山崎エリカ

  • 最新の予想を見る
2017年9月20日(水) 5回浦和2日目 16:35発走
11R 第28回 テレ玉杯オーバルスプリント(Jpn3)3上オープン
ダート 左1400m サラブレッド系3才以上 別定
本賞金: 2,100万円 735万円 420万円 210万円 105万円
最終更新日時:9月20日()10:55

必要ゴールド(VIP会員&プレミアム会員)  600G   (一般会員) 1200G
着順 馬名 性齢 重量 騎手 オッズ 予想印 一言コメント
1 6 7 サイタスリーレッド 牡4 54.0 戸崎圭太 2.7
2 3 3 レーザーバレット 牡9 56.0 岩田康誠 11.0
3 5 5 ブルドッグボス 牡5 55.0 左海誠二 5.0
4 6 8 リアライズリンクス 牡7 54.0 的場文男 29.5
5 5 6 リエノテソーロ 牝3 50.0 吉田隼人 2.7
6 4 4 ミッキーヘネシー 牡8 54.0 瀧川寿希 199.4
7 8 11 サトノタイガー 牡9 54.0 笹川翼 133.7
8 7 10 モンドクラッセ 牡6 54.0 柴田大知 5.5
9 1 1 カリスマサンスカイ 牡9 54.0 楢崎功祐 612.2
10 8 12 ワイドエクセレント 牡7 54.0 赤岡修次 305.6
11 2 2 ヴァーゲンザイル セ9 54.0 秋元耕成 713.4
12 7 9 デュアルスウォード 牡9 54.0 小林拓未 751.0

コメント

 浦和ダ1400mで行われるオーバルスプリントは、最初の1コーナーまでの距離が約280mと短いため、最初のコーナリングを利してロスなくレースが運べる1-2番手の馬が有利なコース。最後の直線は、約220mと短いため差し、追い込み馬は、早仕掛けして行かないと簡単には届きません。前々の馬が最初の1-2コーナーで息を入れているぶん、余力があるのでなおさらです。

 それゆえに、前走ダ1400mの交流重賞、かきつばた記念、さきたま杯、サマーチャンピオンで連対した馬たちが、このレースで人気を背負ってぶっ飛び続けているのです。(2011年のナイキマドリード、2012年のダイショウジェット、2013年のガンジス、2015年のタガノトネールなど) つまり、前走ダ1400m組よりも前走ダ1200m組。ダ1200m組でもより前で競馬をしている馬のほうがいいです。

 よって、◎は、初ダートで500万下を勝利すると、目下4連勝でオープン特別を制した(7)サイタスリーレッド。特に短距離ダートの上位常連コウエイエンブレムを2着に降した前々走の栗東Sが高指数&高内容。休養明けの前走・クラスターCでは、勝ち馬ブルドックボスに0.3秒ほど及ばなかったものの、今回はひと叩きされた上積みが期待できるでしょう。ダートのキャリアが浅い馬なので、まだ、伸びしろも期待できます。

 ○は、初ダートでエーデルワイス賞を制して、その次走では全日本2歳優駿を制した(6)リエノテソーロ。この馬は芝のNHKマイルCでも2着。前走のユニコーンSでは、前々走のNHKマイルCを大目標にした後の一戦だったことやオーバーペースに巻き込まれたこともあり、7着に失速しました。しかし、今回は立て直されての一戦。2歳時の活躍やこの春の活躍を考えれば、巻き返して当然の馬です。

 ▲は、短距離よりもレベルが高い中距離路線でトップクラスと戦って来た(10)モンドクラッセ。この馬は、初めてのスプリント戦となった根岸Sでもハナを主張できるスピードの持ち主。根岸Sでは淀みないペースで逃げたために勝ち馬と0.8秒差(6着)に失速したものの、今回は前に馬を置いて競馬ができる立場。この馬のベスト距離は中距離ですが、相手弱化のここなら通用する可能性も十分。

勝負予想

本日の浦和勝負予想!

買い目

馬連 通常 06 - 07 3,500円
馬連 通常 07 - 10 800円
馬連 通常 06 - 10 700円

合計金額

購入:5,000円  払戻:0円  収支:-5,000円

この予想は?

 
4ナイス