サマーチャンピオン2018-レース結果

サマーチャンピオン

2018年8月14日(火) 16:25

サマーチャンピオン JpnⅢ

佐賀競馬場/1400m

レース結果

●サマーチャンピオン ダートグレード競走攻略ツール

  • 出馬表
  • 予想登録
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX

山崎エリカのダートグレード攻略 ~サマーチャンピオン2018~

2018年8月13日(月)

 待ちに待ったサマーバケーション、お盆に行われる今年の交流重賞の第1弾は、佐賀2大レースのひとつサマーチャンピオン。2月の佐賀記念は中距離戦ですが、こちらは短距離戦、ダ1400mが舞台です。しかし、この時期は、番組編成をミスっているのではないかというほど、中央所属の短距離オープン馬が出走できるレースが集中しています。サマーチャンピオンの前後日にダ1200mのクラスターC、そして翌週には中央のNST賞(新潟ダ1200m)が施行されるといった具合。

 この番組編成により、馬券にも弊害が……。というのは、昨年1~3番人気が上位を独占したように、とにかく荒れない傾向。過去10年では、2014年と2015年こそ5番人気の地方馬ピッチシフターやタガノジンガロが2着入線しましたが、それ以外は1~4番人気馬が連対しています。これは中央所属の短距離オープン馬の勢力が3分割され、各レースにライバルが少なくなることが理由でしょう。

 また、このレースはハンデ戦なのに、過去10年の連対馬20頭中、斤量55㎏以上。ハンデ54㎏以下で2着入線したのは、2014年のピッチシフター(斤量52㎏)のみ。2008年には初ダートの3歳馬ダンツキッスイもハンデ54kgで2着入線したこともありましたが、ピッチシフターは前走勝ちの勢いばかりではなく、同年のかきつばた記念で4着の実績があった馬。基本的に勢いがあっても、ハンデが軽いだけでは通用していません。

 とにかくガチガチな傾向のレースですが、本命馬として信頼できるのは、前走プロキオンSを逃げ、先行した馬です。前走プロキオンSで3コーナー5番手以内だった馬のこのレースでの成績は、過去10年で【2・3・1・2】。1着の該当馬は、2012年のテイクアベット、2015年のタガノトネール。2着の該当馬は、2009年のランザローテ、2013年のガンジス、2016年のワンダーコロアール。3着の該当馬は、2016年のタガノトネール

 プロキオンSが阪神で行われていた頃は、プロキオンSの連対馬が、ここでも活躍する図式でしたが、中京で行われるようになってからは、下位着順からの巻き返しが目立ちます。2016年のタガノトネールプロキオンS11着大敗から、巻き返しての3着でした。これは中京ダ1400mは、芝スタートで直線が長く、超オーバーペースが発生しやすいからでしょう。

 よって、下位着順でも積極的に狙えます。むしろ、厳しい流れを逃げ、先行して結果を出した馬のほうが、ここでドボンしています。2012年のプロキオンSを優勝したトシキャンディは、このレースで7着凡退。また、2014年のプロキオンSの3着馬ガンジスも、ここで1番人気に支持されましたが、4着に凡退しました。

 トシキャンディガンジスがなぜやらかしたのかというと、休養明けで消耗度の高いレースをしたためです。消耗度の高いレースで激走したことによって、このレースではニ走ボケを起こしたのです。中京で行われるプロキオンSはペースが厳しいがゆえに、そこで激走するとダメージが強く出ます。もともとダートグレードで何勝もしている超実績馬ならばともかく、プロキオンSが初重賞制覇だったり、それまでダートグレードを何戦かして勝てなかったような馬は、プロキオンSで無理した証拠。疑ってかかって正解のパターンが多いでしょう。

 次に有力なのは、近2走以内に中央のダ1400mのオープン勝ちの実績がある馬。中央のオープンは、地方で行われるG3と同等か、もしくはそれ以上にレベルの高い場合もあるので、能力面で見劣りません。過去10年のこのレースでの成績は、【3・1・1・0】と優秀なのです。1着の該当馬は、2010年セレスハント、2014年のエーシンビートロン、2016年のグレイスフルリープ。2着の該当馬は、2011年トーホウドルチェ。3着の該当馬は、2015年のレーザーバレット

