黒船賞2018-レース結果

黒船賞

2018年3月20日(火) 17:00

黒船賞 Jpn3

高知競馬場/1400m

レース結果

●黒船賞 ダートグレード競走攻略ツール

  • 出馬表
  • 予想登録
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX

山崎エリカのダートグレード攻略 ~黒船賞2018~

2018年3月19日(月)

 黒船賞は高知競馬唯一のダートグレード競走。2008年には経営逼迫で休止したこともありましたが、そこから見事に盛り返して今では盛大に開催されています。また、地方で行われる短距離のダートグレードでは、前年のJBCスプリント以来の別定戦で行われることもあって、実績馬が「待ってました!」とばかりにここに出走してくることも多いです。

 その実績馬の中でも、最有力は前年のJBCスプリントの連対馬。過去10年のこのレースでの成績は【5・2・0・1】。1着の該当馬は、2006年・ブルーコンコルド、2010年・スーニ、2012-2013年・セイクリムズン、2016年・ダノンレジェンド。2着の該当馬は、2014-2015年・ドリームバレンチノ。唯一、4着以下に敗れたのは、2012年のスーニ(4着)ですが、同馬は斤量59㎏を背負っていました。つまり、斤量59㎏未満の前年のJBCスプリントの優勝馬ならば、本命馬として信頼できることになります。

 次いで有力なのは、前走でフェブラリーSに出走していた馬たち。そもそもフェブラリーSに出走している時点で実績馬ということもあり、過去10年のこのレースでの成績は【6・5・2・3】。しかし、前走フェブラリーS出走馬は、好着順の馬よりも大敗馬のほうがよく巻き返しているのがポイント。このレースで4着以下に敗れた3頭中2頭は、2015年のワイルドバッハと2017年のニシケンモノノフですが、ともにフェブラリーSで5着、6着と善戦していました。

 一方、3着以内だった馬13頭中11頭が前走のフェブラリーSで8~15着だった馬たち。確かに2006年のブルーコンコルドや2013年のセイクリムズンなどのこのレースの優勝馬はフェブラリーSでも4着と好走していますが、それらは前年のJBCスプリントの連対馬。つまり、もともと実績があった馬たちであり、実績不足のフェブラリーS上位馬は狙いづらいということになります。これはG1で激走したダメージが大きいからでしょう。

 しかし、前走のフェブラリーSを含めて、近3走とも5着以下に負けている馬も巻き返してこれないのも事実。このレースで4着以下に敗れた残る1頭は、近3走のダートグレード競走で10着、5着、10着と惨敗しているメイショウバトラーでした。同馬は前年のプロキオンSから連勝を重ねて前年のJBCマイルでも2着に善戦したこともあって、黒船賞では1番人気に支持されましたが、人気に応えることができませんでした。

 さらにこのレースでの穴パターンはというと、当然、地方馬です。それではどのような地方馬が有力なのかというと、過去1年以内のダートグレード競走で3着以内の実績があった馬です。過去10年で3着以内に好走した地方馬4頭中、3頭が前記のパターンでした。該当馬は、2006年の2着馬ロッキーアピール(6番人気)、2007年の3着馬キングスゾーン(6番人気)、2015年の3着馬タガノジンガロ(5番人気)です。

 しかし、過去10年でもっとも人気薄、9番人気で3着入線し、3連単の払い戻し10万越えのアドバルーンを打ち上げた地方馬が1頭います。2009年のフサイチバルドルです。さて、フサイチバルドルはどのような馬だったかというと、JRA所属時代は長らく芝のレースを使われて結果を出せず、高知に移籍と同時に再びダートを使われ、前走A1クラスの特別戦で圧勝していました。このパターンは他のダートグレードでもしばしば穴を開けているので要注意でしょう。


 まとめるとこうなります!

 ●本命候補
 ・前年のJBCスプリントの連対馬。
 ・前走のフェブラリーSで8着以下だった馬。
  (近3走とも5着以下の馬を除く)
 
 ●穴馬候補
 ・過去1年以内のダートグレード競走で3着以内の実績がある地方馬。
 ・長らく中央の芝のレースを使われていた馬が、地方移籍と同時にダート戦を使われて上昇した馬。(前走で0.9秒差以上、圧勝していることが条件)

山崎エリカさんのダートグレード競走最新予想はこちらからご覧いただけます!!

