山崎エリカ

  • 最新の予想を見る
2018年3月14日(水) 12回船橋3日目 20:10発走
11R 第63回 ダイオライト記念(Jpn2)4上オープン
ダート 左2400m サラブレッド系4才以上 定量
本賞金: 3,200万円 1,120万円 640万円 320万円 160万円
最終更新日時:3月14日()08:13

必要ゴールド(VIP会員&プレミアム会員)  500G   (一般会員) 1000G
着順 馬名 性齢 重量 騎手 オッズ 予想印 一言コメント
1 1 1 ケイティブレイブ 牡5 56.0 福永祐一 1.8
2 2 2 アポロケンタッキー 牡6 56.0 内田博幸 1.9
3 7 7 マイネルバサラ 牡5 56.0 柴田大知 7.8
4 3 3 ウマノジョー 牡5 56.0 御神本訓 28.8
5 4 4 スノーモンキー 牡8 56.0 西村栄喜 122.5
6 6 6 ドルメロ 牡6 56.0 山本聡哉 482.4
7 8 8 チェダー セ5 56.0 山口勲 229.7
8 8 9 ヒロノプリンス 牡8 56.0 秋元耕成 463.8
9 5 5 ツルオカハチマン 牡9 56.0 大原浩司 368.1

コメント

 ルールソヴァールが取消となって中央馬が3頭。地方馬もS重賞勝ちの実績があるのはウマノジョーだけというさみしいメンバー構成になりました。そうなると中央馬の何かを消さなければ、このレースを予想する価値がなくなりますが、私はアポロケンタッキーを切ることにしました。

 これまで2010年のフリオーソ、2014年のムスカテール、2015年のサミットストーンなどを始めとする多くの川崎記念2,3着馬がこのレースで人気を裏切り続けてきたからです。2012年には、3連単13万5060円の特大万馬券が飛び出したこともありましたが、これも前走・フェブラリーSの3着の1番人気馬ワンダーアキュートと前走・川崎記念の3着馬フリーオーソがともに馬券圏外に敗れたもの。川崎記念やフェブラリーSを大目標として結果を出し、お釣りのない状態で通用するほど、楽な相手でもないということなのでしょう。

 よって今回の◎には、今年の川崎記念の優勝馬であり、前走のフェブラリーSではオーバーペースに巻き込まれて11着と失速した(1)ケイティブレイブを推します。前走時は東京ダートではこれまでにあり得ないほど時計を要し、強力先行馬テイエムジンソクでも12着に失速する流れ。また、今回は楽に逃げられるメンバー構成だけに巻き返しを期待します。

 ○は、昨年の浦和記念を圧勝した(7)マイネルバサラ。前走の佐賀記念は、早め先頭に立って後続に目標にされたぶん、終いが甘くなっての3着でしたが、ケイティブレイブを見ながらレースを進められる今回は展開が楽。巻き返しを期待します。

勝負予想

通常予想

買い目

馬連 通常 01 - 07 5,000円

合計金額

購入:5,000円  払戻:0円  収支:-5,000円

この予想は?

 
3ナイス