 ちなみに、前走ダ1200mのオープンの勝ち馬だった2014年のタイセイファントムは、休養明けのぶんで距離が長くなったぶんもあるでしょうが、このレースで5着に敗れました。勝ったオープンがダ1200mだからと言って通用しないこともないでしょうが、折り合ってのレースがしやすいぶん、前走ダ1400m組やダ1400mの中央のオープン勝ち馬がより有利ではあるでしょう。

 最後にあまり荒れないこのレースの穴馬の傾向を挙げるとすれば、やっぱり地方馬の一発。このレースの過去10年で5番人気で連対したのは、前記したようにともに地方馬でした。また、連対した2頭には、ともに過去1年以内の交流重賞で4着以内の実績がありました。また、3着の地方馬も4頭中3頭がそれに該当。唯一、該当しなかったのは、2010年のマンオブパーサーですが、同馬はG1時代のダービーグランプリを制した馬でした。もともと中央の実績馬が、地方へ移籍し、相手弱化の短い距離を使われたことで、再び開花したパターンでした。


 まとめるとこうなります!

 ●本命候補
 ・前走のプロキオンSで3コーナー5番手以内の馬。
 (前走が休養明けで3着以内だった馬を除く)
 ・近2走以内に中央のダ1400mのオープンを勝っている馬。

 ●穴馬候補
 ・過去1年以内の交流重賞で4着以内の実績がある地方馬。

山崎エリカさんのダートグレード競走最新予想はこちらからご覧いただけます!!

新着ニュース

14日、佐賀競馬場の第8Rに行われた第18回 サマーチャンピオン(Jpn3)オープン(ダート 右1400m サラブレッド系3才以上 ハンデ)は下原理騎手騎乗の5番人気・10番エイシンバランサー(牡6)が優勝した。
勝ちタイムは1分25秒7(良)。さらに1/2馬身差の2着に4番人気・3番ブルミラコロ(牡6)、そこから11/2馬身差の3着に1番人気・8番ヨシオ(牡5)が入った。
エイシンバランサーは、父Ghostzapper、母Mayomast、母の父MizzenMastという血統で新子雅司厩舎の所属馬。生産は・AdenaSprings。馬主は平井克彦。通算成績は27戦7勝。
「サマーチャンピオン(Jpn3)オープン」の着順&払戻金はこちら

【サマーチャンピオン】エイシンバランサーがJRA勢を一蹴 8月14日(火) 16:51

 8月14日(火)の佐賀8Rで行われた第18回サマーチャンピオン(3歳以上オープン、ハンデ、交流GIII、ダート・右1400メートル、11頭立て=サンマルドライヴが出走取消、1着賞金=2100万円)は、下原理騎手騎乗の5番人気エイシンバランサー(牡6歳、兵庫・新子雅司厩舎)が、好位追走から3、4コーナーでまくり気味に2番手まで進出すると、ゴール寸前で粘り込みを図るJRAのブルミラコロを捕らえて勝利。交流重賞初制覇を果たした。タイムは1分25秒7(良)。



 1/2馬身差の2着にはブルミラコロ(4番人気)、さらに1馬身1/2差の3着には1番人気の支持を集めたヨシオが入線した。2番人気のタイセイエクレールは7着、3番人気のルグランフリソンは4着となっている。なお、地元佐賀のサンマルドライヴは出走を取り消した。



 勝ったエイシンバランサーは、父Ghostzapper、母Mayomast、母の父Mizzen Mastという血統。カナダ・Adena Springsの生産馬で、馬主は平井克彦氏。通算成績は27戦7勝。重賞は前走のサマーC(SP3)に続く2勝目。管理する新子雅司調教師、騎乗した下原理騎手ともにサマーチャンピオン初勝利。



 ◆下原理騎手(1着 エイシンバランサー)「元々JRAでも走っていた馬だと知っていましたが、すぐに交流重賞を勝てて嬉しいです。同厩舎の馬の様子を見ながら、あのぐらいの位置を取れればいいな思っていましたが、うまくいきました。JRAの馬が相手だったのでペースが速いと思いましたが、脚を使ってくれましたね。4コーナーあたりでは後ろから来る馬も気になりましたが、しっかり前を捕らえたので力があります。エイシンバランサーを応援していただいた皆様、ありがとうございました。18日、佐賀の騎手が足りないということで、また乗りに来ます。応援よろしくお願いします」