新着ニュース

 3月20日(火)の高知競馬5R第20回黒船賞(交流GIII、4歳以上オープン、選定馬、グレード別定、ダート・右1400メートル、11頭立て、1着賞金=2100万円)は、満開の桜と春の雨のなか行われ、下原理騎手騎乗の9番人気エイシンヴァラー(牡7歳、兵庫・新子雅司厩舎)が好位追走から、直線は内のキングズガード、中のブルドッグボスとの競り合いを制して交流重賞初制覇。タイムは1分27秒2(不良)。クビ差の2着には中団追走から直線はインを強襲したキングズガード(1番人気、JRA所属)、さらにアタマ差遅れた3着に好位から伸びたブルドッグボス(2番人気、浦和所属)。



 黒船賞を勝ったエイシンヴァラーは、父サウスヴィグラス、母エーシンラージシー、母の父シンボリクリスエスという血統。北海道浦河町・栄進牧場の生産馬で、平井克彦氏の所有馬。通算成績は25戦8勝。交流重賞初制覇。JRA所属時に2017年ジャニュアリーS・中山オープン勝ちがある。黒船賞は、新子雅司調教師、下原理騎手ともに初優勝。

 ◆下原理騎手(1着 エイシンヴァラー)「初めての高知で重賞を勝ててうれしいです。掲示板が目標だったんですが、それ以上に馬が応えてくれました。最後の競り合いを制することができたのは関係者の馬のつくりのおかげだと思います。大先輩の岩田さん(3着ブルドッグボスに騎乗)をやっつけて、気持ちよかったです(笑)」

【黒船賞(Jpn3)[指定交流]4歳以上】(高知)~エイシンヴァラーが優勝 3月20日(火) 17:14

20日、高知競馬場の第5Rに行われた第20回 黒船賞(Jpn3)[指定交流]4歳以上(ダート 右1400m サラブレッド系4才以上 別定)は下原理騎手騎乗の1番エイシンヴァラー(牡7)が優勝した。
勝ちタイムは1分27秒2(不良)。さらにクビ差の2着に8番キングズガード(牡7)、そこからアタマ差の3着に5番ブルドッグボス(牡6)が入った。
エイシンヴァラーは、父サウスヴィグラス、母エーシンラージシー、母の父シンボリクリスエスという血統で新子雅司厩舎の所属馬。生産は浦河郡浦河町・栄進牧場。馬主は平井克彦。通算成績は25戦8勝。
「黒船賞(Jpn3)[指定交流]4歳以上」の着順&払戻金はこちら

【黒船賞】JRA出走予定馬が決定 3月15日(木) 19:26

 3月20日(火)に高知競馬場で行われる黒船賞のJRA所属の出走予定馬および騎乗予定騎手が決定した。

 「第20回黒船賞」(高知競馬場、交流GIII、4歳以上オープン、ダート・右1400メートル)

【JRA所属の出走予定馬】4頭キングズガード(牡7歳、栗東・寺島良厩舎、藤岡佑介騎手)グレイスフルリープ(牡8歳、栗東・橋口慎介厩舎、武豊騎手)コパノマイケル(牡5歳、栗東・村山明厩舎、福永祐一騎手)ラインシュナイダー(牡6歳、栗東・沖芳夫厩舎、幸英明騎手)

【黒船賞】JRA出走予定馬が発表 3月4日() 17:10

 3月20日(火)に高知競馬場で行われる黒船賞のJRA所属の出走予定馬および補欠馬が4日、発表された。

 「第20回黒船賞」(高知競馬場、交流GIII、4歳以上オープン、ダート・右1400メートル)

【JRA所属の出走予定馬】5頭キングズガード(牡7歳、栗東・寺島良厩舎、騎手未定)グレイスフルリープ(牡8歳、栗東・橋口慎介厩舎、武豊騎手)コパノマイケル(牡5歳、栗東・村山明厩舎、騎手未定)ナンチンノン(牡7歳、栗東・中竹和也厩舎、騎手未定)ネロ(牡7歳、栗東・森秀行厩舎、騎手未定)

