黒船賞2016-レース結果

黒船賞

2016年3月15日(火) 17:00

黒船賞 Jpn3

高知競馬場/1400m

レース結果

●黒船賞 ダートグレード競走攻略ツール

  • 出馬表
  • 予想登録
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX

山崎エリカのダートグレード攻略 ~黒船賞2016~

2016年3月14日(月)

 高知では唯一の交流重賞となる黒船賞。黒船賞は2008年に高知競馬が経営逼迫で休止し、2009年以降は賞金を減額しながらも続行されています。しかし、賞金が安くなったからメンバー質が下がったかというと、けっしてそんなこともありません。黒船賞は、前年のJBCスプリント以来の別定の短距離の交流重賞となるために、交流重賞で結果を出してきた馬たちが「待ってました!」とばかりにここに出走してくることが多く、かつてと変わらないレースレベルが維持されています。

 よって、前年のJBCスプリントで上位の馬が出走してくる場合や、昨年のダノンレジェンドのようにJRAの重賞で結果を出して、この路線に転向した馬が強い場合には、G3とは思えないほどレースレベルが高くなることも度々あります。そのように年ごとのレースレベルにばらつきが見られますが、前年のJBCスプリントの連対馬が出走してくれば、高確率で連対します。

 前記の該当馬は、2002年ノボジャック(2着)、2005年マイネルセレクト(1着)、2006年ブルーコンコルド(1着)、2010年スーニ(1着)、2012年セイクリムズン(1着)、2013年セイクリムズン(1着)、2014年ドリームバレンチノ(2着)、2015年ドリームバレンチノ(2着)。唯一の例外は、2012年のスーニですが、このときは斤量59㎏の酷量を背負わされての4着でした。前年のJBCスプリントの連対馬で、斤量58㎏以下ならばかなり信頼できると言えるでしょう。

 また、その他の過去10年の連対馬にも直近1年以内のG2で3着以内か、G3で連対の実績があり、例外馬はいませんでした。つまり、基本的には実績がなければ狙えないレースで、上がり馬よりは実績馬優勢のレースということになります。さらにこのレースでは、一昨年の勝ち馬セイクリムズンや2着馬トウショウカズン、昨年の2着馬ドリームバレンチノやように、前走のフェブラリーSでは通用しなかった馬がここでやや人気を落として巻き返してくるパターンがしばしば見受けられます。これは距離適性云々よりも、中距離戦と短距離戦のレベル差にあるでしょう。

 かつてスマートファルコントランセンドとともにダート界を賑わしたエスポワールシチーという馬がいました。エスポワールシチーは全盛期は中距離路線で活躍し、そこで通用しなくなると矛先を短距離戦に向け、引退が決まった年にはJBCスプリントを制しました。本来、競走馬は衰えると一般的に「ズブくなる」と表現されるように、スピードが鈍るもの。本来はスピードよりも経験で培ったスタミナを生かすため、どんどん長いほうの距離に照準を合わせていくものです。

 しかし、エスポワールシチーがどんどん短い距離に照準を合わせ、それで通用したのは、短距離戦は中距離戦よりも断然レベルが低いことの証でしょう。ゆえに黒船賞に限らず、短距離戦では前走で今回距離よりも長い距離を使われてきた馬、あるいは中距離路線から路線変更して、前走では距離に戸惑って負けたタイプが人気以上の活躍を見せることがとても多いです。これは簡単にヒモ穴をひっかける方法でもあるので、覚えておいて損はありません。

 また、みなさんもご存知のように、このレースはそれなりのレベルにあるので、地方勢はまず通用せず、わりと本命サイドで決着します。2006年に南関東のロッキーアピールが6番人気で2着したことがありましたが、ロッキーアピールは前年の東京盃でクビ差の3着の実績があり、さらにその前年にはさきたま杯を勝利した実績馬です。しかし、このレースで6番人気だったのは、中央馬=強い、地方勢=弱いというイメージによる決めつけ以外の何でもないでしょう。

