山崎エリカ

  • 最新の予想を見る
2017年8月15日(火) 6回盛岡6日目 16:30発走
10R 第22回 クラスターカップ(Jpn3)オープン
ダート 左1200m サラブレッド系一般 別定
本賞金: 2,300万円 529万円 299万円 207万円 115万円
最終更新日時:8月15日()15:46

必要ゴールド(VIP会員&プレミアム会員)  500G   (一般会員) 1000G
着順 馬名 性齢 重量 騎手 オッズ 予想印 一言コメント
1 1 1 ブルドッグボス 牡5 54.0 左海誠二 7.2
2 8 13 ラブバレット 牡6 54.0 山本聡哉 5.5
3 6 9 サイタスリーレッド 牡4 54.0 高倉稜 2.1
4 4 6 ショコラブラン 牡5 54.0 岩田康誠 2.8
5 8 14 キクノストーム 牡8 55.0 小牧太 15.3
6 6 10 タイセイファントム 牡9 54.0 丸山元気 79.2
7 5 7 イーグルカザン 牡9 54.0 大坪慎 200.6
8 3 3 ガッサンプレイ 牡7 54.0 高松亮 109.4
9 5 8 ケイリンボス 牡6 54.0 木村直輝 627.6
10 4 5 スマートアレンジ 牝7 52.0 小林凌 554.7
11 7 11 タイセイメテオ 牡5 54.0 山本政聡 612.8
12 3 4 タッチデュール 牝8 52.0 藤田菜七 65.0
13 2 2 カミノマンボ 牝4 52.0 鈴木麻優 335.2
14 7 12 アダムズアップル 牡6 54.0 菅原辰徳 705.8

コメント

 昨年のダノンレジェンド゙のような絶対的な馬が不在。上り馬が多く、群雄割拠の一戦となりました。確かに、ダート無敗のサイタスリーレッドや北海道ススプリントCの2着馬ジョコラブラウンは手強ですが、ここは昨年のこのレースの2着馬(1)ブルドッグボスが本命◎。

 昨年のこのレースは、斤量60圓鯒愽蕕辰織瀬離鵐譽献Д鵐匹離譟璽好瓮ぅでスローペース。同型のラブバレットが外枠に入ったこともありダノンレジェンドは楽に行けました。その流れを意識して、最内枠から積極的に位置を上げて行ったのがブルドッグボス。前走でダ1400mのかきつばた記念を使ったことで、序盤やや置かれ気味。無理目に出して行ったわりに、最後までしっかりと伸びていました。

 今年は成績が振るわず、天王山S・5着後は、南関東の名門・小久保厩舎に入厩して、ここにスタンバイする形。中央の馬が地方に移籍する場合には、中央でオーバーワークの調教をさせられた疲れを取り除き、肉体のボリュームアップを測ること(本来の適性体重に戻してあげること)が一番の目標ですが、ブルドッグボスは前走の習志野きらっとスプリントまで3ヵ月近くレース間隔を開けたこともあり、ボリュームアップが出来ていました。

 また、今年は前走ダ1000m戦を使ってここのローテーション。ブルドックボスは、そこまで先行力がないのでダ1000m戦では距離が短いですが、前走でダ1000mの速い流れを経験したことで、今年は昨年よりは楽に出していけるはず。絶対的な馬が不在の今年ならば、狙ってみたいです。

 ○は、初ダートの4走前・500万下でいきなり結果を出し、目下4連勝で前走の栗東Sも制した(9)サイタスリーレッド。この馬はダートでは底を見せていない馬。栗東Sは、この馬が強かったというよりは、オープンで上位常連のコウエイエンブレムがトップハンデ57.5圓鯒愽蕕辰謄好函璽箸剥気、能力を出し切れなかった一面もあります。サイタスリーレッドは、昇級戦でハンデにやや恵まれた一面があることと、今回はこの秋に向けた始動戦になるので対抗評価までとしました。

 ▲は、今年に入って地力をつけて、準オープン、そしてオープンの京葉Sを連勝、さらに前走の北海道スプリントCでも2着と好戦した(6)ショコラブラウン。この馬も強い馬ですが、わずかながら前走で自己ベストのPP指数をマークした後になるので狙い下げました。前走比で指数を下げる可能性があります。

 以下特注馬として、上位2頭に離されたとはいえ、昨年のこのレースの3着馬で、昨年暮れの兵庫GTでも勝ち馬ニシケンモノノフと0.6秒差(4着)の(13)ラブバレッド。この馬も地味にしぶとい強い馬ですが、今回のメンバーが相手となると、目標にされる立場になるので狙い下げました。ただ、同型不在でわりと楽なペースで逃げられそうなのは好ましいです。

 あとは△に昨秋のコーラルSでその後プロキオンSやカペラSを制したノボバカラと0.1秒差(2着)のタイセイファントム。2015年以降はズブさを見せるようになり、ダ1400mのオープンで実績を出した馬。確かにダ1200mのここは距離が短いでしょう。しかし、盛岡だと中央ほど速い時計では決着しないので、ここで通用しても不思議ありません。昨秋に復帰してからは、2桁着順が続いていましたが、前走・天保山Sで復活の兆しを見せたとなると、ここは警戒したほうがいいでしょう。

 他では、差し、追い込み馬有利の展開に恵まれたとはいえ、昨秋の東京盃で4着の(14)キクノストーム。この馬は前走のプロキオンSでも6着と善戦したために、今回は穴人気に支持されています。しかし、プロキオンSも差し、追い込み勢が上位を独占したように展開に恵まれたもの。過信は禁物ですが、今回も一転して流れが速くなれば、チャンスがありそうです。

勝負予想

通常予想

買い目

複勝 通常 01 2,500円 01 190円 的中!
馬連 通常 01 - 09 1,000円
馬連 通常 01 - 06 800円
馬連 通常 01 - 13 500円 01-13 1,040円 的中!
馬連 通常 01 - 10 100円
馬連 通常 01 - 14 100円

合計金額

購入:5,000円  払戻:9,950円  収支:4,950円

この予想は?

 
10ナイス