ1200m)が行われるため、勢力が分散することが多いからです。つまり、トップクラスと次点の馬たちとの能力差が大きいから。

実際に、このレースの過去10年を振り返っても、1番人気の勝率50%、2着率30%、2番人気の勝率30%、2着率20%。クラスターカップほどではないにしてもほとんど1番人気、2番人気で決着しており、5番人気以下が連対したことはありません。ハンデ戦なのに、連対馬の90%が斤量55㎏以上。ハンデ54㎏以下で2着入線したのは、2008年のダンツキッスイ(斤量54㎏・2番人気)と、2014年のピッチシフター(斤量52㎏・5番人気)のみ。

軽ハンデで連対した前記2頭はどのような馬だったかというと……


続きはこちら→http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=9224


予想はこちら→http://nar.umanity.jp/coliseum/coliseum_view.php?user_id=3100000007&race_id=2017081632100308

クラスターカップなぜ?買わないんだ8月15日(火) 21:22 デンジャラス

自分に腹がたつ❗買えば的中していた。情けない😭

クラスターカップ回顧8月15日(火) 21:10 シャルロット

今日のクラスターカップは言っていた通りラブバレットを2着固定で3連単、馬単を買い全て的中することができた。先行馬が少なく楽に前の方につけれると思いそうしたのがうまくいった。地方の重賞は当てやすいイメージがあるため明日も狙おうと思う。

⇒もっと見る

過去10年の結果 ~クラスターカップ 2017~

2016年 クラスターカップ 2016年8月16日(火) 盛岡10R 1200m 稍重 14頭

クラスターカップ(Jpn3)

1着 5 ダノンレジェンド 2.5倍(2人気) M.デムーロ 1.09.1
2着 1 ブルドッグボス 1.9倍(1人気) C.ルメール 1.09.4
3着 14 ラブバレット 17.5倍(5人気) 山本聡哉 1.10.1
単勝 5 250円(2人気) 3連複 1-5-14 790円(3人気)
馬連 1-5 200円(1人気) 3連単 5→1→14 3,140円(11人気)
開催日 場名 頭数 馬場 勝ち馬 オッズ 人気 騎手 所属 勝ちタイム
2015/8/12
クラスターカップ
盛岡 14 ダノンレジェンド 1.4倍 1 M.デムーロ JRA 1.11.1
2014/8/13
クラスターカップ
盛岡 14 稍重 サマリーズ 6.9倍 4 藤岡佑介 JRA 1.09.7
2013/8/14
クラスターカップ
盛岡 14 ラブミーチャン 2.3倍 1 戸崎圭太 笠松 1.09.5
2012/8/14
クラスターカップ
盛岡 12 タイセイレジェンド 1.9倍 1 内田博幸 JRA 1.09.2
2011/8/15
クラスターカップ
盛岡 14 ドスライス -- 1 柴田善臣 JRA 1.10.4
2010/8/16
クラスターカップ
盛岡 11 稍重 サマーウインド -- 1 藤岡佑介 JRA 1.08.9
2009/8/14
クラスターカップ
盛岡 12 バンブーエール -- 1 松岡正海 JRA 1.10.0
2008/8/18
クラスターカップ
水沢 11 稍重 プライドキム -- 8 川島正太郎 船橋 1.24.3
2007/8/15
クラスターカップ
水沢 12 メイショウバトラー -- 1 武豊 JRA 1.25.7

歴史・レース概要 ~クラスターカップ2017~


クラスターカップは、盛岡競馬場・ダート1200mで施行される地方重賞(JpnIII)である。盛岡競馬場が現在の地に移転新設された1996年に、中央・地方全国指定交流競走として創設された。翌1997年からはGIIIに格上げ、2007年からは格付け表記をJpnIIIに変更されている。2007、2008年は水沢競馬場のダート1400mで、2009年からは、再び盛岡競馬場のダート1200mに戻り施行されている。

過去の優勝馬には、ダノンレジェンドタイセイレジェンド、サマーウインド、サウスヴィグラスなどが名を連ねる。

執筆者:ウマニティ競馬研究所(略してウマケン)

まだウマニティ会員ではない方へ

会員登録するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを無料で利用できます。

収支100万円超えの猛者がズラリ

全国トップ予想家たちの予想閲覧

予想に必携の高精度スピード指数

「U指数」を重賞で全頭公開

勝率40%超えを誇る堅軸候補

「凄馬」をメールでお知らせ

TVでも紹介!設定は10万通り以上

あなただけの予想ロボが作れる

この他にも20以上のサービスを無料で提供!

会員登録(無料)する

ようこそゲストさん

今すぐ会員登録

※パスワードを忘れた場合

いつものアカウントが使えます!

本日の開催

帯広競馬
第7回第6日
2R 1分前
盛岡競馬
第4回第3日
8R 11分前
川崎競馬
第5回第3日
2R 11分前

次回のダートグレード競走

8月4日()新潟
レパードステークス G3

クラスターカップ特集
バックナンバー

クラスターカップ 2019
クラスターカップ 2018
クラスターカップ 2017
クラスターカップ 2016
クラスターカップ 2015

2019ダートグレード競走

東海ステークス
TCK女王盃
根岸ステークス
川崎記念
佐賀記念
フェブラリーステークス
エンプレス杯(キヨフジ記念)
ダイオライト記念
名古屋大賞典
黒船賞
マーチステークス
東京スプリント
アンタレスステークス
マリーンカップ
かきつばた記念
兵庫チャンピオンシップ
かしわ記念
平安ステークス
さきたま杯
北海道スプリントカップ
関東オークス
ユニコーンステークス
帝王賞
スパーキングレディーカップ(ホクトベガメモリアル)
プロキオンステークス
ジャパンダートダービー
マーキュリーカップ(メイセイオペラ記念)
レパードステークス
エルムステークス
クラスターカップ
サマーチャンピオン
ブリーダーズゴールドカップ
テレ玉杯オーバルスプリント
日本テレビ盃
シリウスステークス
白山大賞典
東京盃
レディスプレリュード
エーデルワイス賞
マイルチャンピオンシップ南部杯
北海道2歳優駿
みやこステークス
JBCレディスクラシック
JBCスプリント
JBCクラシック
武蔵野ステークス
兵庫ジュニアグランプリ
浦和記念
チャンピオンズカップ
カペラステークス
クイーン賞
全日本2歳優駿
名古屋グランプリ
兵庫ゴールドトロフィー
東京大賞典