 地方勢では他に2007年に愛知のキングスゾーン(6番人気)、2015年に兵庫のタガノジンガロ(5番人気)がこのレースで3着入線し、3連複、3連単の波乱の立役者となったこともありました。しかし、キングスゾーンは前年の浦和記念で2着、タガノジンガロは前年のかきつばた記念の勝ち馬で、この舞台でも十分上位に来る可能性はありました。キングスゾーンはこれこそ中距離から短距離に転向して穴を開けたタイプで、前走のダイオライト記念では大差の9着に負けたことが人気の盲点となった部分もあります。しかし、両馬ともに不当に人気がなかったのはやはり地方馬=弱いのイメージが強いからでしょう。

 交流重賞では地方馬の取り扱いが馬券の要であり、地方勢の好走によってのみ穴が開くところがあります。2009年に9番人気で3着入線し、アドバルーンを打ち上げたフサイチバルドルさえも、実績という意味では狙いづらいものがありましたが、JRAで長らく芝を使われ、高知に移籍してダートを使われて素質開花というプチ・ゴルトブリッツのパターンで、けっして狙えないことはなかったはず。個人的にはこの馬券は当たりました。今年は昨年のJBCスプリントの2着馬ダノンレジェンドこそ出走しているものの、JRA勢は上がり馬が人気上位に食い込むメンバー構成。ひょっとしたら地方勢の2着、3着はあるかもしれません。


 まとめるとこうなります!
 ●本命馬
 前年のJBCスプリントの連対馬。
 ●相手
 直近1年以内のG2で3着以内か、G3で連対の実績馬。
 ●穴馬
 連勝馬や前走圧勝の地方馬。
 

山崎エリカさんのダートグレード競走最新予想(「競馬プロ予想MAX」)はこちらからご覧いただけます!!

新着ニュース

15日、高知競馬場の第5Rに行われた第18回 黒船賞(Jpn3)[指定交流]4歳以上(ダート 右1400m サラブレッド系4才以上 別定)はM.デムーロ騎手騎乗の1番人気・6番ダノンレジェンド(牡6)が優勝した。
勝ちタイムは1分27秒0(不良)。さらに1馬身差の2着に2番人気・12番ニシケンモノノフ(牡5)、そこから21/2馬身差の3着に3番人気・2番タールタン(牡8)が入った。
ダノンレジェンドは、父MachoUno、母MyGoodness、母の父StormCatという血統で村山明厩舎の所属馬。生産は・ColtsNeckStables,。馬主は(株)ダノックス。通算成績は25戦11勝。
「黒船賞(Jpn3)[指定交流]4歳以上」の着順&払戻金はこちら

【黒船賞】高知でもミルコ!ダノンレジェンドが連覇 3月15日(火) 17:18

 15日の高知5Rで行われた農林水産大臣賞典 第18回黒船賞(4歳上オープン、交流GIII、選定馬、別定、ダート1400メートル、12頭立て、1着賞金=2100万円)は、ミルコ・デムーロ騎手騎乗の1番人気ダノンレジェンド(牡6歳、栗東・村山明厩舎)が早め先頭から押し切ってV。連覇を達成した。タイムは1分27秒0(不良)。

 重賞連対の連続記録は途切れたが、この高知でもミルコ・デムーロの手綱がさえ渡った。昨年の覇者ダノンレジェンドが58キロをものともせず、余裕たっぷりの内容で連覇を達成。改めてそのスピードを見せつけた。

 レースは岩手のラブバレットが気合十分に押して先行。ダノンレジェンドが2番手につけ、その後ろにニシケンモノノフが続いた。向こう正面に入ると、中団にいたドリームバレンチノが外から動いて先頭をうかがい、これに反応してダノンレジェンドもラブバレットをかわしていく。ニシケンモノノフはひと呼吸置いて3番手から前をとらえにかかり、4コーナーでは3頭が並ぶ形。その直後にタールタンが迫る。しかし、ダノンレジェンドは余裕たっぷりの手応えで抜け出し、食い下がるニシケンモノノフを振り切って快勝。1馬身差をつけ、連覇を成し遂げた。2着は2番人気のニシケンモノノフ。さらに2馬身1/2差の3着が3番人気のタールタンで、上位は人気通りの決着となった。4着がドリームバレンチノで、5着には地元・高知のスクワドロンが食い込んでいる。