【JRA所属の補欠馬】5頭(補欠順位順)1.コウエイエンブレム2.タイセイサミット3.アキトクレッセント4.マテラスカイ5.ラインシュナイダー

⇒もっと見る

口コミ情報


※交流重賞の結果のみ。

1着:⑦サクセスエナジー
2着:③キングズガード
3着:⑪サンライズメジャー


1着の⑦サクセスエナジーは△
2着の③キングズガードは◎
3着の⑪サンライズメジャーは無印

でした。

私の注目馬の⑧カツゲキキトキトは9着でした。

馬券は、◎の③キングズガードと⑧カツゲキキトキトと②ブルドッグボスのワイドボックス
でしたので馬券はハズレました。_| ̄|○


映像は見ていないので、レースの感想は書けません。m(__)m


私が注目馬の⑧カツゲキキトキトは9着でした。
地方のレースとJRA勢が参戦する交流重賞では勝手が違ったようですね。(千四の成績は、【5 1 0 0】)
距離短縮がプラスにはならなかった。
千四はこれまで、成績は残していますが、若干短かったかもしれませんね。
距離短縮するなら、マイルからだったかもしれませんね。
今後、交流重賞を使うにあたって、どの距離で使うか考える必要があると思います。
あとは枠はもう少し内側が欲しかったですね。


勝ったの⑦サクセスエナジーが勝つとは、正直思いませんでした。
人気にはなっていましたが、半信半疑でした。
オープン特別でも掲示板に載るか載らないかの馬でしたので・・・。
ただ、ダート千四を中心に使われていたので、適性はあったと思います。
あとは斤量にも恵まれました。

③キングズガードは力は出し切っていると思います。
この斤量で2着を確保したことは地力はあると思います。
これで、前走の黒船賞に続く2着。運もない感じがしますが
交流重賞のタイトルを獲る機会はまだまだあると思いますね。


的中された方、おめでとうございます。

東京スプリントの予想4月18日(水) 15:28 山崎エリカ

今年も波乱か!?
________

今年のトゥインクルナイター開幕後の最初のダートグレードとなる東京スプリント。このレースはダートグレードとしては歴史が浅く、今回が10回目。かつて4月に行われていたJRAのプロキオンS(阪神ダ1400m)が夏場へ移行し、スプリント路線馬は3月の黒船賞から5月のかきつばた記念まで出走するレースがないという状況が考慮され、「東京シティ盃」から名を改めてこの時期に施行されました。

つまり、4月に行われる短距離のグレードレースはここしかないため、前年のG1・JBCスプリントの上位馬をはじめとするトップクラスのスプリンターが集います。このレースでは、2011年に前年のJBCスプリントの優勝馬スーニが11着に凡退したこともありました。しかし、それは東日本大震災の影響により、本来、始動戦の役割を果たしている黒船賞が中止になるなど、まともなローテーションで出走できなかったことが一番の敗因でしょう。


続きは、こちら!
→https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=10299


予想は、こちら!
→https://nar.umanity.jp/coliseum/coliseum_view.php?user_id=3100000007&race_id=2018041820010311

名古屋大賞典の予想3月29日(木) 08:20 山崎エリカ

実績のある地方馬が参戦
久々に混戦の様相
___________

先日行われた黒船賞が短距離路線の実績馬にとっての始動戦とするならば、こちらは中距離路線の実績馬にとっての始動戦。2011年のエスポワールシチーや一昨年のアウォーディーのように、ここから始動する実績馬もいます。名古屋大賞典の前後にJRAではハンデ戦のマーチSが行われますが、実績馬はハンデを背負わされることを嫌って、ここへ出走してくることが多いです。

よって、主な対戦図式は、休養明けの実績馬vs佐賀記念の上位馬となります。この場合、休養明けの実績馬が優勢であっても不思議ないですが、このレースに関しては佐賀記念の上位馬が優勢。なぜなら佐賀記念の上位馬は、実績馬が出走してくれば、対戦を避けるように、より出走手当てが高いダイオライト記念やマーチSに出走することが多いからです。


しかし、今年は佐賀記念の上位馬不在。
続きは、こちら!
→https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=10198


予想は、こちら!
https://nar.umanity.jp/coliseum/coliseum_view.php?user_id=3100000007&race_id=2018032924280311

【交流重賞】黒船賞(JpnⅢ)の結果3月21日(水) 00:35 ちびざる


※交流重賞の結果のみ。

1着:①エイシンヴァラー
2着:⑧キングズガード
3着:⑤ブルドッグボス


1着の①エイシンヴァラーは無印
2着の⑧キングズガードは〇
3着の⑤ブルドッグボスは◎

でした。

私の注目馬の⑤ブルドッグボスは3着でした。

なので、◎の⑤ブルドッグボスを軸にの馬連2点と
⑤ブルドッグボスと⑨エイシンスパルタンの2頭を軸とした3連複流しでしたので

馬券はハズレました。_| ̄|○


映像は見ていないので、レースの感想は書けません。m(__)m


私が注目馬の⑤ブルドッグボスは3着でした。
前2頭との差が、クビ、アタマの差だったので、接戦の3着だったといえます。
馬場が不良だったことを考えると差し馬には厳しい馬場だったと思います。
良く走っていると思います。


