山崎エリカ

  • 最新の予想を見る
2019年4月17日(水) 1回船橋3日目 20:05発走
11R 第23回 マリーンカップ(Jpn3)(指定交流)3上牝馬オープン
ダート 左1600m サラブレッド系3才以上 別定
本賞金: 2,500万円 875万円 500万円 250万円 125万円
最終更新日時:4月16日()20:21

必要ゴールド(VIP会員&プレミアム会員)  500G   (一般会員) 1000G
着順 馬名 性齢 重量 騎手 オッズ 予想印 一言コメント
1 6 6 ラーゴブルー 牝5 55.0 御神本訓 4.8
2 7 7 アイアンテーラー 牝5 56.0 濱中俊 1.7
3 8 8 リエノテソーロ 牝5 56.0 大野拓弥 2.7
4 4 4 ベニアカリ 牝4 55.0 見越彬央 167.1
5 2 2 ナムラアヴィ 牝5 55.0 吉留孝司 171.9
6 5 5 チークス 牝4 55.0 笹川翼 10.4
7 1 1 エミノマユアク 牝6 55.0 高松亮 85.3
3 3 オウケンビリーヴ 牝6 56.0 北村友一 --

コメント

 例年のマリーンCは、このあとの牝馬限定ダートグレードが7月のスパーキングレディーCまで行われないため、G3ながらJBCレディスクラシック上位馬が出走してきます。しかし、今年は昨年のJBCレディスクラシックの覇者アンジュデジールは、骨折により不出走。ゴールドクイーンもマリーンC選定後に回避し、中央馬は3頭のみの出頭となりました。

 しかし、昨年のJBCレディスクラシックの優勝馬アンジュデジールに勝るとも劣らない馬が出走してきました。昨年のクラスターCの覇者オウケンビリーヴと、クイーン賞の覇者アイアンテーラーです。クラスターCもクイーン盃もJBCレディスクラシックを上回るPP指数で決着しました。

 ただ、オウケンビリーヴは、長らくスプリント路線を使われており、前走から一気の2F延長がやや不安。そこで今回の◎には、前々走のクイーン賞を前半4F47秒9-後半4F52秒5の超ハイペースで逃げて、3馬身差の圧勝を飾った(7)アイアンテーラーを推します。前走のTCK女王盃は、逃げ馬の激走後の一戦らしく12着大敗を喫しましたが、立て直されての今回は巻き返しが期待できるでしょう。オウケンビリーヴは、距離延長を意識して脚をタメるでしょうから、アイアンテーラーは、クイーン賞よりも楽に逃げられると見ています。

 ○は、ダート2戦目で全日本2歳優駿を制した素質馬で、芝よりもダートでこその(8)リエノテソーロ。この馬は、久々のダート戦となった昨夏のスパーキングレディーCでオウケンビリーヴを撃破。昨秋は不振でしたが、立て直されての今回は、変わり身に期待します。

勝負予想

通常予想

買い目

馬連 通常 07 - 08 2,500円
ワイド 通常 07 - 08 2,500円 07-08 110円 的中!

合計金額

購入:5,000円  払戻:2,750円  収支:-2,250円

この予想は?

 
8ナイス