 ダノンレジェンドは、父Macho Uno、母My Goodness、母の父Storm Catという血統の米国産馬で、(株)ダノックスの所有馬。通算成績は25戦11勝(うち地方9戦6勝)。重賞はGIIIカペラS(2014年)、交流GIII黒船賞、交流GIII東京スプリント、交流GIIIクラスターC、交流GII東京盃(15年)に次いで6勝目。村山明調教師は昨年に次いで黒船賞2勝目、ミルコ・デムーロ騎手は初勝利。

 高知競馬では16年ぶり2度目の騎乗で、重賞Vを果たしたM.デムーロ騎手は「ずっといい手応えで、僕はずっと何もしていません(笑)。いいスタート、いいポジションで、最後まで良かった。1400メートルは僕は初めて乗ったけど、問題なかった。余裕です(笑)。前走(JBCスプリント)負けたのは残念だけど、今年頑張ります。(久しぶりの高知は)覚えています。久しぶりです。おじいさんになりました(笑)。でも、勝ててうれしいです。いっぱい来てくれてありがとう。とてもうれしいです」と満面の笑みで詰めかけたファンの声援に応えていた。

ダノンレジェンドの競走成績はこちら

【黒船賞&名古屋大賞典】JRA出走予定馬が決定 3月10日(木) 18:08

 3月15日(火)の黒船賞、17日(木)の名古屋大賞典に出走を予定しているJRA所属馬および予定騎手が決定した。

 「農林水産大臣賞典 第18回黒船賞」(高知競馬場、交流GIII、4歳以上オープン、ダート・右1400メートル)

 【JRA所属の出走予定馬】5頭 ダノンレジェンド(牡6歳、栗東・村山明厩舎、M.デムーロ騎手) タールタン(牡8歳、栗東・吉村圭司厩舎、福永祐一騎手) ドリームバレンチノ(牡9歳、栗東・加用正厩舎、岩田康誠騎手) ニシケンモノノフ(牡5歳、栗東・庄野靖志厩舎、戸崎圭太騎手) メイショウオセアン(牡5歳、栗東・池添兼雄厩舎、池添謙一騎手)

 「中日新聞杯 第39回名古屋大賞典」(名古屋競馬場、交流GIII、4歳以上オープン、ダート・右1900メートル)

 【JRA所属の出走予定馬】5頭 アウォーディー(牡6歳、栗東・松永幹夫厩舎、武豊騎手) ダブルスター(牡7歳、美浦・伊藤圭三厩舎、C.ルメール騎手) バンズーム(牡5歳、美浦・久保田貴士厩舎、田辺裕信騎手) マドリードカフェ(牡5歳、栗東・荒川義之厩舎、柴山雄一騎手) モズライジン(牡4歳、栗東・矢作芳人厩舎、中谷雄太騎手)

【黒船賞】JRAの出走予定馬が発表 2月28日() 17:36

 3月15日(火)に高知競馬場で行われる第18回黒船賞のJRA所属の出走予定馬および補欠馬が発表された。

 「農林水産大臣賞典 第18回黒船賞」(高知競馬場、交流GIII、4歳以上オープン、ダート・右1400メートル)

 【JRA所属の出走予定馬】5頭

コーリンベリー(牝5歳、美浦・小野次郎厩舎、松山弘平騎手)ダノンレジェンド(牡6歳、栗東・村山明厩舎、騎手未定)タールタン(牡8歳、栗東・吉村圭司厩舎、福永祐一騎手)ドリームバレンチノ(牡9歳、栗東・加用正厩舎、岩田康誠騎手)ニシケンモノノフ(牡5歳、栗東・庄野靖志厩舎、騎手未定)

 【JRA所属の補欠馬】5頭(補欠順位順)

1.メイショウオセアン2.キクノストーム3.マルカフリート4.ナンチンノン5.ミリオンヴォルツ

⇒もっと見る

口コミ情報

かきつばた記念の予想

5月2日(月) 23:00

山崎エリカ

今年も逃げ切りか?
それとも差しが決まるのか?
______________

3日間連続で行われるゴールデンウィークの交流重賞、第一弾は名古屋で行われる短距離重賞のかきつばた記念。昨年のこのレースを勝ったコーリンベリーが、秋の大一番JBCスプリントも制したように、この時期はJRAでは短距離のグレードレースが行われないために、黒船賞や東京スプリント同様に好メンバーが集います。

