山崎エリカ

  • 最新の予想を見る
2018年6月6日(水) 5回大井3日目 20:10発走
11R 第64回 東京ダービー競走(S1)(ハービンジャー3歳オープン重賞
ダート・外 右2000m サラブレッド系3才 定量
本賞金: 4,200万円 1,470万円 840万円 420万円 210万円
最終更新日時:6月6日()11:27

必要ゴールド(VIP会員&プレミアム会員)  500G   (一般会員) 1000G
着順 馬名 性齢 重量 騎手 オッズ 予想印 一言コメント
1 7 14 ハセノパイロ 牡3 56.0 矢野貴之 4.9
2 6 12 クリスタルシルバー 牡3 56.0 的場文男 18.5
3 4 8 クロスケ 牡3 56.0 笹川翼 31.1
4 2 4 モジアナフレイバー 牡3 56.0 繁田健一 5.8
5 3 6 リコーワルサー 牡3 56.0 今野忠成 8.1
6 1 2 プロミストリープ 牝3 54.0 御神本訓 5.8
7 3 5 ヤマノファイト 牡3 56.0 本橋孝太 2.7
8 2 3 トーセンブル 牡3 56.0 本田正重 192.6
9 5 9 キングオブポップ 牡3 56.0 石崎駿 36.2
10 6 11 フレアリングダイヤ 牡3 56.0 真島大輔 119.6
11 1 1 ナムラバンザイ 牡3 56.0 張田昂 62.4
12 5 10 マースインディ 牡3 56.0 達城龍次 231.2
13 8 16 ユニバーサルライト 牡3 56.0 瀧川寿希 91.9
14 8 15 ワグナーコーヴ 牡3 56.0 赤岡修次 20.8
15 4 7 スプリングマン 牡3 56.0 左海誠二 248.7
16 7 13 ドンビー 牡3 56.0 和田譲治 244.3

コメント

 東京ダービーが行われる大井ダ2000mは、東京大賞典、帝王賞、ジャパンダートダービーなど、大レースが行われる舞台。スタートしてから最初のコーナー(1角)まで距離が長く、外枠の馬もロスなく出して行けるため、ペースが上がりやすいのが特徴。

 過去10年の東京ダービーで逃げて連対した馬はゼロ。序盤から先行して優勝した馬も後のダートグレードでも善戦した2014年のハッピースプリント、2015年のラッキープリンス、2017年のヒガシウィルウィンの3頭のみ。つまり、この時点で羽田盃を2着馬に0.2秒差つけて逃げ切り勝ちしたヤマノファイトは安泰ではないということ。それに今回は、羽田盃で中途半端に控えたことで、包まれて大敗したワグナーコーヴが行き切る競馬をするでしょう。

 しかも、ヤマノファイトは、2歳時の北海道2歳優駿ではドンフォルティスに完敗。当時500万下勝ちのないフィールシュパース、マイネルアンファンにも敗れた馬です。よって、◎には、東京ダ1400mの新馬戦を圧勝し、次走の500万下も制した(2)プロミストリープを推します。この馬がデビュー2戦目の500万下でマークした指数は、北海道2歳優駿出走ならば、フィールシュパースと同等2着、全日本2歳優駿出走なら、3着ハセノパイロに先着しているもの。

 プロミストリープは中央2連勝後、南関東へ移籍。休養明けで挑んだ一冠目の桜花賞を制し、ニ冠目の東京プリンセス賞でも勝ち馬グラヴィオーラには突き放されたものの2着を死守。しかし、前走は休養明け好走の反動と推測されるだけに、巻き返しに期待しました。この馬も先行馬ですが、ヤマノファイトよりも控える競馬ができることは好ましいでしょう。

 ○は、確かな末脚で、デビューから掲示板を外したことがない(8)クロスケ。行った、行ったが決まった京浜盃、羽田盃は3着、5着でしたが、ペースが上がることが推測されるここなら、京浜盃や羽田盃の上位馬との逆転の可能性があるでしょう。また、この馬はテンに置かれるところがあるので、これまでよりも距離が長くなるのも加点材料のはず。

 ▲は、京浜盃では逃げてヤマノファイトと0.2秒差(2着)の(15)ワグナーコーヴ。前走の羽田盃は悪くないスタートでしたが、中途半端に控えたことで包まれる形。ブレーキをかけながらの競馬で3コーナーでも動けなかったために14着に大敗しましたが、完全な力負けではないので、巻き返して来る可能性は十分。むしろ、前走で能力を出し切れなかったぶん、羽田盃上位馬よりも余力の面で期待が持てます。

 以下特注馬として、南関東移籍初戦のニューイヤーCを圧勝し、京浜盃、羽田盃と目下3連勝の(5)ヤマノファイト。南関東勢では最上位の存在ですが、前走の羽田盃で能力を出し切った後の一戦、この馬の自己べスト指数をマークした後の一戦になることと、ワグナーコーヴが積極的に出して行くことで、消耗戦が予想されるだけに、大きく評価を下げました。

 △厳しい流れのクラシックトライアルを先行策から押し切って東京ダービー出走権を獲得した(4)モジアナフレイバー。前走の羽田盃では、道中動いて勝ちにいったぶん、終いが甘くなっての4着でしたが、前々走での能力を出し切った疲れもあったのでしょう。巻き返しを警戒します。

 あとは全日本2歳優駿3着や3着やハイセイコー記念優勝で、NRA3歳最優秀牡馬を受賞した(14)ハセノパイロ。この馬も京浜盃、羽田盃ともに包まれて能力を出し切れずの5着、3着でしたが、2歳時の実績を考えれば、巻き返しがあっても不思議ありません。

 他では緩い流れを楽に2番手につけられたとはいえ、2着を死守した内容は上々の(6)リコーワルサー。この馬の前走は優秀ですが、今回における加点材料がないので、下の評価にしました。

 最後に距離を伸ばすことで良さが出て、前走では東京ダービートライアルを制した(9)キングオブポップ。超スローペースの前走は勝ちに行く競馬をしたものの、本質は末脚を生かす馬。キャリアが浅い馬だけに成長力も見込め、今回は展開に恵まれる可能性もあるので警戒しました。

勝負予想

通常予想

買い目

複勝 通常 02 2,500円
馬連 通常 02 - 08 500円
馬連 通常 02 - 15 500円
馬連 通常 02 - 05 500円
馬連 通常 02 - 04 300円
馬連 通常 02 - 14 300円
馬連 通常 02 - 06 200円
馬連 通常 02 - 09 200円

合計金額

購入:5,000円  払戻:0円  収支:-5,000円

この予想は?

 
3ナイス