2着の⑧キングズガードはさすがの走りだったと思います。
このメンバーでは実績上位の1頭でしたので、これくらいは走る馬だと思います。
ただ勝ちきるまでには至らなかったには何か原因があるのだと思います。

勝った①エイシンヴァラーの走りには驚きました。
内枠で好位につけられたのが大きかったと思います。


的中された方、おめでとうございます。

高松宮記念の過去5年の1着馬の傾向と先週末のお祝いの巻3月20日(火) 22:08 やすの競馬総合病院

☆高松宮記念の過去5年の1着馬5頭の傾向☆
過去5年の1着馬
2017年:1着セイウンコウセイ(稍重)
2016年:1着ビッグアーサー(良)
2015年:1着エアロヴェロシティ(稍重)
2014年:1着コパノリチャード(不良)
2013年:1着ロードカナロア(良)
ここ2年は重賞未勝利馬が勝ってるんで、GIの割にはハードルは高くなく、実績面よりは近走の内容で評価した方がいいのかもしれませんが・・・。
過去5年の1着馬5頭全てが重賞以上の1200mか1400mで連対経験はあるんで、1400m以下の重賞での連対実績ぐらいは必須かな。

過去5年の1着馬5頭の前走と着順
2017年:シルクロードS 2着(良)
2016年:シルクロードS 5着(稍重)
2015年:香港1200mGI 2着(良)
2014年:阪急杯 1着(良)
2013年:阪急杯 1着(良)
過去5年の1着馬5頭のうち4頭が、前走は重賞以上の1200mか1400mで連対してるんで、前走で好走していい勢いで本番に向かってこれた馬がよさそう。

過去5年の勝ち時計
2017年:1.08.7(稍重)
2016年:1.06.7(良)
2015年:1.08.5(稍重)
2014年:1.12.2(不良)
2013年:1.08.1(良)
馬場状態次第で時計も大きく変わってくるんで、今年の天気がどうなるかがわからないと何とも言えないとこはありますね~。
現時点だと週末の天気は良さそうなんで、高速決着に対応できる軽快さがないと辛いかも?

過去5年のレースの上がり3F
2017年:34.9(稍重)
2016年:34.0(良)
2015年:34.5(稍重)
2014年:37.7(不良)
2013年:33.8(良)
高速馬場になりやすいのもあってか、良馬場に限定すると、33.8、34.0なんで、軽快さや瞬発力があった方がよさそう。
稍重でも34.5、34.9なんで、少々馬場が悪化してもそこまでタフな競馬にはならないのかな?
なので、パワーや持久力が持ち味っていう馬だと、馬場状態や展開の助けがいりそう。

過去5年の1着馬5頭の道中の位置取り
2017年:(4→4)(18頭立て・稍重)
2016年:(4→4)(18頭立て・良)
2015年:(2→3)(18頭立て・稍重)
2014年:(2→2)(18頭立て・不良)
2013年:(9→7)(17頭立て・良)
馬場状態に関係なく、4年連続で3・4コーナー4番手以内の先行勢が勝ってますね~。
高速馬場だったり、タフな展開になりにくいのもあって、直線長いコースでも好位で立ち回れる馬が直線向いた時に余力十分残ってるから押し切りやすいのかな?

過去5年の1着馬5頭の上がり3F
2017年:34.5(稍重・メンバー中3位タイ)
2016年:33.4(良・メンバー中4位タイ)
2015年:34.3(稍重・メンバー中4位タイ)
2014年:37.2(不良・メンバー中5位以下)
2013年:33.2(良・メンバー中1位タイ)
メンバー中3・4位ぐらいのそこそこの上がり3Fでまとめられる馬がよく勝ってるんで、瞬発力の質の高さよりも好位辺りで流れに乗れるかどうかが重要っぽいですね~。

過去5年の1着馬5頭の血統
2017年:父アドマイヤムーン(稍重)
2016年:父サクラバクシンオー(良)
2015年:父Pins(稍重)
2014年:父ダイワメジャー(不良)
2013年:父キングカメハメハ(良)
アドマイヤムーン、サクラバクシンオー、ダイワメジャーという1400m以下のレースでよく好走馬を出してるような種牡馬の産駒が勝ってるんで、どっちかいうと短距離適性のある種牡馬の産駒がよさそう。

過去5年の1着馬5頭の年齢
2017年:4歳(稍重)
2016年:5歳(良)
2015年:7歳(稍重)
2014年:4歳(不良)
2013年:5歳(良)
日本馬に限定すると4・5歳しか勝ってないんで、6歳以上のピーク過ぎた馬だと短距離GIなのもあってか勝つまでは少し辛いのかな?