よって、これまでなるべく格の高いダートグレードで連対実績がある馬が優勢となります。過去10年の連対馬20頭中、直近1年以内に連対実績があったのは芝のレースも含めて18頭。直近1年以内に連対実績がなかったのは2014年の1着馬タガノジンガロと2015年の2着馬レーザーバレットのみです。

タガノジンガロは園田所属馬で中央でデビューしてしばらくダートの中距離路線を使われていましたが、前走で初めて園田A1クラスの1400m戦を使われ、3コーナー先頭で圧勝した馬。レーザーバレットは前走を含む短距離のJRAオープンで2度の勝利実績がありました。つまり、重賞勝ちの実績がない馬は、タガノジンガロのように目先を変えて結果を出したパターンか、前走JRAのオープンで勝利していなければ、ここで通用するのは厳しいということになります。

また、名古屋競馬場は、楕円形型コースで地方競馬では一番の小回りコース。その上、黒船賞が行われる高知のように馬場の最内から2~3mの砂厚が深くてコーナーの中~外を回るコースではありません。


続きはこちら→http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7164


予想はこちら→http://nar.umanity.jp/coliseum/coliseum_view.php?user_id=3100000007&race_id=2016050324030111

阪神大賞典・スプリングS・千葉Sの過去の傾向をまとめる ...3月17日(木) 22:43 やすの競馬総合病院

阪神大賞典の過去5年の1・2着馬の傾向
前走:連対馬10頭中5頭が前走で有馬記念に出走。 連対馬10頭中全て前走は重賞かGIに出走。 連対馬10頭中9頭が前走で芝2400m以上のレースに出走。
展開:持久力勝負になりやすい。
脚質:基本的には中団ぐらいまでで競馬できる馬がよさそう。
血統:ステイゴールド産駒、ハーツクライ産駒が2頭以上連対。
人気:1番人気馬が5年連続連対中 連対馬10頭中8頭が1~3番人気。
枠順:連対馬10頭中1~4枠が5頭、5~8枠が5頭。 内・外で差がないし少頭数の年が多くて枠順関係ないかも。
斤量:連対馬10頭中8頭が56kg(牝馬54kg)~57kg 58kgでの連対はゴールドシップのみ。
年齢:連対馬10頭中10頭が4~6歳。 7歳以上の連対なし。

ゴールドシップが3連覇してたレースやし、前走で有馬記念に出てた馬や2400m以上のレースに出てた馬が多いし、中・長距離こなせる産駒が多そうなステイゴールド産駒、ハーツクライ産駒が成績いいのを見ても、3000mだけあってスタミナや持久力はそれなりに問われそう。

中団後方からでもなんとかなると言えば何とかなるけど、阪神内回りっていうのもあってかやっぱり好位~中団ぐらいで競馬できる馬の方が無難でしょうね~。

なので、好位~中団ぐらいで競馬できて、2400m以上の距離でも問題ないスタミナがあって、持久力勝負にも対応できる馬を中心に選んでいこうかな。

まあ、深く考えず1番人気から買うだけで当たりやすいレースなんですけどね。

前走で有馬記念か芝2400m以上の重賞に出走、ステイゴールド産駒、ハーツクライ産駒、1~3番人気馬(特に1番人気馬)、56kg(牝馬54kg)~57kg、4~6歳馬は加点対象で。


--------------------------------------------------------------------------------
スプリングSの過去5年の1・2着馬の傾向
前走:連対馬8頭中6頭が前走で朝日杯FSか1800m以上の重賞に出走。 (ただ、ここ2年は前走500万下の馬が1着)
展開:持久力勝負になりやすい。
脚質:先行馬が好走しやすい。
血統:ディープインパクト産駒、フジキセキ産駒が2頭以上連対。
人気:1番人気馬が4年連続連対中 連対馬8頭中7頭が1~3番人気。
枠順:連対馬8頭中5頭が1~3枠。

皐月賞のトライアルなんですけど、ゆったりした流れは去年ぐらいで、道中あまり息の入らない本番仕様の流れになること多いんで持久力勝負に対応できない馬だと辛いかも。

中山1800mだけあって器用さも問われるから、好位辺りで競馬してる馬がよく連対してるし、前走が朝日杯FS以外の馬は500万下だった馬も含めて1800m以上のレース使ってるから前走1800m以上のレースっていうのは重要なのかも?