【サマーチャンピオン(Jpn3)オープン】(佐賀)~エイシンバランサーが優勝 8月14日(火) 16:50

14日、佐賀競馬場の第8Rに行われた第18回 サマーチャンピオン(Jpn3)オープン(ダート 右1400m サラブレッド系3才以上 ハンデ)は下原理騎手騎乗の5番人気・10番エイシンバランサー(牡6)が優勝した。
勝ちタイムは1分25秒7(良)。さらに1/2馬身差の2着に4番人気・3番ブルミラコロ(牡6)、そこから11/2馬身差の3着に1番人気・8番ヨシオ(牡5)が入った。
エイシンバランサーは、父Ghostzapper、母Mayomast、母の父MizzenMastという血統で新子雅司厩舎の所属馬。生産は・AdenaSprings。馬主は平井克彦。通算成績は27戦7勝。
「サマーチャンピオン(Jpn3)オープン」の着順&払戻金はこちら

【サマーチャンピオン】JRA出走予定馬(8/9発表) 8月9日(木) 18:31

8月14日(火)、佐賀競馬場で行われるサマーチャンピオン(Jpn 3)のJRA所属馬および騎乗予定騎手は以下の通り。(馬名・性齢・騎乗予定騎手・調教師)

タイセイエクレール 牡5 M.デムーロ 森田直行
タイセイプライド 牡3 大野拓弥 西村真幸
ブルミラコロ 牡6 秋山真一郎 大久保龍志
ヨシオ 牡5 戸崎圭太 森秀行
ルグランフリソン 牡5 福永祐一 中竹和也

(JRA発表)


================
地方競馬もウマニティにおまかせ!
================
最新ダートグレード競走のニュース・予想コラム・過去10年の結果・厳選予想家の無料予想・オッズ・結果(払戻)など情報満載!
ウマニティダートグレード特集

【サマーチャンピオン】JRA出走予定馬(8/3発表) 8月3日(金) 18:33

8月14日(火)、佐賀競馬場で行われるサマーチャンピオン(Jpn 3)のJRA所属馬および騎乗予定騎手は以下の通り。(馬名・性齢・騎乗予定騎手・調教師)

タイセイエクレール 牡5 M.デムーロ 森田直行
タイセイプライド 牡3 (未定) 西村真幸
ブルミラコロ 牡6 (未定) 大久保龍志
ヨシオ 牡5 戸崎圭太 森秀行
ルグランフリソン 牡5 福永祐一 中竹和也


(JRA発表)

================
地方競馬もウマニティにおまかせ!
================
最新ダートグレード競走のニュース・予想コラム・過去10年の結果・厳選予想家の無料予想・オッズ・結果(払戻)など情報満載!
ウマニティダートグレード特集

【サマーチャンピオン】JRA出走予定馬が発表 7月29日() 18:01

 8月14日(火)に佐賀競馬場で行われるサマーチャンピオンのJRA所属の出走予定馬および補欠馬が7月29日、発表された。



 「第18回サマーチャンピオン」(佐賀競馬場、交流GIII、3歳以上オープン、ハンデ、ダート・右1400メートル)



【JRA所属の出走予定馬】5頭タイセイエクレール(牡5歳、栗東・森田直行厩舎、騎手未定)タイセイプライド(牡3歳、栗東・西村真幸厩舎、騎手未定)ブルミラコロ(牡6歳、栗東・大久保龍志厩舎、騎手未定)ヨシオ(牡5歳、栗東・森秀行厩舎、戸崎圭太騎手)ルグランフリソン(牡5歳、栗東・中竹和也厩舎、騎手未定)