過去5年の1着馬5頭の性別
牝馬:0頭
牡馬:5頭
牝馬は過去5年間で23頭出走して、(0.1.2.20)と馬券圏内には過去5年のうちで3回入ってるんですけど1着はないんですよね~。
6年前のカレンチャンみたいに勝った牝馬も過去にはいますけど、基本的には善戦までって感じかな。

過去5年の1着馬5頭の枠順
2017年:3枠(稍重)
2016年:2枠(良)
2015年:2枠(稍重)
2014年:3枠(不良)
2013年:6枠(良)
そんなに枠順が影響するコースってイメージはないんですけど、内枠がかなりよさそうです。

過去5年の1着馬5頭の単勝人気
2017年:5番人気(稍重)
2016年:1番人気(良)
2015年:4番人気(稍重)
2014年:3番人気(不良)
2013年:1番人気(良)
過去5年の1着馬5頭全てが5番人気以内なんで、6番人気以下の馬だと1着の期待値はかなり低そう。
素直に上位人気馬の中から本命馬選ぶのが無難っぽいですね。

高松宮記念の過去5年の1着馬5頭の傾向のまとめ
実績:5頭全てに重賞以上の1200mか1400mで連対経験あり。
前走:シルクロードS・阪急杯が2頭ずつ。香港1200mGI が1頭。
時計:良馬場の場合は高速決着に対応できる軽快さがないと辛そう。
脚質:5頭中4頭が3・4コーナー4番手以内。
末脚:上がり3Fメンバー中1位の馬が1頭、3位タイの馬が1頭、4位以下の馬が3頭。
血統:アドマイヤムーン産駒、サクラバクシンオー産駒、Pins産駒、ダイワメジャー産駒、キングカメハメハ産駒が1頭ずつ。
年齢:4・5歳が2頭ずつ。7歳が1頭。
性別:牡馬が5頭。牝馬が0頭。
枠順:2・3枠が2頭ずつ。6枠が1頭。
人気:1番人気馬が2頭。3・4・5番人気馬が1頭ずつ。
こんなところかな。

--------------------------------------------------------------------------------
☆ころがし馬券大会の的中☆
なまたまさん、フラワーC トーセンブレスの複勝的中おめでとうございます!!!!!

的中者さんへのお祝いコメントはコメント欄に書いてありますので、コメント欄で的中者さん達の予想コメントとあわせてご覧いただけたらと思います。


--------------------------------------------------------------------------------

☆おまけ☆
今日の黒船賞は予想もしてなかったし、馬券も買ってませんでしたが、
JRAから園田に移籍していたエイシンヴァラーが1着でしたが、
11頭立ての9番人気馬だったんで、
単勝が234.3倍の万馬券。
3連単は2906.4倍の約30万馬券
という大荒れの結果になりました。

JRAのダート馬のレベルが下がってるんで、最近の地方交流重賞は地方馬の活躍が増えてきてるとはいえ、ここまで荒れるっていうのもなかなかないんで、これ当てた人は本当にすごいですね~。

悪夢は続く3月20日(火) 21:15 正義の魂

今日3月20日(火)行われた、黒船賞(高知競馬場)で
あったが、そのレースで、私はまた5,000円を
失うこととなってしまった。

絶対の自信を持って5,000円賭けた、
グレイスフルリープの複勝であるが、
最後の直線でバテて、5着に沈んでしまい、
その自信が、もろくも崩れ去った。

しかしこのレース、及び過去のレースより、
馬券ではこうしてはいけない、
ということを、私は完全に見切った。

その某教訓を生かし、私は今週末も、
馬券的中を、目指すのみである。

⇒もっと見る

過去10年の結果 ~黒船賞 2018~

2017年 黒船賞 2017年3月14日(火) 高知5R 1400m 重 12頭

黒船賞(Jpn3)[指定交流]