なので、好位辺りで競馬できて、1800m以上の距離を問題なくこなせて、持久力勝負にも対応できる馬を中心に選んでいこうかな。

まあ、このレースも深く考えず1番人気から買うだけで当たりやすいレースなんですけどね。

前走で朝日杯FSか芝1800m以上の重賞に出走、ディープインパクト産駒、フジキセキ産駒、1~3番人気馬(特に1番人気馬)、1~3枠の馬は加点対象で。


--------------------------------------------------------------------------------
千葉Sの過去5年の1・2着馬の傾向
前走:連対馬10頭中4頭が前走でジャニュアリーSに出走。3頭が前走で根岸Sに出走。2頭が前走ですばるSに出走。
展開:持久力勝負になりやすい。
脚質:逃げ・先行馬が有利。
血統:2頭以上連対馬を出した種牡馬0頭。
人気:連対馬10頭中6頭が1~3番人気。
枠順:連対馬10頭中8頭が5~8枠。
斤量:連対馬10頭中6頭が56kg。2頭が57kg。
年齢:連対馬10頭中9頭が4~6歳。

過去5年ともに前半3Fが後半3Fよりも2秒以上速いという前傾ラップからの持久力勝負っていうのが、中山ダ1200mらしいな~って感じですけど、逃げ・先行馬が粘りこんでるケース多いんですよね~。

去年の勝ち馬は前走1600万下からでしたけど、基本的に1400m以下の重賞かOP経由で連対してるんで、条件戦からでは辛そう。

とにかく、先行力と1200mをこなせるスピードがあって、持久力勝負になっても対応できる馬を中心に選んでいこうかな。

前走でジャニュアリーS・根岸S・すばるSに出走、1~3番人気馬、5~8枠、56kg、4~6歳馬は加点対象で。


--------------------------------------------------------------------------------
☆名古屋大賞典の感想☆
アウォーディーがなんと大差勝ち!!
このメンバーなら勝ってくれるとは思ってましたけど、まさか大差でぶっちぎるとは思ってなかったんで、復帰戦をすごくいい結果で勝ってくれて今後が楽しみです。

名古屋大賞典は、
◎アウォーディー
〇バンズーム
▲モズライジン
という予想で、

3連単2-6・10-6・10 各2000P 合計4000P
という馬券を買ったんですが、

1着アウォーディー
2着バンズーム
3着モズライジン
で、黒船賞に続き、名古屋大賞典も予想印の順に1・2・3着きましたね~。

しかも、今回は単勝1・4・3番人気の順で人気通りの決着じゃなかったし、2番人気のダブルスターをバッサリ消してたんで、予想的にはいい予想ができてたかな~。

3連単で18.8倍という配当を2点買いでバッチリ当てれたんで、+33600Pの利益が出せてまずまずOKでした。

補習の途中経過
3月15日(火曜日)
黒船賞 収支+10000P
3月17日(木曜日)
名古屋大賞典 収支+33600P
3月19日(土曜日)
ファルコンS(芝1400m)
若葉S(芝2000m)
3月20日(日曜日)
千葉S(ダ1200m)
阪神大賞典(芝3000m)
スプリングS(芝1800m)
3月21日(月曜日)
夢見月S(ダ1400m)
フラワーC(芝1800m)

残り7レースも頑張っていきますが、補習の1・2レース目で+43600Pを稼げたんで、残り7戦(各レース3000P 合計21000P)を全敗したとしても、+22600Pで終われるから、補習的にはもう2レース目で合格確定ですね~。

