山崎エリカ

  • 最新の予想を見る
2018年3月29日(木) 28回名古屋3日目 16:25発走
11R 第41回 名古屋大賞典(Jpn3・指定交流)オープン
ダート 右1900m サラブレッド系4才以上 別定
本賞金: 2,100万円 504万円 252万円 168万円 126万円
最終更新日時:3月29日()08:12

必要ゴールド(VIP会員&プレミアム会員)  500G   (一般会員) 1000G
着順 馬名 性齢 重量 騎手 オッズ 予想印 一言コメント
1 5 5 サンライズソア 牡4 54.0 M.デム 2.0
2 6 6 ミツバ 牡6 55.0 松山弘平 3.8
3 4 4 キーグラウンド 牡4 54.0 藤岡康太 32.1
4 7 9 モズアトラクション 牡4 54.0 佐藤友則 4.9
5 6 7 カツゲキキトキト 牡5 54.0 大畑雅章 8.0
6 8 11 ラインハート 牝7 52.0 笹川翼 83.5
7 2 2 ブランニュー 牡6 54.0 岡部誠 367.1
8 8 10 ドナルトソン 牡7 54.0 山田祥雄 358.0
9 7 8 エーシンマックス 牡8 54.0 木之前葵 384.0
1 1 メイショウスミトモ 牡7 57.0 古川吉洋 7.4
3 3 モズライジン 牡6 54.0 吉原寛人 --

コメント

 先週行われた黒船賞が短距離路線の実績馬にとっての始動戦とするならば、こちらは中距離路線の実績馬にとっての始動戦。2011年のエスポワールシチーや一昨年のアウォーディーのように、ここから始動する実績馬もいます。名古屋大賞典の前後にJRAではハンデ戦のマーチSが行われますが、実績馬はハンデを背負わされることを嫌って、ここへ出走してくることが多いです。

 よって、このレースの例年の主な対戦図式は、休養明けの実績馬vs佐賀記念の上位馬となります。この場合、休養明けの実績馬が優勢であっても不思議ないですが、このレースに関しては佐賀記念の上位馬が優勢。なぜなら佐賀記念の上位馬は、実績馬が出走してくれば、対戦を避けるように、より出走手当てが高いダイオライト記念やマーチSに出走することが多いからです。

 しかし、今回が始動戦の実績馬でも、G1レースで3着以内の実績があれば、それなりの結果が残せています。みなさんもご存知のように、昨年の川崎記念の優勝馬オールブラッシュは、このレースで人気を背負ってぶっ飛びました。川崎記念のレベルがあまりに低かったからです。川崎記念は、直後にG1・フェブラリーSが控えていることもあって、ただでさえ好メンバーが揃わないことが多い上に、近年はドバイワールドカップを本気で目指す馬ほど、川崎記念は使わない傾向。

 つまり、川崎記念は、G1であってG1にあらずのレベルの年もあるので、川崎記念の3着以内馬に関しては過信禁物ですが、その他の牡馬が相手の古馬G1で3着以内の実績があれば、ここでも信頼できるでしょう。実際に過去1年以内に、川崎記念以外の牡馬混合の古馬G1で3着以内だった馬の過去10年の成績は【3・3・1・0】。よって、今回の◎には、、昨年のJBCクラシックの3着馬(5)ミツバを推します。同馬はPP指数的にもここでは上位の存在。前走の東京大賞典では6着とひと息でしたが、立て直されての変わり身を期待します。

 ○は、昨年の優勝馬ケイティブレイブや一昨年の3着馬モズライジンのように、このレースでの活躍が目立つ4歳馬の(4)キーグランド。4歳馬は実績よりも勢いのほうが重要なだけに、印上は武蔵野S2着時からやや下降線のサンライズソアよりも、ここへ来ての地力強化が目立つキーグランドのほうを上に取りました。先行力が重症な小回りコースでモズアトラクションよりも前で戦える強みもあります。

 ▲は、昨年のこのレース3着を始め、白山大賞典・2着、名古屋グランプリ・3着など、重賞戦線では上位常連の(7)カツゲキキトキト。この馬は長い距離でスタミナを生かす競馬が向いていますが、今年は休養明けの前走でダ1400m戦を叩いたことにより、この距離も対応しやすくなったはず。1900mでもある程度前を意識して動いて行くことができるので、対抗評価です。

 以下特注馬として、武蔵野Sの2着馬(5)サンライズソア。この馬も実績上位の存在ですが、近2走がひと息で狙い下げました。特に前々走の師走Sは、前走で自己ベスト指数をマークした後の一戦と言っても、レースの流れに乗りながらも3コーナーで手応えを失っていたあたりが「?」。立て直された前走の仁川Sでは2着と復調気配は見せられてはいるものの、まだ、本来の姿を取り戻しきれていないだけに、ここは様子見をしたいところ。

 あとは△に中央所属時代は芝のレースを中心に使われて結果を出せずにいましたが、地方転入初戦のJBCレディスクラシックではいきなり3着と好走し、その後の牝馬限定重賞でも上々の成績を収めている(11)ラインハート。この馬は自分から動けない弱みがありますが、牡馬が相手でも展開に恵まれれば2着、3着あたりには来れるレベルにいます。それほど人気もないので、警戒したほうがいいでしょう。

勝負予想

通常予想

買い目

複勝 通常 06 2,500円 06 140円 的中!
馬連 通常 04 - 06 700円
馬連 通常 06 - 07 700円
馬連 通常 05 - 06 700円 05-06 290円 的中!
馬連 通常 06 - 11 400円

合計金額

購入:5,000円  払戻:5,530円  収支:530円

この予想は?

 
9ナイス