兵庫ジュニアグランプリ Jpn2

12月2日() 16:10 園田競馬場/ダ1400m 12頭

兵庫ジュニアグランプリ出馬表




馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 所属 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 1 1

デュアリスト

牡2 55.0 福永祐一 安田隆行 JRA 488(+8) 1.26.9 1.9 1
2 2 2

レディバグ

牝2 54.0 酒井学 北出成人 JRA 444(-6) 1.27.0 1/2 12.0 4
3 6 7

ゼンノアンジュ

牝2 54.0 岩田康誠 浅見秀一 JRA 499(-1) 1.27.7 2.4 2
4 6 8

ルーチェドーロ

牡2 55.0 戸崎圭太 高橋裕 JRA 500(+6) 1.28.7 8.7 3
5 7 10

ジョーロノ

牡2 55.0 田中学 小久保智 浦和 474(+1) 1.28.9 11/2 33.6 6
6 5 6

ツムタイザン

牡2 55.0 杉浦健太 大山寿文 兵庫 481(+6) 1.28.9 アタマ 36.8 7
7 8 11

ビーアイフェリペ

牡2 55.0 松山弘平 新谷功一 JRA 509(+5) 1.29.4 15.2 5
8 7 9

フセノチェリー

牝2 54.0 下原理 盛本信春 兵庫 411(-2) 1.31.2 大差 399.7 9
9 8 12

サンゼント

牡2 55.0 笹田知宏 長南和宏 兵庫 423(+1) 1.31.2 クビ 692.3 10
10 5 5

ハイクォーツ

牡2 55.0 田野豊三 溝橋利喜夫 兵庫 487(+2) 1.33.9 大差 273.0 8
11 3 3

オンドレースンドレ

牝2 54.0 石堂響 長南和宏 兵庫 443(-2) 1.34.8 767.5 11
取消 4 4

グロリアスルカ

牡2 55.0 吉村智洋 田中淳司 北海道

■払戻金

単勝1 190円 1番人気
複勝1 100円 2番人気
2 160円 5番人気
7 100円 1番人気
枠連複1 - 2 1,410円 6番人気
馬連複1 - 2 1,140円 3番人気
馬連単1 → 2 1,380円 4番人気
ワイド1 - 2 270円 4番人気
1 - 7 120円 1番人気
2 - 7 240円 2番人気
三連複1 - 2 - 7 430円 1番人気
三連単1 → 2 → 7 3,040円 9番人気

※レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合してください。

ウマニティの会員数:344,879人(12月09日現在)

地方競馬予想のウマニティは、出馬表やオッズなどNAR公式データを使用した全地方競馬のレース情報に加えて、最新の「地方競馬ニュース」、ダートグレード競走攻略には欠かせない「ダートグレード特集」、日本最大級の地方競馬予想大会「地方競馬予想コロシアム」などのサービスを会員登録(無料)するだけで利用することができます。

ウマニティ会員登録(無料)はこちら

出走馬の最新ニュース

プロ予想家の的中情報


ウマニティの会員数:344,879人(12月09日現在)

地方競馬予想のウマニティは、出馬表やオッズなどNAR公式データを使用した全地方競馬のレース情報に加えて、最新の「地方競馬ニュース」、ダートグレード競走攻略には欠かせない「ダートグレード特集」、日本最大級の地方競馬予想大会「地方競馬予想コロシアム」などのサービスを会員登録(無料)するだけで利用することができます。

ウマニティ会員登録(無料)はこちら

兵庫ジュニアグランプリ攻略コラム

【山崎エリカのダートグレード攻略】~兵庫ジュニアグランプリ2020~

 全日本2歳優駿の前哨戦となる兵庫ジュニアグランプリ。2歳最初のGⅢ・エーデルワイス賞は、過去10年で地方馬が6勝2着8回と優勢。次のGⅢ・北海道2歳優駿は地方馬は1着4回、2着4回と中央馬とほぼ五分五分(2011年~2019年終了現在)。しかし、3度目の兵庫ジュニアグランプリとなると、過去10年で地方馬が1勝2着3回と中央馬との逆転現象が起こる。