これで週末の3日間競馬をすごく気楽な立場で楽しめそうです。

でも、まだまだ稼げるように一生懸命頑張っていきますよ~。

ファルコンS・若葉Sの過去の傾向をまとめるの巻3月15日(火) 22:02 やすの競馬総合病院

ファルコンSの過去4年の1・2着馬の傾向
前走:連対馬8頭すべてが前走芝1400mか芝1600mのレースに出走。 勝ち馬4頭中3頭がOPかGIIIに出走。
展開:持久力勝負になりやすい。
脚質:中団~後方の馬がよくくる。
血統:2頭以上連対馬出した種牡馬なし。
人気:連対馬8頭中5頭が1~4番人気 (4年中3年で11番人気以下の馬が連対)
枠順:連対馬8頭中6頭が1~4枠。
斤量:連対馬8頭中7頭が56kg (勝ち馬4頭は56kg)

去年は先行勢の1・2着でしたが、直線長いコースで前傾ラップからの持久力勝負になりやすいのもあってか、地力のない先行馬では踏ん張り聞かないんで、基本的には差し・追い込み馬が有利なレース。

なので、1400m・1600mぐらいが得意そうな差し・追い込み馬を中心に狙っていくのが無難なのかな?
単勝2桁人気の馬もけっこう連対してるレースなんで下位人気の馬も要注意です。

前走芝1400mか芝1600mのレースに出走、1~4枠、56kgの馬は加点対象で。


--------------------------------------------------------------------------------
若葉Sの過去5年の1・2着馬の傾向
前走:勝ち馬5頭中2頭が前走未勝利戦、2頭が前走500万下で敷居は低そう。 連対馬10頭中7頭が前走で芝2000m以上のレースに出走。
展開:中盤緩む年と緩まない年があるけど、持久力勝負になりやすい。
脚質:先行馬有利 (ただ、4コーナー10番手以降の追い込み馬が過去5年で3勝)
血統:キングカメハメハ産駒が2頭連対。
人気:連対馬10頭中6頭が5番人気以下 (ただ、5年中2年で1・2番人気馬が1・2着)
枠順:連対馬10頭中7頭が5~8枠。

阪神内回り2000mなんで、基本的には好位辺りで器用に立ち回れて持久力勝負になっても対応できる馬を優先していきたいんですが、追い込み馬が3勝してるんであまり脚質にこだわりすぎても痛い目見ちゃうから、器用さの問われるコースの中距離で持久力勝負になっても大丈夫そうな馬達を狙っていこうかな~。

単勝人気で見ると、1・2番人気でのガチガチ決着か、5番人気以下同士の決着かどちらかなんで、上位人気馬が信頼度高そうと思ったら3頭BOX、信頼度低いなと思ったら4頭BOXという感じでいこうかな。

前走で芝2000m以上のレースに出走、キングカメハメハ産駒、5~8枠の馬は加点対象で。


--------------------------------------------------------------------------------
☆おまけ☆
黒船賞は、
◎ダノンレジェンド
〇ニシケンモノノフ
▲タールタン
△ドリームバレンチノ
という予想で、

3連単6-12-2・10 各2000P 合計4000P
という馬券を買ったんですが、

1着ダノンレジェンド
2着ニシケンモノノフ
3着タールタン
4着ドリームバレンチノ
で予想印の順に・・・というか、単勝1・2・3・4番人気の順に決まるというガチガチの決着でした。

3連単で7.0倍という激安配当でしたが、2点に絞って買ってたので+10000Pの利益が出せてまずまずOKでした。

補習の途中経過
3月15日(火曜日)
黒船賞 収支+10000P
3月17日(木曜日)
名古屋大賞典(ダ1900m)
3月19日(土曜日)
ファルコンS(芝1400m)
若葉S(芝2000m)
3月20日(日曜日)
千葉S(ダ1200m)
阪神大賞典(芝3000m)
スプリングS(芝1800m)
3月21日(月曜日)
夢見月S(ダ1400m)
フラワーC(芝1800m)

残り8レースも頑張っていきますが、まずは補習の1レース目でいいスタートできてうれしいです。

黒船賞(Jpn3)[指定交流]4歳3月15日(火) 16:58 ★阪神競馬★

投票間に合わなかった( ^^) _U~~

予想は、2頭軸マルチ 2-6-10・11・12だけどどうかな

黒船賞~フラワーCまで今週1週間は補習で大特訓!!の巻3月14日(月) 22:04 やすの競馬総合病院

先日の土日で、
今週の競馬予想・・・0勝7敗
今週の複勝ころがし指名馬・・・10着、16着(最下位)
今日のWIN5指名・・・的中0

と、ダメダメすぎるトリプルスリーを達成してしまいました。
このひどい成績では高松宮記念に向けて不安しかないですが、幸い今週はJRAが3日間開催、地方交流重賞も2つと競馬盛りだくさんの1週間なんで補習するにはピッタリ!!

