山崎エリカ

  • 最新の予想を見る
2018年8月14日(火) 10回佐賀3日目 16:25発走
8R 第18回 サマーチャンピオン(Jpn3)オープン
ダート 右1400m サラブレッド系3才以上 ハンデ
本賞金: 2,100万円 630万円 210万円 126万円 84万円
最終更新日時:8月14日()13:04

必要ゴールド(VIP会員&プレミアム会員)  500G   (一般会員) 1000G
着順 馬名 性齢 重量 騎手 オッズ 予想印 一言コメント
1 8 10 エイシンバランサー 牡6 55.0 下原理 13.2
2 3 3 ブルミラコロ 牡6 56.0 秋山真一 6.8
3 7 8 ヨシオ 牡5 55.0 戸崎圭太 2.5
4 7 9 ルグランフリソン 牡5 56.0 福永祐一 4.6
5 8 11 エイシンヴァラー 牡7 56.0 吉村智洋 15.6
6 6 6 タイセイプライド 牡3 53.0 大野拓弥 15.3
7 4 4 タイセイエクレール 牡5 54.0 M.デム 3.4
8 1 1 マサヤ 牡7 52.0 山口勲 203.2
9 2 2 オウノミチ 牡7 52.0 竹吉徹 327.3
10 6 7 ヒショウ セ10 52.0 田中直人 665.1
5 5 サンマルドライヴ 牡5 52.0 兒島真二 --

コメント

 昨年1~3番人気で決着したように、サマーチャンピオンは本命サイドで決まることがとても多いレース。現時点での1番人気は、前走マーキュリーC・2着のヨシオですが、この馬は短距離戦では結果が出せず、中距離戦で前に行くことで結果を出した馬。今回のメンバーでは実力最上位ですが、1400mだと対応できるかどうか? この距離だと前に行けないあたりに不安を感じます。

 また、短距離路線組は、どの馬が最終的に1番人気になるのかわからないほど実力が拮抗しているだけに、地方馬が連対する可能性も十分あるでしょう。まあまあ荒れそうな気がしています。

 よって、◎には、園田へ移籍して復活の兆しを見せた(10)エイシンバランサーを推します。この馬は、中央のオープンでも上位の実績がありますが、準オープンの麦秋Sで今年のジャニアリーSの勝ち馬であり、京葉Sでも2着のベストマッチョと接戦を演じた実績があります。

 また、この馬はオープンの1200mでは追走に苦労し、展開に左右されていたところがあるので、楽に好位で立ち回れる1400mのほうが向きます。今回はルグランフリソンが逃げて、楽にその2番手を狙えるメンバー構成。出走馬の中で、もっとも加点材料が多いように感じたので、本命馬としました。

 ○は、久々のダート戦となった1400mの準オープンを勝利し、3走前にはオープンのオアシスSを制したル(9)ルグランフリソン。前走のプロキオンSは、前に行けず、オーバーペースを追い駆けたために11着に失速しましたが、もともとの能力を考えれば巻き返しが濃厚です。

 ▲は、4走前にオープンの室町Sを勝利し、前々走の天王山Sでも2着の(3)ブルミラコロ。前走の欅Sは外枠で外々を回るロスの大きい競馬で6着に敗れましたが、もともと1400mで5勝を挙げているように、この距離が苦手なはずもありません。巻き返しの可能性は十分あるでしょう。

 以下特注馬として、昨年ダート路線に転向し、ジワジワと地力をつけた(4)タイセイエクレール。あとは△に芝の短距離2歳オープンを2勝の素質馬で、ダート替わりで新味に期待の(6)タイセイプライド。

勝負予想

通常予想

買い目

複勝 通常 10 2,500円 10 220円 的中!
馬連 通常 09 - 10 1,000円
馬連 通常 03 - 10 700円 03-10 3,770円 的中!
馬連 通常 04 - 10 400円
馬連 通常 06 - 10 400円

合計金額

購入:5,000円  払戻:31,890円  収支:26,890円

この予想は?

 
19ナイス