 なぜ、このタイミングで逆転現象が起こるのかというと、JRAでは秋になるとダートの1勝クラスが行われるようになり、中央勢もある程度のキャリアを積むことが出来るからだ。キャリアを何戦も積んで大きな上積みが見込めない地方馬と、キャリアの浅い時点で2勝した中央馬の対戦図式になれば、後者に軍配が上がることがほとんど。競走馬はデビューしてから5戦目くらいまではレースに慣れて、大きな上昇を見せるものだからだ。

 実際に過去10年の中央の優勝馬を見ても、2011年こそ前走2勝クラスで2着のゴーイングパワーが勝利しているが、同馬はこのレースが初ダートだった馬。それ以外は全て2勝馬が制している。2着馬もほぼ2勝馬で、1勝馬で2着だったのは、2017年のアスターソードのみ。ただし、2017年は中央のダート2勝馬がこのレースの優勝馬ハヤブサマカオーの1頭しか出走していなかった年だ。

 遡れば2008年に1戦1勝馬のアースリヴィングが2着したことがあるが、同馬は新馬戦で9馬身(1.5秒)差の圧勝を収めていた馬。つまり、1勝馬でも初ダートや新馬戦を圧勝した馬ならば勝つ場合もあるが、基本的には2勝馬が有力ということ。

 しかし、今回が初ダートの馬は、ゴーイングパワーのように優勝する場合もあるが、走らせてみなければわからない面もあるのは否めない。2016年にアズールムーンが「フットワークがダート向き」などと言われ、1番人気に支持されたが、5着に敗れたこともあるだけに、本命候補にはお薦めしない。

 また、前走ダートの1勝クラスで2着だった馬もこのレースでは不振で、過去10年では3着が精一杯という状況下。このタイプはそれなりに人気になるが、点数を絞りたければ消してしまうのもひとつの手段かもしれない。

 本命候補にはやっぱり、前走1勝クラスの勝ち馬がお薦め。その中でも最有力なのは、オキザリス賞やなでしこ賞など、前走ダ1400mの特別戦を勝利している馬だ。その成績はオキザリス賞が東京ダ1400m戦として2013年度に復活して以降、なでしこ賞が京都ダ1400m戦として2014年度に復活して以降、【4・3・0・0】と連対率100%だ。

 1着の該当馬は、2015年のサウンドスカイ、2017年のハヤブサマカオー、2018年のデルマルーヴル、2019年のテイエムサウスダン 。2着の該当馬は、2016年のハングリーベン、2018年のオルトグラフ、2019年のメイショウテンスイだ。

 他では、前走の北海道2歳優駿(現JBC2歳優駿)で3着以内も有力。北海道2歳優駿の上位馬は、全日本2歳優駿に直行することが多いが、ここに出走してくれば十分に信頼が出来る。過去10年の該当馬は、2010年の2着馬カネマサコンコルドのみだが、遡れば2009年のラブミーチャン、2007年の優勝馬ディアヤマトもこのレースを優勝している。また、前記該当馬は全て地方馬で、中央馬で該当する馬はゼロだった。

 また、このレースは比較的本命サイドで決着していることが多いが、前走1勝クラスを勝利した馬がこのレースで敗れることによって、高配当が発生している。特に2014年は、キャプテンシップの凡走によって、馬複3万2290円(3連単60万3300円)の大波乱となった。前走500万下の勝ち馬が信頼するに足りないようであれば、いっそ波乱に賭けてみるのも悪くない。

 中央の2勝馬が凡走した場合にはいくらでも荒れようがあるが、そういう場合には地方馬がよく穴を開けているのがポイント。キャプテンシップが凡走した2014年のワン、ツーを決めたのも浦和のジャジャウマナラシ(7番人気)と門別のオヤコダカ(6番人気)だった。

 また、芝のレースで2勝のアズールムーンが凡走した2016年も、勝ったのは門別のロードジュレップ(6番人気)。これらの共通項は、地方のオープン以上のレースで連対実績があることと、前走で4コーナー先頭の勝ちに行くレースをしていること。そういう地方馬の一発には注意しよう。


 まとめるとこうなる!