ここできっちり立て直して高松宮記念に向かいたいと思います。

というわけで、今週の補習メニュー



--------------------------------------------------------------------------------
3月15日(火曜日)
黒船賞(ダ1400m)

これはあとでツイッターに予想をツイート予定ですが、
ダノンレジェンド
ニシケンモノノフ
タールタン
ドリームバレンチノ
ラブバレット
まず、出走馬12頭をこの5頭ぐらいまで絞って、馬券をどうやっていくかってところかな~?

ダノンレジェンドを1着固定とかしちゃった場合は、オッズ安そうなんで3連単1~3点ぐらいでいきたいですけどね~。



--------------------------------------------------------------------------------

3月17日(木曜日)
名古屋大賞典(ダ1900m)

3月19日(土曜日)
ファルコンS(芝1400m)
若葉S(芝2000m)

3月20日(日曜日)
千葉S(ダ1200m)
阪神大賞典(芝3000m)
スプリングS(芝1800m)

3月21日(月曜日)
夢見月S(ダ1400m)
フラワーC(芝1800m)

黒船賞~フラワーCまで合計で9レース予想する予定です。

的中率はいいにこしたことはないですが的中率高くても回収率が100%未満だったら意味ないんで、とにかく9レースの回収率が100%を超える黒字収支になるように頑張っていきますよ~。

あとは、複勝ころがし、WIN5の面でも補習やって立て直していきたいです。


--------------------------------------------------------------------------------
☆おまけ☆
巨人がえらいことになってますね。
公営ギャンブルはセーフですが、賭博はいけませんよ~~~。

黒船賞の予想3月14日(月) 17:36 山崎エリカ

地方馬チョイスであわよくば高配当狙い!
__________________

高知では唯一の交流重賞となる黒船賞。黒船賞は2008年に高知競馬が経営逼迫で休止し、2009年以降は賞金を減額しながらも続行されています。しかし、賞金が安くなったからメンバー質が下がったかというと、けっしてそんなこともありません。黒船賞は、前年のJBCスプリント以来の別定の短距離の交流重賞となるために、交流重賞で結果を出してきた馬たちが「待ってました!」とばかりにここに出走してくることが多く、かつてと変わらないレースレベルが維持されています。

よって、前年のJBCスプリントで上位の馬が出走してくる場合や、昨年のダノンレジェンドのようにJRAの重賞で結果を出して、この路線に転向した馬が強い場合には、G3とは思えないほどレースレベルが高くなることも度々あります。そのように年ごとのレースレベルにばらつきが見られますが、前年のJBCスプリントの連対馬が出走してくれば、高確率で連対します。

前記の該当馬は、続きはこちら→http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=6990


中央馬の中穴の狙い方や、地方馬の素敵なチョイスの仕方を記しています。(無料)


予想はこちら→http://nar.umanity.jp/coliseum/coliseum_view.php?user_id=3100000007&race_id=2016031531180505&r

⇒もっと見る

過去10年の結果 ~黒船賞 2016~

2015年 黒船賞 2015年3月17日(火) 高知5R 1400m 重 12頭

黒船賞(Jpn3)[指定交流]

