エーデルワイス賞 JpnⅢ   10月14日() 門別競馬場/ダ1200m

エーデルワイス賞データ分析とレース傾向

JRA所属馬と北海道所属馬が鎬を削る2歳牝馬限定の地方交流重賞。レース経験の少ない若駒たちであるがゆえに、人気通りの平穏な決着になることはなきに等しい。単勝100倍を超えるような人気薄が好走することもザラにあり、2014年には16頭中15番人気のネガティヴが3着に食い込んでいるほど。また、GRANDAME-JAPAN2歳シーズンのなかでもポイントの比重が高いため、地方所属馬からはひとつでも上の着順を目指そうという気概も感じられるレースだ。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

【人気】

エーデルワイス賞が行われるダート1200mは、門別競馬場の外回りを使用するコーナー2回のワンターンコース。最後の直線距離も330mと十分な長さがあるため、馬場の外目から末脚を駆使した馬が差し切る展開になりやすい。ただし、直線だけの競馬では勝ち負けまでは望みづらく、あくまでも正攻法の立ち回りで好位差しを狙えるタイプが理想的だ。なお、現行コースで逃げ切り勝ちを収めた馬は、2003年エスワンスペクター、2013年フクノドリーム、2014年ウィッシュハピネスの3頭に限られる(以下、文中のデータは門別ダート1200mで施行された2003~2005年、2009年以降)

◆人気別成績(過去20年)

人気着別度数勝率連対率複勝率単勝回収率複勝回収率
1番人気 9-2-0-9 45.0% 55.0% 55.0% 85.5% 65.5%
2番人気 3-2-2-13 15.0% 25.0% 35.0% 52.5% 52.0%
3番人気 0-2-4-14 0.0% 10.0% 30.0% 0.0% 62.0%
4番人気 1-5-3-11 5.0% 30.0% 45.0% 40.0% 99.5%
5番人気 2-1-2-15 10.0% 15.0% 25.0% 109.5% 70.5%
6~9番人気 4-6-4-66 5.0% 12.5% 17.5% 84.9% 92.9%
10番人気以下 1-2-5-111 0.8% 2.5% 6.7% 40.5% 86.5%

【脚質】

第6回となる2003年に初めて門別ダート1200mで施行されたが、10番人気のエスワンスペクターが勝利し、2・3着にも8番人気のケイジーロマンと9番人気のグローリサンディが入線する波乱の幕開けとなった。1番人気【6.2.0.6】は地方交流重賞にしては凡走率が高く、キャリアの浅い2歳戦ということもあり、一筋縄ではいかない様子がうかがい知れる。一方で、10番人気以下【1.2.5.84】が2年に1回の割合で3着以内に好走しているため、思い切った大穴狙いに徹することも一興と言えるだろう。

◆脚質別成績(過去20年)

脚質着別度数勝率連対率複勝率単勝回収率複勝回収率
逃げ 4-4-3-18 13.8% 27.6% 37.9% 50.0% 116.2%
先行 8-6-5-18 21.6% 37.8% 51.4% 140.0% 147.3%
差し 3-4-7-73 3.4% 8.0% 16.1% 45.9% 93.8%
追込 0-1-1-67 0.0% 1.4% 2.9% 0.0% 24.9%
不明 5-5-4-63 6.5% 13.0% 18.2% 87.5% 78.1%

【枠順】

どの枠順からも勝ち馬は出ているが、7枠【4.4.1.19】が最多となる4勝を挙げており、これに3勝の6枠【3.2.4.19】、2勝の8枠【2.2.4.20】が続く。複勝率の観点からも外枠優勢と言えそうで、10番人気以下で激走した馬も8頭のうち6頭が6~8枠を引いていた。また、5枠(2011年)、6枠(2014・2017年)、7枠(2009・2010年)、8枠(2018・2019年)と、同枠の馬が揃って3着以内に好走する顕著な傾向があることも併せて覚えておきたい。

◆枠順別成績(過去20年)