【JRA所属の補欠馬】5頭(補欠順位順)1.ベック2.エポック3.タムロミラクル4.キャプテンシップ5.バクハツ

⇒もっと見る

口コミ情報


※交流重賞の結果のみ。

1着:⑩エイシンバランサー
2着:⑦ブルミラコロ
3着:⑧ヨシオ


1着の⑩エイシンバランサーは無印
2着の③ブルミラコロは×
3着の⑧ヨシオは〇

でした。

私の注目馬の④タイセイエクレールは7着でした。

予想買い目は、
単勝

3連単フォーメーション
④→⑧⑨③→③⑪⑥
馬単マルチ
④⇔⑧

予想はハズレでした。_| ̄|○


映像は見ていないので、レースの感想は書けません。m(__)m


私が注目馬の④タイセイエクレールは7着でした。
少し残念な結果でしたね。まだ重賞では力不足だったですね。
準オープンを勝ったばかりでしたが、このメンバーなら力は足りると思いましたが
完敗でした。


1着の⑩エイシンバランサーは、中央から転厩して3戦目でした。
地方の水が合うどうか。(転厩初戦が4着、前走の笠松のレースを勝利。)
未だに判断しかねる部分もあり、今回は、無印にしました。
ただ、下原騎手が、交流重賞勝ちのあるエイシンヴァラーではなく
この馬に騎乗しているところは気になっていました。


2着の⑦ブルミラコロは、惜しいレースでしたね。
有利のはずの内枠が仇になったかもしれませんね。
内のが砂が深いので力がいるので、もう少し外枠が欲しかったかもしれませんね。
ただ、自分のレースはで出来たはずなので良く頑張ったと思います。


3着の⑧ヨシオは、良く3着までもって来ました。
前走がダート2000mからのダート千四の距離短縮がカギでしたが
何とか恰好はつけた感じでした。短距離よりは中距離のが力は発揮できそうですね。
充実している今なので、一気の距離短縮にも対応しましたが、やはり勝ち負けまでは厳しかったですね。

的中された方、おめでとうございます。

サマーチャンピオンの予想8月14日(火) 03:04 山崎エリカ

堅い傾向も、今年は……
___________

待ちに待ったサマーバケーション、お盆に行われる今年の交流重賞の第1弾は、佐賀2大レースのひとつサマーチャンピオン。2月の佐賀記念は中距離戦ですが、こちらは短距離戦、ダ1400mが舞台です。しかし、この時期は、番組編成をミスっているのではないかというほど、中央所属の短距離オープン馬が出走できるレースが集中しています。サマーチャンピオンの前後日にダ1200mのクラスターC、そして翌週には中央のNST賞(新潟ダ1200m)が施行されるといった具合。

この番組編成により、馬券にも弊害が……。


続きは、こちら!
→https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=10782

予想は、こちら!
→https://nar.umanity.jp/coliseum/coliseum_view.php?user_id=3100000007&race_id=2018081432100308

サマーチャンピオン(佐賀競馬) 注目馬8月13日(月) 22:42 激闘競馬野郎【穴馬探検隊】

サマーチャンピオンは佐賀競馬の夏におけるビックレースです。
中央交流戦でJRA勢が圧倒的に強いレースですが、地方馬の過去に交流戦で好成績を残した馬の巻き返しもあるレースなので過去の成績も注意するのが大事です。

中央で人気なのはプルミラコロ、タイセイエクレール、ヨシオ、ルグランフリソン辺りでしょうか。
ただ、時計的にタイセイエクレール、ルグランフリソンには一抹の不安があります。
恐らく1番人気になるであろうヨシオは一気に距離短縮してきましたが、近走は別馬のような時計を出していますので調子は良さそうで馬券圏内なら十分に何とかなる気がします。人気に逆らえない気がします。
馬体重は不安なので馬券はパドックなどで判断したいです。

・注目馬
☆エイシンバランサー

今回のメンバー、地方馬の馬券絡みは無いとは言い切れません。
エイシンバランサーは前走で一変。時計も1分25秒台と相当早い時計を出してきました。
元々は中央のOP戦でも好走してきた馬です。地方に落ちたからと言って人気落としになるのであれば、積極的に買う馬でしょう。

異常です。
本日もありがとうございました。

【交流重賞】サマーチャンピオン(JpnⅢ)の注目馬8月13日(月) 22:33 ちびざる

明日は、交流重賞のサマーチャンピオンが行われます。


私が注目している馬は、

タイセイエクレール


です。

前走で準オープンを勝ちあがったばかりですが、
今、勢いに乗っていると思います。
今回もミルコ・デムーロ騎手が騎乗することは大きいですね。
内枠を上手く利用できれば、準オープンを勝った馬でもやれると思います。