1着 12 ブラゾンドゥリス 4.6倍(2人気) 内田博幸 1.28.2
2着 9 キングズガード 5.2倍(3人気) 藤岡佑介 1.28.4
3着 6 グレイスフルリープ 12.5倍(5人気) 川田将雅 1.28.7
単勝 12 460円(2人気) 3連複 6-9-12 3,370円(10人気)
馬連 9-12 1,180円(5人気) 3連単 12→9→6 13,830円(41人気)
開催日 場名 頭数 馬場 勝ち馬 オッズ 人気 騎手 所属 勝ちタイム
2016/3/15
黒船賞
高知 12 不良 ダノンレジェンド 1.8倍 1 M.デムーロ JRA 1.27.0
2015/3/17
黒船賞
高知 12 ダノンレジェンド 3.1倍 2 丸田恭介 JRA 1.27.3
2014/3/18
黒船賞
高知 12 セイクリムズン 3.3倍 2 岩田康誠 JRA 1.27.6
2013/3/19
黒船賞
高知 12 不良 セイクリムズン 1.5倍 1 岩田康誠 JRA 1.27.3
2012/3/20
黒船賞
高知 12 不良 セイクリムズン -- 3 岩田康誠 JRA 1.28.4
2010/3/22
黒船賞
高知 12 不良 スーニ -- 1 川田将雅 JRA 1.27.7
2009/3/20
黒船賞
高知 12 不良 トーセンブライト -- 3 安藤勝己 JRA 1.27.4
2007/3/21
黒船賞
高知 12 リミットレスビッド -- 2 岩田康誠 JRA 1.28.9
2006/3/20
黒船賞
高知 12 ブルーコンコルド -- 1 幸英明 JRA 1.28.4

歴史・レース概要 ~黒船賞2018~


黒船賞は高知競馬場ダート1400で施行される地方重賞(JpnIII)である。競走名は土佐藩出身の藩士、坂本龍馬の運命を変えた黒船から由来している。1998年に5歳(現4歳)以上の別定の中央・地方全国指定交流の重賞(統一GIII)競走、黒船賞として創設された。高知競馬場の唯一のダートグレード競走で、毎年盛大な盛り上がりを見せる事で知られ、春のダート短距離路線を占う競走として重要な役目を担っている。

執筆者:ウマニティ競馬研究所(略してウマケン)

まだウマニティ会員ではない方へ

会員登録するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを無料で利用できます。

収支100万円超えの猛者がズラリ

全国トップ予想家たちの予想閲覧

予想に必携の高精度スピード指数

「U指数」を重賞で全頭公開

勝率40%超えを誇る堅軸候補

「凄馬」をメールでお知らせ

TVでも紹介!設定は10万通り以上

あなただけの予想ロボが作れる

この他にも20以上のサービスを無料で提供!

会員登録(無料)する

ようこそゲストさん

今すぐ会員登録

※パスワードを忘れた場合

いつものアカウントが使えます!

本日の開催

大井競馬
第20回第2日
1R 3時間前
金沢競馬
第21回第2日
1R 4時間前
園田競馬
第29回第1日
1R 3時間前

次回のダートグレード競走

3月21日()高知
黒船賞 Jpn3

黒船賞特集
バックナンバー

黒船賞 2019
黒船賞 2018
黒船賞 2017
黒船賞 2016
黒船賞 2015

2019ダートグレード競走

東海ステークス
TCK女王盃
根岸ステークス
川崎記念
佐賀記念
フェブラリーステークス
エンプレス杯(キヨフジ記念)
ダイオライト記念
名古屋大賞典
黒船賞
マーチステークス
東京スプリント
アンタレスステークス
マリーンカップ
かきつばた記念
兵庫チャンピオンシップ
かしわ記念
平安ステークス
さきたま杯
北海道スプリントカップ
関東オークス
ユニコーンステークス
帝王賞
スパーキングレディーカップ(ホクトベガメモリアル)
プロキオンステークス
ジャパンダートダービー
マーキュリーカップ(メイセイオペラ記念)
レパードステークス
エルムステークス
クラスターカップ
サマーチャンピオン
ブリーダーズゴールドカップ
テレ玉杯オーバルスプリント
日本テレビ盃
シリウスステークス
白山大賞典
東京盃
レディスプレリュード
エーデルワイス賞
マイルチャンピオンシップ南部杯
北海道2歳優駿
みやこステークス
JBCレディスクラシック
JBCスプリント
JBCクラシック
武蔵野ステークス
兵庫ジュニアグランプリ
浦和記念
チャンピオンズカップ
カペラステークス
クイーン賞
全日本2歳優駿
名古屋グランプリ
兵庫ゴールドトロフィー
東京大賞典