枠順着別度数勝率連対率複勝率単勝回収率複勝回収率
1枠 1-5-1-24 3.2% 19.4% 22.6% 13.2% 88.7%
2枠 1-1-2-29 3.0% 6.1% 12.1% 9.1% 127.0%
3枠 2-0-3-33 5.3% 5.3% 13.2% 10.0% 30.8%
4枠 3-0-0-36 7.7% 7.7% 7.7% 69.5% 19.7%
5枠 1-5-2-31 2.6% 15.4% 20.5% 8.7% 58.2%
6枠 5-3-4-28 12.5% 20.0% 30.0% 163.3% 125.5%
7枠 5-4-3-28 12.5% 22.5% 30.0% 81.5% 94.8%
8枠 2-2-5-30 5.1% 10.3% 23.1% 87.9% 121.8%

【所属】

地方交流重賞のなかでも屈指の波乱傾向にあり、JRA所属馬【7.3.3.42】が凡走する印象を持ちやすいが、勝利数や好走率においては北海道所属馬【6.11.11.125】の成績を上回っている。これは出走頭数の差異による確率の問題ととらえるべきだが、力量差のないレベルだからこそ起こり得る結果でもある。なお、現行コースにおける他地区所属馬【1.0.0.9】の好走例は2003年1着エスワンスペクター(佐賀)に限られ、2014年16着ランデックハナコ(岩手)を最後に出走すらしていない。

◆所属別成績(過去20年)

枠順着別度数勝率連対率複勝率単勝回収率複勝回収率
JRA 9-5-3-54 12.7% 19.7% 23.9% 64.1% 60.0%
地方 11-15-17-185 4.8% 11.4% 18.9% 56.2% 89.7%

【前走】

◆前走成績(過去5開催)

馬名
(着順)
前走
日付 レース名 クラス




タイム 1(2)着馬
201 ソロユニット 08/27 門別 リリーカップ H3 ダ1200 12 1 1 1.13.9 レディブラウン
2 ミコブラック 09/26 中京 ヤマボウシ賞 1勝 ダ1400 稍重 9 6 4 1.25.2 デュアリスト
3 マーサマイディア 09/17 門別 フローラルカ H3 ダ1600 10 1 6 1.43.7 ブルーカルセドニー
191 コーラルツッキー 08/29 門別 リリーカップ H3 ダ1200 13 3 7 1.14.0 プリモジョーカー
2 アザワク 09/11 門別 日高町建設協 オープン ダ1000 6 1 1 1.00.5 レッドシャリオン
3 ミナトノヨーコ 09/19 門別 フローラルカ H3 ダ1600 12 7 7 1.44.8 ミステリーベルン
181 アークヴィグラス 08/30 門別 リリーカップ H3 ダ1200 稍重 7 4 1 1.13.5 ゲッテルフンケン
2 デンバーテソーロ 07/14 函館 未勝利 未勝利 ダ1000 稍重 12 1 1 0.59.3 スマートスリロス
3 エムティアン 10/02 門別 JRA認定ウ オープン ダ1200 12 2 2 1.13.6 エムオータイショウ
171 ストロングハート 09/20 門別 フローラルカ H3 ダ1600 12 2 2 1.43.6 ミスマンマミーア
2 グラヴィオーラ 08/31 門別 リリーカップ H3 ダ1200 稍重 13 2 2 1.13.7 ストロングハート
3 リコーデリンジャー 09/20 門別 フローラルカ H3 ダ1600 12 5 4 1.44.3 ミスマンマミーア
161 リエノテソーロ 09/04 札幌 すずらん賞 オープン 芝1200 10 2 1 1.10.3 タイムトリップ
2 アップトゥユー 09/01 門別 リリーカップ H3 ダ1200 稍重 10 2 3 1.14.3 ハタノオヌール
3 ピンクドッグウッド 09/01 門別 リリーカップ H3 ダ1200 稍重 10 1 4 1.14.5 ハタノオヌール
ようこそゲストさん

今すぐ会員登録

※パスワードを忘れた場合

いつものアカウントが使えます!

本日の開催

盛岡競馬
第3回第6日
1R 10時間前
大井競馬
第7回第2日
1R 13時間前
名古屋競馬
第10回第1日
1R 9時間前
門別競馬
第9回第1日
1R 12時間前

次回のダートグレード競走

8月8日()新潟
レパードステークス G3
エルムステークス G3