地方馬で注目しているのは

エイシンヴァラー


ですね。

地方馬の中でならこの馬に注目したいですね。
7歳馬ですが、今年に入って黒船賞を勝ち、かきつばた記念で4着と好走していて
力の衰えは見られません。
下原騎手がこの馬ではなくエイシンバランサーに騎乗するのは気になりますが・・・・。
どんな競馬をするか注目したいですね。

⇒もっと見る

過去10年の結果 ~サマーチャンピオン 2018~

2017年 サマーチャンピオン 2017年8月16日(火) 佐賀8R 1400m 不良 11頭

サマーチャンピオン(Jpn3)

1着 9 ラインシュナイダー 3.0倍(2人気) 武豊 1.26.1
2着 3 タムロミラクル 4.8倍(3人気) 福永祐一 1.26.1
3着 10 ウインムート 2.5倍(1人気) D.ホワイト 1.26.4
単勝 9 300円(2人気) 3連複 3-9-10 440円(1人気)
馬連 3-9 560円(2人気) 3連単 9→3→10 2,540円(6人気)
開催日 場名 頭数 馬場 勝ち馬 オッズ 人気 騎手 所属 勝ちタイム
2016/8/18
サマーチャンピオン
佐賀 12 グレイスフルリープ 1.8倍 1 小牧太 JRA 1.25.7
2015/8/18
サマーチャンピオン
佐賀 12 タガノトネール 1.9倍 1 川田将雅 JRA 1.26.2
2014/8/19
サマーチャンピオン
佐賀 11 不良 エーシンビートロン 2.2倍 2 武幸四郎 JRA 1.26.1
2013/8/13
サマーチャンピオン
佐賀 12 エーシンウェズン 6.4倍 3 川田将雅 JRA 1.27.0
2012/8/15
サマーチャンピオン
佐賀 11 稍重 テイクアベット 2.2倍 1 幸英明 JRA 1.25.0
2011/8/16
サマーチャンピオン
佐賀 11 スーニ -- 4 川田将雅 JRA 1.23.8
2010/8/18
サマーチャンピオン
佐賀 12 セレスハント -- 2 福永祐一 JRA 1.26.4
2009/8/17
サマーチャンピオン
佐賀 10 ヴァンクルタテヤマ -- 2 幸英明 JRA 1.25.2
2008/8/15
サマーチャンピオン
佐賀 12 不良 ヴァンクルタテヤマ -- 1 倉富隆一郎 JRA 1.25.4

歴史・レース概要 ~サマーチャンピオン2018~


サマーチャンピオンは、佐賀競馬場・ダート1400mで施行される地方重賞(JpnⅢ)である。2001年にダートグレード競走(GⅢ)として創設。2007年にJpnⅢに変更となった。2007年からハンデキャップ競走として施行されている。

過去の優勝馬には、グレイスフルリープ、スーニ、ヴァンクルタテヤマなどが名を連ねる。

執筆者:ウマニティ競馬研究所(略してウマケン)

まだウマニティ会員ではない方へ

会員登録するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを無料で利用できます。

収支100万円超えの猛者がズラリ

全国トップ予想家たちの予想閲覧

予想に必携の高精度スピード指数

「U指数」を重賞で全頭公開

勝率40%超えを誇る堅軸候補

「凄馬」をメールでお知らせ

TVでも紹介!設定は10万通り以上

あなただけの予想ロボが作れる

この他にも20以上のサービスを無料で提供!

会員登録(無料)する

ようこそゲストさん

今すぐ会員登録

※パスワードを忘れた場合

いつものアカウントが使えます!

本日の開催

帯広競馬
第10回第2日
1R 11時間前
水沢競馬
第6回第5日
1R 8時間前
大井競馬
第9回第1日
1R 12時間前
金沢競馬
第12回第1日
1R 8時間前
高知競馬
第6回第6日
1R 12時間前
佐賀競馬
第11回第2日
1R 9時間前

次回のダートグレード競走

9月12日()浦和
テレ玉杯オーバルスプリント JpnⅢ

サマーチャンピオン特集
バックナンバー

サマーチャンピオン 2019
サマーチャンピオン 2018
サマーチャンピオン 2017
サマーチャンピオン 2016
サマーチャンピオン 2015