1着 4 ダノンレジェンド 3.1倍(2人気) 丸田恭介 1.27.3
2着 3 ドリームバレンチノ 3.4倍(3人気) 岩田康誠 1.27.7
3着 9 タガノジンガロ 63.5倍(5人気) 木村健 1.27.8
単勝 4 310円(2人気) 3連複 3-4-9 5,540円(15人気)
馬連 3-4 620円(3人気) 3連単 4→3→9 16,990円(39人気)
開催日 場名 頭数 馬場 勝ち馬 オッズ 人気 騎手 所属 勝ちタイム
2014/3/18
黒船賞
高知 12 セイクリムズン 3.3倍 2 岩田康誠 JRA 1.27.6
2013/3/19
黒船賞
高知 12 不良 セイクリムズン 1.5倍 1 岩田康誠 JRA 1.27.3
2012/3/20
黒船賞
高知 12 不良 セイクリムズン -- 3 岩田康誠 JRA 1.28.4
2010/3/22
黒船賞
高知 12 不良 スーニ -- 1 川田将雅 JRA 1.27.7
2009/3/20
黒船賞
高知 12 不良 トーセンブライト -- 3 安藤勝己 JRA 1.27.4
2007/3/21
黒船賞
高知 12 リミットレスビッド -- 2 岩田康誠 JRA 1.28.9
2006/3/20
黒船賞
高知 12 ブルーコンコルド -- 1 幸英明 JRA 1.28.4
2005/3/21
黒船賞
高知 12 マイネルセレクト -- 2 武豊 JRA 1.28.4
2004/3/22
黒船賞
高知 12 不良 ディバインシルバー -- 2 安藤勝己 JRA 1.26.4

歴史・レース概要 ~黒船賞2016~


黒船賞は、高知競馬場・ダート1400mで施行される地方重賞(JpnIII)である。1998年、5歳以上の馬による中央・地方全国指定交流競走(統一GIII)として創設。高知競馬場の唯一のダートグレード競走で、春のダート短距離路線を占う競走として重要な役目を担っている。レース名の由来は、土佐藩出身の坂本龍馬の運命を変えた黒船から。

過去の優勝馬にはダノンレジェンドセイクリムズンなどが名を連ねる。

執筆者:ウマニティ競馬研究所(略してウマケン)

まだウマニティ会員ではない方へ

会員登録するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを無料で利用できます。

収支100万円超えの猛者がズラリ

全国トップ予想家たちの予想閲覧

予想に必携の高精度スピード指数

「U指数」を重賞で全頭公開

勝率40%超えを誇る堅軸候補

「凄馬」をメールでお知らせ

TVでも紹介!設定は10万通り以上

あなただけの予想ロボが作れる

この他にも20以上のサービスを無料で提供!

会員登録(無料)する

ようこそゲストさん

今すぐ会員登録

※パスワードを忘れた場合

いつものアカウントが使えます!

本日の開催

盛岡競馬
第1回第6日
9R 33分前
大井競馬
第3回第2日
5R 23分前
金沢競馬
第5回第2日
10R 13分前
笠松競馬
第4回第1日
10R 28分前
門別競馬
第3回第3日
5R 18分前

次回のダートグレード競走

5月29日()浦和
さきたま杯 Jpn2

黒船賞特集
バックナンバー

黒船賞 2019
黒船賞 2018
黒船賞 2017
黒船賞 2016
黒船賞 2015

2019ダートグレード競走

東海ステークス
TCK女王盃
根岸ステークス
川崎記念
佐賀記念
フェブラリーステークス
エンプレス杯(キヨフジ記念)
ダイオライト記念
名古屋大賞典
黒船賞
マーチステークス
東京スプリント
アンタレスステークス
マリーンカップ
かきつばた記念
兵庫チャンピオンシップ
かしわ記念
平安ステークス
さきたま杯
北海道スプリントカップ
関東オークス
ユニコーンステークス
帝王賞
スパーキングレディーカップ(ホクトベガメモリアル)
プロキオンステークス
ジャパンダートダービー
マーキュリーカップ(メイセイオペラ記念)
レパードステークス
エルムステークス
クラスターカップ
サマーチャンピオン
ブリーダーズゴールドカップ
テレ玉杯オーバルスプリント
日本テレビ盃
シリウスステークス
白山大賞典
東京盃
レディスプレリュード
エーデルワイス賞
マイルチャンピオンシップ南部杯
北海道2歳優駿
みやこステークス
JBCレディスクラシック
JBCスプリント
JBCクラシック
武蔵野ステークス
兵庫ジュニアグランプリ
浦和記念
チャンピオンズカップ
カペラステークス
クイーン賞
全日本2歳優駿
名古屋グランプリ
兵庫ゴールドトロフィー
東京大賞典