 ●本命候補
 ・前走、オキザリス賞かなでしこ賞を勝利した馬。
 ・前走の北海道2歳優駿(現JBC2歳優駿)で3着以内だった馬。
 
 ●穴馬候補
 ・地方のオープン以上のレースで連対実績がある馬。
  (前走で4コーナー先頭の勝ちに行くレースをしていることが条件)

山崎エリカさんのダートグレード競走最新予想はこちらからご覧いただけます!!

兵庫ジュニアグランプリデータ分析とレース傾向

園田ダ1400m

園田ダート1400mを舞台に行われる2歳限定のダートグレード競走。JRAでは2歳のダート上級戦が限られているため、年末の全日本2歳優駿を大目標とする馬たちにとっては重要な役割を担う。2005年モエレソーブラッズ(北海道)、2009年ラブミーチャン(笠松)、2014年ジャジャウマナラシ(浦和)、2016年ローズジュレップ(北海道)と他地区から遠征してきた地方馬も歴代優勝馬として名を連ねているが、地元兵庫所属馬は勝利に手が届いていない。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

兵庫ジュニアグランプリステップレース

兵庫若駒賞重賞1
10月15日(木) 園田競馬場/ダ1400m 12頭
天候:晴 馬場:
着順 馬番 馬名 所属 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F
1 4 ツムタイザン 兵庫 杉浦健太 1.31.3 2.5 2 40.1
2 3 スマイルサルファー 兵庫 大山真吾 1.32.7 16.3 6 40.5
3 10 アイルビーゼア 兵庫 笹田知宏 1.32.9 11/2 2.5 1 41.5
4 2 フセノチェリー 兵庫 下原理 1.33.0 1/2 8.6 4 41.4
5 5 ナットグレースワン 兵庫 田野豊三 1.33.3 11/2 13.4 5 40.5

兵庫ジュニアグランプリ過去の結果

2019年11月27日(水) 園田競馬場/ダート1400m 天候:曇 馬場:
1着 テイエムサウスダン M.デムーロ 1.28.0 3.7倍 ③人気
2着 メイショウテンスイ 武豊 11/2 2.5倍 ②人気
3着 ファシネートゼット 松若風馬 11/4 2.4倍 ①人気
2018年11月28日(水) 園田競馬場/ダート1400m 天候:曇 馬場:
1着 デルマルーヴル C.ルメール 1.28.6 2.0倍 ①人気
2着 オルトグラフ 北村宏司 3.1倍 ②人気
3着 デンバーテソーロ 田邊裕信 6.5倍 ③人気
2017年11月21日(火) 園田競馬場/ダート1400m 天候:晴 馬場:
1着 ハヤブサマカオー C.ルメール 1.27.8 1.1倍 ①人気
2着 アスターソード 和田竜二 クビ 13.6倍 ③人気
3着 ソイカウボーイ 川原正一 6.9倍 ②人気

兵庫ジュニアグランプリ歴史と概要

2015年の優勝馬サウンドスカイ
2015年の優勝馬サウンドスカイ

エーデルワイス賞、JBC2歳優駿(旧・北海道2歳優駿)に続く2歳限定ダートグレード競走。2014年に単勝169.7倍の伏兵ジャジャウマナラシが2着に2馬身半差を付けて快勝した記憶はいまだに鮮明で、2016年にも1~3番人気の支持を受けた馬たちが揃って馬券圏外に敗れるなど、時として大波乱が起こってきた歴史を持つ。一方で、ダート界の将来を嘱望される若駒たちが期待に応える走りを見せることも多く、アドマイヤホープ、プライドキム、スーニ、ラブミーチャン、サウンドスカイの5頭は、ここをステップに全日本2歳優駿を制し、2歳ダートチャンピオンに輝いている。

兵庫ジュニアグランプリ Jpn2

12月2日() 16:10 園田競馬場/ダ1400m 12頭
初めての方はこちら!ウマニティでできること
ようこそゲストさん

2,000Pプレゼント

今すぐ会員登録

※パスワードを忘れた場合

いつものアカウントが使えます!

本日の開催

大井競馬
第15回第5日
1R 6時間前
笠松競馬
第14回第1日
1R 2時間前

次回のダートグレード競走

12月11日()中山
カペラステークス G3